2009年03月23日

海外アニメファンの疑問「あずまんが大王のちよちゃんは飛び級してるけど日本で飛び級は珍しい?」

・「あずまんが大王」を見てた時、うちでホストしてる日本人の女性(仮にレイと呼ぼう)が何を見てるのか聞いてきたんだ。そこで、ちよちゃんが10歳で高校に飛び級してきた設定だと説明したらレイは「それは変。日本だと飛び級は不可能なはず」と言うんだ。確かに訳者の注記には「北米と異なり日本では飛び級は稀である」とあるんだけど、(ちよちゃんの飛び級が度を超えているのは認めるとして)どのくらい稀なの?
・文字通り稀なんでは?現実がどうなのかは知らないけど、ちよちゃんが中学をまるごと飛び越えたってのは日本では型破りのはず。そこがユーモアになってる。
・アニメが型破りなのはわかるんだけど、レイが言うところではこのアニメの他の部分は正確らしい。
・飛び級したりhold back(進級が止まる=留年。厳密には留年という英単語はない>訳者)するって話は実際に聞いたことない。可能なのはアニメの世界だけで実際の公立学校のシステムでは出来ないと思う。結局、アニメと現実は違う。
・聞くところでは留年は学校をずっとさぼっていたらなるらしいよ。私は高校に行ってなかったからよく知らない(確かなソースが見つからないが高校進学率は日本97%、アメリカ90%、イギリス72%、フランス88%、ドイツ84%、韓国99%らしい>訳者)。小学校に関しては上の人が言ったとおり飛び級も留年も絶対にない。4月になったら教室が変わって歓迎のメッセージが「ようこそ1年生」が「ようこそ2年生」になるだけ。
・へえ、私は小2を飛び級したよ。本当は幼稚園から小2までまるごと飛ばす予定だったけど両親が私を集団から追放させたくなかったらしい。
・日本の学校システムは馬鹿馬鹿しいくらいに標準化されてるんだよ。日本で日本人のハーフに会った事があるけど、彼は何度もアメリカに行って英語がすごく流暢なのにまだ英語の授業を受けてた。「それだけ話せるなら授業なんて要らないだろう?」と言ったら「他に選択肢がないんだよ」だってさ。優秀な子どもに飛び級を許さないって制度は有害だと私は思うね。とはいえアメリカは州によって教育制度が違い過ぎる。カリフォルニアとMassachusetts…スペルこれであってたかな、では雲泥の差だ。日本とアメリカはどっちも極端なんだよね。中間の幸せな国はあるかい?
・↑底辺はカリフォルニアじゃない。ミシシッピのはずだ。


アメリカ辺りは単位さえ満たせば卒業や進学ができるシステムが多く、がんがん単位をとって飛び級する人も珍しくないわけです。小中高がすでに大学化してるんですね。海外アニメファンにとって飛び級キャラは日本人が思うほど凄くないのかも。
同じく、留年も珍しくないとか。
ドラマCD CLANNAD-クラナド-Vol.1 古河渚あずまんが大王 キャラクターCD Vol.1 美浜ちよ - 世界はNEOHAPPY

fairypot at 02:19│Comments(131)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2009年03月23日 02:21
ソースはこちら
http://outpostnine.com/forum/archive/index.php/t-4690.html
2. Posted by な   2009年03月23日 02:22
飛び級大変そう
3. Posted by あ   2009年03月23日 02:57
英語ができるのに英語の授業か…
確かに無駄が多いかもな
4. Posted by 白猫   2009年03月23日 03:18
>厳密には留年という英単語はない
厳密には留学という英単語も無いんだっけ?
5. Posted by     2009年03月23日 03:21
あずまんがだからとしか言いようがないですよね。
6. Posted by    2009年03月23日 03:24
生徒のレベルに関係なく、英語ほど無駄な授業は無い
将来英語を使う仕事につく日本人なんてほんの数%だし、数%なら趣味で英語を習得する人だけでも十分いる
むしろ強制される授業のせいで英語嫌いになる生徒の何と多いことか
10代の伸びしろが無限大な時期に、ほとんどの人間にとって糞の役にも立たない科目に何百、何千時間も費やすのは絶対に間違ってる
その時間を丸々数学や科学に使えたら日本も再び経済発展が望めるだろうに
7. Posted by    2009年03月23日 03:27
日本の英語の授業は暗号解読だよね。
穴埋め問題なんかは、ネイティブでも解けない物があると聞く。
8. Posted by     2009年03月23日 03:49
大阪府で教育改革やってるけど、生徒の能力差が分かってはいけないと非難される状況だから日本は飛び級どころじゃねえな。
9. Posted by     2009年03月23日 04:01
>日本の学校システムは馬鹿馬鹿しいくらいに標準化されてる
そのおかげで日本人は総じて高い水準の教育を受けられてる。
アメリカは上には優秀な人材はいるけど、ろくに四則演算もできないのも多いからな
10. Posted by    2009年03月23日 04:41
どうなんだろうな
今ゆとりがどうのとか言われてるけど
アメリカは民衆をコントロールしやすいように
わざと底辺層の教育を疎かにしてるところがあるらしいからなあ
11. Posted by      2009年03月23日 04:49
現在の日本の義務教育は社会に出るための訓練所だからなぁ
社会に出て、<組織>の中で<構成員>としてやっていけるだけの訓練をするところ

悪い言い方すると労働者養成機関
よって飛び抜けた才能に対する適切な指導は出来ないようになってる
12. Posted by     2009年03月23日 05:05
他国の教育制度の心配してくれるなんて酔狂な奴らだな
千葉のどっかでは飛び級可じゃなかったっけ?
13. Posted by     2009年03月23日 05:47
英語だけ出来てても、他は同じレベルなんだろ?
14. Posted by     2009年03月23日 06:06
飛び級はまともな社会生活が送れないから、
先で躓いて一気に堕ちこぼれになると聞く。

まともな社会生活がないと学者以外では成功し辛いし、
学者も暗記と発見は別物だから学者でも成功は難しい。

結論として飛び級を考えた奴はアホ。
本当に勉強したいなら、大学院の研究者レベルくらいにならない限り、自主勉強で十分こと足りる。
15. Posted by あ   2009年03月23日 06:12
英語ペラペラなら英語の授業受けなくてもいいとは限らないよな。
日本は筆記重視だから、綴りを間違えたり問題の意図を読み取れなかったら、どんなに英語が話せても無意味。
大統領だって綴り間違えるんだから。
16. Posted by .   2009年03月23日 06:23
アメリカなんかの学校は本当に勉強するためだけの施設だけど
日本の学校は学問だけじゃなく、集団行動や道徳やコミュニケーションを学んだり
将来的に長く付き合っていける友人をつくる場所でもあるから
17. Posted by TX   2009年03月23日 06:30
>将来英語を使う仕事につく日本人なんてほんの数%だし
だが英語を使わない大学生も殆ど居ないだろう。
論文読んだり参考書読んだりと何かしらで使うから、卒業までに英語を使わない奴は居ないと思う。

日本のシステムは効率が悪いけど、効率が悪いということも必要な事じゃないかなと思う。
無意味としか思えないことをしないといけないという経験は大事だよね。
18. Posted by     2009年03月23日 06:56
喋るのと読み書きは別だからな
識字率って統計もあるくらいだし
19. Posted by あ   2009年03月23日 07:04
附属高校とかの学校によっては高校大学間で授業の実質飛び級があるけど……

ちよ父は(ry
20. Posted by     2009年03月23日 07:09
知識よりも社会性だろ
勉強したい奴には塾や進学校がある


とは言ったものの、外人のガキの方が自立してるんだよな
日本の教育は、マジで社会で役に立たないことが多い
「話す」技術が身に付かないんだよな
21. Posted by     2009年03月23日 07:15
 天才だったら、1年や2年無駄な教育を受けたところで、どうってことはない。むしろ、飛び級によってその年代に必要な情操教育を受けられない方がよっぽど悪影響だと思う。
 要するに、飛び級で潰されるような才能なら、みんなと一緒に勉強するメリットの方がよっぽど大きい。
22. Posted by     2009年03月23日 07:23
やっぱ英語は重要だよ。
今の仕事に就いてからは、英語のドキュメント読む必要がある機会が多いし…
最新のドキュメントは基本英語版しか無いんだよな…

日本の場合、学年に学力は関係ないよね。
留年するかどうかも所詮出席人数が足りてるかどうか。
だから基本飛び級も無いんじゃないかな。
23. Posted by     2009年03月23日 07:33
>>20
「下品に言えば、学校はチ○コ鍛えの場」
とかなんとか彼の人も言ってたな

社会性や自主性とか抜きにしても、ちよちゃんは小中の修学旅行の経験は出来ないんだよな…
24. Posted by     2009年03月23日 07:59
「修学旅行とかの思い出ができないからかわいそう」程度の理由で本気で飛び級反対する人がいそうだ
25. Posted by    2009年03月23日 08:49
まあ日本の教育法、アメリカみたいな教育法で
それぞれメリット、デメリットがあるだろう。

あんまりメリットばかりを見ても、それに対する弊害を蔑ろにするのはダメだ。
特に日本は、海外はこうこうだからだうちらもそうしようだの
自分達の今享受している良い面をスルーしがちだ。
あらゆる事柄には良し悪しがあるんだ。
26. Posted by     2009年03月23日 08:56
埼玉大や千葉大とかで高2から飛び級とかあったような。
日本だとそれぐらいが限界だね。
27. Posted by    2009年03月23日 10:02
職場の中国人
「日本語難しい。xxxクリニックとかzzzクリーニングとか似てて(ry」
日本語じゃねぇ!!
28. Posted by    2009年03月23日 10:08
飛び級なんて必要ないと思うよ。最終的に大学で能力に合わせた高度教育を受けられるようになってるんだから。
そんなもの、せいぜいが1~2年程度教育期間を短縮するだけのものでしかないんだぜ。その数百日に何の意味があるのさ? 本当に高度な訓練は、大学の4(6)年程度で終わりはしないのに?
それを効率的と呼びたいんならまあ止めはしないけどw
本人たちだって、そんなものを本気で欲してるわけじゃないと思うよ(ちょっとはあこがれると思うけどね)。
ただまあ、なんというか、(教師はじめ周りの大人たちの)人間的平等に対する意識が高すぎるあまりに、ちょっと勉強の得意な子供たちに対して、少々無神経な言動が取られるようなことがあって、そんなことがあると、みんなと同じような扱いをしてもらえる環境に身を置きたくなるような気持ちに、ちょっとだけなるんじゃないかなぁ、と。
勉強ができるだけ、多少ちやほやされるだけで得意げになれるわけじゃない。必要なのは、周囲の理解と助けなんだよな。
29. Posted by     2009年03月23日 10:25
英語が必要か云々よりも学校で学ぶ英語がお粗末過ぎてなんとも
あんな暗記系の覚え方じゃそりゃ英語嫌いになるわ
30. Posted by     2009年03月23日 10:41
アメリカでは飛び級で大学に入っても、あまり早すぎると大学生の生活についていけず、脱落する例が多いと以前何かの報道でみた記憶がある。

学力的には20歳前後の連中と同等以上でも、肉体まで同等じゃないからな。
アルコールや夜の関係など法律の絡みもあるし。

要するに友達付き合いの部分で孤立してしまうそうだ。
31. Posted by     2009年03月23日 10:58
他の人も言ってるけど、子供に同年代の友達は必要だと思うし、そもそも学校は学問だけ教える場所じゃない
32. Posted by     2009年03月23日 11:08
ちよちゃんの対比に渚を貼るなんて、管理人も意地が悪いなw
33. Posted by     2009年03月23日 11:18
クリーニングとクリニックは日本語だろ
まさか英語とは言わんよな?
34. Posted by    2009年03月23日 11:28
学校に行かないと社交性が学べないというより、そう思い込んでる人によって今の日本の社会が形成されてるんでは?
天才は留学するしかないね。日米のどっちが総合的に良いかは500年後くらいにわかるだろう。
35. Posted by    2009年03月23日 11:56
なんだoutpostnineか

hold backのほかに、repeat (year) とかretainとかはあるんじゃないかな、単語。

知識的に優れていても、社会性やEQは多分同じくらい大事だと思うよ。飛び級してからかわれて友達が作れなかったらいくら頭がよくても・・・やはり同い年の人たちとの対話は必要です。
特技の科目だけに"飛び級"できればいいのにね。
36. Posted by     2009年03月23日 11:59
日本は年齢による上下関係があるし、飛び級しても年上と上手く付き合うのは難しいだろうな。飛び級するくらいだから頭はいいんだろうし、妬みの対象にもなる。チヨちゃんほど年下ならば妬みの感情を持つことが馬鹿馬鹿しくなるだろうけど、1つや2つ違うだけなら虐められそう。

年齢を問わず能力に応じた教育を、というのであれば、飛び級ではなく年齢を基準とする学年制度を廃止するのも一つの手。大学のように、小中高でも異なる学年の人が受けられる授業を導入すればいい。
37. Posted by dd   2009年03月23日 12:03
昔CBSドキュメントで10歳くらいの日本人と韓国人のハーフの子が大学生活をしているのを特集してたな。
 男子学生からからかわれたりしてたけど、健気に対応してたのがかわいかった。 でも、やっぱり孤独そうだったなw 大学生が小学生の相手してらんないしなw
38. Posted by     2009年03月23日 12:06
戦前の日本には勿論飛び級があった。ところが戦間期(WW1とWW2の間)頃から、次第に日本人は共産主義・社会主義に洗脳されるようになり、その影響は国家主義者・軍人(特に陸軍)の間でも顕著となった。大学卒の学士様(当然今の学卒とは比べものにならないエリート)を自動的に士官にしない陸軍は列強の中で日本ぐらいだったというが、陸軍はむしろその超平等主義が誇らしかったようだ(むろんソ連だってそんなことはしていない)。無論入営後、幹部候補生試験を受ければ士官にはなれたわけだが、日本軍の特異性だろう。戦後のSCAP(GHQ)も左派が多く、公職追放を免れた戦前の官僚等にも「革新官僚」といって、日本の社会主義化、統制経済化を目指した人間が多かった(但し、自分たちのエリート制度であるキャリア官僚制度はしっかりと維持した)ので、平等主義的な教育政策は戦後に強化維持されることになったのでした。
39. Posted by あ   2009年03月23日 12:18
飛び級で早期に高度教育しても精神を病む子が多いそうじゃないか。
カウンセリングが発達してる欧米でもそれなら、発達していない日本でやったらほとんどが脱落するだろう。
潰してしまうくらいならば、遅くても確実に育てたほうがいいよ。
40. Posted by ...   2009年03月23日 12:30
30人の天才が50人の凡才と20人のグズを率いるのが欧米
1人の超人が9人の秀才を従え、90人の凡才を率いるのが日本
41. Posted by    2009年03月23日 12:44
天才児って言われた人も、大人になるとただの凡人てことは珍しくない
42. Posted by あ   2009年03月23日 12:48
日本人は寿命が長いからちょっとくらいゆっくりしても大丈夫だよ
43. Posted by       2009年03月23日 12:51
英語の教育法は考えるべきなんだと思うけど、英語を学ぶ事が無駄とは思わないな。実際ネットをやってるだけでも英語に触れる機会はたくさんあるよ。
ソフトとかでローカライズされてないものとか使用するときとかも、ReadMeファイルを読むのに、基本の文法も知らなかったら全く理解できない。
英語が全く無駄とか考えるのは、頭を使う事をしてない証拠だよ。
国際社会に出て行くチャンスもそれで失われかねない。
44. Posted by     2009年03月23日 13:06
飛び級があればやる気が出る人もいれば、どんどん落ちこぼれていくヤツもいるかもしれない
個人的には飛び級あった方がやる気出る
45. Posted by .   2009年03月23日 13:12
本文> 優秀な子どもに飛び級を許さないって制度は有害だと私は思う

机に向かって読み書きするだけが勉強じゃないんだけどね… 精神的・肉体的にも成長しないと意味がない。飛び級したところで18歳未満では日本ではなにもできないし、本人の為にはならないよ。
46. Posted by     2009年03月23日 13:15
普通の国だったら6年も英語勉強すりゃ、普通に英語できるようになる筈なんだよね。
日本人は10年英語やっても英語できない奴が大半で、意味がないとかブツブツ文句
を垂れるっていうね。
47. Posted by z   2009年03月23日 13:20
あずまんが大王の面白いところは、

大人みたいな子供→ちよちゃん
と、
子供みたいな大人→谷崎先生

のやり取りの面白さに尽きる。
48. Posted by     2009年03月23日 14:12
高校までに関しては圧倒的に日本の方が上だと思うぞ。
まあ、大学はアメリカのほうが圧倒的に上だけど。
49. Posted by     2009年03月23日 14:12
でも飛び級が当たり前になれば、ヤル気出る奴は増えて国のためにはなりそうだな。
50. Posted by .   2009年03月23日 14:32
授業が理解できなくても1年過ぎたらみんな一斉に学年を進ませる日本の方針は、勉強に関してはよくない方法だとは思うな。

上にも下にも飛び出ずに、みんな仲良くという社会性の訓練場としての学校の是非については、それを良しとする日本の社会とは卵と鶏の関係なんで、良いのか悪いのかよくわからんね。
51. Posted by ,   2009年03月23日 15:08
>>46
やっぱり日本人は学習能力が低いんじゃないか?
オウムのほうがまだ頭がいいよ
52. Posted by なにかというと(ry   2009年03月23日 15:12
学校で習う英語は無駄だ…
とか思ってた時期が私にもありましたよ


今は、海外のあんなゲームや
そんなゲームをストレス無く遊ぶために
なけなしの英語力が総動員状態で

感謝してます(おい
53. Posted by    2009年03月23日 16:28
※6
その重要な数学、科学の論文は英語であることが前提なんだが
日本語しか出来ないでその分野に進むのってはっきり言って問題外だぞ
54. Posted by     2009年03月23日 16:33
英語できるやつはこのブログ見てないだろうな。
55. Posted by     2009年03月23日 16:56
小中学校も単位制にしちゃえば?
授業ごとにバラバラになるけど給食とホームルームにクラスに集まる
スペースの問題は少子化で解決する
56. Posted by    2009年03月23日 16:59
飛び級っていっても1年や2年じゃそう変わらんし
本物の天才ならそんなの関係ないし
出来杉君クラス量産するなら意味あるけど
小者ばっかり作ってもねぇ
それこそ東大出が大して役に立たないのと一緒だよ

57. Posted by     2009年03月23日 17:17
戦前の教育体系だと飛び級はあったけど、戦後の教育改革で廃止されちゃったんだよね。
デキる奴をさらに伸ばすっていう点で飛び級はアリかなと思う。
58. Posted by     2009年03月23日 17:25
戦前の日本でも、
優秀な子は高校(2年制)を飛び越して
中学から大学に入学してたよね。
芥川龍之介とか。
むしろ「高校に通わなきゃ大学も入れないのか(プギャー)」
みたいな感じだったとか。
猫も杓子も大学に入るようになって変わって行ったのかな。
59. Posted by     2009年03月23日 17:35
飛び級したらしたで、陰湿なイジメに遭うんだろうなあ。
60. Posted by 奈々氏   2009年03月23日 17:47
友達が飛び級してた。
詳しくは言えないが全国模試で1位とったこともあって、
ある私大から授業料タダにするから来てくれと
言われたけど蹴ったらしい
61. Posted by     2009年03月23日 17:52
英語学習自体は無駄じゃないけど、学校の英語学習は明らかに時間の無駄だよ
俺なんて高校までは英語の偏差値40台の落ちこぼれだったけど、洋楽・洋画・洋ゲーの輸入モノにハマって一から独学で勉強するようになってからは、1年足らずでリーディングは難なくこなせるようになったもの
62. Posted by      2009年03月23日 17:52
本格的に飛び級って制度が採用されたら
14歳で大学入って16歳で卒業する奴とかも多分出てくるぞ。
大学での勉強量なんて、キチキチに詰め込んだら
一般人でも2年強あれば終えられる程度のもんだし。
63. Posted by     2009年03月23日 18:05
飛び級賛成。
馬鹿と話を合わせるのは疲れる。
64. Posted by     2009年03月23日 18:06
>>60
その説明じゃどこら辺が飛び級なのかよくわからん
65. Posted by     2009年03月23日 18:20
>>63
そういうのは偏差値70以上の学校に入ってから言おうな
66. Posted by g   2009年03月23日 18:45
>>61
学校の方は、お前がやる気なかっただけじゃねーの?
もしくは熱意。
67. Posted by あ   2009年03月23日 18:50
日本の英語教育は和訳できるようにするのが目的だから「できない」のは当たり前
68. Posted by     2009年03月23日 19:01
飛び級あるよ
ごく希だし指定校(があるのかどうかは知らないが)ぐらいなんだろうけど
不可能ではない
この日本人は知らないだけ
69. Posted by     2009年03月23日 19:20
前に12歳(確か)で大学まで飛び級した子が学校生活を振り返って、やっぱ孤立っしてたってインタビューに答えてたね。「酒も飲めないのに大学来て楽しいの?」とか言われて凹んでたんだと。そりゃそうだろうな…。
見かけや精神年齢はどうにもなんないからね。

まあ、社会を知らない子供のうちは飛び級とか「かっこいー」とか「出来る大人予備軍」とか憧れるんでしょうけど、現実甘くはないのよね。
2〜3年の飛び級は良いけど、それ以上は現実的じゃないね。
70. Posted by     2009年03月23日 19:38
英語の偏差値40くらいだったけどネットするようになって英語コメントとか流し読みしてるとだいたいの意味はつかめる事に気づいた。地味に基礎を習っていると後で本気でやる気になった時に実は役に立つ気がする。
71. Posted by     2009年03月23日 20:46
どんなに頭がよくても精神年齢は変わらないからな
社会に適応できなくて挫折してニートにでもなったら元も子もないし
72. Posted by     2009年03月23日 20:46
高校入試の滑り止めに失敗して、公立受験のハードル下げたら、あくびが出る程退屈な授業だったな。周りからは成績優秀者として祭り上げられたが、全国平均以下というね。井の中の蛙になった気分だった。
73. Posted by Posted by   2009年03月23日 20:52
 生徒が教室から教室へ移動する米なら、得意科目は「飛び級」して、苦手科目は「留年」することもできるわけだろうけれど、自分の所属するクラスに先生がやってきて授業をする日本の方式だと、すべての学習が得意じゃないと「飛び級」するのは難しいよね。(理数系は「飛び級」したほうがよいっていう見解が出て、この間、認められたような気がしたけれど)
でも、そんなオールマイティな生徒なら、部活にも力を入れてそうだから、勉強だけのために「スキップ」するとも思えないけれど。
74. Posted by     2009年03月23日 21:22
マサチューセッツ工科大学
75. Posted by     2009年03月23日 21:26
海外では生徒に学校の掃除なんかさせないとか、学校は学力だけつけるところとはっきりさせてるからな。
日本は情操教育とかモラルとかを重視するから飛び級は難しいね。
76. Posted by     2009年03月23日 21:28
百年に一人の大天才!位の頭脳を持っていたら、教師より出来るのに学校の授業を受けるのは苦痛だとは思う。
でも、そこまでの神童は滅多にいないわけで、ちょっと出来がいいくらいなら友達とわいわい楽しく過ごした方が、長い人生絶対いい。
本当に頭良ければ別に学校行かなくたって学べるわけで、大学行って教えを請うレベルなら2,3年飛び級するのも普通に通うのも一緒って気がする。
77. Posted by     2009年03月23日 21:31
>>68
>高等学校以下の学校(小学校・中学校の義務教育)では、生徒は平等に扱わなければならない という観点から、いかに優秀であろうと英才教育としての飛び級は絶対に認められない。

一応WIKIなんかにはこうあるね。ちよちゃんは小学生だから「絶対にない」の範疇じゃないの?
78. Posted by    2009年03月23日 21:32
バスガス爆発
79. Posted by     2009年03月23日 21:59
日本で飛び級は無理だね。
大学や社会に出れば年はばらばらだから多少の差は気にならなくなるけど、中学高校じゃありえない世界だからな。
天才用の学校を作るほうがいい。

80. Posted by     2009年03月23日 22:00
大人にまじって色々やったり飛び級したりって人は昔の日本でも結構いたんじゃなかったっけ。
今はなんか抑制されてるけど。
81. Posted by    2009年03月23日 22:13
>33
韓国語に決まってるじゃねぇか!
82. Posted by もす   2009年03月23日 22:50
4 ますますちよちゃんは天才ですな(^o^)
83. Posted by     2009年03月23日 22:54
飛び級する側よりも飛び級される側がうまく対応できないって問題も大きいよね。
天才美少女なら喜んで「こんなのも解けないの?馬鹿なの?」と罵られたり、仲間外れにされて一人ぼっちのところを慰めてフラグ立てたいもんだが。
84. Posted by     2009年03月23日 23:53
何でもメリットデメリットがあるだろうから、
一概にどっちが優れているとは言えないよね。

まあ、飛び級でわざわざ超天才を作らなくても、
日本には頭のいいのがいくらでもいるとは思うけど。
85. Posted by     2009年03月24日 00:16
賢さがどうかとは別に
4月5月生まれの奴は、少しだけ頑張って1個学年上がる選択肢が有っても良いと
3月生まれの俺は思う

>>77
3つ飛ぶのは漫画だから無茶として
生まれる月で1年近くも差があったら既に全然平等じゃないんだよね
小学校の間と、スポーツ系は特に
86. Posted by 関西人   2009年03月24日 00:16
まあ、日本の義務教育は社会性や集団生活にも重きを置いているわけなんだが・・・

その割には、「議論」や「プレゼンテーション」能力を伸ばす授業が殆ど無いんだよなあ。

日本の社会性教育は「空気を読む」訓練所w
意見を言う訓練はされていない。
87. Posted by    2009年03月24日 01:02
矢吹慎吾「先輩、焼きそばパン買ってきたッス!」
草薙京「パシリ乙」
慎吾「そういや先輩、留年何年目でしたっけ?俺今年で卒業なんすけど…ユキさんもOLやってるってのに…。万年プーの赤髪さんといいほんっとマジでダメ人げ…」
京「慎吾、技教えてやるわ。無式な。そこ立ってろ、動いたら殺す。」
88. Posted by    2009年03月24日 01:25
スポーツはどうするんだろ?甲子園とか年齢制限あるし高校生でしか出れないから憧れがある。
米85も言ってるけどスポーツで年齢の差は大きくて早生まれは甲子園にあまり出ていないのは統計的に証明されている。

俺も剣道で中学の仲間と全国でたかったorz県の8強で負けたけど。飛び級もいいけど勉強以外にも学ぶものってあると思うよ
89. Posted by     2009年03月24日 01:33
義務教育までは標準化でいいんだけど
高等教育で標準化は無駄だよ
高等教育以上は飛び級は有用
さっさと単位修得させて留学させるなり職場体験でもさせた方がいい
90. Posted by      2009年03月24日 01:35
ノーベル賞とったあの先生は英語喋れなかったじゃん!(ママ「あなたは違うでしょうが!!」)
昨日家出から帰ってきました
91. Posted by    2009年03月24日 01:56
教育制度について語ってるヤツが
マサチューセッツの綴りがわからないことにウケた
92. Posted by     2009年03月24日 02:22
あんまり大幅なとび級は、情操教育の観点からよくないかもしれないけど、1〜2年位ならありじゃないかなぁと思う。あとは公立でも能力別クラスをもっと積極的に活用するとか。
私は、中学生くらいまでは勉強できたんで、クラス全員が付いてこれる程度のレベルの授業がすごく退屈だった。
でも、塾に行ってレベルの高い授業うけたら、めちゃくちゃ楽しかったんだよね〜。そういう機会が公立校にしか通えない子供にも与えられるべきだと思う。

大学で、ちょこっと教育学系の講義を取ってたんだけど、日本では落ちこぼれをださないってことには力を注ぐんだけど、できる子にはできる子なりの教育を施すっていう考え方が希薄らしいね。
できない子と同じように、できる子にも個別対応的な教育がなされるのが理想的だと思う。
93. Posted by    2009年03月24日 03:10
日本の会社は「家族」。アメリカの会社は「個人」ってドラゴン桜外伝で言ってたけど、まんま学生にも当て嵌まるんだな。

つーか留年は普通にありますから。
94. Posted by     2009年03月24日 05:04
留年の場合についても思うけど、日本の「先輩・後輩」の認識基準って、学年なんだろうか年齢なんだろうか?高校で1つ上の知ってる先輩が、自分が現役で受かった大学に2浪で受かったもんで後輩になっちゃって、どう接すればいいか困惑したことがあるんだが……

こういう先輩後輩関係の存在が、日本における飛び級導入の最大の障害になってる気がする。これがなければもっと「学年」ってものに対する考え方がドライになってると思うんだ。
95. Posted by     2009年03月24日 05:13
極端な落ち零れを作らないいとか、多くの生徒に満遍なく教育を施す為には標準化は絶対に必要だと思うな。

義務教育に関しては、開始を早めれば対応できると思う。
でも高等教育からは、差が大きくつくし、標準化は百害で一利もない制度だと思う。
96. Posted by     2009年03月24日 05:24
年上の後輩は、○○さんで対応してた。
年下の先輩からは、さんと君を状況で使い分ければいいと思う。
社会に出てからは別だけどな。

それは別として、高校や大学教育だと留年や受験で実質飛び級と同等の働きを持ってると思う。
履修を数年早く終わらせて、受験勉強させるって学校もあるんだし。
超絶天才に関しては救済の措置もあるし、パンピーには余り飛ぶ利点が無い気がする。
97. Posted by あ   2009年03月24日 06:51
高校のうちに大検とって高校卒業する年齢になる前に大学通い始めた事例しかしらないな<日本での飛び級
受験勉強一年間して東大に入るよりも一年早く千葉大に入る方が有意義だと思ったとか新聞のインタビューに答えてた
98. Posted by     2009年03月24日 08:44
飛び級するような大天才がいて飛び級が必要だと思ったらそいつが制度改革するさ
99. Posted by     2009年03月24日 09:11
>>85
生まれた月で一年の差・・・そうだよね。

ただ、どこかで線引きしなくちゃならないわけで、「平等」の部分はその線引きの適用を平等に受けるということだからな。
100. Posted by     2009年03月24日 09:14
社会に出たら他人を全員「さん」付けで呼べば問題ない。年下や後輩でさえも。

ブルーカラーの人たちはどうだか知らないが、まともなサラリーマンならそれでおk。
101. Posted by saba   2009年03月24日 10:41
飛び級はあっていいシステムだと
思うけどね。10年飛び越しとかは
どうかと思うけど、順々必要単位を
習得していって2~3年早めるのは
個人にとっても社会にとっても効果的。

社会にでたら年下の上司やら
年下の技術的化け物なんかゴロゴロおるしな。
そーいう意味では社会と変わらん

>>98
飛び級するような大天才が
制度改革を行えるような政治力を
併せ持っているかは疑問だがw
102. Posted by    2009年03月24日 12:18
飛び級より教習所みたいにしたらいいんじゃねと思うなぁ

勉強しない人も勉強してクリアするしかないし
偉い人は早く進めるし
日数受けてればクリアはあんまし良いと思わないかな

あとクラブ活動とかで人間関係とか補充したら
103. Posted by      2009年03月24日 14:59
平均化よりも頭の良いのも悪いのもそれぞれ伸びるような教育にした方が良いんだが日本じゃ無理だろうな。飛び級はそれほどメリットなさそうだし、かといって日本の詰め込みも問題あるし
104. Posted by     2009年03月24日 21:18
そういえば俺幼稚園年中から入ったな
3月生まれだったのもあって、年少からだとちょっとまだ小さ過ぎたからだけど
105. Posted by ぴこ   2009年03月24日 22:09
飛び級したら体育とか困るだろ。
やるなら個人的に出来ないこともない。
弟は消防の時から進研ゼミを1年飛び級で受けていた。
高2で高3の模試受けてたし。
106. Posted by     2009年03月24日 22:37
飛び級はあってもいいが
本人の希望により本来の学年に戻れるシステムが必要だよね。
世の神童とか天才児なんて結局早熟なだけでしたってオチが大半だし
107. Posted by     2009年03月25日 01:11
>>46
日本人の英語力が低いのはただ単に勉強しないから。
六年間勉強してると言ったって週四コマ程度じゃ精々七百時間程度。
本気でまともな英語力を身につけたけりゃ最低でも十倍に増やさなけりゃ無理にきまっとる。
欧米人だってアラビア語や日本語の通訳になる時は最低でもその程度は勉強してる。
まあ日本人全員が英語の通訳者になる必要なんて全くないわけだが。
108. Posted by sasss   2009年03月25日 01:44
飛び級廃止したのはGHQ
109. Posted by     2009年03月25日 02:47
戦前は普通に飛び級あったよね、
森鴎外は東大医学部11歳で受かってるし
110. Posted by     2009年03月25日 13:02
森鴎外か‥‥
医者としては傲慢殺人鬼だが
文学者としては天才だったっけか
111. Posted by     2009年03月25日 13:57
>107
>日本人の英語力が低いのはただ単に勉強しないから。
だよな。
死ぬほど馬鹿だけど英語だけは好きだった俺からすれば、せいぜい数時間の授業だけで満足して「英語むずかしい」とか言ってる奴らが理解できなかった。
どれほどパープーでも、朝から晩まで連日やり続ければ、並大抵の英語力ならつく。

森鴎外は文学者としても傲慢みたいなモン
112. Posted by     2009年03月25日 22:26
学校は勉学と共にプチ社会を学ぶ所だからなぁ。
頭良けりゃ上に行け、ってのは中途半端天才にとっては
マイナスだと思うな。
113. Posted by     2009年03月26日 15:31
飛び級がなかったばかりに人生悲惨。
システムは選択できる方がよい。
114. Posted by     2009年03月26日 16:40
森鴎外が入試したのは予科な、予科。
当時は予科(普通高校みたいなもん)→本科。
本科卒。今で言うところの大卒になったのは19才。
そう聞くと「ああ優秀な人だったのね」と思うだろうけど、「とてつもない11才大学生」ってイメージにならんだろ。
あとさすがに予科でも11才で受け付けてくんないから13才だと偽って入っているよ。
当時のスキップ制度が成熟していたわけじゃなくて、制度的にゆるかったというだけのことだと思われ。
むしろスキップが当然のこととして運用されていたのは第二次大戦前の10〜20年の範囲。
このあたりだと金持ちは前倒しで旧制高校に入学するのが当たり前になっていた。
まぁ、それがエリート主義の温床にもなっていたのでGHQがムカついたのはわからんでもないけどね。
115. Posted by    2009年03月26日 20:48
飛び級は弊害ありそうだからなくていいけど

中間、期末テストとかあるじゃんか。
あれと同じように1年に数回免除試験ってもの作ってさ
期間限定で合格した科目免除ってのあったらどうすか

あまった時間どうするかはわかんねーけど
116. Posted by     2009年03月27日 10:49
渚ワロタww
117. Posted by g.a   2009年03月27日 11:25
飛び級がどうとかなんて、学校を絶対視しすぎ。
もはや学校でなきゃ勉強できない時代じゃない。
できるやつは自分でやればよい。
(姪は義務教育を罰金でパスして海外を飛び回ってたけど、気軽には勧められないな)
118. Posted by    2009年03月27日 21:07
>>117
だから、勉強以外のことも学ぶために飛び級が許されてないんでしょ。
精神が未熟なままで社会に出られても困る。

英語教育に関しては、自分は英語好きだったけどこれ以上時間増やしても意味無いんじゃないかと思う。
教える人間が英語話せないのに、ね。
英語の時間を増やすくらいだったら国語の時間を増やしたほうがいい。
日本人がまともに日本語できないことのほうが恥ずかしいよ。
119. Posted by     2009年03月27日 23:49
国語は大事だよね
どんだけ英語が上手に発音できても日本語で思考する以上は、
国語の力がなければ考えなしの人間になっちゃうし
120. Posted by あ   2009年03月28日 03:06
飛び級反対の人はサッカーで才能のある子供が海外留学する事とかも反対なのかね?
スポーツと勉強は違うとか言って逃げるなよ。
121. Posted by     2009年03月28日 08:13
>120
ごめん、あんまり詳しくないからよく分からないんだけど、
飛び級とスポーツ留学の関連性は?

122. Posted by      2009年03月28日 19:00
>日本の学校システムは馬鹿馬鹿しいくらいに標準化されてるんだよ。

大きな範囲でなにかを行おうと思えば、馬鹿馬鹿しい(非合理的な)部分は当然ある。自分達の国には無いと思い込んでる馬鹿は本当におもしろい。


>日本で日本人のハーフに会った事があるけど、彼は何度もアメリカに行って英語がすごく流暢なのにまだ英語の授業を受けてた。

英語が喋れるのと、英語ができる(語学として)のとは別物。こんな常識も無い馬鹿は本当におもしろい。



123. Posted by a   2009年03月28日 19:09
>>121
才能がある者はよりレベルの高い環境に身を置いて才能を伸ばすって事だろ。
飛び級禁止って奴は才能を伸ばす事を否定してるんだよ。
天才には関係ないとか言ってる奴は何も分かってない。
幼少期の1,2年がどれだけ重要だと思ってるんだか。
124. Posted by コン   2009年04月02日 01:28
>「話す」技術が身に付かないんだよな
それはそう思う。ディスカッションの授業とか全然ないからね。声に出して他人と討論するのは訓練が必要だから学生のうちに鍛えとけばいいのに(個人が逆らい易くなるから駄目なのか?)。
日本人はこの技術が足りなくて、いろいろな場面で損してる気がするんだよなあ。
あと能力が極めて高い子には、さらに伸ばすべく良い環境を与えてやってほしい。不良礼賛ドラマは勘弁だし、知的水準の低い者にあわせる方針の学校は、やっぱり胡散臭い。
125. Posted by 英語を受験に入れるの禁止したほうがよくね?   2009年04月02日 22:18
例えば、なんですが…

午後の授業2コマを特殊化するってのはどうかね。義務教育高学年くらいから。

そこだけ文系・理系・運動・芸術とかに分けて、突っ込んだ(高等な)授業をする。学年上位3割で受ける体育を想像してみてくれ。有意義だと思わないか?

言葉づかいやマナー教育、討論や論文(「作文」は無駄じゃねぇ?)、スラングも視野に入れた英会話とかもあればいいな。
金曜日は希望補修(自分で選んだ教科で、通常授業の一週間分をおさらい)を受けることができる、とか。

ゆとりとか言ってないで授業コマ数増やしてでもこれをやってほしい。
126. Posted by     2009年04月04日 18:22
日本人は英語を話す機会はほとんどないからな。
あくまでも読むための教育が行われている。
実際、生活していても英語を読む機会は多いし
学校での授業が役立っているだろう。
127. Posted by      2009年05月26日 21:35
>>123
よほど優秀ならいいだろうけど
1年とばして2年とか
そんなの誤差程度だろw
小学生の学習範囲なんて塾いってりゃ
どんどん進むだろうし
その程度で優秀だから飛び級とかアホ
128. Posted by 通りすがり   2010年02月04日 18:01
向こうで飛び級してる子に何人もあった。まだ中学生の年なのに大学生。しかも名門。だけど精神年齢も高かったよ。言っちゃ悪いけど知能と精神年齢があまりに掛け離れてる人って見たことないし ある程度相関関係あるでしょ。頭悪くて精神年齢高い人も見たことないしさ。
129. Posted by 猫   2011年01月22日 10:26
>小学校に関しては上の人が言ったとおり飛び級も留年も絶対にない。
これは嘘。
まず留年は時折あり、私立では玉川のように「成績次第で留年」とHPに明記してる小学校もある。
飛び級は、多くの同級生と同年齢になる、もしくは高年齢になるケースでは、普通に存在しうる。
逆に、転校したときとか、強制的に飛び級される場合もある。
130. Posted by 〜   2011年06月17日 01:17
戦後になくなったんじゃなかったかなー
それまでは、飛び級、留年はあったはず。黒柳徹子は公立小学校を退学させられてたし
エリート選抜教育と平均値維持教育、そもそもの目的違う
131. Posted by g   2011年06月17日 12:19
CSIで飛び級で大学に入った女の子(10歳位)がイジメに合う話があったような

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon