2008年09月22日

海外アニメファンの疑問「るろうに剣心の主人公は実在したの?」

・のちに別の人生を歩んだ伝説の人斬り(legendary slasher)っていたの?
・るろうに剣心の見すぎ。でも日本の歴史上には四人のヒトキリがいる。
・私も緋村剣心の元ネタって何か気になってた。
・Samurai X(るろ剣の海外名>訳者)は徳川が終わって明治政府ができる頃だけど、さすがに抜刀斎という人物はいないと思う。でも似た人はいたかもね。実在の徳川家康はアニメでも名前が出てくるし。
・幕末四大人斬り(4 Hitokiri of the Bakumatsu)に長州藩のアサシンとして働いた河上彦斎がいるけど、彼はいくらか似てる。
・私もるろうに剣心のファンでかなり調べたけど、剣心は四大人斬りの河上彦斎がモデルだと思う。女性と間違えそうな容姿で賢くて神秘的な人だったらしい。フラヌイ流かシラヌイ流だとかいう強くてユニークな剣術を持ってたが、これは剣心の天翔龍閃とは関係ない。
・そうそう、河上彦斎は四人の中で最も恐れられてたとか。多くのキャラは実在しないけど、あの時代の見方がつかめるからこの作品が好きなんだよ。
・私は日本の歴史を専攻してるけど、河上彦斎という人斬りはたしかにいて、稲光みたいに技が早かったとか昼間から政治家を切り殺してたという噂がある。剣心のモデルはまちがいなく彼だろう。
・斎藤一は実在したからね。るろ剣の物語の基礎はだいたい事実だよ。
・「抜刀斎」はクイックドロウみたいな意味だから正確には名前じゃない。そういう感じに自称してる人は多かっただろうね。「西洋一の早撃ち(The fastest gun in the west)」みたいに。
・ところで、私は左之助のファンなんだけど彼のモデルっている?
・↑新撰組の原田左之助らしい。
・人斬り彦斎とかのお墓ってどこにあるんだろう?彼は処刑されたらしいけど墓ってあるんだよね?
・墓はあるらしい。
・なんだか「三銃士」の話みたいだ。あの登場人物もみんなモデルがいたよね。
・キャラと実在の人物の類似性はあんまり期待しない方がいい。
・剣心が彦斎かどうかは知らないが、剣心みたいに無敗の人物はいたと信じてる。


新撰組とかは実在しただけに、海外の人にはどこまでが本物の設定なのか区別し難いんでしょうね。とはいえ「歴史上の事実」って曖昧ですけど。
にしても「幕末四大人斬り」って中二病センスあふれてるなあ(誉め言葉)。私もいつか四大**の一人とか呼ばれたい!
知ってるつもりの日本史―歴史研究家が明かすウソのようなホントの話 (別冊歴史読本 (54))
知ってるつもりの日本史―歴史研究家が明かすウソのようなホントの話 (別冊歴史読本 (54))

fairypot at 00:32│Comments(199)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2008年09月22日 00:33
ソースはこっち
http://www.japan-guide.com/forum/quereadisplay.html?5+11281
2. Posted by     2008年09月22日 00:44
四大か
カッコイイね
3. Posted by あああああああ   2008年09月22日 00:54
確か単行本の紹介ページに書いてあったよな
るろ剣は好きな漫画のひとつだけどアニメはOVAを除いて嫌いだな
4. Posted by     2008年09月22日 01:11
いいなあ、すげえ楽しそうだ
5. Posted by     2008年09月22日 01:19
池波正太郎のおかげで中村半次郎が真っ先に浮かんだ
6. Posted by     2008年09月22日 01:27
相変わらず無駄な知識だけは凄いw
7. Posted by ・   2008年09月22日 01:29
人斬り と言えば「以蔵」が真っ先に浮かぶ。
外国の人が幕末に興味を持って色々調べたとして、開国によって政治体制が変わったり西洋的価値観の流入に混乱しながら対応した昔の日本人をどう思うのかな・・・。
8. Posted by     2008年09月22日 01:38
みんな凄いな・・・

出てきた実在人物名で唯一知ってたのが「徳川家康」だけだった・・・orz
9. Posted by N   2008年09月22日 01:39
こいつらは日本人の俺でも知らないことをw

俺も同じ立場だったら元ネタ探しとか調べることに躍起になってただろうがな
10. Posted by あ   2008年09月22日 01:39
四大アニメ関連翻訳サイト管理人のうちの一人じゃないの?

ていうか4つぐらいしか翻訳サイト知らないわけだけどw

>It is just like the 3 musketeers (they were actually 4 in the stories but the number 3 sound better than 4 in French and there are other reasons too).

other reasons が何か知りたかったなー。
気になる・・・。
ていうか凄く長くて詳しそうなレスがいっぱいついてますね。ちょっとしか読んでないけど。
さすがに逆刃刀まで実在していたとは思ってないよね・・・?
11. Posted by uona   2008年09月22日 01:51
「人切り半次郎」か
軒先の雨粒が地面につくまでに
三回抜き差しができたという
まさに電光石火
12. Posted by PIAT   2008年09月22日 02:18
そういえば、るろ剣に出てきた刈羽へん也の元ネタになった松林へん也斉って、『あずみ』に出てきてますね。
まああずみにあっさり殺されるんですが…。
13. Posted by      2008年09月22日 02:33
田中新兵衛、岡田以蔵、中村半次郎

この3人だろ

半次郎は示現流だから一撃目に
すべてを掛ける剣法じゃねえの?
14. Posted by     2008年09月22日 02:34
探偵ファイルで逆刃刀の模造を作ってたな。
たしかパイナップルを普通に両断してた気がする。
15. Posted by     2008年09月22日 03:09
幕末の剣客で誰が最強だったかに思いを馳せるのは
歴史好きの誰もが通る道

四人の人斬りはみんな明治まで生き残れなかったけどね……
16. Posted by     2008年09月22日 03:19
人斬り以蔵が真っ先に浮かんだ。
17. Posted by     2008年09月22日 03:21
>軒先から地面に雨粒が落ちるまで3回抜刀、3回納刀・・・

3回納刀はさすがに無理じゃないかw
まあ半分伝説だろうけど。
18. Posted by    2008年09月22日 03:54
どうでも良いことなんだけど、エントリ中のThe fastest gun in the westは"西洋一の早撃ち"より"西部一の早撃ち"の方がしっくりくる気がする
19. Posted by     2008年09月22日 04:00
すげえ研究熱心なんだな…
日本人でも河上彦斎知ってる人はあんまいないと思う。
あとどれが実在の人物でどれが架空の人物かってのまでちゃんとわかってるのもすごい
20. Posted by     2008年09月22日 04:54
西洋で言うなら三銃士や戦争と平和みたいに実在の人物と架空の人物が絡み合った物語だわな。
21. Posted by    2008年09月22日 05:40
さて、幕末について調べた外人のうち何人が斎藤一の顔写真を見て絶望しただろうね。
22. Posted by     2008年09月22日 05:59
>軒先から地面に雨粒が落ちるまで3回抜刀、3回納刀・・・

多分清水の舞台の下あたりで・・・
23. Posted by      2008年09月22日 06:23
>四人の人斬りはみんな明治まで生き残れなかったけどね……
 
中村半次郎は西南戦争まで生きてる。

24. Posted by ツカサ   2008年09月22日 06:59
世界中で有名になるなんてすごいね。こんな風に日本の歴史に興味を持ってくれる人が大勢いるんだ。
25. Posted by     2008年09月22日 07:15
新撰組なんてチンピラ連中なのにどうしてここまで良いイメージなんだろう……そして忘れられる見回り組。
26. Posted by へも   2008年09月22日 08:06
>剣心みたいに無敗

だったっけ?
負けをどう解釈するかにもよるか
27. Posted by     2008年09月22日 08:26
>>21
プロゴルファー猿のオッチャンみたいな顔してるんだよな……
28. Posted by     2008年09月22日 08:30
沖田総司はブサイクだったと実の姉の証言が残っているらしい。

ちなみに人斬りではないが武○士のあの社長は若い頃、日本刀振り回してやくざの事務所に殴りこんだことがある。
埼玉のとある田舎の話。

サラ金は怖いね。
29. Posted by     2008年09月22日 08:35
>>25 そして忘れられる見回り組。

だな、某組よりなんぼも働き、功績もあげたのに知名度低い
30. Posted by    2008年09月22日 08:54
南米のどっかを訪問した麻生太郎外相(当時)が
現地の若者にサムライXが好きですとか言われてたニュースがあったなー
作中でぬっ頃されてる剣心の元ボスが
祖母ちゃんの祖父ちゃんなんだがいいのかw

ベルばら読んでオスカル様が実在の人物だと思いこんでるフランス人とかいたら面白いな。
31. Posted by あ   2008年09月22日 09:12
米25
何故か新撰組を悪者にするのはタブー視されてるよな
主人公が新撰組と敵対関係にあっても新撰組はかっこよく書かれる
32. Posted by     2008年09月22日 09:41
歴史上の人物と、実在の人物にはひらきがあるからね。
佐々木小次郎とかが有名かな?
真田10勇士とか?
山本勘助も疑わしい?

村雨は架空の刀で、村正は実在する刀(人物)だっけ?
33. Posted by 犬彦うがや   2008年09月22日 09:49
四大迷訳w

西部の方がよいよ;)

幕末の剣士はテッシュウすきさ!
かれは幕末の3舟とよばれているの
34. Posted by い   2008年09月22日 10:46
向こうに「お〜い龍馬」とか通訳出版されてないのかなぁ?
あのへんの時代を識るには最適な漫画でしょ。全てじゃないにしろアノ漫画だけでアノ時代の流れはだいたい掴める
多少の美化や曖昧な解釈も有るかも知れないが全て事実に基づいて書かれてる
絵も綺麗だし向こうの人が読んでも面白いはず、というか日本人も読むべき
35. Posted by い   2008年09月22日 10:48
向こうに「お〜い龍馬」とか通訳出版されてないのかなぁ?
あのへんの時代を識るには最適な漫画でしょ。全てじゃないにしろアノ漫画だけでアノ時代の流れはだいたい掴める
多少の美化や曖昧な解釈も有るかも知れないが全て事実に基づいて書かれてる
絵も綺麗だし向こうの人が読んでも面白いはず、というか日本人も読むべき
36. Posted by う   2008年09月22日 10:49
向こうに「お〜い龍馬」とか通訳出版されてないのかなぁ?
あのへんの時代を識るには最適な漫画でしょ。全てじゃないにしろアノ漫画だけでアノ時代の流れはだいたい掴める
多少の美化や曖昧な解釈も有るかも知れないが全て事実に基づいて書かれてる
絵も綺麗だし向こうの人が読んでも面白いはず、というか日本人も読むべき
37. Posted by い   2008年09月22日 10:50
向こうに「お〜い龍馬」とか通訳出版されてないのかなぁ?
あのへんの時代を識るには最適な漫画でしょ。全てじゃないにしろアノ漫画だけでアノ時代の流れはだいたい掴める
多少の美化や曖昧な解釈も有るかも知れないが全て事実に基づいて書かれてる
絵も綺麗だし向こうの人が読んでも面白いはず、というか日本人も読むべき
38. Posted by い   2008年09月22日 10:51
向こうに「お〜い龍馬」とか通訳出版されてないのかなぁ?
あのへんの時代を識るには最適な漫画でしょ。全てじゃないにしろアノ漫画だけでアノ時代の流れはだいたい掴める
多少の美化や曖昧な解釈も有るかも知れないが全て事実に基づいて書かれてる
絵も綺麗だし向こうの人が読んでも面白いはず、というか日本人も読むべき
39. Posted by z   2008年09月22日 10:52
向こうに「お〜い龍馬」とか通訳出版されてないのかな?
あのへんの時代を識るには最適な漫画でしょ。全てじゃないにしろアノ漫画だけでアノ時代の流れはだいたい掴める
多少の美化や曖昧な解釈も有るかも知れないが全て事実に基づいて書かれてる
絵も綺麗だし向こうの人が読んでも面白いはず、というか日本人も読むべき
40. Posted by あ   2008年09月22日 11:03
大事なことなので、たくさん言いました
41. Posted by y   2008年09月22日 11:13
※32
村雨は八犬伝、村正は実在だね
42. Posted by     2008年09月22日 11:20
四大独身の一人ことお茶妖精さん
43. Posted by g.a   2008年09月22日 11:29
マンガで赤報隊が出てきたときは、良く調べてるなーと感心した。
44. Posted by     2008年09月22日 12:35
明治に入ってから有名な剣豪が集まって幕末座談会やったときに
満場一致で「福沢諭吉は強かった」って話になってるんだよね
実は居合の達人で、でも頭が良すぎるんで斬り合いは生涯やらなかった

花神に出てくる鼻もちならない諭吉が好きだ
45. Posted by     2008年09月22日 12:56
モデルが実在してたりとか、なんだか無茶苦茶ワクワクするなぁ
自分の国の話でも外国の話でも
46. Posted by     2008年09月22日 13:00
「お〜い龍馬」推しすぎwww
47. Posted by |   2008年09月22日 13:13
>25
>31
手塚治虫の「陽だまりの樹」では胡散臭いサムライ気取りの田舎者って感じの描写だったけど。まぁちょこっと登場するだけだし。同じ手塚作品の「新撰組」では可愛らしい少年剣士である末端隊員中心の話だったけど。

>28
>沖田総司はブサイクだった
NHKの「新撰組!」で沖田総司役だった藤原竜也は色黒のヒラメ顔って意味ではピッタリだったなぁ。
48. Posted by     2008年09月22日 13:16
34-39
たくさん書きすぎww

日本人よりも詳しいな、外人さんたち
49. Posted by あ   2008年09月22日 13:25
34-39の左半分がなんか濃く見える。

私、死ぬの?
50. Posted by     2008年09月22日 13:31
何か当の日本人より幕末知っている人いそうだね。

「人斬り」が「slasher」って訳されると何かカッコいい。

「幕末維新伝いろはにほへと」も結構面白かったけど、あちらでは知られていないのかな。
51. Posted by M   2008年09月22日 13:54
ん〜、管理人は

「四大翻訳(アニメ系)ブログの一人!」

今のところ間違っては無いよね?
52. Posted by       2008年09月22日 13:54
スラッシャーってなんとなくヤオイ愛好家っぽいんだが
53. Posted by M   2008年09月22日 13:58
米14
そりゃ鉄の細い棒ですからね。刃が無いだけ。

ちゃんと鍛えた鉄の棒だと更に凶器だよ。
たぶん切れ味だけなら切れ味の悪そうな左之助の斬馬刀に近いんじゃない?
破壊力はぜんぜん違うだろうけどw
54. Posted by M   2008年09月22日 14:02
米25
後世に大衆に受ける新撰組の物語を書いた人が居たから?

伝承として人気がある物語は大抵はこの流れだよね
源平物語とかもそうやって事実から変質していったし
55. Posted by    2008年09月22日 14:31
>>47
沖田はその不気味な顔で相手がびびったところに斬りかかったそうだね
56. Posted by    2008年09月22日 14:50
>>54
>後世に大衆に受ける新撰組の物語を書いた人

司馬遼太郎のことか。司馬作品の功罪は多々あろうけど、坂本竜馬を英雄視する一方で憂国の剣士集団としても青臭い理想に燃える純朴な若者達としても新撰組を魅力的に書いたのは功の部分だと思う。
しかし作家にそんな筆力を振るわせる存在感が幕末という時代や時の人物達にあってこそのことなんだろうが。
57. Posted by    2008年09月22日 14:54
※49
死期が近いのはあなたではなくて、あなたのPCディスプレイでは?
58. Posted by    2008年09月22日 15:02
斬馬刀と聞くと、スラムキング

高校の日本史の教師で、伝記か小説かに書いてあるような話をさも本当のように話す人がいて、嫌いだったな
数ヵ月後には生徒に手を出した罪で逮捕されてたが
59. Posted by PIAT   2008年09月22日 15:37
>>5
一応河上彦斎本人も、4年程度ながら明治を生きてたんですが…。

新撰組といえば、ガノタなら『ガンダム・センチネル』でしょうなぁ(笑)。登場するキャラの名前がみんな幕末志士のもじりだったり、そもそも敵の「ニューディサイズ」ってネーミング自体が新撰組だったり。
あと女性キャラが全く登場しないガンダムというのも、今じゃありえないかも(笑)。
60. Posted by クワトロ   2008年09月22日 15:39
るろうに剣心に出てくる武術に関するウンチクって、ことごとくデタラメなんだよね。

その点が、好きになれない。
61. Posted by     2008年09月22日 16:14
>>56
司馬遼太郎は「大人のライトノベル」作家ですから。
62. Posted by     2008年09月22日 17:00
早撃ちマックというのが現代にいてだな
63. Posted by    2008年09月22日 17:30
アニメから日本の歴史に入るか…。
なんか嬉しいね。
勿論、興味を持つ時代には偏りがあるだろうけれど、其れは当の日本人とて同じw。
でも、新撰組みたいな、現体制から見たら敵みたいな集団が人気を得るのは世界でも珍しいだろうね。
64. Posted by    2008年09月22日 17:45
ちょうど、人斬り以蔵を読みながら、このブログを読んでたら、この話題…

吹いたwww
65. Posted by oo   2008年09月22日 18:09
 新撰組は昔は嫌われてたんじゃなかったかな? 鞍馬天狗とか人気だったからね・・・

 当時、仏生寺弥助、天保の三剣豪とか、まぁムチャ強い人はいろいろいるけど、やっぱり人斬りたちより人気も知名度もないw
 武蔵と絡まなかった針ヶ谷夕雲や片桐空鈍みたいなモンかもしれないねぇ。
 メディアの影響って大きいね。

 外国人さんが言ってるが河上は賢くないよなぁ? 佐久間を殺すなんて、やっぱ人斬りといっても、単なる無知なテロリストなんだなぁ、と思うよ。実際河上も佐久間を斬って後日後悔してなかったけ? 「初めて人を斬った・・・」とかナントカ?

 ごめん、あと
「四大翻訳(アニメ系)ブログの一人!」
 ってあと三人は誰なの?? 教えてエロイ人!

66. Posted by     2008年09月22日 18:12
彼らは彼ら並に守るべきものがあったんだろう…
こういうこと言う奴に限って、新選組はただのテロリストとか言っちゃうんだよな…
なにも知らない癖に
67. Posted by       2008年09月22日 18:20
でも燃えよ剣とか読むとカッコイイけど
テロリストだよなぁ>新撰組
68. Posted by     2008年09月22日 18:25
キャラの元ネタについては和月が単行本で自ら明かしている。
海外で出版される時には、そういった作者コラムは翻訳されないのかな?
69. Posted by 山野野衾   2008年09月22日 18:26
佐久間を斬ったテロリストに河上彦斎で思い出しましたが、大楽源太郎のアホが冷泉為恭を斬ったことも、佐久間並みの損失でした。
思想や大義で殺す確信犯はどうも(この時代は珍しい人種ではありませんでしたが)。

しかし、朝敵であった藤原玄明と彦斎の諱が同じというのも皮肉な話。
70. Posted by       2008年09月22日 18:28
志士も新撰組も悪者として描かれないのは
主義主張とか歴史的な意味よりも
人と人が斬り合った時代への憧っていうのが大きい気がする。
71. Posted by    2008年09月22日 18:35
人切りといえばオレが学生の頃、実際に刀で三人人を切ったことのある人に剣道を習った事がある・・・
まぁ、戦時中ロシア人を相手に戦った時の話だけど。
ポツダム宣言受諾後、武装解除したところをロシアに攻められて、銃がないので手元にあった刀(軍刀かもしれん)で戦い三人切ったとか。
「こっちは白旗あげて武器弾薬もないのにあいつらいきなり攻撃してきた」
「相手は半そでの夏服だったけど、切り方が悪かったのかなかなか刃が通らなった」
「ぶったたくように何度も袈裟切りして仕留めた」
「剣術の心得があったので、不思議と怖くはなかった」
などと当時の事を話してくれたっけ。
齢90近くにしてバカに元気で、妙に迫力のあるじーさんだったなぁ。

でももう生きていないだろうな、じーさん・・・
72. Posted by あ   2008年09月22日 18:35
>ウンチクが、ことごとくデタラメ

少年マンガに何言ってんだw
るろ剣の武術はナルトの忍術みたいなもんだろw
73. Posted by     2008年09月22日 19:09
新撰組は悪者ではないだろ。
当時はテロリストはどう考えても維新の奴ら。

お前ら今の日本で革命だ〜とか騒ぎ始めて
文明開化だとかいって見知らぬ外国文化が流入しはじめたら危機感いだくだろうが。

74. Posted by .   2008年09月22日 19:21
新撰組が悪者だと言ってるわけじゃない。どちらが悪かなんて見方で変わる。
しかし明治維新後には負けた新撰組は悪者扱いされてもおかしくないのに、何故そう書かれたものがほとんどないんだろう?という話。
75. Posted by     2008年09月22日 19:32
鞍馬天狗の古い映画の一部をみたことあるが、
新撰組はまるで特撮の戦闘員みたいな扱いだった。
戦前は悪役だったのかも。
足利尊氏も戦前は悪役だったと聞く。
76. Posted by     2008年09月22日 19:36
おーい竜馬は私も好きですけど、だいたい事実に基づいてる、とは言いかねるw

>65
他サイトの話とか、「4大」とか比較し始めると荒れたりするんでやめません?

一つだけ有名どころを紹介。
お茶さんも名前出してたと思うので。
http://www.moonlight.vci.vc/misc/index.html
最近ほとんど更新がないですけど昔の記事はガッツリ読めます。絵も良かったり。
77. Posted by     2008年09月22日 19:52
戦前の新撰組の描かれ方は「悪」だったが
戦後世間がサヨってきたら、だんだん「いいもん」になってきた

と、どっかで聞いたな
78. Posted by     2008年09月22日 19:59
>明治維新後には負けた新撰組は悪者扱いされてもおかしくないのに


じゅうぶんおかしいよ。
新撰組は日本を守ろうとした立場なのに負けたから悪になってもしょうがないって発想が。
洗脳された人間によくいるけど。

どちらが悪かなんて見方で変わる

と言いつつ、自分は勝った方の側で「あっちは」悪物でもしょうがないと思ってるわけよ。

これの逆の立場の発想はこうなる
「維新志士が勝とうがなんだろうがテロリストだということに変わりはない」。
79. Posted by     2008年09月22日 20:04
要するに中立を気取ってる人間ほど
自分が中立ではないことに気づいてないんですね。


心のどこかで負けた方が悪だと確信してる。
見方なんて方便なんですよ
80. Posted by      2008年09月22日 20:08
斉藤は写真見るとミスタースポックみたいだしなぁ。
81. Posted by     2008年09月22日 20:10
戦前戦中は明治維新の折に実際に生きていた人も結構多かったんだろう。
それが今では一人もいない。

生々しい「過去」が「歴史」に変わって評価も変わってきたんだろう。
事実だったものが小説や映画のネタになって誘導されちゃったんだな。
82. Posted by PIAT   2008年09月22日 20:13
>>59
ああ、いかん。>>5じゃなくて>>15だったよ(誤爆)

戦前の新撰組はおおむね悪役扱いだったみたい。維新志士だった鞍馬天狗の前に立ちはだかったり。
「今宵の虎徹は血に飢えておるわ」というセリフは、この悪役だった当時の近藤勇の決め台詞だったそうで。
83. Posted by ・   2008年09月22日 20:26
新撰組を悪と決め付けられないのって、大儀名分に過ぎなかったかもだけど、御公儀に殉じる存在だったからでは?開国前後の流れがマズかったとはいえ、泰平の200年を築いた徳川の体制は日本人なら評価せずにはおれんし、新撰組は一応その徳川に忠誠を誓ってその体制を守ろうとしていたのだから。かなり血生臭いやり方も辞さなかったのは現代人の感覚とは相容れないだろうけど。それすら愚直に旧態にこだわって時代に見捨てられた者の悲哀を伺わせて、判官びいきな日本人の同情を誘うのかもしれん。
84. Posted by .   2008年09月22日 20:42
>>78 >>79
言い方が悪かった。スマソ。

勝った側(新政府)が負けた側(旧政府)を悪者にして自分達の正当性を訴えるのは歴史上当たり前にあること。
明治政府は何故新撰組に対してそういうことをしなかったのか?
85. Posted by     2008年09月22日 20:46
ここにいる人間はオタクばっかだろうから
とりあえず「もやしもん」の原作者の
人斬り竜馬とか読めば?
ありえない設定だけどおもしろいかも。

竜馬が人を殺した記録ってないと思うけど
でもそれ怪しすぎだろw
北辰一刀流の使い手として有名だったって言うのに実践の記録まったく残ってないしw
暗殺の記録も曖昧。
歴史は勝者側にとって改ざん可能なので
新撰組だけ悪者扱いされた可能性は十分ある。

そんで後世になってから
「やっぱおかしくね?」
って思う人間の発言が許され始めたってことでしょ。
86. Posted by     2008年09月22日 20:49
明治政府は十分工作をしたということですよ。
そして現代になって過去の人扱いになってからようやく悪のレッテルを剥がしてもらえる雰囲気になった。


なので新撰組をよく描かれるようになったのは必然と俺は考える
87. Posted by      2008年09月22日 20:49
しかし、土方歳三の写真はかなり男前に撮れていると思う。

新撰組の羽織姿のがあればもっとよかったのになぁ。
88. Posted by あ   2008年09月22日 20:56
イケメン沖田ってどこからでた話?
写真見たらブサイクでがっかりだったんだけど
89. Posted by a   2008年09月22日 21:07
米85
そういえば宮本武蔵も実際はそんなに強くなかったかもしれないんだってな。
90. Posted by あ   2008年09月22日 21:12
いやぁ、土方が漫画家になるとは思いもしなうわなにするやめ(ry
91. Posted by     2008年09月22日 21:32
勝てば官軍が薄れるのも時間が必要なんだろうな・・・
あと100年すれば旧日本軍ももうちょっと良いイメージで漫画に出てきたりするのかな?
92. Posted by こ   2008年09月22日 21:48
新撰組がテロリストって言う奴はさすがに無理ありすぎ。体制側の治安維持行為をテロとは呼ぶまいよ。
あとカッコイイ新撰組なんてイメージはまだまだ新しいし。
93. Posted by     2008年09月22日 21:54
「元禄御畳奉行の日記」アニメ化されたら面白いだろうなあ。
海外でサムライもののアニメ好きな人から総スカン喰いそうだけどw
94. Posted by     2008年09月22日 22:31
>>84
>明治政府は何故新撰組に対してそういうことをしなかったのか?

明治政府はそういう事をしたし、新選組の遺族も探し出して処罰した。
そして講談話でも悪役にされて嫌われてた。

昭和の戦後になって、昔に対する偏見がなくなって人気者扱いに変わっていっただけ。
95. Posted by     2008年09月22日 22:31
ま人斬りは所詮人斬り。いかに殺伐とした時代とはいえ、積極的に人を殺した人間で、歴史を前向きに回天させた人間はいない。
司馬遼太郎は桜田門外の変のみは肯定的に評価してるようだがな。
96. Posted by     2008年09月22日 22:37
>92
体制側の治安維持活動でも、合法的な法律によらない形で反体制派を殺害したり逮捕・投獄したりする行為は「白色テロ」とよばれる立派なテロ行為です。

暗殺や強盗を行っていた長州派の維新志士たちのテロ行為も凄まじいモノだったんで、そうでもしなけりゃ対抗出来なかったのも確かだったろうけど。
97. Posted by    2008年09月22日 22:57
歴史に興味はあるけど、大河ドラマとかは見る気が起きないんだよなぁ。
アニメでやってくれればいいのに。
98. Posted by シ   2008年09月22日 23:07
ところで河上彦斎は長州じゃなくて肥後。
ちゃんと明治後まで生きてる。
99. Posted by シ   2008年09月22日 23:10
あと沖田総司の写真って残ってないよ。
100. Posted by あ   2008年09月22日 23:25
じゃあ肖像画かな?
結構リアルだったけど
101. Posted by k   2008年09月22日 23:29
普通にwikipediaに載ってる
幕末四大人斬り

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%9B%9B%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E6%96%AC%E3%82%8A
102. Posted by    2008年09月22日 23:33
江戸末期の剣豪と言えば大石進と榊原鍵吉が二強
異論はちょっとは認める
103. Posted by      2008年09月22日 23:39
四大出身 とかでいいな。
104. Posted by     2008年09月22日 23:45
あれは肖像画。確かに写真と間違えられても仕方ないほど写実的だが。
姉のみつさん(ちなみに俺の姉の友達のいとこが子孫ry)があの肖像画を見て沖田に似てるとか言ったとか言わないとか…。
とりあえず美形でなかった事は確からしいな。

105. Posted by     2008年09月22日 23:47
地黒でヒラメ顔の大男、という話じゃなかったか>沖田
日本中の剣客が集まる新撰組の道場で剣術師範やってたんだから
ごっつい奴に決まってるわいな

あと何気に斉藤より年上という事実
106. Posted by     2008年09月23日 00:29
自衛隊行ってたんだが、情報戦の座学で教官が坂本竜馬を例に出して授業してくれたっけかなあ。

竜馬は拳銃を奥の手として使うため所持してるのを内緒にしていたのではなく、逆にワザと自分が拳銃を持ってるという事を吹聴して市井に流したらしい。

情報をわざと流すことによって「あいつは拳銃持ってる。うかつに襲うのはヤバイ」という操作を行ったらしい。ワザと手の内を教えることにより、たとえ自分が拳銃を所持してないときや、銃はあるけど弾が切れてるときなども、とりあえず懐に手を入れて持ってるフリをしてれば相手は勝手に警戒してくる、という講義だった。

まあ、俺は幕末に詳しくないのでその話が本当かどうか分からないが。頭いいなと思った。
107. Posted by     2008年09月23日 00:32
沖田総司は不細工じゃないだろ
歴史読本かなんかで、写真大量に残しているぞ 今の時代でも受けそうも無い幼い、女っぽい華奢な顔立ちだ
その写真をモデルに書いたであろう絵が学校では教えない授業?とかいう番組で紹介されていたけど、ものすごく不細工に書いた悪意に満ちた絵だった
それを紹介する歴史の先生とやらも全然ものを調べもしない、本もろくに読まないくせに歴史を語るなと思った
沖田は最初写真を魂が抜かれる云々と嫌っていたらしいが、気に入ってたくさん残している たぶん記憶違いが無ければ帽子をかぶっているのもあったはず
108. Posted by    2008年09月23日 01:02
youtubeで動画を漁ってたら、新撰組&幕末ヲタなロシア人に遭遇して驚愕したことを思い出した。
「何でロシア人が新撰組!?」と思ったものだが、ひょっとしたらるろ剣→新撰組→幕末に興味が移った人だったのかも?

他にも大河の新撰組!にハマったインドネシア人のファンサイトを見たこともあった(ドンドコぐっさんを「役者」、山本太郎を「コメディアン」と紹介してたのには笑ったw)し、他のブログで見た「ドイツのオタイベントコスプレ写真」で新撰組コスした外国人も見かけたし、ひょっとしたら幕末付近の話は、(史実か創作かはさておき)日本人が思った以上に海外に知られてるのかも知れないな。
109. Posted by     2008年09月23日 01:10
沖田の写真はそういう説があるだけで本物の確証はとれてないよ。
これが沖田かも?という説はあったりするがな。
親戚の写真とかも混在してるし、大量に残ってるってそれ昔の俳優の写真か親戚の写真と勘違いしてるんじゃねーの。


あとブサイクって言われてるのは、みんな言ってることだが実の姉が「ヒラメ顔」っていったとこからブサイク説が起こっただけの話。

あんた、沖田総司に入れこんでるみたいだけど腐女子かなんかですか?
歴史を語るなと思ってるところ申し訳ないんだがね、先生だって沖田専門家じゃないのよ。
110. Posted by     2008年09月23日 01:26
明治以前に死んだ日本人で「大量に写真残してる」ってケースがまず100%あり得ないだろw
マジキチ
111. Posted by PIAT   2008年09月23日 02:20
>>107
当時来日してた外国人が撮った侍の写真に「もしかしてコレ、沖田総司じゃね?」ってのが何枚かある、という話だと思ったが。
当時の肖像写真といえば、シャッター開けっ放しのカメラの前で5分くらいじっとしてるやつだから(坂本龍馬と土方歳三も、そうやって自分の写真撮ってた)、大量に残すとなると余程のヒマ人か物好きでないと…。

あと写真がない人だと、西郷隆盛が有名ですな。教科書でよく見かけるのは絵だそうで(しかも、それが本人かどうか確証がなかったり・笑)。

それと、沖田総司はよくわからんけど、若い頃の東郷平八郎は間違いなくイケメン(笑)。ブロマイドで見たけど美形すぎ。
そういえばこの人、戊辰戦争では新撰組(の残党)とガトリング砲で戦ってるんですよね。
112. Posted by a   2008年09月23日 02:31
俺は写真撮るのには2、30分かかると聞いたぞ。
113. Posted by    2008年09月23日 03:02
ここまで銀魂なし
114. Posted by     2008年09月23日 03:20
>106
ゲーム理論っぽいな
115. Posted by       2008年09月23日 04:13
とりあえず土方はイケメン
116. Posted by     2008年09月23日 04:27
この時代の人物像ですら脚色されている事が多いらしいから鵜呑みにはできないけど、エピソードの中に「金貸しの護衛をしていた」ってのが入ってて、それが事実ならアウトっぽいな。こいつは確実に悪いヤツだと思っちゃうし、イモヅル式に人脈がアウトに見える。
117. Posted by     2008年09月23日 07:29
>>109腐女子じゃねえよw
専門家じゃないにしても、薄っぺらな情報流すのは微妙

>>110
決め付けよくない
118. Posted by      2008年09月23日 08:09
いやあなたの言ってることが薄っぺらだと指摘されてるのでは?

写真が大量に残されてるとか、自分で言ってておかしいと思わない?
決め付けよくないて、想像でいいならなんだって言えます。
本人と思われる写真が大量に残ってるということを証明することなんか至極簡単なんだけど、それはしないんですか?
本人らしき写真が残ってるならそもそもこの沖田の外見に関する議論がよくなされかつ決着がつかないのは何故だろうと、そういう風に思考が向かないのが理解できません。

それでいて「歴史の先生とやらも全然ものを調べもしない、本もろくに読まないくせに歴史を語るなと思った」とか言ってるし。それを決め付けといいます。いや別に歴史の先生とやらをかばうわけじゃないですけどね。
119. Posted by     2008年09月23日 08:34
るろ剣の歴史考証はめちゃくちゃだからあれを参考にされのはなぁ
120. Posted by     2008年09月23日 08:43
>>111
西郷さんの銅像も奥さんが「こんなのウチの旦那じゃありません」って言ってるんだよな
121. Posted by     2008年09月23日 09:09
>>113
いくら何でも、
あれを幕末作品と呼ばれちゃあたまらんでしょ。
るろ剣以上にフリーダム。
好きだけど。

せめて「風光る」とかで。
122. Posted by    2008年09月23日 09:18
>114
むしろ現実に外交で使われている手法。分かりやすいのは将軍様の国とかの軍事パレード。あるいはその南の大規模軍事演習(名前が違うだけで目的は一緒)。軍事といえば、なアメリカはむしろハリウッド映画を使ってる感じ?
「俺はお前より強いぞ!」というより「俺に手を出すと怪我するぜ?」が主目的。
学校のいじめから独裁国家まで、物理的な暴力から身を守るには有効な手段です。
123. Posted by     2008年09月23日 09:54
>91
松本零士のザ・コックピットシリーズは読んだことないのかな?
旧日本軍の兵士が主人公の回もかなりある。
124. Posted by 犬彦うがや   2008年09月23日 10:04
ムーンライトファンタジアを遡ってよんでいるところなの
みんな剣心とヴァッシュすきすぎ
いま02年のノリックのコメントんとこまで読んだのである
125. Posted by     2008年09月23日 10:50
斉藤一は長生きだったらしい
後強かったらしい

自分も沖田はかっこ良かったって
聞いたこと無いな

実際には彼の容姿に対する記述がほとんどないため
少なくとも美形ではなかったろうとか
手元にある本には書いてる

藤堂平助がかっこ良かったとか書いてる
後、土方と

まぁ、本に書いてることも嘘がおおいといえば
多いけど
126. Posted by PIAT   2008年09月23日 11:40
>>91
>>123
カッコいい日本兵が見たいなら、学研からポツポツ出てる小林たけし作品がオススメ。
ただ作者本人は、少し前に小説家に転向しようとして失敗してしまったので、今後が心配。
127. Posted by |   2008年09月23日 12:44
>>125
>実際には彼の容姿に対する記述がほとんどない

沖田の容姿についてはあまり聞かないけど土方は幼少時は女顔で長じてからはモテモテでかなわんほどの男っぷりの良さがよく語られてるなー。
128. Posted by 、   2008年09月23日 13:47
『人斬り以蔵』映画化希望
129. Posted by    2008年09月23日 14:18
>>『人斬り以蔵』映画化希望
「IZO」っていう映画があるよ
130. Posted by     2008年09月23日 14:27
新選組の美男剣士
佐々木愛次郎
131. Posted by    2008年09月23日 14:47
武蔵は勝てる(ように仕向けた)戦しかしなかったんじゃなかったっけ?
だから無敗だったとか何とか。
132. Posted by     2008年09月23日 15:11
とりあえず土方が男前というのは分かった。
133. Posted by     2008年09月23日 15:27
>>131
負けない戦いしかしないってのを生涯やり通せるのは
総合的に見て十分強いと言えると思うけどね

壬生寺とか新撰組関連の所に行くと
絵馬とかがコミケ状態だから困る
戦国BASARAとかの影響で戦国武将の生地もそうなりつつあるらしいね

あと土方が荒木飛呂彦というのは分かった
134. Posted by    2008年09月23日 15:44
米133
五輪書も結構えげつないらしいからね。
剣豪本もう一回借りようかな
135. Posted by     2008年09月23日 15:49
和月先生には新撰組を描いてほしいですね。くだらないオタ漫画描いてないで。
136. Posted by     2008年09月23日 16:00
新撰組の漫画って、わりとくだらないオタ漫画…ゲフンゲフン
137. Posted by    2008年09月23日 17:03
海外アニメ・漫画系情報サイトって、

AskJohnふぁんくらぶ
BUNKA:EXTEND
Moonlight Fantasia
EuroJapanComic
ULTIMO SPALPEEN
アニメ!アニメ!
英語で!アニメ・マンガ
お茶妖精
くろねこ亭
誤訳御免!
白い空
聖地日本
台湾在住日誌
「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む
日本視覚文化研究会
日本マンガ・文化論
びざろいど
魔女喫茶

現在更新していないのも含むとこんぐらい?
138. Posted by     2008年09月23日 17:24
>>131
そういう「勝負に関する形振り構わない」部分が、「戦国→江戸」への乱世から治世への変転に合わなくて仕官先ナシ→熊本で逼塞、という流れらしいからな。

関が原の初陣からして暗示的だが、武蔵はとことん「生まれる時代を誤った存在」なのかも知れん。
まあ乱世に生まれた所で「豪傑」で終わっていたのではないかと思うけど。
139. Posted by hiiragi   2008年09月23日 18:14
westって西洋じゃなくて西部じゃね
140. Posted by     2008年09月23日 19:47
とりあえず
るろ剣のTVアニメは斉藤登場からはじまる京都編だけ別のアニメかってくらい気合入ってた
141. Posted by    2008年09月23日 20:18
*133
土方=荒木
これは間違いなく真実

波紋の力恐るべし
142. Posted by     2008年09月23日 21:18
幕末四大人斬り

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%95%E6%9C%AB%E5%9B%9B%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E6%96%AC%E3%82%8A
143. Posted by     2008年09月23日 23:07
>140
>るろ剣のTVアニメは斉藤登場からはじまる京都編だけ別のアニメ

逆に言えばアニメの京都編以降は見る価値はな(ny

えーと、OVAの追憶編大好きです♪
144. Posted by     2008年09月24日 00:06
>>94
新撰組の幹部だった斉藤一がなにごともなかったように明治の世で公僕になれてる件は?
145. Posted by     2008年09月24日 00:26
>>135
俺みたいな今の漫画が好きだって奴もいるんだ。
そういう発言すると荒れるぞ。
146. Posted by     2008年09月24日 00:48
>>144

そういう風に一部分で上げ足とるのはどうかと。
まあわざわざそういう点にまで突っ込んでくれるなら明治政府がイメージ操作していないという根拠を教えてくれ。

ちなみに斎藤一はなにごともなかったように公僕?そんなるろ剣の受け売りみたいな事いいだすのはやめてくれないか?
斎藤は何度も改名している。職務上、たびたび恨みを買うような仕事だ。命の危険だってある。政府に従うもので優秀な人間がいるなら雇用するのは普通だろう?
どんな仕事をさせられたかもわからん。
時代は変わったというアピール(見せしめともいえるか)にもなる。

要するに一番言いたいことは2ちゃんの煽りみたいに細かい部分だけツッコミをいれるくせに自分は2,3行の単発コメントしかしない奴は困るということだ。
147. Posted by     2008年09月24日 01:14
別に新撰組大好きってわけでもないし維新志士好きでもないが、論理に隔たりがある人ちょこちょこいるね。

新撰組の写真の話だって可能性はないとはいえないからブサイク説に反論する方法はあるのにイケメン説をうまく説明できないから叩かれるし、明治政府の話もそう。

処罰があったのは事実、明治政府はその後も工作したみたいな意見に
「じゃあ斎藤は?」とか・・・思いつきの短文だけじゃそりゃ指摘されるよ。
それとも高度な釣りかなんかなんですかね・・・斎藤が登用されたのは実は○○だったみたいな反論に誘導するためとか・・・
148. Posted by あ   2008年09月24日 01:17
沖田の写真が大量にあったなんて有り得ないだろ
当時の写真機は日本じゃ超貴重品で高価で数が少なく、しかも撮影には特殊な技術と長い時間が必要だった
沖田の地位と寿命でそうたくさんの写真を撮る機会があったとは思えない
149. Posted by     2008年09月24日 01:59
明治政府だって個々人の集団なんだから、好き嫌いも恨みつらみもあった
倒幕派に救われる幕臣(榎本武揚)もいれば、斬首される幕臣(近藤勇)もいる
150. Posted by     2008年09月24日 02:00
明治政府は人材難だったから、元幕府方でも榎本武揚みたいに優秀な人間は大量に登用してるよ。

それでも新撰組は長州閥に評判悪すぎるので表立っては登用してないけどね。
151. Posted by けい   2008年09月24日 02:20
新撰組が人気あるのは、負けが決まった幕府側に、最後まで忠誠を尽くして滅んだからだろ。
もはや何の見返りもないと分かっていながら、主君に尽くして滅びる連中ってのは、日本人の好みにぴったりなんだよ。

赤穂浪士、弁慶、楠正成、真田幸村、みんなそうだ。
152. Posted by     2008年09月24日 02:31
義と孤高の精神ってやつだーな。
153. Posted by    2008年09月24日 10:32
斉藤一が警視庁に奉職したのは、戊辰戦争際に会津藩と共に戦い、元会津藩士として処遇されたからだよ。

警視庁創設時に、政府側の人材難と元会津藩士側の窮乏状態が両者の妥協を生んで、警視庁による元は敵勢力だった会津藩士の大量雇用が行われた。

斉藤はその一環として、元会津藩家老の佐川官兵衛から誘いを受けたということみたい。
154. Posted by     2008年09月24日 10:59
>>153
名前も変えてるしな
155. Posted by     2008年09月24日 11:04
>>148
新選組好きの松本良順がいたから、
写真を撮ろうと思えば何枚でも撮れた筈

実際近藤の写真も撮ってるし

ちなみに俺は沖田の写真現存否定派なのでよろ
156. Posted by    2008年09月24日 11:25
じゃあ、世界4大オタクの称号を・・・
157. Posted by     2008年09月24日 15:33
>写真を撮ろうと思えば何枚でも撮れた筈

スナップと一緒にすんなと何度言われたらわかるんだ?

技術者と設備さえあれば、被写体のご都合は一切無視ですか?
158. Posted by     2008年09月24日 15:55
>>157
脳内で勝手に決め付けて荒れるなカス

坂本龍馬は何枚も写真撮ってる
金と写真機と技術者と1〜2分じっと我慢してる事さえクリアすれば何枚でも撮れるんだよ

技術者の確保が一番の難関だがな
159. Posted by    2008年09月24日 16:00
馬鹿にも分かるように言ってやるが、
俺は「撮る事は可能だ」と、可能性について話している

しかしお前は実際に撮ったかどうかで反論してきている

これでは馬鹿・アホ・カスと罵られても仕方ないと思え
160. Posted by     2008年09月24日 19:35
四大人切りの中では似蔵だよなあ
161. Posted by     2008年09月24日 19:59
全力で釣られるけど・・・
節子、それ いぞう ちゃう、にぞう や。
162. Posted by     2008年09月24日 19:59
今頃気づいたけど管理人さんクロコダイルの涙好きなの?
163. Posted by .   2008年09月24日 22:29
鋼錬のホーエンハイムが実在したと聞いて、図書室の錬金術関連の本を読みあさった
俺みたいなやつが向こうにもいるもんだな
なんにせよ、日本の歴史に興味をもってくれるのはうれしいな
164. Posted by     2008年09月24日 22:59
でも斉藤一の写真を見たら
泣いて研究を止めると思う
165. Posted by     2008年09月25日 02:49
>>159
>馬鹿にも分かるように言ってやるが、
俺は「撮る事は可能だ」と、可能性について話している

それ以前に、皆は「写真が存在するか否か」について話してるんが。
そこへ偉そうに「撮る事は可能」なんてズレた事力説されてもなぁ(w
166. Posted by     2008年09月25日 03:14
>>159
>俺は「撮る事は可能だ」と、可能性について話している

そんなもん、
龍馬や土方の写真が残ってる時点で当然の大前提。
いちいち偉そうに言う程の事ではありません。

「存在するか、しないか」の話をしている所へ「可能性」で割り込むあんたがバカです。
167. Posted by     2008年09月25日 05:07
>>118
ソース元は歴史読本の沖田総司特集ね

>本人らしき写真が残ってるならそもそもこの沖田の外見に関する議論がよくなされかつ決着がつかないのは何故だろうと、そういう風に思考が向かないのが理解できません。

議論する連中がろくに本も調べても居ないんじゃないの、ネットだけで 歴史読本でも読んでたらそんな議論も収まりそうだが?
168. Posted by    2008年09月25日 06:22
おま、歴史読本って……。
169. Posted by あ   2008年09月25日 08:41
>>167
…………
170. Posted by     2008年09月25日 12:29
>>165-166
連続で馬鹿発言ご苦労様www
171. Posted by    2008年09月25日 12:32
歴史読本っておいおい……
172. Posted by     2008年09月26日 01:32
なんだかすごくけんか腰のひとがいるなw
173. Posted by    2008年09月26日 05:52
明治以前に死んだ日本人で「大量に写真残してる」ってケースがまず100%あり得ないだろw
マジキチ
174. Posted by g.a   2008年09月26日 13:44
西南戦争で「こんなに敵の大将(西郷隆盛)を褒め称えた軍歌は他にない」と書いてたのは司馬遼太郎だったかな。
当時の写真なんて一度撮れば懲りるような苦行だから、何枚も撮るような人はよほどの変人だし、イケメンがヒドイ顔に写ることも、ブサイクがキリリとした顔に写ることもあるだろう。(誰かの証言だって、当時の好みにすぎんし)
175. Posted by    2008年09月27日 02:28
>>169-170.173馬鹿発言はお前たち歴史読本すら読んでないんだろ?
176. Posted by       2008年09月27日 03:30
>>160
似蔵っておま…銀魂の読みすぎですね
177. Posted by     2008年09月27日 12:45
>>175
そういうあなたは歴史読本「しか」読んでませんね?wwww
178. Posted by      2008年09月27日 13:43
>>167−175
>>118に「決め付けはよくない」って言われてるだろ・・・(笑)。

・当時既に写真機があった→今と変わらないスナップ写真がバンバン撮れる筈!

なら何で沖田の容姿論争にいつまでも決着が着かないの?→ネットやってる奴はオレと違って本読まないバカばっかりだから!

当時の撮影は一大事だから、大量に写真残すのは物理的にも心理的にも無理だってば→歴史読本さえ読めば過去の論議は崩壊!ゴミクズ同然!


なんつーか、君霊感商法とかキャッチセールスとかに凄く引っ掛かりやすい人に見えるんだが。
周りの人にそう言われた事ってありませんか?
179. Posted by PIAT   2008年09月27日 14:53
>>174
その歌は「抜刀隊」ですな。
今でも陸自のパレードや音楽祭の定番曲だったりします。

>>175
沖田総司特集まで特定できなかったけど、歴史読本から今年3月に出た『新撰組クロニクル』には、沖田総司の写真が1枚も載ってなかったんですが(隊士一人一人を紹介する章まであるのに…)。
沖田総司の写真が見つかったのはいつの話でしょうか?

そういえば前に出た、整った顔だけど目が寄ってる、というのは、昭和4年に沖田総司の姉の証言と親戚の顔をもとに描かれた絵のことなのでは…?(会津若松の資料館だったかに所蔵してあるやつだっけ?)
180. Posted by |   2008年09月27日 15:09
>整った顔だけど目が寄ってる

沖田の容姿でよく言われる「ヒラメ顔」って、目が離れている顔のこと(平均より左右の目の位置が外寄り)と思ってたんだが違うのか?
181. Posted by PIAT   2008年09月27日 17:31
>>180
ウィキペディアに載ってる話だと、最初に「ヒラメ顔」と言った人が、
「両目が寄っている顔=ヒラメ顔」
だと思ってしゃべったのが発端ということらしい(笑)。
182. Posted by     2008年09月27日 19:39
沖田美形伝説の歴史は意外に浅い

最初のテレビドラマ化で演じられた沖田役が好評(燃えよ剣?)
子供好きの親しみやすい人柄からの人気であり
この作品では決して美形キャラではなかった
(隊務の合間に子供と遊んでいた事には歴史的証言あり)
しかし人気キャラとなったため以降は映像化のたびに美形化
若き天才剣士のイメージも美形化スパイラルを促進

そして現在に至る

183. Posted by シ   2008年09月27日 21:45
ていうか、「沖田の写真が大量に残ってる!」って主張してる人は、その写真をアップするとか、載っているページのURLを載せるとかしたらどうだろう?
ちなみにこれ
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu/okita.html
は知ってる。沖田がどうかはまだわからないそうだが。
大量ということはこれ以外にもいっぱいあるのだろう。見てみたい。
184. Posted by 180   2008年09月27日 22:21
>181
なるほど。サンクス。全然逆の認識だった、恥ずかしー。
185. Posted by     2008年10月05日 12:45
>>177-178
で、読んでないんだろ 話をそらすな
まず読んでから言えよ
186. Posted by     2008年10月05日 12:46
>>183
だから図書館なり出版元で注文なりしろよ
家から出れないわけじゃないんだろ?
187. Posted by シ   2008年10月07日 21:02
>>186
あ、大量に残ってるって言ってるひとは歴史読本ファンのひとでしたか。
ごめんね、歴史読本には興味ないんだ。
もし信憑性のある話なら歴史読本以外のちゃんとした研究書とかに載るだろうから、それを待つよ〜
188. Posted by     2008年10月10日 23:07
何だ。
歴史読本の回し者はまだ頑張ってるのかw
189. Posted by     2008年10月11日 08:13
まあ作者がモチーフにしたって言ってる人間はいたんだからそうなんだろうね
190. Posted by     2008年10月20日 09:15
渋沢平九郎は無骨系イケメンな上、死に様も壮絶
191. Posted by s   2009年02月28日 14:02
無敗の剣豪は武蔵と一刀斎くらいしか知らないよー
192. Posted by うはw   2009年07月03日 08:18
根拠は歴史読本てw

ミンビは国母だ、根拠は日本人原案のTVドラマ、な韓国人並みww
193. Posted by 流浪人検診   2012年09月15日 23:00
斉藤一 るろうに剣心以前、新撰組では割と地味なキャラだったのでわ
 彼を世界的な有名剣士にしたということであの漫画の存在意義もあったのかな
194. Posted by 全身タイツ   2013年05月22日 08:21
 なお、〈CO2東京上映展20
195. Posted by レイバン クラブマスター   2013年05月25日 03:41
1225レイバン クラブマスター1)が、健康上の問題を
196. Posted by oakley ゴーグル   2013年05月30日 08:58
化させることと、石炭
197. Posted by モンクレール ショップ   2013年06月05日 14:59
といわれている。運動後に牛乳を飲んで暑い夏を乗り切っ
198. Posted by モンクレール ダウンベスト   2013年06月14日 16:46
の他数か所の発電所が、近い将来に閉鎖される予定となっている。【翻訳編集】AFPBBNew
199. Posted by アクア   2014年07月19日 04:04
3 剣心モチーフは間違いなく、彦斎です。
るろ剣の単行本一巻のキャラ紹介で和月さんが剣心は彦斎をモチーフにしてますと書いてあります。
ちなみに、黒傘モチーフは以蔵さんらしいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon