2009年10月30日

海外の漫画ファンの疑問「漫画家は美術学校に行かないの?」

・「バクマン」を読んで気になったんだけど、主人公はアートの授業を受けてた事がないよね?漫画家はそういう授業を取らなくてもいいの?彼のおじさんも絵が下手だったらしいけど、美術学校へ行けば良かったんじゃない?学費の問題とかあったのかな。

・彼らは普通の学校に行ってたからね。CLAMPの人達は美術学校に行かず、3人とも高校で絵のクラブをやってた。だから彼女たちは専門教育を受けてないよ。井上雄彦さんは大学で絵の勉強をしてたり(wikipediaによると美術予備校の夏期講習を受けたのみ>訳者)、高橋留美子さんは漫画の学校(たぶん劇画村塾のこと>訳者)に通ってたけど、たいていの漫画家はアシスタントを始めて、そこで絵を学ぶ。

・それでも漫画家ってみんな綺麗な絵を描くよね!興味深い。小畑健さんは絵の授業とか受けてたの?あの人は人間の体に詳しいし、専門的でクリアな絵を描くけど。

・小畑健さんは手塚賞をとって、にわのまことさんのアシスタントをしてから「サイボーグじいちゃんG」(どんな絵か知らない)や「あやつり左近」を描いてるうちに絵が上達したそうだ。真城が買ってた漫画の入門書みたいな本はamazonでも買えるけど、実際に漫画家になる助けにはならないよ。小畑さんかフェリーペ・スミス(アメリカ人漫画家。PEEPO CHOO ピポチューなどを出版>訳者)くらい絵や原作が上手くないといけないから、賞をとるかコミケで編集者に発掘してもらうしかない。あるいは、漫画家のアシスタントになるか。

・「サイボーグじいちゃん」の絵は知ってる。今の絵と全然違うよね。リアル寄りで北条司さん(シティハンター)の絵に似てた。小畑健さん←和月伸宏さん←尾田栄一郎さん、というアシスタントの流れは興味深い。

・ギャグ漫画には絵が「気の毒」な人もいるよね。クレヨンしんちゃんとか。CLAMPとかに描かせたらどうなるんだろう。結局、漫画に大事なのはキャラクターとストーリーなんだと思うよ。絵が駄目でストーリーが良い人もいればその逆もいる。もちろん絵が上手いか否かは個人の主観だけど。

・漫画家は形式化された美術学校に行く代わりにアシスタントや見習いで勉強するんだと思う。実情を詳しく知りたい。

・本を読んで勉強する事もあるんじゃない?まあ、良きアーティストになるのに美術の授業は必須ではない。

・才能があれば練習してるうちに上手くなるだろう。ただ、現実には美術の授業を受けた方が良いアーティストももっと上手くなれる。どんな絵でも観察力や線画の描き方が上達するのは良い事だ。でも、ギャグ漫画みたいな単純な絵を描く時はあまり役に立たないかも。この違いはリンゴとオレンジの違いくらい説明し難い。以上がアメリカの美術学校でカートゥンを学んだ私の意見だ。

・必要があるわけじゃないけど、そういう職業訓練校はある。2年間コース、日本円で2.5 millionの授業とかあるよ。でも相場は知らない。他の人も言ったけど、アシスタントになる人の方が多いだろう。

・↑2万5千円?190ユーロって事ならそんな高くないじゃん。絵が下手だと自覚してて良い絵描きがいない人は美術学校に通うのもいいかもね。ただ、私もかつては美術の授業を受けずに素晴らしい絵は描けないと思ったけど、これは嘘だった。必要なのは練習だ。

・↑250万円だよ!まあ、授業を受けて練習しなけりゃ意味ないよね。練習が明らかに鍵だ。


以上。
 海外コミックは分業制が進んでるので絵の担当はちゃんと専門学校に行ってるんでしょうけど(違うの?)、漫画家は絵だけじゃ成立しないんですよね。考えれば考えるほど変な職業です。
 ちなみに、過去と現在で絵が違う例として挙げられる事が多い衛藤ヒロユキ先生は学生時代にはもっと違う絵だったそうです。

ふつう逆だろ!でも、この変化がなければグルグルも誕生しなかったのか……。
魔法陣グルグル (1) (ガンガンコミックス)週刊わたしのキモいペット

fairypot at 02:16│Comments(201)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2009年10月30日 02:20
ソースはこちら
http://community.livejournal.com/bakuman_fans/56253.html
2. Posted by     2009年10月30日 02:33
衛藤ヒロユキは絵本作家になりたかったとか
3. Posted by     2009年10月30日 02:37
漫画はヘタウマという分野もある。昔フランスで、キャプテン翼がデッサンが狂ってるとか言って叩かれてたことを思い出したよ。原作がついて絵だけの人はギャラが半分なのかね?
4. Posted by     2009年10月30日 02:53
漫画家で実際デッサン酷いの意外と多いよな
漫画って言う記号的な描き方だけ覚えて描いちゃってる様なヤツ
特に少女マンガとか
5. Posted by     2009年10月30日 03:09
デッサン力はあったほうがいいと思うが、漫画の場合はオリジナルの画風の方が大事だろうね。

ひと目見てこの人の絵だ、とわかるぐらいになるのは難しい。
クレしんの絵が気の毒と言っている外人はそのことがわかっていないな。

美術系の大学、専門学校出身の人もいるんだろうけど、独学(アシスタント含む)の人がほとんどじゃないかな。
6. Posted by     2009年10月30日 03:39
彼らが言う単純な絵を描く方が難しいけどね。
実際描いてみるとわかる。
7. Posted by      2009年10月30日 03:41
なんつーか昔から写実主義とかで題材を正確に描こうとしてた海外と
題材を妄想で変化させた浮世絵の日本が未だに続いてる感じ
8. Posted by    2009年10月30日 03:58
クレしんの画は気の毒でもなんでもなく、ああいう画風ってだけなんだが、欧米(と一纏めにするのもなんだが)は、絵に限らず設定なども変にリアルを求め過ぎるきらいがあるかな。(細身の少女がこんな大剣を振り回せるのは変だ、とか)
9. Posted by     2009年10月30日 04:16
美術系出身も普通に居るけど、イラストレーターなんかと比べると比率少ないやね。
サブカル寄りの雑誌ほど多くなる印象。
10. Posted by     2009年10月30日 04:22
イタズラなキスの多田かおるなんて少女マンガなのにほんっと絵は下手だった。
でも、主人公は可愛く見えるし男も格好良く見えるんだよね。
そういうのが漫画には大事だね。
11. Posted by ええと   2009年10月30日 04:44
つか

綺麗なとか格好いい絵は
誰でも描けるわけだが

クレヨンしんちゃんとか
ギャグの崩れたキャラを創造するのが
一番難しいんだよね、外人わかってないな
12. Posted by あ   2009年10月30日 04:51
クレしんの絵面が気の毒…?
向こうの人にはそう見えるんだ
13. Posted by え   2009年10月30日 04:53
スラダンなんて最初と最後で画力が別人だよね。井上さんは今はトップクラスの上手さ。
14. Posted by    2009年10月30日 05:03
絵の上手い下手とは別の漫画力という表現は実にその通りと思った
海外の人は理解できるのかな?
15. Posted by 犬   2009年10月30日 05:33
ヘタなのも味になる!
…しかし新條まゆは人体を学んで欲しいとジャンプSQを見て思った
16. Posted by お   2009年10月30日 05:49
カラーとか含めると美術学校に行ってからの方がいいだろうけど
ジャンプとかは20才過ぎてから持ち込みしても先が短いんだよな

あと美大行くと思想的に変にポップカルチャーになる人多いし
17. Posted by ido   2009年10月30日 05:50
というか、漫画専門学校出で大成した奴って居るの?精々マイナーメジャーの連載までな気がする。
段階踏まずにジャンプに投稿できる現状だからこその今の隆盛なんだろうね。つまり小学館の少年誌はバカやってるなと。
18. Posted by わ   2009年10月30日 06:18
>小畑健さん←和月伸宏さん←尾田栄一郎さん
絵が劣化していくところにワロタw
19. Posted by 漫画家としての能力とは無関係だけどね   2009年10月30日 06:40
美大卒の漫画家はけっこういる。
士朗正宗(攻殻)は美大卒で美術の教員免許も持っている。同じく美大卒で学院修士のキャリアがある安倍吉俊(灰羽連盟)や沙村広明(無限の住人)に冬目景(羊のうた)なども美大卒として知られる。
これは分かりやすい美大卒。普通に「美大卒漫画家」として名を上げると納得される。
同じく美大卒の東村アキコ(ひままわり)に大御所の西原理恵子(毎日かあさん)やしりあがり寿(真夜中の弥次さん喜多さん)も美大卒なのだが、こちらは名前をあげると驚かれることが多い。しりあがり寿に至っては神戸芸術工科大学の特任教授で日大と横美短大の講師を務めているのだが………。
でも後者のほうが美大卒でないと作れないです。
おそらくスレの外国人の考える美術学校というのは美大の受験のために通う予備校をイメージしているのではないでしょうか。予備校は合理的に上手く見える絵を作る技術を身につける場所です。
20. Posted by 名無し   2009年10月30日 06:47
漫画専門学校なんて入ってすぐやめるのがステータスだからなw
21. Posted by あ   2009年10月30日 06:59
小畑は学校でもアシスタントでもなく実戦で成長したタイプだろ。
ヒカルの碁の初期と後期を比べると凄い勢いで上達していったことがわかる。
22. Posted by ・   2009年10月30日 07:04
というか、何でバクマン知ってるんだ?
英語版も無いしアニメ化もまだなはずなんだが
23. Posted by a   2009年10月30日 07:18
海外のコミックは綺麗な一枚絵を並べた代物だから、外人は漫画の絵に対しても一枚絵の出来で上手い下手を判断する。
24. Posted by     2009年10月30日 07:26
学ぶ場は学校だけじゃないってことかね?
pixivで漫画描いてるうちに絵が上達してきて画風がついて来た人だっているしな
まあ何してる人かは知らないんだけど
25. Posted by     2009年10月30日 07:29
上手いなぁと思うのは、主人公以外の脇役の顔を「こういう奴いる」と思わせる漫画家かな。中年のオヤジとかを上手くかける人。

安達哲とか。

26. Posted by    2009年10月30日 07:30
絵がダメとか言ってる時点で漫画を一生わからないと思う
アメコミみたいに全部同じような絵じゃね
全体主義的考えというか頭が固いんだろうね

絵に下手なんてないんだよ
27. Posted by    2009年10月30日 07:38
アメコミだって絵師ごとの個性はあるぞ
28. Posted by     2009年10月30日 07:38
冨樫
29. Posted by やすあき   2009年10月30日 07:49
漫画で重要なのは絵じゃない!!絵じゃないんだ〜!そうですよね!ガモウ先生。
30. Posted by     2009年10月30日 08:25
日本の子供はよく絵を描くからな
小学校の休み時間とかでも女の子とかは絵を描いて遊んだりしてたじゃない
それと 変に学校とかで学ぶよりも実践教育のほうが大事だよな
昔アメリカ人が日本の経済を勉強にきて大学でどんな教育してるか見に来た
ところがみんな遊んでばっか勉強なんて真剣にやってる雰囲気がない
これならアメリカが負けるわけないつーて帰ってそうだ
企業に入ってから教育の方をみていかなかったんだよな
最近はグローバルなんちゃらで企業もずいぶん変わったらしいが
31. Posted by     2009年10月30日 09:03
リアルな絵の方が上手く描くのは簡単なんだけどね
練習すれば誰でもある程度は画けるようになる
逆に平面画のほうがセンスのある絵を描くのが難しい
浮世絵なんかは平面画の最高峰だと思ってる
漫画は絵が下手でもデビューさせるけど
それが逆にいい結果になってるわけだし

32. Posted by あ   2009年10月30日 09:31
※31
実際のところ、その通りなんだが、
海外の漫画好きには、分かりにくいのかもね。
ゴッホの言葉とかにも、日本の浮世絵のすばらしさとして、「最小限の線で一息に描いているのが分かる。しかも、必要なものは何一つ欠けていない」みたいなのがある。

モチーフの特徴の抽出にこそ、人間が描く意味があると思うんだけどな〜
写実系なら写真とってPCで加工すればいいじゃん。
33. Posted by you   2009年10月30日 09:32
漫画は絵より内容が重要
34. Posted by     2009年10月30日 09:52
単純に、漫画が売れる売れないは絵の巧拙じゃない、
技術より個性が重要、ってことくらい判らないのかな?

だから資格も免許もいらないんだし、
専門知識・技術の習得も必須ではない。
必要と感じた本人だけが必要に応じて勉強すればいいし、
完全に独学であろうと、アシスタントでの実地研修だろうと自由。

だって自由業なんだもん。それだけのこと。

35. Posted by       2009年10月30日 10:08
漫画は絵が上手いかどうかじゃなくていい絵柄かどうかだもんなぁ
36. Posted by !   2009年10月30日 10:14
>彼のおじさんも絵が下手だったらしいけど、美術学校へ行けば良かったんじゃない?

こんな事微塵も思わなかったw
37. Posted by     2009年10月30日 10:15
漫画は、なんというか動きのある絵を追求してると思う。
美術的な静止した絵は漫画ではあんまり好まれないんじゃない?
38. Posted by a   2009年10月30日 10:26
イラストレーターとしてはDグレ作者>ネウロ作者
漫画家としてはネウロ作者>Dグレ作者
39. Posted by 山野野衾   2009年10月30日 10:27
水木しげる先生は珍しく専門教育を受けておいででしたが、某アメリカ人漫画愛好家いわく「専門の美術教育によって個性が損なわれなかった」とのこと。
この愛好家は、漫画の楽しみ方を分かっていると感じましたね。
大体、デッサンがどうこう言う人に限って、絵自体の印象は薄い人が多い。
言わずにどちらも出来ている人もいますが、口数が多い人程……という話で。
デッサンが上手い≠絵が巧い。
40. Posted by     2009年10月30日 10:41
まだまだ外人さんには
「絵」と「漫画」の区別ができないんだね
一流の絵のアーティストなら全世界に五万といるが
そいつらは一流の漫画を生みだしたりしない
絵はアマチュアでもまねして描けるし


41. Posted by     2009年10月30日 10:41
確かに絵がうまいのは見てて綺麗だなって思うよ
でも漫画と絵は違うからなあ…
やっぱ画風とか絵柄とか話が大事なんだよな。
個性が大事っていうのも、漫画家が美術学校に通わないでいいってとこに関係してると思う。
漫画学校行くと個性潰れちゃう場合もあるんじゃないかな。
アシスタントだと、他の漫画家の影響も受けるけど
自分の個性も育てやすいんじゃないかと思う。
42. Posted by     2009年10月30日 11:09
臼井の絵は下手とかじゃないよね。
って、上の方で既述されててよかった。
クレしん風○○とかジョジョ風○○とか絵柄を真似ただけでもネタとなるのはすごいと思う。
43. Posted by     2009年10月30日 11:13
小畑はGちゃんの頃から上手かったけどな。ただストーリーは…
専門教育を行なう場もなく、一般美術の専門教育も受けてないってだけで、相応以上の努力はしてるよな。
まぁ同好の士と切磋琢磨した方が上達早いんだろうが、漫画は学生なら最良の読者が身近にわんさといるしなぁ。
44. Posted by     2009年10月30日 11:16
ワンピとか見ればわかるが拡大してみると線の一つ一つはスゲー適当なのが分かる
でもコマ全体を見ればすごい奇麗に見える不思議
45. Posted by     2009年10月30日 11:28
詰まる所、アメリカのラッパーがデビューする過程でクラシックを勉強するかって事でしょ。
ある程度成功した後に教養を深めるために勉強することはあっても、ラッパーになるためにクラシックは勉強しない。こういうこと。
46. Posted by n   2009年10月30日 12:31
ここまで島本なし。
47. Posted by     2009年10月30日 13:29
昔、プロの漫画家に絵がうまくなるコツを聞いた事がある。
曰く「一日8時間、漫画描いてりゃうまくなる。週間連載もてばすぐだよ。」
当時はなるほど、と思ったが週間連載もってても下手な人は下手なままなような・・・。
でも漫画家は結局の所ストーテリングが命!と結論づけされました。
48. Posted by     2009年10月30日 13:32
※47のストーテリングはストーリーテリングに脳内変換よろしく。
49. Posted by a   2009年10月30日 14:29
ほとんどの漫画家は福本伸行より絵がうまいが、彼より面白い漫画を描く人は多くない。
外人はいつまでも写実という固定概念から離れることができていないな。

日本以外で写実という、固定概念に囚われていないのは南朝鮮。
50. Posted by     2009年10月30日 14:56
元アニメーターの漫画家はうまいよね。

大成はしないけど。
51. Posted by     2009年10月30日 15:16
アメリカの漫画家と日本の漫画家とじゃ、1話描く時間が全然違うからアメリカ人の比較はフェアじゃないな
52. Posted by     2009年10月30日 15:33
漫画家にとって大事な事は絵や分や個性やセンスよりも締め切りを守る事だよ。期日までに作品を仕上げられる事だよ。これが出来なくて諦める人が多い。
53. Posted by あ   2009年10月30日 15:58
どんな絵でもストーリーと雰囲気とマッチしてれば、面白い。
福本作品のストーリーで小畑が書いてもたぶん面白くない。
54. Posted by     2009年10月30日 16:30
正直、美術だの芸術は学校で教わるもんじゃない
形式、見せ方を習っちゃうと独自の世界を創り上げるのが難しくなる
漫画の世界は正にこれ
最初からパースが正確だったり、コマ割りが計算されてたりすると、個性の半分以上が失われてるように見える
55. Posted by     2009年10月30日 16:31
衛藤ヒロユキかー。
…グルグルの連載期間は確かに長かったけどさ、あの絵の変化は物凄いものがあると思うよ…
個人的にはネコジタ谷の頃の絵が大好きだったんだけどなあ
どうしてああなった…
56. Posted by g.a   2009年10月30日 16:33
日本のマンガ漬け環境ってスゴイから、子供の頃から無意識に学んでいるのだ。
57. Posted by 山野野衾   2009年10月30日 17:03
米49
>日本以外で写実という、固定概念に囚われていないのは南朝鮮。
なんだかんだで江戸時代の前も後も絵画文化で交流のあった「東洋画」の文化圏は分かっている気がしますね。
58. Posted by .   2009年10月30日 17:41
とある劇画タッチの漫画家が「どうしても藤子不二雄のような絵が描けない」と言ってたな。
線が少ない分ごまかしが効かないし、パーツが単純な分感情表現が難しいらしい。
59. Posted by    2009年10月30日 18:25
「絵が上手い」ってどういう意味なのかを考えちゃいますね。

>55
私はノコギリ山だなー。
60. Posted by     2009年10月30日 18:28
方法論とか原理原則に囚われているうちは漫画家としては学生さん。
先生と呼ばれるにふさわしい漫画家になる頃には経験の重みを知るだろう。
61. Posted by ttt   2009年10月30日 18:30
>22
お得意の違法視聴でしょ。
毎週翻訳してどっかに載せているんだろ。

それか日本に住んでいて日本語が読める外人か、海外在住で日本語版を取り寄せている外人か…
62. Posted by kamehameta   2009年10月30日 18:33
美術的に良い画と
漫画的に良い画は
必ずしも一致しないからな

まあ せめてデッサンの基本くらいは勉強しろよっていう下手くそな漫画家も多いが
63. Posted by あああ   2009年10月30日 19:06
藤原カムイのアシスタントをやってた杉浦守という漫画家は絵がリアル系でうまかったな
64. Posted by z   2009年10月30日 19:09
>62
おっと尾田栄一郎批判はそこまでだ
65. Posted by    2009年10月30日 19:15
最初から上手い漫画家は稀。
プロは仕事で一日中一年中何年も絵描くから上手くなる。
アマチュアは勤めとかでそれだけの絵を描く時間がとれないから
下手なまま。
描く絶対量という要因は大きい。
キャリア10年のプロのはしくれより。
66. Posted by     2009年10月30日 19:41
漫画力って言葉もあるからねえ
福本伸行はあんな変な絵でも面白いし、小山ゆうも上手い感じはしないけど、戦闘シーンはかっこいいし。
けど弐瓶勉とか沙村広明みたいに一枚絵で見せるタイプも漫画は面白いよね。
デッサンが上手くても自分が表現したいものを表現出来なければ意味はないよね。

67. Posted by    2009年10月30日 20:51
パッと見ヘタに見えても
見せたいものをちゃんと見せている無駄のない絵ってのもある。
またはどの構図・シーンでもぶれない絵ってのもある。
外国人は一概に下手と言いがちだが全然わかってないね
68. Posted by      2009年10月30日 22:04
そうそう、漫画の絵でなにより大事なのは
構図・コマ割りだよなあ
あるべき所に必要な要素が的確に置いてある。
そういうのが上手いマンガは読みやすいし、面白い。
69. Posted by     2009年10月30日 22:33
正直言って、絵の上手い下手って、よくわからない
デッサンとか構図とか何のことだか
でも無意識に感じてたりするのかなぁ
70. Posted by     2009年10月30日 23:02
漫画って、美術学校とかで学ぶタイプのとはちょっと違う気が。
日本画ってもともと平面的で色はのっぺりしてて(絵具の性質の問題)そこに線を入れていくんだよね。
西洋画って油絵で色を重ねていく。
モノクロの線画がメインになる漫画だと、西洋画的(油絵的)な能力が必要かというとそうでもないので、美術の定番の立体感とかパース取りとか無視しても、作風やストーリーによってはあんまり問題ないんだよね。
それでも、「できるけどやらない」人と、「できない」人の差は出るとは思うけど。

71. Posted by     2009年10月30日 23:22
『一ヶ月で一千万円儲ける方法教えます!』
そんなもん他人に教える暇があるならテメーで一千万円儲けろよ!
美術学校に限らず、講師というのは現実の現場で成果を出せない人のことだよ。
72. Posted by     2009年10月30日 23:29
サルでもかけるマンガ教室を読んで学びます
73. Posted by     2009年10月30日 23:30
型にはまる怖さとか、外国の人にはないんだろうか
日本人評を見てたりすると、そういう感覚、あるはずなんだけどなぁ・・・
74. Posted by あ   2009年10月31日 00:17
マンガで美術的な絵描けてもアレだよな〜
無個性っぽい感じになりそう

まぁ本か何かで多少デッサンは学んだ方が良いのかもしれないけどね。

それにしても、やっぱり外人には所謂『漫画的な絵』ってのが分からないのかな…?
75. Posted by     ああ   2009年10月31日 00:32
臼井は素晴らしく個性的ではあったが間違いなく下手でもあった
76. Posted by     2009年10月31日 00:33
外国のマンガは、美術を学んだ人しか描いてないのかな?
まあ、日本のマンガがはやりだした事で、それに影響受けてる人も多いから、10年後くらいには外国のマンガも変わってくるかもね
今でも台湾・韓国・タイなんかじゃ日本人と遜色ないくらい上手い人いるよね
77. Posted by     2009年10月31日 00:39
美大へ行っても絵はうまくならないよ。
大学は絵が上手くなるコツを教えてくれるところではない。
要は飽きるほどデッサンというのをやるんだよ。
それを個人でやるか学校でやるかの違いだけ。
更に言えば、それで絵が上手くなったにせよ
漫画家になれるかはまた別問題。
78. Posted by     2009年10月31日 00:54
長い連載で、一巻と十巻辺りを比べると
絵が全然違うってのはよくある事だけど、
リアルタイムで読んでれば、そんな気になるほどの物じゃない。

だが、グルグルは最終巻で有り得ないぐらい絵が変わってたから、
本気で、一体何が起こったのか理解できなかった。
79. Posted by うっ   2009年10月31日 00:55
「吼えろペン」だったかな。
漫画家が怪我して代理にアシスタントに描かせるかといわれて、「あいつらは絵がうまいから駄目だ」とか答えるのがあったな。
80. Posted by なまえはまだない   2009年10月31日 00:55
ヒロユキ先生こんな絵柄の時あったのか……
初めて知った
81. Posted by あああ   2009年10月31日 01:13
【マンガにおける絵が上手いとは?】

アメリカ人 → 写実的。デッサン重視。

日本人 → 物語に似合っている。勢い重視。
82. Posted by     2009年10月31日 01:19
むりやり美術方向にもってかなくても。
娯楽なんだし
83. Posted by     2009年10月31日 01:20
むしろ逆に海外のアニメーターとかってちゃんと美術を習ってるのかどうか気になる

アメリカとか3Dは凄いけど、2Dアニメは日本の同人レベルの作画ばっかじゃん
84. Posted by あいう   2009年10月31日 02:08
基本的に西洋人は美というものの基準が画一化されてて、そこにあてはまらないものは美でなないとする。
シンメトリーの庭とかの美しさとか正にそう。
完璧ということに価値を置く。
対して日本は、空間とのバランスに美しさを感じ、わびさびという情緒を愛する。
不完全さの中へ生を感じ、愛しさが生まれ、例え一つの美という基準を設けても、そこに当てはまらないものをあえて愛でたり、希少価値を見出したりする。
貧乳好きとかね。

西洋の人達の基準は良いか悪いかイエスかノーかではっきりしてて、不完全なものを愛でる感覚がないから絵の写実性で漫画も判断するのではないだろうか。
85. Posted by 名前   2009年10月31日 04:18
鳥山明は、専門学校言ってデザイン事務所で働いた後、持ち込みしながら漫画の修行してた。彼は、売れたというだけでなくあらゆる意味で伝説を残してるな…。普通に、アニメーター出身の漫画家は、絵が早いよな…。たぶん、一枚いくらの世界だから、早くないとマジで稼げないから、そういうことができるようになるんだと思う…。あと、漫画はストーリーとデッサン力の他に、構図とコマ割がうまいかどうかにも左右されるな…。
86. Posted by     2009年10月31日 04:25
漫画って物語やキャラの味が醍醐味だと思うのだが外人にはわからんのかな

美大や専門、アシとか関係なく日本の絵描きって気づいたら何かしら描いてるって人ばかりなんだよね
87. Posted by     2009年10月31日 04:25
マンガに必要な迫力や勢いのある絵の描き方を教えてくれるんなら美術学校に行ってもいいけど。
88. Posted by       2009年10月31日 04:58
実際に漫画家になる助けにはならないよ。小畑さんかフェリーペ・スミス(アメリカ人漫画家。PEEPO CHOO ピポチューなどを出版>訳者)くらい絵や原作が上手くないといけないから、賞をとるかコミケで編集者に発掘してもらうしかない。あるいは、漫画家のアシスタントになるか。



なんで誰もここを言わない?
89. Posted by     2009年10月31日 06:09
衛藤ヒロユキの絵の可愛らしさは異常。

美専出身って言うと水木しげるが有名かな。
90. Posted by .   2009年10月31日 06:40
コミケ発掘を期待するのはやめたほうがいいな。
エロ漫画誌くらいしかスカウトに来ない。

たまにコミケ出身の漫画家という売り込みをしてる人もいるが、実際はアルバイトでアシをやってた繋がりで漫画家になってるのが大半だから。
91. Posted by     2009年10月31日 07:44
絵は上手い下手ではなく個性だろ
92. Posted by あ   2009年10月31日 08:55
美大卒の漫画家って結構居るよね。
93. Posted by     2009年10月31日 09:05
「サイボーグじいちゃんG」のころからもう上手かったよ。話はつまんなかったが。
でも終盤のじいちゃん過去話は5.15事件ぽくてかっこいい
94. Posted by aaa   2009年10月31日 09:15
美術やデザインをしっかり学んでおくってのは漫画を描く上で大きな糧になるのは事実
必須ではないけどね
95. Posted by     2009年10月31日 11:28
ブラジルのサッカーが強いのと同じ理屈だな
幼少時からの環境が違う
96. Posted by    2009年10月31日 12:17
*18
劣化って・・・
外人さんと同じ了見だな
97. Posted by     2009年10月31日 13:07
抽象絵画は十分なデッサン力を持った上でそこから崩して描くものだから、マンガも当然そうだと思われるんじゃないかな。
98. Posted by     2009年10月31日 13:41
ロックミュージシャンは音楽学校に行くの?
99. Posted by a   2009年10月31日 14:36
>>97
学校に行くと崩し方まで教わっちゃうからな
そこは自力でやらなきゃダメだろと
100. Posted by     2009年10月31日 15:09
>>99
そういうことじゃないだろ
101. Posted by ん   2009年10月31日 15:12
18. Posted by わ 2009年10月30日 06:18
>小畑健さん←和月伸宏さん←尾田栄一郎さん
絵が劣化していくところにワロタw




釣りだよね?
個人的に尾田は歴代ジャンプ漫画家の中でも画力と個性を併せ持った漫画家の一人だと思ってる…
102. Posted by     2009年10月31日 15:18
美大出の漫画家の漫画読むと、絵の上手さが絵の魅力に繋がるとは必ずしも限らないんだって良く分かる
103. Posted by     2009年10月31日 15:20
>ギャグ漫画には絵が「気の毒」な人もいるよね。クレヨンしんちゃんとか。

全然そんな風に思えない。大抵の外国人イラストレーターの方が酷い部類に入ると思う。
104. Posted by     2009年10月31日 15:41
>ギャグ漫画には絵が「気の毒」な人もいるよね。クレヨンしんちゃんとか。
この意見にツッコミが入らないのは子供ばかりの板だからという可能性はないの?
大人も外人はこんな感じなの?
105. Posted by     2009年10月31日 15:54
>>104
というか全部で11個しかコメントつかなかったエントリだからな・・・。
バクマンファンのコミュニティで投下されたからということもあるだろうし。
106. Posted by モキュー   2009年10月31日 16:04
漫画は絵が上手いだけじゃどうしようもないです。より面白いストーリーを考え世界観をどう絵で表現していくか発想力の問題です。

人それぞれ好みがありますが、漫画の売り上げから今日本人に多く共感されているは漫画家は尾田栄一郎先先。この人は凄い漫画家です。しかし漫画界をここまで大きく成長させたのはトキワ荘の漫画家手塚治虫先生たちです。この人たちなくして今の漫画家たちはいません。漫画を絵だけで評価するのはこの人たちへの侮辱しているように思えます。
107. Posted by     2009年10月31日 16:12
好みがあると前提した上でも、日本人の多くに共感されている漫画家は尾田栄一郎と言い切ってしまうのは勘弁してほしい・・・。
108. Posted by モキュー   2009年10月31日 16:40
107>
失礼しました。そうですね。売れているからそういうわけでもありませんね。
109. Posted by あ   2009年10月31日 16:41
でも絵に個性があるってのが必ずしも良いこととは限らないんだよな。
流行に合わせて絵柄を変えることが難しいから、その時代に合わなくなったら終わり。
個性が強い人が無理に変えようとすると、アメコミ作家が描いた漫画みたいな中途半端な絵になる。
110. Posted by     2009年10月31日 17:23
>>8
いやサウスパークとか見ろよw
あんたの欧米ってものすごい偏見だわ。
つかくくって語るなw
111. Posted by     2009年10月31日 17:52
美大出身者はかなり多い。

ただ、有名、美大芸大でない奴らはそれを隠しているだけ。
大抵の大学は入試にデッサンなどの実技試験があるから、大学がばれるだけで18歳あたりのデッサン力がばれてしまうからなw
112. Posted by .   2009年10月31日 18:18
過去の下手な絵を隠すためってのはおかしくないか?
ファンブックで昔の絵を公開してる漫画家は大勢いるぞ
113. Posted by アル   2009年10月31日 18:51
藤原カムイと杉浦守の絵は 藤原カムイがコミカルな絵で杉浦守はリアル系だったな 
杉浦さんは元アニメーターだったけ?
114. Posted by スラ   2009年10月31日 20:09
>外国のマンガは、美術を学んだ人しか描いてないのかな?
多分そうだよ。
いわゆるカートゥーン系の絵でもよく見たらキチッと描いてあって
逆に日本漫画では絵が上手いと言われてる人でも結構ごまかしとか逃げがあったりする、らしい。
知人の受け売りですが、美大とか行ってなきゃ分からない部分があるようだ。
まあ連載という時間的制約があるからしょうがない面もあるんだろう。
115. Posted by a   2009年10月31日 20:57
日本のマンガは漫画家(プロ)+アシスタント(アマ)数人で作ってるけど、
アメリカやフランスのコミックはプロ数人で作ってるからな。
116. Posted by     2009年10月31日 21:45
アメリカでもスヌーピーで有名なピーナッツとか、ヘタウマ的な絵もあるじゃん。フランスも日本では知られてないけど、崩してる絵はある。どこでも4コマ漫画や、それに近い漫画ほどヘタウマはOKで、日本だけ長編漫画でもデッサン崩れてもOKな印象。
117. Posted by     2009年10月31日 23:03
美大つっても漫画専門の学科でなきゃ漫画は勉強できないだろう
それにたとえ漫画専門の学科が出来たとしても、教師が一流でなきゃ意味が無い
売れっ子漫画家に美大で教える暇があるとは思えないし
結局学科ができても学べるのはデッサンと絵作りの基礎ぐらいになりそう
そう考えると独学か代アニで十分な気もする
118. Posted by    2009年11月01日 00:31
ニコ動だけど、ドラゴンボールの画像集載せとく

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm5457323
119. Posted by たき   2009年11月01日 07:19
最近は大学でも漫画を教える時代だし、竹宮恵子とかが講師やってたりする。
まあ、それでメジャーな作家が出来るかは別問題。
所詮は感覚とセンスの世界だし。

美大出身のアニメーターは結構いる。
美大出ても、そのスキルいかせる就職先って少ないんだよ…
120. Posted by     2009年11月01日 08:21
絵が上手い人って日本には腐るほどおるね。
自分のスタイルを確立させるのがその何倍も難しい・・・
121. Posted by    2009年11月01日 12:16
こういうアホな既成概念に取り憑かれてるからアメコミヒーローは“解剖学的に正しい”体型と顔立ちのキャラばかりになっちゃうんだろうね。漫画は実写映画の代用品じゃないのに…
122. Posted by Posted   2009年11月01日 12:20
藤原カムイの絵はほのぼのとして好きだなあ
123. Posted by a   2009年11月01日 18:13
学校に行かないと駄目なら、ギリシャとかの古代人の芸術を完全否定しないとね。

現代美術の停滞は学校で個性を殺されているためだと思う。
124. Posted by manga   2009年11月01日 18:45
手塚治虫がなぜあの絵でマンガの神様と呼ばれているか、米国人は考えたことがあるのだろうか。水木しげるにしても、石森章太郎にしても横山光輝にしても、永井豪にしてもそうだが。

手塚先生曰く、マンガで重要なのが4コマ(起承転結)とアイデア。
絵は数をこなせばほっといても上達する。
125. Posted by     2009年11月01日 19:12
クレヨンしんちゃんが劇画風だったら逆に面白いかもしれない
126. Posted by あ   2009年11月01日 20:09
アニメだったら劇画タッチの回があったな
爆笑物だったがなぜかホラーチック
127. Posted by     2009年11月01日 20:19
>>123
お前は現代美術の何を知ってるんだ?美術学校でどんなことを教えられるか知りもしないで適当なこと言ってねーか?

>>124
なぜ米国人と特定する?
128. Posted by red   2009年11月02日 00:49
HENTAIや萌えは学校じゃ教えてくれないしな
129. Posted by     2009年11月02日 01:04
※124
あの絵で、って下手糞って事?
別にあの絵は下手に見えないんだけどな、崩してるだけで。
米国だろうと、どこだろうと崩してる絵は良くあるじゃん。
てか手塚は絵が上手いって言われる人だしさあ。
俺の知ってる限り、手塚と水木は元々デッサンが上手いし(昔に書いたヤツ残ってる)
ちょっと見当外れじゃないかい?
130. Posted by     2009年11月02日 01:07
※123
日本ではその傾向があるらしいね。
日本の学校はとにかくデッサン重視だと批判されてるのを見た。
けど海外ではそんな事は無いという話だよ。
日本は逆に漫画がデッサンの上手さが重要じゃないってのが面白いね。
131. Posted by     2009年11月02日 06:11
絵が上手い方が売れるなら簡単でいいんだが
そうでもないから面白い
ギャグ漫画なんかに顕著だけど
上手いとかえってダメな場合もあるしな
132. Posted by 乗り遅れ   2009年11月02日 10:29
「ゲルニカ」とか一般人の美的感覚から外れてても、その一般人の心にさえ訴えかける絵を描いたピカソみたいなもんだろ漫画も
ピカソも実はすげー絵うまいし
まぁ漫画はあんな高尚なもんじゃないが(庶民の手に届く的な意味で)自分の『描き方』を知ってるってことは一緒じゃねーか?
その『描き方』に辿りつくまでが人によって様々で、美術学校で本格的にアート学んでみたり、独学でたどり着いちゃったりするもんだと思う
133. Posted by     2009年11月02日 10:30
バイク書かせると漫画家の画力がもろに出るから面白い。

それが漫画の優劣には決して直結しないけどな。
134. Posted by HTV乙!   2009年11月02日 13:24
>>ギャグ漫画には絵が「気の毒」な人もいるよね。クレヨンしんちゃんとか。

日本でも時々こういうことを言う人いるけど、
レンブラント>ルノワールじゃないからねぇ。
うまい下手ではなく、作風の違いだということを理解しないと・・・
135. Posted by    2009年11月02日 13:56
外国では音大出じゃないと
ロックバンド組めないとかあるのだろうか
136. Posted by キャラの記号化   2009年11月02日 14:49
>なぜ米国人と特定する?
絵が下手だから面白くないと言うのは絶対米国人だから。          
最近の米国映画は特にそんな感じ。ただ画面を作るだけにものすごい金を掛ける。

その辺が米国文化の限界に思える。

>あの絵
文字化もしくは記号化された絵。
手塚絵は上手下手以前に本人がマンガの絵は記号だと言い切っている。だから同じ顔のキャラが違う作品に登場するスターシステムがある。
最近はデジタル化でキャラすらも3Dで簡単に処理できる可能性が出てきた。
そうなると、以前に比べて絵のうまさはあまり意味が無くなる。すでにバイクのマンガ用3D素材は出ている。

今後マンガにとって絵は小説の文字程度の役割しかならないのかもしれない。文字をいくらきれいに書いても、小説の内容が良くなるとは限らない。



137. Posted by     2009年11月02日 14:56
漫画の絵は、デッサンよりも、美麗さよりも、オリジナリティと作風にあった形が、漫画絵の良し悪し。
なので草の根雑草的な方が、多様的面は育ちやすい。

自力でも、どこかで絵の描き方の基礎を身につけてからでも、結局漫画にするには、学校を出たとか絵が綺麗だとか、そんな事よりそれ以外の時間と経験・対応力が重要な気がする。

絵だけが重視のイラストレーターだったとしても、学校の課題で描くようなハンコな絵だけじゃ、活躍幅限定されるだろうし、かぶるだろう。
138. Posted by     2009年11月02日 16:41
※136
記号化された絵はディズニーがやってて、手塚はそれを参考にしたんだがねえ。
139. Posted by ぬるっちゃ   2009年11月02日 19:38
クレしんは味が有るとは思うけど、下手と感じた事はないなぁ…
140. Posted by       2009年11月02日 23:45
自分は漫画家であって画家じゃないんだから、絵は下手でもいいんだもーん!
って言ったのってジュビロさんだっけ。
141. Posted by .   2009年11月03日 03:02
ここにアメリカのアマゾンでのクレヨンしんちゃん原作のレビューがあるけど
http://www.amazon.com/Crayon-Shinchan-Reissue/product-reviews/140121715X/ref=cm_cr_dp_all_helpful?ie=UTF8&coliid=&showViewpoints=1&colid=&sortBy=bySubmissionDateDescending

I love Shin chan, the anime. The manga is great
This manga is great.
アメリカにも熱心なファンがいるみたいだ
142. Posted by 。   2009年11月03日 09:45
日本の漫画は小説の亜種みたいなもんだから、絵よりも物語なんだろな。その点、アメコミはアニメや映画を絵に落とし込むような手法だから、絵が上手くないと話にならないんだろね。
143. Posted by どどん   2009年11月03日 14:40
マンガは何つってもアイディア、あと魅力的なキャラが描けるかどうかだね。それとプロで通用するためには一定以上のネームの技術力が必要。絵柄なんてものは、描いているうちに勝手にアップしていくものだから、本質的に気にしてない編集者の人も多いね。
まあ萌え系だと絵柄のみみたいなのでデビューしちゃう人もいるけど。でも最近は絵だけっていう人も多いからなあ…アイディアとかストーリーとかは、編集側で何とかしちゃう、みたいな。
144. Posted by nan   2009年11月03日 15:42
てか。この※欄で

・プロ漫画家、もしくはそのアシスタント、もしくはその経験者
・漫画編集者、もしくはその経験者

もし居たら挙手。

ホントに漫画業界そうなっているのか
ちょっと心配になってきた(笑
145. Posted by Posted   2009年11月03日 18:12
リアル系とかコミカルな画風とかあるね 
浦沢直樹とか杉浦守とか
146. Posted by 漫「画」はストーリー(笑)   2009年11月03日 20:53
 非美大出の絵ってすぐわかる。
良い、悪いの二種類ある。
 後者は「美大卒」という絵の専業者を表すステータスが無いから、アカデミーにコンプレックスがある。
美術のカーストの真ん中にある「馬鹿にもわかるから有名になった」絵を適当になぞった形跡に、それが表れてる。
非常に画一的でわかりやすい。
 精神薄弱者からはちょっと進んだ人として持ち上げられ、インテリからは半端者の卑屈な臭いを嗅ぎつけられて嫌悪される。
 上記を克服した美大絵と張り合える、個性のある独学絵は本当に少ない。多分漫画界にはいない。
だから今の美術界では美大に行く事を推奨される。
147. Posted by     2009年11月03日 21:26
海外は所謂、図画工作の授業でも相当気合い入れて教えてるからなぁ。
芸術・体育だけでなく、学校の授業自体がトップアマやプロの卵を見つける為に行われている節がある。
148. Posted by     2009年11月03日 23:28
クレヨンしんちゃんの絵は上手いと思うけどなぁ
リアルではないが
149. Posted by テコンダー朴   2009年11月04日 10:59
「手塚。。。 横山・・・ 鳥山・・・ CLANP・・・ 

あらゆる日本漫画家の源流は
その全てが韓国起源

 マンファ半万年の歴史を知らぬ
無識なチョッパリ(日本人野郎)よ・・・・」
150. Posted by     2009年11月04日 12:16
                             |
                             |
      ∩___∩             |
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((  | プラプラ
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)   J  ))
    彡、   |∪|  ノ
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ
151. Posted by     2009年11月04日 12:17
やべズレまくった
152. Posted by     2009年11月04日 14:51
(デビューするのに)上手い下手は関係なくは無いけど、本人が下手だから下手な絵を描いてる訳じゃない場合もある。
って漫画家の親戚が言ってた。
担当の人に注文を付けられるんだと。もっと単純に、とか、むしろ粗く〜とか。元々同人から入った人なんだけど明らかに二次の時のが描写も画も上手い。
何て云うのか……上手くても、個性が大事だって言われても、まず売れなきゃダメな訳だから、尊重されるかどうかはまた別なんじゃないかと思う。
多かれ少なかれ、出版社側のニーズに応えなきゃやってけないみたいだよ。
153. Posted by    2009年11月04日 14:55
ここまで桂正和の話題なし…
154. Posted by ken kan   2009年11月04日 15:12
朝鮮人は息をはくようにウソをつく・・・。

ウソも100回言えば真実となる・・・。

これ朝鮮のことわざ。実際あらゆることをこれ

にあてはめ実行するのが朝鮮文化。

中国と日本を馬鹿にするくせに世界に認めら

ている日本文化や中国文化の起源を主張す

る・・・。

日本文化や中国文化盗まなくても朝鮮独自の物もあるだろうに、そっちだけを世界に誇っていったら少しは他国の見る目も違うのに、
ばかだよね。こいつら逆に本当に、自国に対しての誇りなんか無いと思うよ。

それに増しても無知なうえに恥を知らないから
世界から軽蔑され馬鹿にされるんだよ。
なんか・・ほんとに吐きが気する、
こうゆう事平気で主張し実行するこの民族の
卑しさに!
この韓国朝鮮人の狂った主張が世界に知れ渡って韓国が嘲笑されはじめている。

ずれた発言悪い・・だがあの起源主張に切れてしまった・・。
155. Posted by     2009年11月04日 20:01
あんなのに釣られるヤツいるんだな
156. Posted by nan   2009年11月05日 11:09
てか、マッチポンプじゃないの?

話題のひきだしがそれしかないから
どこでもその話をしたいんだろう。
157. Posted by カッパッパ   2009年11月06日 00:20
http://storage.kanshin.com/free/img_46/464166/k708205994.jpg
このイラストは安野モヨコの叔父さんのもの。
ちなみに美術学校出の漫画家さんです。
うまいかヘタかはしらんけど、僕は好きだな。
漫画ってもともとこんな感じじゃない?
デェフォルメの感じが。
逆にCGとかまで使ってあんまりリアルなのはキモいと思うかも。
158. Posted by 釣りかな?   2009年11月06日 02:35
とりあえず、※146からすごいコンプレックス臭がw

美大出るとこういう風に脳みそ固まるからダメなんだろうな
159. Posted by n(r   2009年11月06日 11:58
つーかそもそも、

「俺の作品に必要なものは、
パースの整ったリアルなビジュアルだ」
とか

「俺は西洋印象派的なアプローチで
カラー作品を創っていくんだ」
的な、

つまり自分の目標とする作品に必要な
技術とか知識とか求めて、
美大なり専門学校なりに行く物では?

…そんな人いないて?w


160. Posted by     2009年11月07日 05:13
写実的であることから外れると辛い時代になったと思う。
というのも、加算的ではなくデフォルメなどの減算的な創作方法はネタの新鮮さが命であるため新鮮さが尽きれば終わりという有限性がある。
分かりやすい例でいえば、ゲーム。
マシンスペックがしょぼい時代はうまく情報を減らす技法、デフォルメが有用であり、それをうまくこなせる日本産ゲームが市場を席巻していた。
が、しかし、マシンスペック向上にともないどのようなことも表現可能な時代に突入すると、写実性を重視してきた洋ゲーがどうしても目立つ存在になってしまった。

漫画アニメも、大量に作られた昨今、すでに新しいネタは頭打ち。こうなると王道回帰やむなしとなるわけだが、ネタでの新鮮さで勝負できない状況ではより単純な評価基準が優位を分ける。

今の時代、ベタな話を真正面から説得力を持たせて描写できる作家が何人いるだろうか。
デッサン云々には美術学校というものに対するコンプレックスが介在しているにせよ、そういった基礎をあまりにも無視し過ぎている傾向にはあるように思う。
161. Posted by 地球市民   2009年11月07日 09:45
私はいわゆる在日外国人ですが、最近の日本の右傾化には恐怖さえ感じます。
そんなに外国人が嫌いなら日王(日本人は天皇と呼んでいるみたいですが)と日の丸と君が代をもって
日本から出て行き、遠くの無人島で日本人同士で戦争し、殺しあうべきなのです。
ここは私たちの住む国です、私たちが嫌いならあなたが出て行くのが道理なのです。
私たちの住む国のことを私たちが決定できるようにしてくれる
民主党が悪い日本人を粛清し、日本がよりいっそう過去の反省を強め北東アジアに貢献するためにも、
あなた方は
民主党を支持しなくてはいけないのです
162. Posted by     2009年11月07日 10:09
                          |
                           |
       ∩___∩             |
    | ノ  _,  ,_ ヽ        ((  | プラプラ
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)   J  ))
    彡、   |∪|  ノ
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ
163. Posted by     2009年11月07日 10:10
やっぱりズレるな
164. Posted by こち亀がざわざわしたそうです   2009年11月07日 11:13
両津「なんだと!?鉄骨を渡るだけで2000万円くれるのか!?」

両津「電流が流れてるだと?よし、逆立ちで渡りきったら倍の2000万よこせ!」  
 
両津「ゲフッ…落ちても戻って来たぜ…」  
 

両津「しま!ギャア!(ビリビリ!!)うわぁぁ・・・」  
   
   
   
   
  ヒュー・・・ガン!!  
   
  両津「ぐぬぬぬ・・・くそ〜・・・ワシは諦めんぞ!!ぬおおおおおおぉぉ1000万よこせええええ!!」  
   
  利根川「し・・・信じられん・・・ビルを登ってる・・・」  
   
黒服「利根川さん!両津が渡りきりそうです!!」  
  利根川「あわてるな、大原氏をここへお連れしろ」  
   
  部長「コラ、両津ッ!またギャンブルに手を出しおって!!」  
  両津「げぇ、ぶ、部長〜」  
 

165. Posted by    2009年11月07日 11:21
何でこんな個人のブログに半島気違いが湧いてるの?
本当にどこでも口を突っ込む奴らだなぁ…
頼むから半島内だけで、起源主張でも強姦でも好きなだけやっててくれ。
166. Posted by     2009年11月07日 14:08
>「バクマン」を読んで気になったんだけど、主人公はアートの授業を受けてた事がないよね?
>漫画家はそういう授業を取らなくてもいいの?彼のおじさんも絵が下手だったらしいけど、美術学校へ行けば良かったんじゃない?学費の問題とかあったのかな。

小学生みたいな質問だ。
学校に行けない=お金がないの?
学校に行く=スキルが身につく=上手くなる=漫画家になれる
人生設計で迷うとか、紆余曲折経て漫画家になっちゃった、とか少しも思いつかないんだろうな。
167. Posted by     2009年11月07日 20:11
※165
コピペだよ。
168. Posted by 編集部が漫画家を囲い込む為ってのもあるよな   2009年11月08日 01:00
連載が長いと単行本読み返す時、別人かと思えるほど絵が違う作品って結構多いね。
あと連載中にアニメ化して、アニメのデザインに引きずられる感じで、画風の変わった人もいる。

でも、作画が微妙でも物語で引き込まれて、絵など気にならなくなる漫画とかもあるから。とりあえず絵だけで判断するのは、良作を見逃す可能性があるよー。
169. Posted by     2009年11月08日 12:47
日本は昔から、デッサンじゃなくて書き方重視の癖があるんだけど
デッサンができて、それから崩すのだけが絵の道というわけでもなかろうに
170. Posted by      2009年11月09日 07:06
漫画はアカデミックな形式にとらわれないからここまで成長したんだろうな
171. Posted by q   2009年11月09日 19:34
韓国の作家でデフォルメしまくったマンガは見たこと無い。
きれいに描くけどその辺に違和感を感じる。
172. Posted by のぶ   2009年11月10日 18:43
外人は型にはまりすぎ!とかいってるやつ多いが日本人は日本人で「型にはまらなくていい」「絵に上手いも下手もない」とかへ理屈言って逃げてるよね。
新人漫画家とかでも漫画の模写しかしてないんだろうなって奴が五万といる。そういう奴の絵は空気感も質感も無い。客観的な視野が無くて無意識な思い込みや感情の起伏で線がゆがみまくり。おまけに「それが面白いんだ!」とか蔵人ぶって言い張りやがる。「上手くてまともな絵」とやらを描いたこともないくせに、「上手くてまともな絵は誰でも描けるからね」などと抜かす始末。
結果どうだ?今の新人漫画家の絵のレベルはひどいだろ。顔は福笑い、体の比率は異常な上に場面によってころころ変わり、立体感は無く説明的で味が無いばっかりだ。中には人体をうやむやな思い込みで描いていて、このキャラ骨があるの?というのもちらほら。
その癖個性があるかといわれるとそうでもない。むしろ一つの流行にどっぷりとつかるタイプ。「萌え絵の描き方」なんて本が出るんだからなw一つのコンテキストができてしまえばあとはそれをロボットのように忠実に従うだけ…。画風とは名ばかりで、ただバリエーションが偏ってるだけだったり下手糞なだけだったりもする。
理屈はえらそうに振り回すが、感性も技術も追いついていないのが日本の漫画家じゃねえの?
一つの画風にはまるのが怖くないのか、なんていってる奴がいるが、アメコミも日本漫画もかわんねーよwむしろアメコミのほうが屋台骨がしっかりしてる分絵の質は高い。
そういや最近キモヲタの絵の大会があったので見に行ったらひどいレベルだったなw
173. Posted by    2009年11月12日 08:07
長文な上にキモイ文章だな
どんだけ上から目線なんだお前
174. Posted by n   2009年11月12日 16:33
しかし屋台骨がしっかりしていて質の高い
絵をこっちの読者は喜ばない。

デッサンのなってない萌え絵とか
絵なんかより話が面白いとか、
そんな作品の方が人気あったりもする。
しょっちゅう休む上に真っ白な鉛筆原稿でも
人気作家とか、心当たりあるだろ。

ただし、質の高い絵を描けるに越したこと
はないけどな。その方が表現上の選択肢も
増えるし、武器にもなる。

漫画家歴が何十年のオーダーで、
センスは古くなったがまだ読者がいて
連載を持っている人ってのは絵の技術でも
確かな人が多い…


…ように思うけどな(おい
175. Posted by     2009年11月13日 08:18
もこな氏は精華出じゃなかったっけ?
まあ、CLAMPの作画は一人じゃないけどな。
176. Posted by     2009年11月23日 19:06
>ギャグ漫画には絵が「気の毒」な人もいるよね。クレヨンしんちゃんとか。CLAMPとかに描かせたらどうなるんだろう。

これが、ガイジンの限界。



177. Posted by nan   2009年11月23日 20:37
>これが、ガイジンの限界。

全ての日本人が、このレベルの発言を
することは決してないと、言い切れるならの
話だがね。
178. Posted by     2009年11月23日 22:22
>117
漫画好きな日本人の場合、同じ発言でも、主人公が幼稚園児なんだから作品として成立しているという認識の上で、見る側の好き嫌いとか、好みでないって意味合いで言うんじゃないか?
クレヨンしんちゃんは主人公が五歳児なのは当然知られてる事だし、小さい子供がターゲットの作品だっていうのは見る側も認知してる。
言ったら絵本の絵みたいなもので、上手い下手って認識とは違うと思う。

でも漫画がそう好きじゃない(興味が無い)日本人もいる訳だから、似た様な発言をする人もいると思うな、普通に。
179. Posted by     2009年12月10日 03:08
絵がうまくても漫画うまく描けないとね

衛藤ヒロユキ懐かしいw
180. Posted by    2009年12月13日 03:26
カイジは額がとんがって無かったら
もっと早く見てたな。画力以外が天才
だったからあんだけ面白い漫画が書けたんだろう。不思議な事にもうあの絵じゃないと駄目だ
181. Posted by     2009年12月19日 23:15
>>172
じゃあその絵の上手いアメコミだけを人は読んで、絵の下手な日本漫画を読むやつは誰もいないはずだろ。
日本漫画は売れているが、それは人々が画質本位で漫画を選んではいないということだろ。
このことから漫画を読むやつは誰もが画質以外の部分に注目してるとわかるわけだろ。
絵は読むものにわかりやすくするための説明ぐらいの意味しか持っていないな。
画質だけに興味があるなら画集でも買って眺めとけ。
大体どのコマも執拗丁寧に書き込まれたら、目が疲れるんだよ。
キャンバスの一枚画のように書き込まれた一つ一つのコマを想像してごらん?
完成度は高くなるが読んでて疲れるんだよ。肩こるだろ。テンポとノリが生きなくなるし。
ヘタウマでも作中にテンポとノリが生きてればいい。


182. Posted by     2009年12月19日 23:24
それと人間の心理として
つまらない話でヘタウマ絵だったら
「なんだこの絵(プ」
で終わって捨てられるところだが
魅力的な話の場合
「この絵も味があるじゃん・・・この話にはこの絵じゃなきゃだめだな・・・」
と評価が変わってくるんだよ。
ようするにどんな絵でも好きになられたら魅力的な絵に変わる。
上手い絵だろうが、好きになられなかったら「ふーん」で終わる。
もしアメコミのほうが日本漫画の絵より質がいいのに日本漫画より売れない!という事態が発生したら、
それは話の部分に問題があるんだろ・・・。
183. Posted by 犬   2010年01月10日 14:35
ラッキーマン超好き。
今でも一番大事な漫画。
ところで坂田靖子という漫画家がグルグルの作者に近い進化をしてるよね。
断然今の作画のが好き!
184. Posted by     2010年02月08日 21:13
CLAMP絵柄のくれしん想像したら吹いたww
これはこれで…ゴクリ
185. Posted by 名無し   2010年02月20日 11:52
海外の人と話してると、アニメに登場する部活動というものがすごい興味深いらしい
あっちは学校が部活動に入れたりがあまり無いって言ってた
まぁ国によっても違うんだろうけど

だから、音楽やりたいとかスポーツやりたいっていうと
自分でお金払ってスポーツクラブ行ったり専門の先生に習いに行ったりするらしくて
そこまでじゃないけど部活で軽く趣味の活動を学校でやってみよう…
なんていうのが無いらしい
だから、趣味は○○ですっていうと大体ちゃんとお金払って習いに行ってる趣味の事で
独学で趣味やってるとか、独学でその道のプロになるというのがピンと来ないんだろう

絵を描く人=専門の美術教育を受けた人
音楽をやる人=専門の音楽教育を受けた人
って感じで、一般の専門じゃないけど趣味で○○をやってる層ってのが
薄いんだと思う
186. Posted by     2010年02月25日 17:42
ガイジンでひとくくりにしてる時点でここの日本人のほうが型にはまってるな
上手さより個性とか言ってるやつも負け惜しみにしか聞こえない
187. Posted by 最下層キモオタの皆さんへ   2010年03月11日 18:41
なんというか、皆絵描きを「イメージ具象化マシン」みたいに考えてるんだね。
読者も美大言ったほうがいいと思うよ。そして「フロンガスとプロパンガスを描き分ける方法」を身に付けてから絵について語って欲しい。
そういう不可能を可能にしていくのが芸術の本質だから。
188. Posted by ゆああ   2011年09月01日 14:38
やあ
189. Posted by ニホンジンガー   2011年12月06日 20:36
外人と言っても害人とかガイジンとか沢山のジャンルが有るよね。日本はガイジンのワンパターンな差別云々だとかノイズは気にせずに日本人のやりやすいようにやっていれば良いし西洋の型にはまったガチガチな固定概念に束縛されない方が今まで通り創造性に富んだ芸術を生み出していくと思う。
190. Posted by 噂の名無しさん   2012年04月22日 11:24
クレヨンしんちゃんは日本版のピーナッツを目指したんだと思うよ
チャールズ・M・シュルツの描き方に似てる
フランス、ドイツを除いたアメリカとヨーロッパ圏のアーティストや漫画家はいかに定石をハイレベルでこなせるかだけで、独自の手法を持ってなくても活躍できてしまう
Pixivの上手いだけの連中と同レベル
191. Posted by 名無しさん   2012年04月22日 14:45
こんな一般読者のふとした疑問でガイジンひとくくりにすんなやww
海外でも独学でコミックアーチストになったやつなんざいくらでもいるわ。
アメコミだってデッサンしっかりした上手い人もいれば、酷い絵描くやつもいっぱい。日本より狭き門だから生き残れるのは上手い人ばかりになっちゃうけど。

あと、バクマンは英語版コミックはハイペースで刊行されてて、売れ筋トップ10に入るくらい人気あるよ。日本の漫画作家の物語だから興味ある人多いようだね。
192. Posted by     2012年04月22日 21:05
キャプテン翼って、デッサンについては昔も今も狂いっぱなしってことか。
193. Posted by    2012年04月23日 20:11
キャプ翼が狂ってるのはデッサンだけじゃないけどな
194. Posted by 魔王に恋する名無しさん   2012年07月02日 20:41
なんでこの系の話題って、お互いの文化的事情をよく調べもせずに、上から目線で「これだからガイジンは〜w」みたいな言い方するバカが多いのかなあ。
195. Posted by ¨絵だけ¨上手い奴(無個性)なんざゴマンと居る   2014年11月05日 01:51
美大卒でデッサン出来て模写が凄く上手くても、模倣は模倣で¨無個性¨だから。
美術学校出れば勿論ハイクオリティな完成度の高い絵を描けるけど、美術学校卒業しても必ずしも漫画家デビューは出来ないからね。
196. Posted by あれ? 美大って5つくらいしかない   2016年08月08日 17:10
159さんは どこ出身なの?
5美大?
197. Posted by らんらんらー   2016年08月08日 17:10
間違えた。
195さんはどこ出身?
気になる。
198. Posted by 美大   2016年08月08日 17:11
美大は5つしかないぞー
199. Posted by あなまにまたかなみまなら   2016年08月08日 17:12
模写はあんまり好きじゃない。
200. Posted by あ   2016年08月08日 17:13
あかさたまにかなまなはやなはまかはまかまやにたなやなさな




儲かればいいじゃない?!なたやはまはたざらざさまはま、まざ
201. Posted by あかさたな   2016年08月08日 17:14
みんな働こうね

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon