2008年11月03日

海外アニメファンの疑問「墓石に水をかけるのは掃除?儀式?」

・柄杓で墓石に水をかけるシーンをアニメや漫画でちらほら見かけるけど、あれの理由がわからない。汚れを落としてるとしたらタワシでこすったりすればいいよね?何かの儀式なの?ドイツのファンの間で疑問と論争が起きてるんだよ。意見求む。
・掃除の一つだと思うよ。「蒼穹のファフナー」ではお墓に悪戯されたあとブラシで掃除してたのを見たけど、ブラシ使ってるのを見たのはあれだけだ。
・掃除も兼ねた軽い儀式だと思う。必須ではないと思ってる。墓と一緒に魂を清めるみたいな文化か習慣では?よく知らないけど。あるサイトでは「日本の仏教としては墓を綺麗にする以上の意味はないけど、先祖や自然を無意識に敬う神道イズムもいくらか根本にある。先祖の心の安定を願って清めの水をかける」だって。
・あれは死者の魂を清めるためって仏教の授業で教わったけど?
・確かな理由はわからないのかな。
・私は儀式だと勝手に思ってたけど…。
・とにかく仏教では水が心身を清めるイメージがあって、お墓に水をかけるのは魂を清めて解放する事でこの世で生まれ変われますようにってことじゃ?
・掃除でもあり今は亡き愛する人への敬意だと思う。
・儀式であって墓を綺麗にするとか実用的な理由じゃないと思ってる。仏教や日本文化ってお茶会みたく象徴的な行動があるよね。
・アメリカ人がどうするのか知らないけど、私の家族は日本人で敬意としてお墓を洗ってるよ。お婆ちゃんはお爺ちゃんの墓にいつも話しかけてる。
・お墓を洗うのか…。それは知らなかった。


仏教が起源とか色々な説があるけど、はっきりわからないみたいです。お酒をかけるパターンもありますね。欧米の人はどんな墓参りするんだろ?
ピラミッド事典 (「知」のビジュアル百科)
ピラミッド事典 (「知」のビジュアル百科)

fairypot at 22:01│Comments(194)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2008年11月03日 22:02
ソースはこっち
http://www.chibi-osts.net/f307/ritual-just-cleaning-15538/
2. Posted by    2008年11月03日 22:06
2ゲット
3. Posted by    2008年11月03日 22:08
魂を清めるだと思ってる
どうなんだろうか
4. Posted by     2008年11月03日 22:10
掃除でもあり、お清めでもありでいいんじゃない?
うちはブラシではなく、タオルで丁寧に拭いてるよ
5. Posted by    2008年11月03日 22:12
同じテーマで日本人が集まっても、大差ない議論になりそうだな。
最終的には詳しいやつが出てくんだろうけど。
6. Posted by    2008年11月03日 22:19
亡くなった人の風呂がわりだと教わったな
7. Posted by    2008年11月03日 22:22
束子でゴシゴシ洗った後、最後に清めの意味で水を掛けるけどなぁ。
儀式つーったら儀式だわな。
8. Posted by     2008年11月03日 22:23
暑いから冷やしてるんだと思ってた
墓参りするお盆はまだまだ日差しが強いからなぁ
9. Posted by     2008年11月03日 22:25
のど渇いてるからあげてるんだと思ってた
10. Posted by    2008年11月03日 22:32
俺も水を飲ませてあげてると思ってた。
11. Posted by あ   2008年11月03日 22:34
墓前に団子や花、酒を供えるのと同じように
先祖に水をあげるのだと思ってた
12. Posted by     2008年11月03日 22:34
そりゃご先祖さんも、のどが渇いているからでしょ。子供のころからそう教わってきたなあ。

実用的な観点からみると、古くなった墓石は文字の堀が浅くなって名前が読みづらくなるので、水をかけて文字を判別していたらしい。
その風習が慣例化して墓石に水をかけるようにになったんだとさ。
あと、いくら綺麗にするためとはいえ、たわしで擦るのはかえって失礼じゃないかしら。
13. Posted by    2008年11月03日 22:35
どっちかというと神道のノリのような気がするなあ。「穢れを落とす」って感じで。
14. Posted by     2008年11月03日 22:36
墓石についた汚れを落とすために水をかけてると思ってたけど儀式的な意味合いもあったのか
15. Posted by     2008年11月03日 22:42
>6
うちも子供の頃にそう教わった。
掃除と清めも兼ねてるんだろうけど

>10
>12
うちではちゃんとお椀で水をあげてるよ。
君の地方では墓前には何もあげないの?
16. Posted by    2008年11月03日 22:48
水を飲ますならコップくらい置いてやれww
あ、ボウフラが湧くか?
17. Posted by あ   2008年11月03日 22:48
逆に洋画とかでの墓参りでなにもしてなさそうなのが気になった。なんかしないの?
あっちの人って独り言あんましないというか、死んだ人に話しかけるなんてバカげているとか言いそうな感じがあるから、墓前で最近の報告とかはしないだろうし・・・してるの?
18. Posted by     2008年11月03日 22:49
>>15
線香とお花は添えるよ。
食べ物や飲み物は仏壇だけだなぁ。
19. Posted by あ   2008年11月03日 22:50
うちの地方じゃお椀の水は仏壇と神棚だけで墓にしないな
その代用として水をかけるのかと思ってた
20. Posted by    2008年11月03日 22:52
よく知らんが「ザ・ロック」の冒頭ではおっさんが墓石に語りかけてキスしてたよ。あれはただの演出か?
21. Posted by     2008年11月03日 22:53
>古くなった墓石は文字の堀が浅くなって名前が読みづらくなるので、水をかけて文字を判別していたらしい。
自分の家の墓だとわかりきっているのに文字の判別のために水をかけたりするか?不自然じゃない?
22. Posted by 日本人なら知ってて欲しい   2008年11月03日 22:53
5 掃除でなくて「お清め」「お水上げ」と呼ばれる供養の儀式です。

宗派にもよりますが、死者が安らかにある為に
「水」は欠かしていけないと言われています。
23. Posted by     2008年11月03日 22:57
俺んとこじゃ、墓参りする前にタオルで洗う
で、墓参りでは石に水は掛けない
コップに水、湯呑に番茶備えて、供物を置く
父方はそれで終わり。
母方は、夜になったらもっかい行って供物食って花火して酒盛りする。
色々やり方があるよな。
生米巻く地域もあるし。
24. Posted by 774   2008年11月03日 22:58
どっちかと言うと神道寄りだと思うんだけどな
25. Posted by     2008年11月03日 23:03
>>21
古い家だとは何世代も前のご先祖様の墓やら、遠縁の墓やらあって、一家に何十個もの墓がある家があるんだよ。どれがどの墓やら解らなくなるくらいね(うちもかなり多いんだけど)。
それに、何年に何という人物が眠っているかを表記してある墓やら、念仏が掘り込んである墓もあって、墓に関わらず古い石碑の文字を読むときなんかに水をかけて文字を判別していたらしいよ。
そもそも墓が一家に一つ出来るようになったのは(一部の上流階級を除いて)江戸時代後期のあたりで、それまでは寺にまとめて同じ墓石で亡骸を供養していたらしい。
26. Posted by    2008年11月03日 23:14
テレビの作法特集でお墓の天辺から水をかけると頭に水をかけることになるから失礼と言ってたなあ。
アニメや映画で死んだ親友のお墓にお酒かけるシーンなどもあるから、飲ませてるってのもわかるけど自分の中では儀式だなー。
どうせ墓前にお水いれたお茶碗おいてるし。

外国はお花+α捧げて終わりなのかな?
27. Posted by     2008年11月03日 23:18
3 水をかけるのは、「みそぎ」だと思うね。

「禊」
神道や仏教で自分自身の身に穢れのある時や重大な神事などに従う前、又は最中に、自分自身の身を氷水、滝、川や海で洗い清めること。仏教では主に水垢離(みずごり)と呼ばれる。

ってWiki参照。

やはり清めの儀式だな。
28. Posted by     2008年11月03日 23:20
南無阿弥陀仏の文字に水をかけることで、それを唱えたことと同じ効果があるとか親父が言っていたけど、これは本当かどうか解らない。本当だとしても日蓮正宗だけの話だと思う。
29. Posted by     2008年11月03日 23:21
>>22
日本人と水の関係は深いんだな…

アニメでお葬式のあと塩かけるのを描いたらまたナニコレ扱いなんだろうなw
30. Posted by     2008年11月03日 23:21
地方によって墓参りのやり方も
少しづつ違うんだね。
なかなか興味深い。
31. Posted by 山野野衾#げんじおちくぼ   2008年11月03日 23:31
鎌倉時代に成立した『餓鬼草紙』に、お盆に寺院に参詣(墓参りの日になるのは室町時代から)した人々が、石で出来た卒塔婆に水をかけ、その水を餓鬼が飲んでいる状態が描かれています。

仏教では死者は六道(天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄)のいずれかに転生するものとされ、単なる「幽霊」の存在は認められなかったので、盆の対象となり、なおかつ地上にいる霊=餓鬼とされたようです。

苦界にいる故人に水を飲ませる動作が起源ではないかと。

また、流れ灌頂のように、水をかけることで苦界から故人を救済する思想もあります。
こちらは、飲ませるのではなく流す発想。
餓鬼の話より新しく、室町時代の産です。
32. Posted by あ   2008年11月03日 23:32
先祖への敬意を示す一番分かりやすい方法かもしれない。
掃除とか洗浄は日本では特別な意味をもつしね。
33. Posted by     2008年11月03日 23:35
日本人のコメントのほうが適当だな。
普段何も考えずに行動してるからな。
34. Posted by 山野野衾   2008年11月03日 23:39
>28
>南無阿弥陀仏の文字に水をかけることで

日蓮正宗なら、南無妙法蓮華経でしょう。
南無阿弥陀仏は、浄土、浄土真、時の三宗に、天台や真言ですね。禅でも問題はない。
35. Posted by     2008年11月03日 23:43
ここでのコメントのやりとりを元スレにフィードバックしたいところだなぁ。お互いにとって有益だと思うんだけど。
36. Posted by     2008年11月03日 23:43
※33
自分が頭空っぽだからってみんな一緒にして仲間を増やそうとするなよ
37. Posted by     2008年11月03日 23:52
うちんとこでは水かけた後にタオルで綺麗に磨くよ。
磨くまでしなくても、墓石なら基本的に埃を取るだけだから、水かけるだけでも十分綺麗になる。
38. Posted by 犬彦うがや   2008年11月04日 00:11
ミカゲイシに水をかけたらキレイじゃーん
39. Posted by     2008年11月04日 00:15
こういうのは墓の中に入ってる人が喜ぶことをするのが基本だと思う。
お供え物は好きだったものを供えるし、酒が好きな人だったらかけてあげればいい。

そういう観点でみるとタワシでこするよりタオルでこすった方がいいと思うよ
40. Posted by 三重県   2008年11月04日 00:16
うちの近所は食事だと言われてる
お供えしたのとは別に食べてくださいって
水と一緒に米粒も少しお墓にかける
41. Posted by     2008年11月04日 00:24
掃除と儀式と
両方の意味でやってるんだと思ってたけど。
汲んできた水はなくなるまでかけるとか・・いわれた。

外国のお墓はバラエティー豊かで面白いよなぁ。お花を添えるくらいなんだろうか。
42. Posted by     2008年11月04日 00:30
お盆くらいしか行かないから詳しいことは分からんが、
暑さをしのいでもらうためとかそんな軽い意味しか考えてなかったな
43. Posted by     2008年11月04日 00:34
墓を掃除するのは故人の体を拭いたり水浴びをさせたりするようなものだと思ってる。
詳しいことは知らんけど、墓参りは仏教ってより古くからのご先祖様を敬う信仰の方が強いと思う。
44. Posted by     2008年11月04日 00:40
orじゃなくてand( so on )なんだ。
「あれか、これか」キェルケゴールではなくて「あれも、これも」なんだ。
それが八百万の神々がいて神仏習合の國である日本人の心性なんだ。
色々な選択肢の中から、個人がその時その場において最も自分の個人的心情に合致するものを選び出せる実に優れたシステム、それが日本の心なのだ。
45. Posted by 紅茶妖精   2008年11月04日 00:41
4 「喉渇いたでしょー」と言いながらかけてます
46. Posted by 山野野衾   2008年11月04日 00:42
>ってより古くからのご先祖様を敬う信仰
しかし、古代〜中世の葬法の多くは野辺に死骸を捨てて来るという遺棄葬でしたからね。

墓は作られず、死者を偲ぶとすれば家で行う遠忌供養か寺での法会に供物を出すぐらい。これらの儀礼にはソグド人や漢訳仏典の編まれた中国の儒教文化も影響していますが、インドにも死者祭祀は存在したようです。
その場合も対象は不特定多数の「ご先祖様」ではなく、知っている故人でした。

「ご先祖様を敬うのが日本人の信仰」と言われることが多いですが、これ自体は案外新しいと思いますよ。下手すると近代の産物。
墓石に個人名ではなく「先祖代々之墓」や「○○家之墓」と刻むようになるのも明治以降ですし、細かい点は省きますが、「神道は祖先崇拝」とした明治政府の意向が強く働いたものでしょう。
47. Posted by     2008年11月04日 00:53
法事の時、お坊さんに「水はかけないように」と言われた。
明確な決まり事はなく、解釈や気持ち次第なのかもしれない。
48. Posted by    2008年11月04日 01:02
少なくとも、自分にとって墓石は死人の代わりなので、束子でこすることは絶対にない。
49. Posted by     2008年11月04日 01:19
「水を飲ませて上げて」っていわれると
墓石に水をかけてた。
50. Posted by     2008年11月04日 01:30
バケツで一気にかけると飛び散るし
まず杓子で水掛けてタオルで拭く
51. Posted by     2008年11月04日 01:43
え〜。
俺の実家、(因みに九州)普通に水かけて墓石タワシで磨いたりするぞ。コケが生えたりするし。掃除用の水をポリタンクに詰めて山道を昇ったりするよ。
まあ都市部と違って山の中で、下が地べただからかも知らんけど。
あと、墓石にのぼる。
高さが2m以上あるから、上らないと磨けない。ただ、墓にのぼるのは流石に抵抗があるみたいで、
「お前長男だからのぼっていい。お前やれ」
とか言われる。

そう言えば、「ファントム無頼」では主人公が父親の墓を磨いている(らしい)描写があったよ。
52. Posted by M   2008年11月04日 01:49
欧米の墓参り・・・胸の前で十字を切ったりお祈りしたりのイメージだなぁ・・・あとは花束?
53. Posted by    2008年11月04日 01:53
日本人的には水はかけないけど…
親友の墓にあいつの好きだった酒は
覚えててかけるよ
54. Posted by      2008年11月04日 02:01
水で穢れを落としてるんじゃないの?
神道的な考えで
55. Posted by     2008年11月04日 02:07
>>52
あとロングコートと吹き渡る風。
56. Posted by     2008年11月04日 02:28
自分も「のどが渇いてるだろうから」って
水をかけてたな。
海外の人の視点っておもしろいね。
我々が自然だと思ってることに疑問を持つもんね。
57. Posted by     2008年11月04日 02:31
うちの実家だと榊を水に浸して、それで墓を軽くはらう。榊だから神道由来の儀式なんだろうと思ってた。

以前ドキュメンタリー番組で見たユダヤ教徒の墓参りでは、石を拾って墓の上に載せてたなあ。
58. Posted by     2008年11月04日 03:04
欧米は墓掃除しないのかい?
鳥の糞とかついてても放置するのか?
59. Posted by     2008年11月04日 03:09
俺は喉がかわいてるからって習ったなぁ

長崎じゃお盆にはお墓の前で花火をします。
60. Posted by    2008年11月04日 03:56
墓の前で泣かないで・・という歌が流行ったけど、
なんで流行ったのか分からん。
いや、風になって・・というのもいいんだが、
44さんのカキコミのように、墓にもいるし仏壇にもいるし
時には風になって吹いてることもあるんだ思う。
61. Posted by     2008年11月04日 04:46
水を飲ませてあげているイメージでかけてたな。
そうか、禊か。
しかし、遠く離れたドイツでどんな論争になっているのか知りたいものだ。
62. Posted by     2008年11月04日 04:57
欧米じゃ契約期間が過ぎた墓なんかはブルドーザーでバリバリ撤去するしな。
おまけに土葬だから死体が残っているし。
日本の場合は死体は仏って考えだけど、むこうじゃただの物なのかもね。
63. Posted by 墓好き   2008年11月04日 05:33
普通にお清めの意味だと思ってるよ。それに洗い易くなるしねー。

うちはお墓が三種類あって、
ひとつは石を動かすと出てくる地下の空間に1人1人骨壷のまま入れる、真新しいツルッツルなお墓。数人分しか入らない。これは水かけてブラシでゴシゴシ。場所は都内の巨大霊園。

もうひとつは土台の真ん中縦方向に開いた穴に直接骨を砕いて入れて、上に頭を置いて塞ぐタイプ。既に結構な人数が入っているし、これからも入る。こっちも水かけて軽くゴシゴシ。先祖の趣向でお酒も供える。場所は何代もお世話になっている田舎(東北)のお寺さん。

三つ目は一番古いお墓(複数)で、お酒のみを身体部分へ直接かける。近くに水道がないせいで、多分あれば水もかける。掃除は汚れを手で払うくらい。近くに水道が(ry 水かついでくってレス見て罪悪感感じた…。骨は上のと同じ方式のもあるけど、直接土の中ってのもある。誰が葬られてるのかよくわからない上に、戦火等で記録が残っているかも怪しい。今のところ年寄りから大体が辛うじて口伝えられてるだけ。うっそうとした竹薮の中に、無造作にゴロゴロっとある様はどう見ても無縁仏です、本当に(ry 既に何処に分かれて行ったのかわからないものもあったりして、正に>>25。

誤訳さんの方とか海外の方も見ている時があるようなので、ちょっと詳しく書いてみた。ブルドーザーで撤去は日本じゃ祟られそうで怖いなw 精々無縁仏としてまとめられるくらいか。
64. Posted by     2008年11月04日 07:39
俺は子供のころからずっと暑いから水
かけて涼しくしてると思ってた。
今もそう思ってる。

というか掃除目的なら水をかけると苔がつきそうだね。
65. Posted by あ   2008年11月04日 08:16
>>62
欧米の墓は一家に一つじゃなくて一人に一つだから
そうでもしないと人を埋める場所がなくなっちゃうんだってさ
66. Posted by     2008年11月04日 08:34
勘違いしてる人がいるけど、日本も元々は土葬で個人個人の墓だったんだぞ
だから今ある風習を昔からの風習でまとめるのは間違い

つーか土葬てのは今でも日本の地方の一部で行われてるはず
俺も10何年か前、親戚の土葬に立ち会ったことあるし
67. Posted by     2008年11月04日 08:43
・死者の体と同義だから掃除ダメだよ派
・死者の体と同義だから体洗ってあげなきゃ派
・先祖の家みたいなものだから掃除しなきゃ派
・実際問題掃除しなきゃ汚いだろうが派
・とにかくブラシ掛けだけは抵抗ある派
・よくわからんけど墓に登って掃除してるよ派


神道と仏教と祖霊信仰と実用面がイロイロ混ざってる気がするが、日本人の間だけでもこれだけやってる側の意識の違いがあるなら外人さんは余計訳わからんわなw
68. Posted by    2008年11月04日 09:11
水を飲ませてあげる為らしい
母の実家のお墓には手前に水皿っていうのがあって、そこに水を入れてあげてた
69. Posted by    2008年11月04日 09:32
>55
あるあるwそのイメージ!
70. Posted by     2008年11月04日 10:17
法事の時、親戚一同子供に到るまで全員一人一人水をかけて手を合わせる。
掃除の意味なら誰か一人だけで充分なんだから、お清めと弔いのイメージが強いなあ。
71. Posted by 10   2008年11月04日 10:35
>>15
そういえば、墓にコップや茶碗で水を供えることはない。水をかけるだけ。
仏壇には水を供えるが。
72. Posted by    2008年11月04日 10:40
子供のころは墓石のすき間に水が入っていくところを見て「ああ、あそこから水を飲んでるんだな」とか思ってたなw
73. Posted by    2008年11月04日 12:07
>>67
>・よくわからんけど墓に登って掃除してるよ派
うちはこれだw理由は2番目。
でも51みたいに基本駄目だけど掃除の為には仕方ないから一言断りを言えって言われてた。
地域ごとっていうか家庭ごとに違うものなんだね。
海外のコメントを見る限り、こういう大雑把さはアジアなんかの墓を大切にする地域の中でも異質なのかな。
74. Posted by     2008年11月04日 12:08
実用的な行為に別の特別な意味がついて宗教的な儀式行動になったんじゃないの? 例えば焼いたり埋めたりするのだって衛生面からみれば合理的だけど、現代においては誰もそんな理由から焼いたり埋めたりするわけじゃないようにさ。
宗教的行動ってほとんどがそんな風になってると思うんだ。時代が変わって形骸化しちゃう場合はあれどね。

掃除か儀式かと問われるなら、どっちも、と答えるのが正解に思うよ。
75. Posted by    2008年11月04日 12:32
>>66
土葬か納骨かは別にして、墓石は昔からあったんじゃないかな?
あと、海外でもカタコンベみたいに骨を納骨する所もあるよね。
あれは火葬なのか知らないけど。
76. Posted by      2008年11月04日 12:44
地方によって違うのか

水皿が設置されてて墓前に植わってる植物の葉でピッピッと水をかける。
湯のみとコップで水とお酒を供える。
墓石はタオルでゴシゴシ拭う。

これ共通だと思ってたw
77. Posted by     2008年11月04日 13:09
日本の場合は海外と違ってあんまり宗教的な事かそうじゃないかを意識しないでいい環境があるから、墓参りのこともあんまり気にした事ないな〜。
やっぱ海外の人だと宗教的儀式なのかそうじゃないのかは重要なのかね。
78. Posted by    2008年11月04日 13:50
最近は、墓石が渇いてひびが入ることがあるから水はかけない方が良いって言わてるよ。
うちは今年になってからかけないようにしてる。
79. Posted by     2008年11月04日 13:58
キュウリを細かく刻んでご飯に混ぜて
墓前に供えるのってうちの地方だけかね?
あとコップとか湯呑みとかに水か酒だね。
もちろん普通に花と線香もあげるよ。
80. Posted by +   2008年11月04日 15:02
汚れを落とす意味もあるが
きれいでも水をかけるから
お清めや先祖へのいたわりもあるんだろうな
供物と同じで のどを潤してもらう意味もありそう
81. Posted by    2008年11月04日 15:09
掃除する理由は特になくていいんじゃね?
俺は会いに行くついでだなw
82. Posted by    2008年11月04日 15:21
*78
あなたを非難するわけじゃないんだけど・・・
そういう、ちょっと商業面というか合理的観点から「かけない方がいい」っていうのは、
なんというか、ちょっと違う感じがするなぁ。「割れるから」で済ませていいのかなと。
水をかける本来の意味というか、供養する心まで端折るようで。
いや、その分しっかり手を合わせたりなんかしているんでしょうけどね。
83. Posted by g.a   2008年11月04日 15:42
単純に掃除としか思ってなかった。
お釈迦様の頭にかける事は奈良時代には行われていたが、誕生日に甘露が降ったという話から甘茶をかけるようになったのが江戸時代。
84. Posted by     2008年11月04日 16:11
こっちからしたらなんで手で十字をきる真似をするの?っていうようなもんかな
85. Posted by     2008年11月04日 16:18
墓石は埋葬されてる人の体同然だからタワシでゴシゴシこするのはダメってリアルにばっちゃが言ってた。
あと、上から水をかけるのも頭に水ぶっかけるのと同じだからダメって言ってた。
86. Posted by     2008年11月04日 17:14
>>85
うちも神道の端くれだけど、
協会の人に同じようなこといわれたことがあるな。
水かけちゃだめだと。
87. Posted by     2008年11月04日 17:38
なるほど、水に茶葉入れてかけるのは
お茶を飲ませてるってことになるのか
88. Posted by     2008年11月04日 17:57
>上から水あげる
そういえば言われたなあ

お水を飲ませてあげるんだよって言われた覚えあるな
89. Posted by     2008年11月04日 18:05
水はともかく、ブラシでごしごしってのはなんかちょっと失礼な気もしてしまうな。
90. Posted by     2008年11月04日 18:07
つーか神道と仏教は弔いの方法や墓の様式まで異なるんだから、そこを明確にしないとこんがらがっちゃうと思うよ。
宗派によっても細部が違うしね。

うちは水も花も榊も線香も供えるし、墓石に水もかける家だったな。
ただ、天辺から水をかけてはいけないと聞いたこともある。
一応神道(天理教)系。


91. Posted by     2008年11月04日 19:20
↑天理教ってwwwwww教祖崇拝の新興カルト宗教じゃねえかwww神道じゃねーよあんなもん
92. Posted by     2008年11月04日 19:44
しかも教祖はまたもや在日韓国人だしな(笑)
93. Posted by     2008年11月04日 19:57
向こうの掲示板でこういう話題があると絶対、south koreaでは〜とか、アジアでは〜とか言うチョンさんが湧いてたのに見ないね。コメント欄が荒れるから汚染されてない掲示板を選んでるの?
もっと彼らが呼んでもいないのに活躍してる掲示板があると思うけど、そういう所も見てみたいな〜
94. Posted by    2008年11月04日 19:59
水掛けるよ。「喉かわいてるだろう」「夏は暑いから」って教わってた。
個人的にはそれが一番しっくりくる。
あと花と線香と字のくぼみをブラシで磨くぐらい。
あと水掛けると、石の劣化が早くなるってのは聞いたね。結局かけっちゃてたけど。都市伝説の一種だったのかな。
ちなみに曹洞宗。
あと沖縄の墓参りがすごい気になる。
95. Posted by トンカス   2008年11月04日 20:00
あの桶というか、墓場に置いてあるような木桶風の木目をつけたプラスチックバケツって木目に汚れが詰まって汚くなりやすいんだよな。
しかもボウフラ涌いてたりするしw
「飲み水」なら嫌だなあと、子供心に思ったのを憶えているw


お墓とお話する欧米人なら、「ザ・ロック」だけじゃなくて「死に行くものへの祈り」なんかにも出てくるね。日本人特有というわけじゃ無いと思う。
96. Posted by トンカス   2008年11月04日 20:02
>>94
うちも曹洞宗だが、うちの宗派って「掃除」を重視するからね。
お墓に限らず日常の掃除も。修行の一貫として。
97. Posted by     2008年11月04日 20:19
うちも「暑いから」とかそんな感じだな、宗派とかは知らんが、墓の世話してくれてるお寺さんのルールに従ってやってる
98. Posted by 白猫   2008年11月04日 21:12
なんで野衾がこのブログにいるんだよ。
99. Posted by    2008年11月04日 21:39
昔テレビでご先祖様に冷や水をかける様な奴は地獄に行くって怖いおばちゃんが言ってたお
100. Posted by PIAT   2008年11月04日 22:13
自分は清掃兼儀式だと思ってた。
墓参りの時は、墓石の下から順に水をかけて、それから布で拭くようにしてる。

しかしこういうのって、地域や家によってかなり違うものなんだなぁ。
101. Posted by ´・ω・`   2008年11月04日 22:23
関係ないけど、コメント欄から書き込みをしようとしたら
『指定されたページまたはファイルは存在しません』
って出て書き込みが出来ないのは俺だけ?

一応本文から書き込みできたけど管理人さんに規制対象にされたのかと思ってちょっぴり凹んだ
102. Posted by     2008年11月04日 22:23
*79
> キュウリを細かく刻んでご飯に混ぜて

それは俺がガキの頃の大好物だw
キュウリは漬物で醤油をちょいと垂らすけど
103. Posted by    2008年11月04日 22:42
※93
似通った文化の中で微妙な差異が分かって面白いと思うのだが
まあこういう書き方をすると特亜と一緒にするなと言われそうだが
104. Posted by    2008年11月04日 23:20
>>82
日本人宗教観が薄いと言われてますけれど
82さんみたいにご先祖様も含めて大事にする人もいます。
私はその逆でそういう事に興味があまりない人です。
この話題で私が真っ先に思ったのがまさしく、
78さんの「風化の進みが速くなるのに水をかけるのなんて非合理だ」でした。
82さんのコメントからご先祖様への敬意が大きく感じ取れます。
「相手にとってちょっとしたこと、自分にとって一大事」価値観の違いだと思います。
また、
>>水をかける本来の意味というか、供養する心まで端折るようで。
と言っていますが、コメント欄を見る限り"水をかけること自体"を大事に思っている人は少なく、相手の望みそうなものを与えることが大事としてる人が多く感じます。
風化を早める行為が相手を傷つける形になるという見方もあります。
"形式=気持ち"となるのは私としては違うと思います。
基本的にはそれで通じますが、気持ちを伝えるために形式を用いる必要は無いのではないでしょうか?


今北産業
価値観いろいろ
合理主義でもいいじゃない
形式≠気持ち

>>40
うちの父方のほうも墓石にお米かけるな
ご飯あげてるって感じでもないとんだけど
どうなんだろ?
105. Posted by     2008年11月04日 23:24
※90
そこ明確にしようとすると余計こんがらがりそうだけど。

つまり一般人も宗教家も各々勝手に解釈してて色んな意味があるんだね。
代々水かけるって教わってきたとこへいきなり細木とかに影響されて止める必要はないけど、「頭から水かけるようなもんだから失礼」が実感として納得出来た人は水かけるのを止めてもおKなのかも。
106. Posted by     2008年11月04日 23:38
キリスト教の洗礼で頭にオリーブオイルかけるのと一緒だろ。
本来は掃除や身づくろいだったがだんだん儀式的になってきたってことで。
107. Posted by    2008年11月04日 23:40
水掛けようが掛けまいが死者には分からんからどっちでもいいよ
両親が死んだら墓は解約するつもり
108. Posted by 墓参り   2008年11月05日 01:13
クリスチャンだと
ハロウィンの翌日(つまり11月1日)に墓参りして
雑草をむしって墓石を綺麗にして
花屋さんで買った綺麗な花輪を飾って、提灯を灯したりするよ。
つまり西洋のお盆ですな。

ところで墓石に水をかけると石が傷むと信じている人がいるけど
一年365日、常に雨ざらし状態なのは気にならないんだろうか。
109. Posted by     2008年11月05日 01:22
>>107
ちょ!おまえ何処に親や自分の骨埋める気だ??
日本では散骨は禁止されてるぞwww

後、まだ両親兄弟健在であろうのお前さんにはわからんかも知れんが「孝行をしたい時に親はなし、墓に布団はかけられず」って言葉があってな。水かけたりお供えしたりするのは生者が死者に対して「せめてものしてやれること」なんだよな。
110. Posted by    2008年11月05日 01:56
米107
古今東西、どの宗教から見てもお前の考えは間違ってる。
自分の家族の墓を粗末にするとバチがあたるぞ。
111. Posted by     2008年11月05日 02:32
>>107

カッコいいこと言ったつもりですね?

墓ときいて両親の生死だけしか考えられないお子様は気楽でよかね(w
112. Posted by     2008年11月05日 09:50
今回も朝鮮人がぎょーさん湧いてるようだなw
113. Posted by     2008年11月05日 12:12
じいちゃんの背中流してる気分で水かけたり墓石タオルで擦ったりしとった…。
水入れる用のくぼみとかは別にあるし、屋外だからペットボトルだけどお茶も備えるから水を飲ませてるという意識はなかったな。

ちなみに水をかけると石が傷むってのはお盆(真夏)なんかは直射日光でガンガンに熱せられた焼け石状態になってるから、水をかけると急激に冷やされて収縮するので良くない、と聞いた。
だから冬とか曇りの日はあまり気にしなくて良いと。
114. Posted by      2008年11月05日 12:20
死者は存在しない by プラトン
115. Posted by     2008年11月05日 13:00
>>112
一体朝鮮人がどこにおるん?また症状出たんか・・・
お外出てもっと話せや。
お外出れないならビデオチャットやVLOGリハビリせえ。
116. Posted by     2008年11月05日 14:05
私も墓石(特に夏場)に水をかけるのは痛むからよくないと聞いたけど
やっぱりご先祖様も夏バテしてるんじゃないかと思ってかけちゃうなあw
117. Posted by       2008年11月05日 14:54
うちは曹洞宗
お寺についたら線香買って専用バケツに水くんで墓へGO
墓石の上から柄杓で水かける→タワシでゴシゴシ洗う→
もっかい水かけて洗い流す→花瓶と墓の窪みと湯飲み
(死者が生前愛用してた物)を洗って新しい水を満たす→
花飾る→続柄の近い者から順に線香あげてお参りして終了

カーチャンの実家のお墓参りの仕方は途中まで同じ、
死者が喫煙者だった場合は火をつけたタバコを供えてた。
118. Posted by タナーカ   2008年11月05日 17:53
お茶っち!乙です
日本がアニメ漫画ヲタクと縁が深い
ローゼン麻生総理になったことへの外ヲタ反応ってないのかな?

スレあったら見てみたいのでよろw
119. Posted by     2008年11月05日 18:27
苔が生したらそれも良し。
120. Posted by     2008年11月05日 21:40
>>119
田舎の山墓はそんな悠長な事言ってられないんだよ。
「苔もまた良し」
で放置してたら墓石の隙間から雑草や木が生えてきて墓が傾いたりする。
最近は孟宗竹が猛威を振るってて、竹林が凄い勢いで拡大してるしな。
谷甲州の「猖揭戦線」が冗談にならんレベル。

第一コケを放置してたらどこの墓だか判らなくなる。
121. Posted by     2008年11月05日 21:40
おまえらはゴミ溜めみたいな所に住みたいか、だったら先祖も同じだろ、って自分で解釈してたんだが、そういうの無駄だと思うガイジンの感覚はわからんな。
122. Posted by     2008年11月05日 21:43
>>109
横レスだが今のところ散骨は禁止ではないぞ
勝手に埋めなければ埋葬じゃないからOK
法律作ったときに散骨は想定外だったからグレーゾーンなだけだけどな
123. Posted by あ   2008年11月05日 22:04
散骨は死体遺棄になるんじゃなかったっけ?
124. Posted by     2008年11月05日 22:29
掃除だろ
125. Posted by .   2008年11月05日 23:19
散骨は基本的に合法だよ。
但し出来るのは自分の所有地内だけで、周辺住人にもあらかじめそれを知らせておく必要がある。
126. Posted by に   2008年11月06日 00:12
3 仏教では水をかけるのは、火葬や風葬等の【洗骨】の名残ではないでしょうか。
神道では先祖の御霊を祓うことに、明治以降仏教の要素が加味されたのでは。

古来仏教も神道も、埋葬、葬式等は家族がする事で宗教でする事ではないはずです。
(釈迦は死者の供養が出来るなんて驕る前に修行しなさいと言ったし、神道では死者に執着するのは穢れとしされたし。)宗教的な意味より、家族の風習、気持ちではないでしょうか。
先述のお婆さんのように、各家族でずっと言われてきた事が地方の習慣になったのではないでしょうか。
神社には元々墓は無かったし、中世以降の地方のコミュニティーとしての機能を持つ寺と一部の社で普及したものと思います。
127. Posted by     2008年11月06日 02:18
語尾が全て推測の自説をここでご開帳しないでください。
128. Posted by mainichi.jp   2008年11月06日 04:34
墓に水をかける行為はbukkakeって言って擬似射精みたいなもんなんです
日本人は死者にも欲情するHENTAI民族なんです
129. Posted by Ishikawa   2008年11月06日 06:16
ほかの地域は知りませんが、お墓に行くと必ず雑巾とブラシとバケツがあり掃除するのが普通です。お部屋の掃除と同じで今からおまいりするのに汚くてはご先祖様に申し訳ないからね。
130. Posted by     2008年11月06日 07:46
中国共産党の党是やイスラム原理主義のような 教 条 主 義 が蔓延していると「こうでなければならない!」てな感じになってひどく窮屈な思いをするだけでなく実際に苦労するわけだけど、日本人でよかった。

と思っていたら今現在の時点で国籍法改正が衆議院で審議中なんですけどっっ!!
マッケインも選挙で敗れて親中政権が誕生したし!
131. Posted by な   2008年11月06日 09:26
自分の地元だと
「喉が渇いてるだろうからいっぱい水飲ませてあげなさい」
と、墓に水をかける
132. Posted by トンカス   2008年11月06日 12:56
外人墓地やキリスト教墓地区画(横浜や青山霊園とかにもありますが)というのは独特で面白いですね。散策したくなります。
いや、人様の親族が眠っている墓地を見物するのも失礼だと思うんでやりませんけど。

アニメやゲームにもたまに出ますね。Fateとか。
133. Posted by に   2008年11月06日 19:35
127
推測ではありません。
意見の開示と問いかけです。
強制でないだけです。
タイトル通りあくまでコメントですから。

と断定的に書いてみました。

128のような文がお好みなら仕方ありませんが。

自説が不可ならここでコメントできる人は居なくなってしまいますよ。
134. Posted by    2008年11月06日 20:15
それは推測となんらかわりないがな
135. Posted by     2008年11月06日 21:09
誰もお前の意見は聞いてないよw
136. Posted by Alpha   2008年11月06日 21:50
何でこの人たちはこんなに詳しいんだwww
アニメで引っかかるところがあると一生懸命調べるんだろうなぁ。
その情熱、少し見習わなければ。
137. Posted by     2008年11月06日 22:56
アニオタはもっと恋愛に積極的にならなきゃいかん
世の中には素晴らしい女性がたくさんいるのだから
138. Posted by    2008年11月06日 23:33
>>133
記事読んで考えてコメントで意見言い合うのが楽しいよなw
いろんな考え方あるし、それを受けて自分の考えもまた変わったり
俺も断定的なのは苦手だわ
他の考え方排除してるみたいで、そういうのは学会とかどうしても意見通さないといけない場合の場所でやってくれって思うわ
139. Posted by     2008年11月07日 03:53
重要なのは天皇を頂点と考えた場合だな。
あれは未開人特有の精霊信仰を司る神官だ。
極東地域東北の、グージーと呼ばれる精霊崇拝神官協同組合会長の地位を持ってる。
そこに仏教が伝来した。
物部氏が抵抗したけど天皇は仏教を認めたって展開だ。
まあ天皇は何でも認めるけどな。
協同組合でも代表クラスになると何でも認める。いい加減なもんだ。
自分の地盤である組合の性質を乗り越えて、地域の利益を語る。
単一職種に基づき、職人の利便を図る共同組合会長のはずなのに、地域を睥睨する専制政治国家の幻想に流れたんだな。
ザ イナカってぐらいイナカくさい話だ。
しかし侵略軍であるはずのブッキョーズが、物部を排した後、天皇を崇拝するのはおかしい。
キリスト教では、辺境少数部族の神(地域に密着した火山や特異な潮流を擬人化したもの)を悪魔と定義し排除している。
日本の場合ド辺境だから、中央のイジメラレッコがポカーンとするぐらい天然ボケだったのかもしれない。
微に入り細に入りチクチクと陰湿なイジメを受けていたイジメラレッコから見ればあまりにも「生きるだけでギリギリの人たち」だったのかも知れない。
となれば、ブッキョーズが持ち込む金銭を消化して精霊崇拝を乗り越えるのが正論だな。
140. Posted by     2008年11月07日 04:10
つまりブッキョーズは地域住民が大規模な変化(多くの場合ゼンコン配下の公共事業といわれる土木工事)を乗り切るために中央から融通された援助食料(チャーシューのイメージがピッタリ)だったんだな。
それを得るためにかなりテロ(倭寇)をやっただろうし、中央からの投資も「うちの子を改革のリーダーとして、文字どうり神仏のごとく永遠に奉る」とかむちゃくちゃな条件がついてたはずがけどな。
しかしそれは無視。
その条件で問題のある施設受け入れたのは地域のリーダー。
そのための地域のリーダー。
141. Posted by フランク短い   2008年11月07日 04:13
いずれにしろ、水をかけるのにバケツで直接とかホースを使う人はあんまりいないから、われわれは無意識下に、柄杓という道具を何か神聖なものとしてすりこまれてるのだろう。いまだに底の抜けた柄杓を魔よけにしている漁船もあるし。
142. Posted by     2008年11月07日 04:14
天皇は日本に仏教系の資金を集める為の捨て駒だった。説浮上。
143. Posted by     2008年11月07日 04:18
>いまだに底の抜けた柄杓を魔よけにしている漁船もあるし。
家の玄関の床下部分に釘を置いておく魔よけの呪いってのもある。
半透明の幽霊が迷い込んでくるわけではない。
当然泥棒よけ。
「お前らはいつもこの辺から入り込んでくるからな。バレてるぞ」と言う警告の意味があるんだろう。
完全に排除すると強盗化する可能性もあるし、テロ対策のめんどくさいテクニックって感じだな。
144. Posted by     2008年11月07日 04:24
ブッキョーズは自分を「インドから来た!インドから来た!」というが、実際にはインドでは「少数の変な奴ら」と見られている。
つまり知恵遅れ系養護施設の転居先問題。
テンノーズは辺境のローカルな養護施設。ブッキョーズは中央フランチャイズ。
適当に使い捨てにすればいい。
145. Posted by     2008年11月07日 04:29
ここから先の話は「原罪」とかめんどくさい単語が出てくるのでパス。
146. Posted by     2008年11月07日 04:33
あ、そうそう。スレタイにある「墓石に水」はよくわからん。
ある女の人が「本当は氷水でもかけたい気持ちでかけている」のかも知れん。
147. Posted by     2008年11月07日 04:34
キリスト教でも地獄の最下層は「氷結地獄(コキュートス)」だって言うしな。
それ以上は知らん。知らん方がいいと思うんだがな。そんなもん。
148. Posted by     2008年11月07日 04:37
農民にとっては、罪深き始祖とそれを繋いでしまった歴代をイジメたい気持ちでいっぱいになるんだろう。
149. Posted by     2008年11月07日 04:43
人類の中で定住派が少数だった時代。
定住は「グズが残飯をあさっている姿」を意味したはずだからな。
「グズ=働かない=ニート」が原罪。
ユダヤ人や金融業と言う単語のイメージも近い。
それが罪深き農民の始祖なんだろう。
やがて誰もが定住する時代、それを暴き立てられ排除される事になるんだろう。
150. Posted by     2008年11月07日 04:45
グズのクセに中央意識の奴っているよね
151. Posted by     2008年11月07日 05:16
「はじめに残飯をあさりしモノ。即ちアダム」なんだろう。
次に「アダムが差し出す残飯に手を染めしモノ。イブ」
大雑把なイメージとしては山下清と瀬戸内寂聴みたいな変な奴らと思っておけばいいんじゃね−の?
そのコジキテントから「オギャー」って声が聞こえた。
だれもが「うわ!」「まさか!」と思ったが無視した。
「そのモノは始祖の罪を背負い果てる定め。
キリスト」とかな。和風に言えば鬼太郎。現代風に言えば天皇率いる公務員ズ。
152. Posted by     2008年11月07日 06:05
>キリスト教でも地獄の最下層は「氷結地獄(コキュートス)」だって言うしな。
コキュートスはダンテの神曲の創作だったんじゃないの?あんまり詳しい事は知らんけど。
初期の創作が原典とされ、中期の創作が微妙なポジションなのかな?
153. Posted by BEEP   2008年11月07日 07:44
うちは父の実家の墓にはかけるが、母の実家のほうにはかけない。
その理由というのが「生前、この中の何々先生が腎臓病で満足に水を飲めなかったから」だそうな。
なので「中の人ものどが渇いている」説に一票
そういえば祖父が死んだ後墓に何度か父や叔父が焼酎をかけていたのを思い出した・・・
154. Posted by     2008年11月07日 09:01
将来どうなるかという観点まで含めて言えば、散骨派と家の床下に埋めちゃう派ぐらいでいいじゃないの?と思うけどな。
155. Posted by 南無   2008年11月07日 14:20
細木数子の影響はすごいな
156. Posted by     2008年11月07日 14:55
取敢えず、くだらん脳内電波仮説を言い立ててる馬鹿。お前うざいわ。
157. Posted by     2008年11月07日 15:19
>>127
聞いてんのか?お前に言ってんだよ馬鹿。マジでうざいわ。
158. Posted by     2008年11月07日 15:24
>>157
と、他人に化けて煽ったつもりの126であったw
159. Posted by       2008年11月07日 15:49
知り合いの坊さんが、餓鬼道にいる故人に水を飲ませる為だって言ってたな
160. Posted by あ   2008年11月07日 15:52
勘違いされることが多いんだが、倭寇ってのは主に中国人がやってたんだぞ
161. Posted by     2008年11月07日 16:25
>158
やっぱり墓穴掘っちゃったね(笑)
162. Posted by    2008年11月07日 18:30
157→必死
127→彼女とセクース中
163. Posted by    2008年11月07日 18:39
モテないチョンは国帰ってレイプでもしてろ
164. Posted by    2008年11月07日 18:59
161=162=163=127


お前が必死だよ。
165. Posted by       2008年11月07日 19:01
163はちがうんじゃね?
166. Posted by に   2008年11月07日 19:09
仏教と天皇の関係は布教の概念も教典も無い神道より、仏教の方が国を統一するのに都合が良かったんじゃんないですか。

ひしゃくに関しては神道も「ひはなち」っていって粗末に扱うことを罪としていますよ。

倭寇の時代って天皇にそんなに実権ありましたっけ?
167. Posted by あ   2008年11月07日 20:41
キリスト教の布教なんて相手にするなよ

一般的なキリスト教徒は善良だが、他宗教を否定するキリスト教徒はカルト宗教の教徒とたいした違いはないからな
168. Posted by     2008年11月07日 21:01
創価学会
統一教会
オウム真理教
楽園コリア
天理教

日本を支配するこれらの宗教の共通点って何だと思う?
169. Posted by .   2008年11月07日 21:56
支配された覚えはないんだがな
170. Posted by     2008年11月07日 22:56
上二つには相当支配されてますが?
無知こそ最大の幸福だなw
171. Posted by ほっと   2008年11月07日 23:41
5 全体に染み渡るようにゆっくりと水を掛けるな。
172. Posted by あ   2008年11月08日 00:12
創価に支配されてるのならば
なぜ公明党は自民党の寄生虫みたいな真似をするのかね?

支配しているのならば単独与党も可能だろう
173. Posted by に   2008年11月08日 00:29
>168
日本の価値観、民度、歴史、文化、言葉、行動原理、倫理、暦、等に浸透した仏教、神道、一部儒教、一部キリスト教、一部道教とは違い、
現世の世俗に根ざした(そうとした)初期段階の宗教と言う点ではないでしょうか。
(あくまで代表者の民族、国籍は別として)

まつりごと=政
まつりごと=祭

この二つが対となり、(帝と摂関、征夷大将軍ように)着きつ離れず機能して初めてハレ(特別)の日やケ(日常)が枯れずに健全なものになる。
というのが日本の仕組みだったのですが、二つを混同する、もしくは一方のみが抜きん出ると国家も宗教も不安定なものになってしまうと言うのは、過去の歴史からも明らかだと思います。

平城京、仏教に染まり過ぎたことによる、都の汚染、財政破綻等。

本願寺、民間人と日本の金を巻き込んで戦国乱世の混乱を長引かせた原因の一つ

大日本帝国、野武士上がりの政治家と無知な役人が、最も布教に向かない神道をもって他国の価値観を変革しようとした事。(ユダヤ教を他民族に布教しようとするようなもの)
せめて仏教の、毘沙門天あたりを担ぎ出したならもう少し上手く行ったかもしれませんね。

他にもいろいろありますが、揚げられた5つの宗教が、本流となるには、更なる変化、進化、細分化、融合を長い時間かけてする必要があるでしょう。

世俗以上のレベルに浸透するにはまだ若すぎると思います。
174. Posted by てい   2008年11月08日 01:20
日本には「年寄りの冷や水」ということわざがあります。

老人(故人?)は冷や水が大好きなのです。

墓石に水をかけてあげるのは、頭に水をぶっかけてあげるようなものです。

「死者に鞭を打つ」ということわざも似たようなものです。

鞭に打たれる事が好きだった人の供養になります。
175. Posted by     2008年11月08日 03:03
>一般的なキリスト教徒は善良だが、
ゴチャゴチャとからむつもりではないんだけど、ココこそもっとも危険な部分だよ。
無力が定義であって善良ではない。
善い方にも流れるが悪い方にも流れる。
無力を老人と置き換えればピンと来る話だ。
「いい老人は死んだ老人だけだ。生きてる老人は必ず悪い」だ。
こう言うのはキリスト教徒に限らないけど、少なくともキリスト教徒は確信犯。
そう言う事ばっかりやってる。
176. Posted by     2008年11月08日 03:14
まあ、どこにでも転がってるマッチポンプのお話だから、知らない奴はいないと思うけど。
177. Posted by      2008年11月08日 03:34
>鞭に打たれる事が好きだった人の供養になります。
寝耳に水と言うことわざもありますね。
それなりのお家柄ともなると、墓の下に入っても、まだのんびり寝ていられる状態ではないのでしょう。
生前から「その場しのぎの口実は大歓迎だ!寝耳に水上等!」とまで言っておられた方なら、さぞお喜びになるんでしょうね。
末代まで勤めとして寝耳に水をかけて差し上げると。
178. Posted by     2008年11月08日 03:54
この種のルールって孔子ってのが決めたんだろ?わりと。
こいつ現在の基準で言えば完全な自閉症だよな。
親の犯罪暦で挙動不審になりやすい子どもに、理由も目的も無いルールを与えてるだけだろ?
ついでに写本やらせて売ったり。
出版関係にはいまだにこの発想が根強いって聞くよな。
障害者をタダ同然の労働力として使い捨てにしようって話。
しかしそんな事を考えてるようではそいつも完全に同類なんだけどな。
179. Posted by     2008年11月08日 04:12
老人ホームで老人に水をかけると布団のクリーニング代は別途請求されるのかな?
180. Posted by     2008年11月08日 10:13
>善い方にも流れるが悪い方にも流れる。

念のために言っとくけど多少の暴言や暴力の話じゃないよ。
臓器密売とかあっち方面だ。
あいつらの悪いは本当の悪いだ。
181. Posted by てい   2008年11月09日 00:13
キリスト教の悪口言ってて楽しいのでしょうか?

もともと宗教とは鈴木宗男様の教えを指します。

信者の集まる場所はムネオハウスといいます。

鈴木宗男様の基本的な3つ教えです。

1.地域主義、北海道が良くなれば、日本が良くなる
2.アイヌ民族の権利確立
3.行政監視 小さな政府・大きな政府 論争ではなく、改革で効率的な政府をつくる
182. Posted by ben   2008年11月11日 11:57
水はいいですが、お酒は墓石にかけてはいけませんよ。
大丈夫なのもあるのかもしれませんが、普通は墓石が痛みます。
183. Posted by てい   2008年11月11日 22:17
>水はいいですが、お酒は墓石にかけてはいけませんよ。

もう少し正確にいうと、お酒の中の糖分や微量成分がアルコールと水の蒸発した後に残るので、汚れの原因になります。同じ理由で、透明なジュース(サイダーなど)でも汚れの原因になります。

純粋なアルコール(エタノール)なら理論上問題ないはずです。
184. Posted by    2008年11月12日 09:10
タワシで吹いたけどゴシゴシする地域もあるんだね、ちょっとびっくりした
185. Posted by     2008年11月16日 23:51
ずっと仏さんが暑いだろうからってんで始まった風習だと思ってたが
洗うってところもあるんだな。

まあ確かにこれは外人には理解しにくいと思う
186. Posted by     2008年12月16日 00:57
水も本当はあんまり良くないんじゃないかな。
炎天下で熱々になってるところに冷たい水をかけたら急速冷却しちゃって、、、

もちろん欠かせないけど。
187. Posted by p   2009年02月12日 17:49
子供の頃聞いたのはやっぱり
「仏さんが暑くてのど渇いてるだろうから」っていう理由だったな
ただ、それとは別にお茶もお供えするけど
188. Posted by v   2009年03月21日 19:29
たぶんもう書かれてるだろうけど、
「施餓鬼」の為だったと思う。
「餓鬼」は死者に供えられたものしか口に出来ず、絶えず飢えていて、
普通の水を飲もうとしても水に燃えて飲めないんだとか。
その「餓鬼」たちが飲める水と言うのが、墓に掛けられた水だそうだ。

189. Posted by    2010年10月20日 12:03
去年外人に聞かれて墓石が高額だから傷つけないようにって適当にいってしまった…
190. Posted by    2010年10月21日 04:11
普段から墓参りにいかない奴が少なくないのに驚いたわ・・・。月1回から2回は誰かが墓参りに行くスタイルの田舎からするとな・・・
水の理由は※188に近い話を聞いた記憶がある
あ、どこぞの新興宗教じゃなくて、総本山が延暦寺の宗派っす
191. Posted by トシ   2011年02月23日 22:06
うちの墓がある寺の住職は、やはり仏様に水を飲ませるためと言っていた。
また、みんな墓石の上からかけるが墓石の側面から柄杓を当ててゆっくりかけてあげてくださいとも言っていた。頭から水かけられても飲めませんからねって。
ちなみに浄土真宗。
192. Posted by まろん   2012年05月05日 17:51
3 そういえば昔、職場のおばちゃんが、内容は覚えてないが家に悪いことが起こるので、やったやつは大体わかってる、そいつの墓に言って今度やったら墓に熱湯掛けるよ、と拝んだら、ピタッとおさまったといっていたな。
そういえば前に細木数子が墓に水を掛けると自分の人生に水をかけられるから絶対に掛けてはいけないといっていたな。
でも、どしゃ降りのときは自然だから良いのかな? 
193. Posted by メロン   2012年05月05日 18:09
1 海に散骨したら溺れちゃうよ。
194. Posted by ヶロンパ   2012年05月13日 15:17
自分は死んだペットを庭に埋けました。
墓の上は実のなる木をうえてあります。
墓石ではありませんが木に水を上げる
行為は問題ないのでしょうか。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon