2008年08月11日

海外アニメファンが語る「最も斬新だと思ったアニメ」

・いろんなアニメが頭に浮かぶだろうけど、一番最初に出てきたのは何?
・デスノート!!今まで見てきたアニメはそんなに多くないけど、あの終わり方は独自性があった。
・Chibi Vampire(かりん)が思い浮かんだ。吸血鬼を逆の設定にするなんて聞いたことない。FLCLもなかなか。デスノートは見るなよ!一生引きずり込まれるぞ。
・Chibi Vampire。血を噴き出す吸血鬼なんて聞いた事がない。あと、ウルフズレインとエルフェンリート。
・鋼の錬金術師。アニメーションにもカートゥンにもあんな話はない。Equivalent Exchange(等価交換)って概念や科学と魔法を組み合わせた話や現実世界とリンクさせる所とか。キャラも個性的だよね。
・トライガン。古い西洋とSFの組み合わせがすごい。個々の話も独創的だし、あんなに創造力のある話は他に見たことがない。
・サムライチャンプルー。嫌いな人が多いけど、私はあんなものを見たことなかった。古さと新しさの組み合わせが良い。アクション、コメディ、ドラマ、音楽も退屈しない。
・つばさクロニクル。次元を移動して同じ魂を持つ人に会うって話や、いくつかの世界設定が斬新だった。同じ作者の別作品のキャラが出てくるのは言わずもがな。
・クラナドだろ。筋書きもユニークだし、可笑しくも悲しい。
・Star Blazers(宇宙戦艦ヤマト)と言うしかない。もう40歳になるけど今も好きだ。トランスフォーマーやガンダムほど胡散臭い話じゃなかった。二次大戦の戦艦を宇宙戦艦に改造しちゃうとか、自分の星が自分たちのせいで滅びるとか(地球温暖化の話もなかった時代なのに)。
・もちろん「狼と香辛料」


(最後のは私じゃないですよ)
変な言い方ですが、頭が少し狂ってないとあんな話は思いつきませんよね。がもう…じゃなくて大場つぐみ氏が再び週刊少年ジャンプに帰ってきますが、どんな話になるのやら。
天才の脳科学―創造性はいかに創られるか
天才の脳科学―創造性はいかに創られるか

fairypot at 00:16│Comments(145)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2008年08月11日 00:18
ソースはこちら
http://au.answers.yahoo.com/question/index?qid=20080405092315AAKzO6i
2. Posted by    2008年08月11日 00:26
斬新と思った漫画なんてねぇ
生まれたときに下地が全て出来てた
3. Posted by     2008年08月11日 00:27
斬新と言えば lain かなあ…
当時は理解できなかったけどw
4. Posted by                                         2008年08月11日 00:31
サムライチャンプルーか
確かに斬新だったな
懐かしい。


5. Posted by お題とまた話は違うんだけど・・・   2008年08月11日 00:33
ハガレンは独創的・・・?まあそうなんだけど、独創性ってネタ云々じゃないって気がするなあ。もっと腹の底から吐き出される作家さんのどす黒い塊だよ、独創性っていうのは。
ハガレンのネタ自体はファッション性こそあれど、実のところシンプルだと思う。やってることは魔法の効果の代わりに呪いを受けるって代物で、比較的良くあった話。にもかかわらずだよね。本当の凄さって。荒川さんの凄い所はそんな既出ネタをしっかり自分の世界にしてるところ。これが出来る人って少ない。
ある種の毒気に当てられて「こいつは新しい」って思ってる。これが本当のところじゃないのかな。お話なんて2千年前から大体同じ内容なのにそういう毒気が作品に命を吹き込んでいる。そう思う。
6. Posted by     2008年08月11日 00:36
サムライチャンプルの、好き嫌いが分かれるのは海外も同じなのかw

あの、ふざけた世界観感が好きだわ。 
7. Posted by トンカス   2008年08月11日 00:39
同時代で知ってるわけじゃ無いがメタ構造へ言及した押井作品かなあ。
これをハルヒの前にやってるから、ハルヒに斬新さは感じませんでした(話の完成度や魅力は認めますが)

ゲームならType-Moon作品。類似作品が増えてひとつのジャンルになってきてるけど。

漫画ならシグルイ。

サムライチャンプルーは斬新なことをやろうとしている志の高さはわかりますが(時代劇+ヒップホップ、江戸における同性愛などの正面からの扱い)、どうも空回り気味に感じました。
8. Posted by     2008年08月11日 00:40
個人的に海外じゃまだ売られてないだろうが、山本英夫のホムンクルス
まぁ最近はもうゲロ以下の作品になっちまったが・・・最後のオチに期待して読み続けている
9. Posted by    2008年08月11日 00:40
日本の少年少女はマンガに恵まれてるから、ありとあらゆるパターンを知り尽くしてる。向こうのアニメファンにとっちゃ、アメコミやカートゥーンとの比較になるんだから、そりゃ何でも新鮮だわな。
たぶん、1960年代から70年代にかけて、少女マンガで「文学」やりはじめた頃に、日本人が感じた新鮮さ、斬新さを、今味わってるんだろう。
正直、うらやましい。俺たちはオッサンになりすぎた。
10. Posted by    2008年08月11日 00:41
向こうのオタは自文化圏の小説とか読まないんだねぇ
元ネタとなる小説であふれかえっているというのに・・・
11. Posted by     2008年08月11日 01:03
>>7
ハルヒ見た時は今の世代の
ビューティフルドリーマーだって思ったもんなあ
同じ世代でそう感じた人は多いんじゃなかろうか
っつか作者がその直撃世代だしな
12. Posted by トンカス   2008年08月11日 01:05
>>10
日本並みに大衆小説の読者層が厚い国は珍しいようですよ。


個人的には小説家としての斬新さなら初期の司馬遼太郎が凄いと思う。「梟の城」で「リアル路線忍者アクション物」を、一連の幕末作品で「新撰組物」という二大ジャンルを作りあげ、漫画やゲームにおいても受け継がれている。
13. Posted by     2008年08月11日 01:13
>>12
まあ江戸の昔から
識字率と貸本業のおかげで
大衆小説読み継がれてきたからねえ
夢オチも締め切りに苦しむ作家の楽屋落ちも
すでにその頃とっくに書かれていたし

んで貸本屋が運ぶ本箱の一番下の段には
しっかりアレ系の本が入っていたという所まで
ほんと俺らはこの人らの子孫だと思うわw
14. Posted by     2008年08月11日 01:14
エヴァが出ていないのは
当然すぎて挙げる気にもならないからか、
全然斬新ではないからか、
どちらかはわからないけれど、
せっかくだから俺はエヴァンゲリオンを挙げるぜっ!
15. Posted by トンカス   2008年08月11日 01:14
>>11
「パクリ」とは言いませんが(個人的にはパクリだとは思いませんし)、古くからビューティフルドリーマーがある以上斬新さは決して感じませんでしたね。
むしろ押井作品にあるような特有の臭みというかアクの強さを消して、流行の要素を詰めて上手にまとめた作品だなあと感心しました。


というかむしろ高橋留美子作品で「ハルヒ」をやってしまった押井が斬新すぎるw
犬夜叉をアニメ監督が勝手に「ハルヒ」にしてしまうようなものでしょ。よくできたなあw
16. Posted by トンカス   2008年08月11日 01:15
>>13
個人的に愕然としたのは巫女さんを触手チンコが襲う「ヤマラノオロチ」の春画。
ほんと漏れらの御先祖ですわw
17. Posted by     2008年08月11日 01:21
>>15
俺も全然パクリなんて思わないよ
換骨奪胎の良い例だと思う

押井監督は何を素材にしても
押井味になる人だし
まあ異能の人だからw
18. Posted by    2008年08月11日 01:22
エヴry
19. Posted by     2008年08月11日 01:25
>>16
ご先祖だよねえ まあ変態嗜好なんだけど
でも妙にその繋がりがうれしかったりするw
20. Posted by お   2008年08月11日 01:26
絵柄ならモノノ怪とか。
音楽ではサムチャンのヒップホップ系の中にドーンと朝崎郁恵さんの島唄的な歌をもってきたのは印象深かった。外国人にはわからない人も多かったみたいで賛否が極論だったけど。
本編では控えて(ていうか諸々の関係でできなく)ても斬新な描写を試みているOPやEDは多いよね。
ナルトの疾風伝最初のOPの走るシーンのアニメは文字通り疾風というか疾走って感じでかっこよかった。外国人からはほとんど言及されてなくて、悪役勢揃いで舐めていくシーンの評価が高かったけどね。
絶望先生も印象的なOPだった。
21. Posted by    2008年08月11日 01:29
ろくに物事を知らない10代の頃は斬新だと思って周りに布教してたけど、
色々追ってたら元ネタが沢山あって、あの頃を思い出すと恥ずかしくなる
22. Posted by    2008年08月11日 01:33
新房昭之は結構斬新だと思ったよ
まあやってることはアメリカンポップアートの焼き直しだけど、アニメでああいうのは初めて見たから結構衝撃を受けた
23. Posted by     2008年08月11日 01:34
ヤシガニとキャベツと「うおっ、まぶし」かな
作画的に考えて
24. Posted by    2008年08月11日 01:39
アニメの方じゃないけどデビルマンが
25. Posted by     2008年08月11日 01:41
>>22
そうだね
ぱにぽにのOPはすごかった
斬新かと言われればウォーホルっぽいんだけど
かっこよすぎて死ぬかと思ったわ
26. Posted by    2008年08月11日 01:49
この間観たばかりだがルパン三世のファーストシリーズ。原作は読んでたからアダルトなのは知っていたけどああいう演出とは思わなかった。なんか30年くらい前の外国映画のような雰囲気で格好良かった。
27. Posted by     2008年08月11日 02:01
何だろう…。
珍遊記とかサイコはいろんな意味で衝撃を受けたけど斬新かどうかは分からない。
きっと世に初めて出たBLや百合漫画はすごく斬新だったんじゃないですかね?

28. Posted by トンカス   2008年08月11日 02:07
>>17
すでに揃っている素材を上手に料理した作品にそろそろ出て欲しいものです。

>>19
浮世絵が驚愕をもって受け入れられジャポニズムを生み出した理由も理解できますw
29. Posted by M   2008年08月11日 02:18
確かにあの人は頭が変ですね。
褒め言葉でもあり素で変だとも思うw
30. Posted by a   2008年08月11日 02:23
ラッキーマンだな。
幸運だけで敵を倒すヒーローは新しく感じた。
31. Posted by     2008年08月11日 02:25
ヒロイン全員汚れな萌えアニメのギャラクシーエンジェル。
32. Posted by .   2008年08月11日 02:37
記事内にエヴァもAKIRAもないことに驚いた
33. Posted by     2008年08月11日 02:53
>>31
あ〜最初いかにもベタなデザインで
敬遠してたから中身知った時は驚いた
そんで凄いはまったなあ
34. Posted by    2008年08月11日 03:10
巌窟王
アートでなく一般アニメでテクスチャだらけの画面を見るという体験は衝撃だった。


練馬大根ブラザーズ
はれぶたやクレしんで既にやってたけど、1クール丸々ミュージカルやっちゃうのは新しい。


まかせてイルカ!
ナチュラルに手話出てくるし。
35. Posted by     2008年08月11日 03:13
等価交換は科学や魔法じゃなくて経済の概念だよ。
100円のパンと100円のノートは等価なので交換できるってようなもん。
36. Posted by     2008年08月11日 03:21
NHKの月のワルツがすごくスタイリッシュだった。
37. Posted by     2008年08月11日 03:38
巌窟王のテクスチャ貼った技法は斬新に感じたなー他ですでにやってる事かもしれんが

>>36
みんなの歌って映像とか挑戦的だったりするもの多いよな

そういやレイアースのラスボスには吃驚したな。実はヒロインがラスボスだとか使い古されたネタなんだろうが当時小学生の自分には衝撃的だったわ
38. Posted by うん   2008年08月11日 04:00
月のワルツまた聞きたくなった。

大場つぐみて女だったよね?違う?リライト放送後TVで観た・・・幻?
39. Posted by     2008年08月11日 04:20
>>30
確かに斬新だったなアレは
「絶望的オワタ、しかしなんとかなるだろうラッキーマンなんだから」というゴクウ並の安心感があったなw
40. Posted by     2008年08月11日 04:24
やっぱ凄いよマサルさんかな、あとギャグ漫画日和読んだときも色々と衝撃的だった
41. Posted by ~   2008年08月11日 04:55
既出だけどビューティフルドリーマーに一票
中学時代、たまたまBSで放送してたものを観たのだけど
スゴく斬新に感じたのは当時まだアニメにさほど興味がなかったからかもしれない
42. Posted by     2008年08月11日 05:14
大場つぐみ=ガモウひろし説って結局本当なのかなぁ
43. Posted by     2008年08月11日 06:30
デスノートはホラー系漫画にありふれたネタだろうと思う。恐怖新聞とか、外国人は知らないんだろうなぁ。
44. Posted by    2008年08月11日 07:30
誰もデスノートの書いたら死ぬという設定は評価してないと思うよ
少年漫画にしては珍しい心理戦が評価された訳だし
45. Posted by    2008年08月11日 07:35
米42
ジャンプで新連載する漫画はそれを暗に示唆してるっぽかったよw
46. Posted by Posted by   2008年08月11日 09:00
エヴァがないのは、イジメラレっ子の萌ヲタが焼き直したガンダムだから

どー考えても斬新なのはど根性ガエルだろ!
だってカエルがしゃべるんだぜ?Tシャツに張り付いて!

あとメルモちゃん
47. Posted by     2008年08月11日 09:06
大場つぐみ=ガモウひろし

今更なにを
もう誰でも知ってることなんじゃないの
48. Posted by     2008年08月11日 09:06
久々にサムライチャンプルー見てみたくなった

lainは凄く目が点になったな、当時。内容が把握しきれんかったが、こんなアニメありかと思って興奮してた
49. Posted by    2008年08月11日 09:09
魔城ガッデムとかデストローイとか何を食べたらあんなフレーズを思いつくんだろう。
50. Posted by Posted by   2008年08月11日 09:12
コナンにさりげなく通行人とかで例の瓶を持ってメルモちゃん登場
             ↓
視聴者気付いて 「コナン青いの1個貰え〜早く〜」

ってのがあったらオモロー
51. Posted by Posted by   2008年08月11日 09:25
コナンといっても今やってる探偵のほうね
52. Posted by     2008年08月11日 09:37
数年後にこの話題ふったらたぶんコードギアス入ってくるんじゃないかな
まだ進行中のアニメだから評価下すには早いかもしれんけどね。
斬新過ぎて超展開でついていけねえ…
53. Posted by     2008年08月11日 10:02
んなこたぁない、面白いではあるが
54. Posted by a   2008年08月11日 10:08
ハガレンは昔からあるものを上手く組み合わせたのは評価するけど、斬新ではないと思う。
55. Posted by g.a   2008年08月11日 10:50
アニメにもなったけど、むかし「頭山」を読んだときは驚いたね。自分の頭にある池に身投げするなんて無茶苦茶!
最近では「灼眼のシャナ」かなー。主役の本人が最初から存在してないなんてヨー考えるわ。(落語に「オレの死体を担いでるオレは誰?」てのがあったけどね)
56. Posted by     2008年08月11日 10:55
シャナって…いやいいけど
57. Posted by     2008年08月11日 11:12
もうあらゆる設定が書き尽くされて二番煎じな作品しかないよな、昔の作品のパクリって意味じゃなくて、作者本人がオリジナルだと思ってもやっぱり似た作品は過去に存在してる
若い子が知らなくて今の作品同士でパクリだの騒いでるときあるけど、とっくに使いまわされた設定だったりw
58. Posted by     2008年08月11日 11:15
斬新だったのはジョジョのスタンド能力かな
それまで超能力を人の形に視覚化するなんて発想はなかったから

ハンターハンターでも真似られたし、あれ以降結構他の漫画で使われてるから、今となっては普通な気がするけど、
当時あの発想をした荒木は凄いと思う
59. Posted by    2008年08月11日 11:26
初めてジョジョの第三部を読んだ時は、スタンドってのがよくわからなかった。
「なにがどうなってんの???」って感じ。
まあその時小学生だったってのもあるけど。

あと、タロットカードをスタンドの名前に持ってきたところもお洒落でカッコイイと思ったな。当時は。
60. Posted by hh   2008年08月11日 11:40
アニメの斬新さを語るのになんでストーリーとかプロットの斬新さが中心になるんだ。演出・表現の斬新さということでウテナをあげとこう。
61. Posted by あ   2008年08月11日 11:44
GUN道は斬新だった


悪い意味で
62. Posted by PIAT   2008年08月11日 11:51
エヴァは初めて観た当時、内容はさっぱりだったけど、モニターに表示されるのが描き文字じゃなくてCGのフォントなのが斬新だった。
「エヴァ以前・以後」というアニメの分類があるらしいけど、それはCGのフォントの有無を指してるんじゃないかと思ってる(笑)。

ハルヒは小説の1巻が出て話題になった時に買って読んだけど、読み終わって真っ先に思い出したのが、伊藤潤二の『超自然転校生』だった(笑)。
読み終わってすぐ本屋にとって返して、伊藤潤二全集を全巻まとめ買いしたのはいい思い出。

あと『ブルーシード』のオチに、当時驚かされた覚えがある(苦笑)。
ああいう話は、たいていラスボスが結論を先送りして退場するのがお約束だったので。
63. Posted by     2008年08月11日 11:59
斬新と言えば…思いつくのはやはり手塚治虫の全部かな。これはガチ。
それ以外で言えば弐瓶勉のBLAME!。セリフに頼らず絵で魅せるスタイルが素晴らしい。
64. Posted by     2008年08月11日 12:32
鉄腕アトム
65. Posted by     2008年08月11日 12:55
デスノートのファンブック(ジャンプの単行本と同サイズのやつ)に大場つぐみのネームが載った事があるが、アレはどう見ても完全にガモウの絵だった。
66. Posted by     2008年08月11日 13:17
なぜ誰も蟲師をあげないのか…
67. Posted by 結果は見ての通り。   2008年08月11日 13:38
年をとると若い人の知らない昔の作品まで含めて評価をするから、最近のアニメにあんまり斬新さとか感じなくなってくるよな。

いい年してアニメ好きな俺の事なんだが。

エヴァ放送当時は誰もが認める斬新さだったな。
一般人もオタも区別なくみんな夢中になってたっけ…
あのままあのアニメがオタと一般人の壁を無くして一つに溶かしてしまうかと思った
68. Posted by a   2008年08月11日 14:04
エヴァは一般人とオタクの間の溝を埋め
劇場版でさらに深い溝を掘った
69. Posted by    2008年08月11日 14:05
エヴァは新しいものが無いがゆえに、みんなが親しみやすかったので、一般受けしたって流れだろうからねえ。
海外じゃまず普段見てない一般人でもアニメの知識は有るって背景が無いし、
あの頃のみんながみんなって社会現象のムーブメントも知らないし分からないだろうから特別じゃないだろう。
アニメ単体としての、今から振り返っての特別さには乏しいんだし。
70. Posted by     2008年08月11日 14:07
デスノは料理の仕方はうまかったけど斬新で独創的な話かというと……

アニメなら個人的にウテナかな…
漫画は幅が広すぎ蓄積も半端ないからどれがとか言えない
71. Posted by R18   2008年08月11日 14:18
米67

エヴァの斬新さって庵野が臆面も無く自分の内面さらけ出した
(当人曰く「最後のパンツまで脱いで」)
とこじゃないかなあ。
だから本放送中は普通に良く出来たアニメと信じてたファンしか見てなくて
例の最終2話が放送されてから一般でも話題になった。

そういう意味じゃ千と千尋も斬新だったなあ
あまりにパヤオの内面世界のまんまだったんでw
72. Posted by      2008年08月11日 14:20
>>67
たぶんもっと年取ってる
自分みたいなおっさんから見ると
エヴァは今まであった作品(アニメ、実写問わず)
からのおいしい部分の編集力が
素晴らしいっていう作品であったと思うけどね

悪い意味じゃないよ
一般も巻き込んだアニメ界の
エポックメイクな作品だった事は
誰もが認めざるえないだろうし
73. Posted by     2008年08月11日 14:25
>>71
そういやそうだね
あそこまでみっともない部分を
さらけ出したのは確かにエヴァが最初かも知れない
アニメでそれ以前は思いつかないや
なんかあったっけ?
74. Posted by     2008年08月11日 14:30
同人ワークBパートは斬新過ぎて茶吹いたお
斬新=善 ってわけじゃないんだな

75. Posted by .   2008年08月11日 14:44
今じゃ医療漫画や医療ドラマはいくらでもあるけど。
あの時代にあそこまで完成度が高い医療漫画・ブラックジャックを描いたのはすごいな。
76. Posted by     2008年08月11日 15:23
アニメにはタヴーに切り込むという形の斬新さもあるな。YURIとかYAOIとか英語になったということは、それに属するジャンルが過去になかったということだね。ただの思想的な同性愛映画とは一線を画すものだった。
77. Posted by     2008年08月11日 17:04
マジンガーZあたりからリアルタイムで見ているおっさんだけど、アニメ見てその設定の斬新さに驚いたのは、初代マクロスくらいかな。
敵が巨人って!文化を持たないって!
バルキリーの変形も凄いかっこいい!
あれはまさにデカルチャーだった。
78. Posted by       2008年08月11日 17:35
>>米67
エヴァンゲリオンって放送当時(最初期)は
別に話題にならずちょっと変わったアニメ、
って扱いだったでしょ。

最終回付近のわけわかめな展開が話題に
上った程度だったと記憶しているが。

アレが本格的に騒がれたのは、深夜帯の
再放送でオタが飛びつき、それをマスコミが
祭り上げて一般人が興味持った頃だよ。
79. Posted by creek   2008年08月11日 17:54
海のトリトン
今までアニメでは見たこともなかったゴルセノスとの斬新な戦闘シーン。
そして、あのラスト。
今まで何を見ていたのか分からなくなった。
80. Posted by あ   2008年08月11日 19:45
よく考えればマジンガーも斬新。
合体する順番を変えれば違うロボットになるなんて。
81. Posted by PIAT   2008年08月11日 20:04
>>80にゲッタービィィィィムッ!!
82. Posted by なにかというと(ry   2008年08月11日 20:57
ここまで「ガリバーの宇宙旅行のオチ」無し。


…てのはさておき、
個人的は色々あって迷うけど、

「天使のたまご」
「未来少年コナン」

あたりかな。
83. Posted by     2008年08月11日 21:21
主人公がいつのまにかすりかえられて、作品のタイトルを冠したロボットが大した活躍もなしにスクラップにされる展開もある意味斬新だった。
84. Posted by     2008年08月11日 21:25
外人たちが挙げてる作品群は
斬新さのかけらも無いような・・・

初代トランスフォーマーが
あからさまな設定矛盾等があっても放置して
問答無用でぐいぐい進むお話にノックアウトされた記憶が。
「ガンダム後」だというのに
あのアバウトさが
とても斬新で魅力的だった。

今となってみれば
日本製アニメばかり見てて
カトゥーン全般を見慣れてなかったせいもあろうが。
85. Posted by     2008年08月11日 21:34
ビーストウォーズかな
フル3Dのアニメ見たのが初めてだった
気持ち悪いような新鮮なような・・・当時は

後コスチゥームが着替えてるだけのccさくら
86. Posted by     2008年08月11日 21:51
フリクリかな
ストーリーとか関係なしに動いてる様を視聴するだけで快感を感じるってのは初めてだった
87. Posted by A.Na   2008年08月11日 21:54
Star Blazersが宇宙戦艦ヤマトと違って「自分の星が自分たちのせいで滅びる」という設定だという事にたった今驚愕した。

それはさておき、私は下記作品かな。

「マクロス」(バルキリーの変形はもちろん)
「メガゾーン23」(東京が実は宇宙船の中だった、というのが)
「モスピーダ」(あのED曲が当時の私にはすごい斬新だった)
「パトレイバー」(レイバーもさることながら、もしかしたら実現するかも、と思わせたバビロンプロジェクトの存在が斬新だったなぁ)
「銀河英雄伝説」(よくあれだけ大量のキャラが出演する作品をアニメ化出来たもんだ。正直、第二期のヤシガニぶりと第四期でナレーションがやたら多いのが難だけど。)
88. Posted by a   2008年08月11日 21:58
テコンVは巨大ロボットにテコンドーのような身軽な格闘技を使わせるの時代を考えればかなり斬新。
デザインを完全オリジナルにすればちゃんと評価してもらえたのに・・非常にもったいない。
89. Posted by     2008年08月11日 22:07
セーラームーン。

90年代アニメのエポックはエヴァではなくこっちだと思う。
90. Posted by     2008年08月11日 22:12
セーラームーン。

平凡な女の子が、特殊な力を手に入れて仲間と助け合いながら強大な的を倒して世界を救う、という世界観を提示した点においては紛れもなく斬新だった。
91. Posted by     2008年08月11日 22:14
書き込めてないと思って連投してしまった。
すみません。
92. Posted by     2008年08月11日 22:26
>88
闘将ダイモスより前なのか?
93. Posted by     2008年08月11日 22:27
外人はデザインだけで避けてるっぽいが、ギャラクシーエンジェルは斬新にもほどがある。
94. Posted by m   2008年08月11日 22:42
アキラ
あの絵の緻密さはすごかった。中学生だった自分に1000円をはたいて買わせたほどの衝撃だった。
95. Posted by m   2008年08月11日 22:44
↑マンガの方ね。それでアニメ見たらまた度肝を抜かれた。ストーリーは棚上げで。
96. Posted by    2008年08月11日 23:28
確かにGAは投げっぱなしを極めた作風だった
キャラクターもののアニメでやったのがすごい
97. Posted by .   2008年08月11日 23:51
ビーストウォーズ
オリジナルはシリアスなのに声優達の遊び場になるとは……。
風の戦士たち(笑)とかアメリカの改変を笑ってられないぞ。

だがビーストウォーズがオリジナルストーリーのままだったら全く人気出なかっただろうがな。
あれは素晴らしいバカアニメだった。
最近はネトラジでああいうことしてるからアニメ本編で遊ぶことは少ないな。
98. Posted by    2008年08月12日 00:04
タイトルの冠ロボが最終回に突然登場して主人公(?)とその登場ロボットがかませだったGダンガイオーは斬新なんだろうか?w

内容はゲッター+マジンガー+α のパロディだったけれども
99. Posted by 十文字切り   2008年08月12日 00:29
合体ロボ系の中でいえば 『ダルタニアス』
何たって真ん中がライオンだし
普通の合体ロボはそれぞれにパイロットがいたりするが、
このライオンは(もちろん生きた本物ではなく)ロボットだけど
人工知能で、確か普段はその辺を走り回っていて、
合体の(呼ばれた)時だけどこからともなくやって来て
真ん中に収まるってのがある意味斬新だったかと・・・
そーいやメスもいたっけな・・・
100. Posted by あ   2008年08月12日 01:10
勇者シリーズにはフェニックスと新幹線がよく出るけど、何か元ネタがあるの?
101. Posted by    2008年08月12日 02:11
昔の作品を上げるとキリがないな
一番最近だとハルヒかな
主人公の特性を持つけど主人公じゃないハルヒとか王道っぽいけど実はそのまた逆を行ってる所とか

退屈じゃないといえるのは久しぶりだった
102. Posted by #5   2008年08月12日 02:14
トランスフォーマーがコメントであがってるね!あれはCoolだ。
マクロスだとかガンダムだとかもいいけど、きちんとロボットでありつつ人間チックで、ある方向でリアルさを打ち出しておきながら、別の方向では今やってる「ポニョ」のような荒唐無稽さがある。
あれは子供だけが見るには勿体無いね。大人こそ見るべきだ。特に「2010」を。
103. Posted by    2008年08月12日 02:44
102は外人かwまるでエキサイト訳だぞw
とゆうか外人が斬新って言ってるものほとんど手塚がやってるけどwww



104. Posted by      2008年08月12日 03:39
宇宙船サジタリウスは当時の時事問題なんかも題材にしてて中学生ながらも唸った
105. Posted by    2008年08月12日 07:37
どう考えても一番斬新なのはサウスパークだろ
アメリカ人はサウスパークを禁止したりせず、もっと評価するべき
106. Posted by     2008年08月12日 07:38
サムライチャンプルーの2期は酷かった‥ギャグも外してるし
フジ商法は商売上手だが、士気低下しそう
 1期は最高なのに(あまり話題にならなかったのか?)
107. Posted by     2008年08月12日 09:14
>宇宙船サジタリウスは
俺高校生だったけど、「これ親には絶対見せられないな」と思ったよ。
安月給リーマンの主人公たちが脱サラ起業したものの、自転車操業に陥った上に家族に「もっと稼げ!」としりを叩かれ、遭難したら妻たちが旦那の命より生面保険金と将来の生活設計心配し始めるんだもの。

ある意味すごく斬新だった。
108. Posted by Posted by   2008年08月12日 09:37
>99
微妙に記憶に間違いがあるようだ。ダルタニアスの真ん中にくるベラリオスはロボットではなくサイボーグだな。まあ、ライオンの脳であの巨体が制御できるかって言ったら疑問だろうがw

斬新といったら、1stガンダムとToHeartだな。ガンダムは言うまでもないと思うが、ToHeartはだな、「美少女ゲームをテレビアニメとして放送するとは、なんというあり得ない発想か!!」と思ったんだよな。あれは驚愕だった。
109. Posted by なにかというと(ry   2008年08月12日 11:43
そういえばイデオン(発動編)のラストシーンも
当時としてはいろんな意味であり得なかったかな。


まぁ、今でもあり得ないと思うけど。


#でもガンダム(1st)よりはイデオンの方が
#好みではあるかな…
110. Posted by トンカス   2008年08月12日 14:38
アニメというか漫画やゲームやラノベを巻き込んだこの一大文化の凄さというのは、過去の前衛的作品を念頭に置いて何か洗練された新作品を作れば、斬新なものとして若い(あるいは外国の)熱狂的ファンが発生する、作品群の層の厚さと充実度だと思います。
ネタの宝庫ですよね。
何度も言いますけど「ビューティフルドリーマー」と「ハルヒ」とか。
111. Posted by hXXtai うぉーりあーず   2008年08月12日 14:43
「ヤッターワンとかが変形してカコイイロボットになると
面白いよな。
そうだ、顔の部分をロボの棟に持ってくればイケルじゃん!」

・・・そう思って落書きカリカリ書いてたら
ダルタニアスがハジマタ経験のある俺が来ましたよ(泣

斬新ならボルテスVに敵うモノはない。
今見ると?だろうがw
112. Posted by hXXtai うぉーりあーず   2008年08月12日 14:44
×ロボの棟に持ってくれば
○ロボの胸に持ってくれば

ゴメw
113. Posted by 猫鉢畢   2008年08月12日 15:26
ビーストウォーズに一票
メガトロンが千葉さんの時点でお笑いだろ(笑)

スコルポスのゴッツンコが好きだった
114. Posted by 十文字切り   2008年08月12日 15:47
>微妙に記憶に間違いがあるようだ
人工知能じゃなかったか・・・うろ覚えでスマン
何せ30年近く前の記憶なんで

>そういえばイデオン(発動編)のラストシーンも
>当時としてはいろんな意味であり得なかったかな。
映画館で、ラスト永遠とネロ & パトラッシュ状態を見せられた時は
ド肝抜かれたっけな
115. Posted by     2008年08月12日 21:21
>87
ガミラスのことじゃない?
116. Posted by    2008年08月12日 22:02
今更ながら「ブギーポップ」とか言ってみる。
そもそものスタートから原作読者やら実写を見てない人間を置き去りにするという(まあ、これは販促の一環かも)点とか、テーマがドラッグとか、あとラノベ⇒アニメの流れを作った作品とか。
117. Posted by hXXtai うぉーりあーず    2008年08月12日 23:33
>スコルポスのゴッツンコが好きだった

スコルポスはゴッツンコじゃねえw
そりゃインフェルノだぜイニD!
118. Posted by     2008年08月12日 23:38
>>15

星が自滅ネタは999の方が本場なんだけどね。
つか、スターブレイザーはヤマトの絵だけ使ってストーリーは全くの別物と聞いたが。
119. Posted by     2008年08月12日 23:39
>>115

星が自滅ネタは999の方が本場なんだけどね。
つか、スターブレイザーはヤマトの絵だけ使ってストーリーは全くの別物と聞いたが。
120. Posted by トンカス   2008年08月13日 00:50
ちなみに映画史上(日本映画史上ではなく世界映画史上)最も斬新だった作品として扱われているのは黒澤明の「羅生門」です。
ベネチア映画祭60年間の歴代金獅子賞中最優秀のグランプリ「獅子の中の獅子」賞は伊達ではありません。
なぜそれほど衝撃をもって迎えられたかというと、1950年代当時の世界では、現在は当たり前の考えである価値相対主義という考え方がほとんど定着していなかったらしいんですな。
一部の知識人が、構造主義や文化相対主義のような新思想としてようやく受け入れ始めていた段階。
そこに、価値相対主義という思想を見事に映像で説明した「羅生門」が現れて、大変な衝撃を与えたようです。
しかも誰もみたことが無いような斬新なカメラワーク(太陽モンタージュ、森を走り回る主人公など)で高度な映像美が実現されていた。
人間のエゴという哲学的なテーマが正面から扱われ、主役(三船)の演技力も凄い。
しかも非欧米作品でこれだけの作品が出てきたという事実そのものが、当時のフランスの知識人が主張しはじめていた文化相対主義の何よりの事実として受け入れられたらしいです。白人でなくても、白人の視点でなくても、これほど高度な作品が作れるのだと。
あらゆる意味で衝撃的な作品だったようです。

今のアニメに喩えたら何だろう。
インドネシアあたりの無名の下請けアニメスタジオから、京アニやジブリ以上の画力で内容も傑作の超傑作がある日いきなり出てきて、日本中のアニオタが熱狂するようなレベルの話ですかね。
「羅生門」はそういうレベルの衝撃だったらしい。
121. Posted by     2008年08月13日 01:58
>115

ついでに、あくたわわサンも評価してあげて下さい
122. Posted by     2008年08月13日 01:59
間違えた
>120
123. Posted by     2008年08月13日 02:01
最近の『あくたわわ賞』とかは、目も当てられんが・・・
124. Posted by     2008年08月13日 04:12
押井守は骨の髄までアンドレイ・タルコフスキーやロシア・アヴァンギャルドに染まってるだけ。彼の独自性は青年時代に学生運動に乗り遅れたために生じたそれへの永遠の憧憬くらい。特に斬新というほどのものは皆無。

AKIRAの斬新さは絵の緻密さではなくアニメーター出身者ならではの動きの表現。

メタだのなんだのはSF者なら斬新どころか陳腐すぎてあくびが出る代物だった。

JOJOのスタンドなんてただの守護霊ファンタジーの延長にすぎない。マニエリスムというのは陳腐の同義語みたいなものだが。
125. Posted by なにかというと(ry   2008年08月13日 14:40

「オリジナルは別にあるからこれは陳腐」
「既に手垢がついとる」
「濃い人から見ればこのネタは退屈」

なんて事言い出したら、「斬新」な作品なんて
挙げようが無いなあ(笑

元ネタとか影響されてる物はあっても
いいけれど、それを時代に合わせて
どう料理しているかで「斬新」さを計る
価値観も存在するのではないのかな。
126. Posted by     2008年08月15日 04:12
みんなが列挙してるの読んでると思ったよりも斬新な作品多いなw
自分に衝撃を与えたって意味でなら
EVA→こっからアニメに入った
Lain→色使い、わけの分からなさ
テクノライズ→1話で数分間セリフなし置いてけぼり、終盤のグロさ
The soul taker→原色使った色の表現すげー!って感動、こっから新房ファン
巌窟王→こんな独特な絵柄みたことねぇよww

こんな感じかのー
パクリや二番煎じ言われ出したら、どれが最初かなんて調べようがないし、その時(自分の知識や、時代の流れ)に自分にとってどれが斬新かで考えればいいだけだしね。
127. Posted by    2008年08月16日 04:24
原体験が「マジンガーZ」なんだが。
128. Posted by なにかというと(ry   2008年08月16日 15:17
原体験は最早思い出せないけど、

「どうぶつ宝島」あたりで、

こ、コレはなんか違う!

とか思った幼少の頃は、多分オトナから見て
なんかいけすかないガキだったろうなぁ(笑

#でも今観ても結構すごいすよ。あれは。
129. Posted by PIAT   2008年08月16日 22:46
そういえば、『機甲戦記ドラグナー』の前期OPは、初めて観た時に「おおっ!」となった覚えがあるなあ。
今でもロボットアニメのOPでは、ドラグナーを超えるカッコイイOPはないと思ってます(本編はアレだったが…)。

あとOPといえば、つかみが肝心の児童アニメにもかかわらず、いきなりEDが始まったのかと思うくらい情感あふれ過ぎる『コメットさん☆』のOPも、斬新と言えば斬新だったかねぃ?
本編は濃密な脚本に圧倒されっぱなしでしたなぁ…。
130. Posted by ian   2008年08月18日 22:50
俺は沈黙の歓待かな。
131. Posted by     2008年08月20日 15:37
>>130
それ全然歓迎されてないなww
132. Posted by #5   2008年08月29日 11:12
>124
そうは言いますがねえ…。作れないんですよ、誰も。確かに独創性とは違うかもしれないが、「10年に一度」の人間ですよ。もしかしたら20年に一度かもしれない。それだけで十分です。
133. Posted by 魔王に恋する名無しさん   2012年07月01日 11:04
ガンダムは胡散臭くてヤマトは胡散臭くないってのは同意しかねるなあ。むしろ逆だと思うんだが。ヤマトのあの勧善懲悪と博愛主義は能天気すぎて嫌だった。
134. Posted by rayban サングラス   2013年05月20日 11:58
16512rayban サングラスらの手紙が公開CDジャーナル5
135. Posted by ゼンタイ   2013年05月21日 12:48
るのよね。全てのせりふに抜かりがないの」と名脚本家の手腕をたた
136. Posted by rayban サングラス   2013年05月22日 01:25
あり、とても大切にしている作品
137. Posted by オークリー メガネ   2013年05月23日 17:19
あるという“はるかぜちゃん”こ
138. Posted by レイバン アビエーター   2013年05月25日 12:51
12334レイバン アビエーター勝パレードを行った。写真中央はマン
139. Posted by オークリー ハーフジャケット   2013年05月30日 13:34
二度と起こらないと思ったが、今回の
140. Posted by モンクレール ジャケット   2013年06月04日 04:01
になりました。ユースでトップチームに帯同させてもらった頃を入れるとF
141. Posted by モンクレール ジャケット   2013年06月05日 10:44
)鴨志田さんのおいしいトマト2.内容量 (L〜Sサイズ)3玉〜
142. Posted by モンクレール激安 ダウン   2013年09月28日 16:41
だき、同意の上、ご購入ください。購
143. Posted by デュベティカ ダウンベスト   2013年10月30日 14:49
ラをにごーマンで。午
144. Posted by 医療用ウィッグ ブログ   2013年12月18日 14:34
区男子3選手ージ
145. Posted by 黒子のバスケコスプレ衣装   2013年12月26日 06:49
6経年分a7年分816経

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon