2010年09月02日

海外ゲーマーが語る「洋ゲーの音楽はドライだと日本のゲーム作曲家が言ってる」

(2009年の7月頃にファミ通で「いとうけいすけ、佐野信義、光吉猛修、中村隆行、庄司英徳、細江慎治、甲田雅人」の方々がゲーム音楽について話した記事が発端です)

佐野「FPS系のゲームは音楽にオーケストラを雇ったり、もの凄く予算をかけますね」
いとう「私もクライアントからハリウッド映画みたいな音楽をよく依頼されます」
佐野「彼らは基本的に映画を作るみたいにゲームを作るので予算もしっかりかけるんですよ。羨ましい!」
光吉「皆さんは仕事する時に西洋ゲームの音楽の事を考えたりします?正直、私は特に考えませんね」
佐野「日本人の観点で聞くと、あっちのゲーム音楽ってかなり映画で聞く音楽に近いですよね」
庄司「雰囲気を作るって意味ではすばらしい仕事をしてますけど、忘れがたいメロディは見かけませんね。甲田さんのモンスタハンターみたいに」
佐野「あれがモンスターハンターの良い所ですよね。音楽に温かみがあって。ハリウッド調のオーケストラは私の中ではかなりドライに聞こえます」
庄司「ホラー映画をよく見ますけど、ハリウッドがリメイクした日本ホラーも私にはかなりドライな感じで、あれと似てるかも」
中村「たくさん予算を賭けて技術的にも成功してるんですけど、それで良い音楽ができるわけでもないんですよね」
坂本「効果音はどう思います?」
細江「アメリカだと録音用に戦車を借りたりしてますけど、あれは日本じゃできませんね」
佐野「カプコンはそういう部分にかなりこだわってますよね」
甲田「私達は録音するために時々ハリウッドに行きます。デビルメイクライの時は射撃の音を取るために何百メートルも離れた場所にマイクをつけたり」
佐野「そういう事を出来るのがカプコンの隠れた強みですよ。そういうの聞くともう一回バブルの頃みたくなれって思います!」
光吉「財布が厳しくなるほどやりたい事が増えますよね。出来ないのに。もう一回バブルになれば忙しくなるかも」
佐野「お金の使い方なら若い世代より私達の方が知ってますからね。そういう日が来れば西洋の市場ももう少し意識できるんですけど」


・確かにマリオの音楽は忘れようがない。日本のゲームはカートゥン寄りになって、西洋ゲームは大人寄りになるから、それぞれ音楽のタイプも違うんだろう。

・ハードが改良される毎に音楽は劣化してるね。デジタル化したおかげでリアルにはなってるけど、ゲーム音楽にリアルはいらない。

・オーケストラ調の音楽は私も嫌い。でも日本だってよくやるよね?

・西洋は環境音楽や伴奏音楽になる傾向がある。

・モンスターハンターの音楽は本当に良い!日本以外だと人気ないけど、音楽のせいじゃないのは確か。

・こっちの音楽がハリウッド調でドライってのは文化的な偏見だよ。Haloやoblivionの音楽は素晴らしい。

・無知と傲慢にあふれた連中だ。

・奴らは西洋のものは何でも嫌いなんだよ。

・公平な意見だろう?西洋のサントラでジングルベルみたく口笛を吹ける曲がいくつある?サウンドトラック集めが趣味だけど、過去5年間はどのゲームもハリウッド調の傾向があってJohn Williamsみたいな作曲家を追いかけるものばかりだ。おかげで西洋より日本ゲームの音楽を買う事が増えた。光吉さんの「技術的な偉業が良い音楽を生むわけじゃない」が的を射てる。「Halo」は忘れがたい音楽だったけどメインテーマだけが傑出してる感じ。日本はメロディ全体に焦点を当ててる。これは予算が少ないせいかは知らないけど。

・なぜ近藤浩治さんが出席してない?忘れがたいメロディの例として最適だろう。

・bioshock, mass effect, halo, half-life, fable, jade empire, oblivion and fallout 3。どれも音楽は素晴らしいと思うよ。

・ここでいうDRYってどういう意味なんだろう?

・日本も最近のゲームは良い音楽がないんでは?クロノトリガーや昔のFFは今でも覚えてるけど。

・音楽って基本的にすぐ忘れるのに予算かけすぎ。

・私はあまり日本のゲーム音楽に魅力を感じないけど、これは私がアメリカ人って事と関係あるだろう。

・日本でも過去の名曲をコピペしたような曲は多いでしょ?でも、西洋よりゲームが変化に富んでるのは確かだ。だから日本の方が一歩前にいると思う。結局、酷い音楽がゲームを台無しにする事はないけど、酷いゲームはどれだけ良い音楽があっても救えない。

・西洋にも例外的に良い曲はあるけど、日本のゲームやってると「よくあれだけトーンの違った音を作れるな」と思わずにはいられない。


以上。
出来ない時にいろいろアイデアが浮かんで、自由にできる時は何をしたらいいかわからないってよくありますよねー。うんうん。
作曲ソフトなら山ほどあるし、音・辞典なんて代物まであると初めて知ったんですが、こういうツールが増えるとますます何をしたいかわからなくなりそう……。

自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)
自由をつくる自在に生きる (集英社新書 520C)

fairypot at 19:11│Comments(80)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2010年09月02日 19:11
ソースはこちら
http://www.1up.com/news/japanese-game-musicians-talk-western
2. Posted by    2010年09月02日 19:21
音楽として良い物と、BGMに適してる物が必ずしも同じじゃないからねぇ。

あと考え方の違いも有るだろうなぁ。
雰囲気に上手く埋没させてメロディ自体が印象に残らないような作り方も有れば、音楽が雰囲気を引っ張ってく場合も有るし。
3. Posted by     2010年09月02日 19:21
どっちが良いというものではなく、作品に合ってるかどうかが全てでしょ。

そういう意味では洋ゲー(の多く)は作品自体がドライでもある。
よく言えばドラマ臭くないし、悪く言えば味気ない。
4. Posted by インコにゃん   2010年09月02日 19:27
洋ゲーやったことないけど興味深い
面白さは置いといて、まあ確かに日本のゲームは貧乏臭い
5. Posted by     2010年09月02日 19:30
確かに日本のゲーム音楽はたまに凄くいいのあるけど
他の凡作は印象の残らなさでいうと洋ゲーと五十歩百歩というか、こういうのは好みが出るからなあ
自分はDQ音楽は好きだけどFF音楽は一切興味ないし、ちなみにゲームミュージックはブラックマトリクスが好きです

ハリウッド音楽が微妙みたいな論調だけど、和ゲーより神曲はごろごろしてるんじゃ…
西洋音楽は一辺倒で他民族音楽などのバリエーションに欠けるって言いたいのか?
そりゃファンタジーが主な和ゲーとリアル系ゲームが多い洋ゲーじゃそういう差異も出るだろうな
6. Posted by     2010年09月02日 19:41
80年代の映画だとふよふよしたシンセサイザーの音が目立つフュージョン系の曲が多くて時代を感じるけど、確かに耳に残るインパクトもあった。
「グレート・ブルー」なんてあの音楽じゃないと考えられない。
ああいうの今の映画には欠けてると思うんだ。
7. Posted by     2010年09月02日 19:48
ゲームでもそのうちドグマ95みたいに、音楽や演出を禁止するような動きも出てきそう。
8. Posted by     2010年09月02日 19:55
和ゲーの音楽はわりと耳に残りやすい気がする。別に良い曲じゃなくても。
洋ゲーのBGMはゲームに溶け込んでてあまり耳には残らないけど、サントラで聴いてて情景が浮かんでくるのはこっち。
9. Posted by     2010年09月02日 20:04
>和ゲーの音楽はわりと耳に残りやすい気がする。別に良い曲じゃなくても。

真っ先に飛龍の拳とチーターマンを思い浮かべた自分は場違いみたいなので帰りますね?
10. Posted by     2010年09月02日 20:05
無知で傲慢ってアメリカ人が言うかよwww
11. Posted by     2010年09月02日 20:13
スペランカーとかウィザードリィって日本版も曲同じなのかな?それだと昔は洋ゲーも特徴ある楽曲をBGMに使ってたって事よね…
最近は洋ゲーって言うとFPSかMMOしかやった事無いけど、たしかに曲は頭に残らないね。
12. Posted by     2010年09月02日 20:18
洋ゲーの方が音楽が格好いい
でも和ゲーの方が耳に残りやすい

結局耳に残る音楽の方に愛着がわくんだよなぁ
13. Posted by 0   2010年09月02日 20:19
なんでアメリカ人だと断定してんだよ…
14. Posted by     2010年09月02日 20:33
外からJRPGは終わったと言うのは良いけど言われるのは嫌い!ってこと?
15. Posted by     2010年09月02日 20:42
外人は打たれ弱い?
16. Posted by     2010年09月02日 20:44
>外人は打たれ弱い?

いやゲーマーはみんな自国のゲームを
子供の頃の思い出としてもってるから
ちょっとでもディスられるとしょんぼりするだけだと思う。
17. Posted by     2010年09月02日 20:49
シンセサイザーや打ち込みを嫌う傾向は好きじゃないな。マーティー・フリードマンも生演奏は終わったジャンルって言ってたよ。
18. Posted by     2010年09月02日 20:56
国によって音楽の趣味ってかなり違うもんねえ
中南米人は日本人の作るネトネトしたメロディ好きなイメージあるな
アメリカは単調なリズム・ビートの上で刻んでる曲が好きって印象 ドラッグでもやってりゃ楽しめるのかなみたいな
まあ偏見だけど
19. Posted by     2010年09月02日 21:20
>・奴らは西洋のものは何でも嫌いなんだよ。

なんでこういう風に受け取るのか理解ができん。
日本人は実際嫌ってても、めったなことでは表に出さないでしょ。
そのうえ、よっぽどのことがないかぎり西洋だから
という理由で嫌いになったりしない。
20. Posted by    2010年09月02日 21:33
まぁドライって表現がちょっと悪く聞こえるけど
別に優劣を付けたいわけじゃなく
違いを言いたいんだろうね。
21. Posted by       2010年09月02日 21:36
外人って言うか白人だろ。
まぁ、自分たち白人より劣っているであろう
黄色人種に自分達のゲーム音楽を非難されたと勘違いして怒っているんだろう
22. Posted by       2010年09月02日 21:46
日本人のドライは欧米じゃピンと来ないかね。
まあドライがあちらで悪い意味合いで使われる事があるのかもしれんが。
23. Posted by     2010年09月02日 22:07
日本のゲームの方が、
これからゲームやるぜ!っていうワクワク感はある。
そういう意味では海外のゲーム音楽はドライかもね。
24. Posted by     2010年09月02日 22:40
単純に日本人とアメリカ人の好みの違いじゃないのかね
25. Posted by     2010年09月02日 23:10
ちょっとした外人のコメントで切れてるやつは何なんだwどんだけ繊細なんだよ。無知で傲慢だと決め付けてる外人となんら変わりないよな
26. Posted by ]   2010年09月02日 23:11
「日本人にはこう聞こえますよ」と言ってるだけなのに偏見とか傲慢はねーだろアホか。
27. Posted by     2010年09月02日 23:25
>>26
外人にはこう聞こえますよって米が翻訳されたときの国士様のお怒りも似たようなもんだろw
28. Posted by     2010年09月02日 23:29
日本のゲームの音楽はメロディアスな主旋律重視で、前面に出過ぎな感じがします。

西洋の人達はリズムがループするだけでトリップできる体質だから、ミニマルやら環境音楽的な物でもOKなのでしょう。

そういう私はアイレムのM72基板の頃の曲が一番好きです(イメージファイトとか最後の忍道とか)。
29. Posted by    2010年09月02日 23:31
アケードのグラディウスシリーズ〜A-JAX、サンダークロス(特に最終面)、ナムコのシステムI、II辺りの作品群とか鉄板だと思う。
30. Posted by    2010年09月02日 23:33
FPS系の曲はオケ曲よりもメタル系が多い印象だけどなぁ
31. Posted by     2010年09月02日 23:38
ゼルダ、サガ、クロノトリガーなどが好きだな
日本は音楽も中二病なんだよ
そしてそれがいいと思う
32. Posted by 名無し   2010年09月02日 23:39
音楽が中二病とか、初めて聞いた。
意味がよくわからない
33. Posted by      2010年09月02日 23:59
>>6
あの映画はハリウッドじゃないしねー
34. Posted by .   2010年09月03日 00:02
>>31
そういうゲームにそういう音楽を合わせただけで音楽が中二病とかないわ。
35. Posted by     2010年09月03日 00:02
やっぱり感性の違いですかねぇ
ゼルダやらカービィやらFFとかは大好きなんだが上のコメントが言っているhaloとかmass effectとか自分にとってはどこが良いのか分からない
あと個人的には日本のほうが民族音楽とか色々詰め込んでいるのが好き
36. Posted by waka waka waka waka...   2010年09月03日 00:31
確かにパックマンやラリーXのような独自な音楽は今でも忘れられない
37. Posted by あ   2010年09月03日 00:35
*25
今回の場合むしろちょっとしたことでキレてるのは海外ゲーマーじゃないの
彼らがよく言ってるxenophobiaじゃないの
日本語の意味のドライをDRYと訳されてニュアンスが変わっちゃってるせいかもしれないけどね
38. Posted by     2010年09月03日 01:02
和ゲーはどちらかというとキャッチーな音楽が多いよね。耳に残りやすい。
シンプルなメロディーってことなんだろうな。

洋ゲーは音が多くて複雑だからなかなか頭に残すのは難しい。
39. Posted by     2010年09月03日 01:14
別にアメリカ人が言った訳じゃないだろ!?

まあ、彼らが傲慢なのは間違いないけどね。
40. Posted by     2010年09月03日 01:19
日本はメロディーで聴かせる曲が多くて、西洋は環境音的な曲が多い。
結局どっちが良いって訳じゃなくて、ゲームに合ってるかどうかだよね
41. Posted by     2010年09月03日 01:32
ゲームやっててBGMって意識しないからなぁ。
良いとか悪いとか気付かない。
でも天外魔境2のはなんか覚えてる。
42. Posted by     2010年09月03日 01:41
無智と傲慢にあふれた連中って別に否定的な意味でdryという言葉を使ってるようには見えんが…
43. Posted by コーン   2010年09月03日 02:02
むこうの人にはそう聞こえたんだよ。
ってかみんなそんなにあのコメに反応しなくてもよくねw
44. Posted by     2010年09月03日 02:22
>>37
でも、アメリカの曲はドライ日本みたいに耳に残るメロディは少ないって言われたらネガティブな意味に普通とるんじゃない?
45. Posted by    2010年09月03日 02:25
環境音楽よりメロディがはっきりしてる方が好みだから、やっぱ日本のゲーム音楽が一番合うわ
46. Posted by     2010年09月03日 02:29
逆に日本はメロディを重視するあまり
クサすぎたりダサすぎたりする泣きメロに走りがちだけどね
47. Posted by    2010年09月03日 02:37
まあ、日本人でも外人でも、相手が無知で傲慢で思考停止してたら、理解も進まんわな。

作る方、聞く方の両方に過去の資産とか、影響を受けているものの違いとかあるから、どっちになじみがあるかでどうしても評価は分かれると思うんだが。
個人的にはスパロボのオリジナルキャラのBGMとかが、結構耳に残ってる。
48. Posted by    2010年09月03日 02:59
日本のゲームでも今のゲームの音楽は昔と違って印象に残るのが少なくなってるのはたしかだなぁ
ただ、それは俺が歳を取ったってだけかもしれないけど
昔は音の制限の中でいろいろと工夫を凝らしてたけど
今はハードの性能が上がってそれが逆に悪影響になってて、
最近の作曲者は無難なのしか作らなくなって印象に残らなくなったみたいな事を
植松かすぎやまが言ってた気がする
49. Posted by    2010年09月03日 04:08
でもドラクエ9の音楽って全然良く無かったなぁ。。
50. Posted by     2010年09月03日 05:48
たしかに日本は曲いいよなあ
51. Posted by あ   2010年09月03日 06:17
洋ゲーの音楽は演出の一部
和ゲーの音楽は場面が変わったことを知らせるサイン
52. Posted by     2010年09月03日 07:32
最近のゲームはオーケストラ調のが増えてきたが
あんまり音が多くて豪華だと逆に印象に残りにくい感じ
鼻歌で歌えるようなメロディーのBGMが好き
53. Posted by う〜ん   2010年09月03日 07:38
最近のゲーム音楽なら
デモンズソウルの音楽が印象に残ってるな
54. Posted by     2010年09月03日 08:11
>音楽って基本的にすぐ忘れるのに予算かけすぎ。
逆に時間が経ってゲームの内容は朧気になってるのに、音楽に体と心が反応するって経験はよくある。

※28、38、40、45-46
ゲーム音楽に限らずポップスなんかでも日本はメロディ重視な感じがあるね。
55. Posted by てす   2010年09月03日 09:09
>酷い音楽がゲームを台無しにする事はないけど、酷いゲームはどれだけ良い音楽があっても救えない。

チーターマンのことかーーーーーーー!!
56. Posted by    2010年09月03日 09:28
日本のゲーム音楽はリズムがつまらなくて、アメリカのゲーム音楽はメロディがつまらない印象かな。
まあ俺の知ってるゲーム音楽はPS1の頃までだから今は違うかも知れないけど。
57. Posted by     2010年09月03日 09:48
対談内容は、別に西洋音楽を
卑下しているつもりはないのだろうけど、
>「たくさん予算を賭けて技術的にも成功してるんですけど、それで良い音楽ができるわけでもないんですよね」
なーんて言われたら、腹立たしくも
思うだろうな。

主張しすぎる音楽は、ゲームを
食ってしまうかもだから、
雰囲気作りに徹底するのもありだと思うな。
と、フォローしてみる。
58. Posted by    2010年09月03日 10:52
日本のゲーム音楽のルーツはプログレ・メタル・フュージョン辺りだけど、欧米だと違うのかな?
トピック内で言われてるように映画音楽なんだろうか。
59. Posted by     2010年09月03日 13:15
グラフィックにせよ音楽にせよ、あっちは「限りなく実写に近い映像に限りなく生音に近い音が乗る」のが理想だと考えてるフシがある。
レトロゲームの頃にメロディ重視だったのは「それしかできない」故の制約だったと考えてて、日本のようにレトロゲーム音楽の文法も一つのジャンルで独自に発展してきた文化だという意識がない。
だからオーケストラや各種楽器の音をそのまま潤沢に使えるようになって、昔のやり方を躊躇なく捨ててしまったんだろう。
俺達はショボイ電子音楽から解放されたんだ!ってね。
60. Posted by     2010年09月03日 14:29
ていうかアメリカの音響製作環境を褒めている様にしか読めないんだけど。
61. Posted by     2010年09月03日 14:34
よく金さえあれば日本映画だってハリウッド並みの映画を作れるといってる人いるけど、絶対作れないと思う。
それと同じだな。
62. Posted by     2010年09月03日 15:07
洋ゲーの音楽はテレビを食い入るように見つめて聞き込む感じ
和ゲーの音楽はテレビを消しても鼻歌で歌いたくなる感じ

どっちが優れてるという問題ではない
個人的な主観だし
63. Posted by     2010年09月03日 15:58
バック・トゥ・ザ・フューチャーの曲が全てを物語っている
曲調やメロディライン自体はチープなのに、BGMとして聞くと、あれほど心躍る曲はない
64. Posted by あ   2010年09月03日 16:04
わざわざ怒るような内容を抜き出したんだろう
65. Posted by    2010年09月03日 16:04
日本も海外も海外展開してるような超大作系は映画音楽的な物が多いし、
国内市場で済ます様な物は好き勝手な音楽やってるよ
66. Posted by     2010年09月03日 16:55
どこかの誰かは何かしら言ってるんだよな。それを取り出してくるかこないか。
簡単に反日感情煽れるし、その逆もよくある。
正直この手のやり方は日本のほうが多い。
アメリカ人「ジャップはなんたらかんたら」
とかいうのをマスゴミ式に悪意のある取り上げ方してるのを最近よく見る。
67. Posted by もちもち   2010年09月03日 18:14
ドライ?
エフェクトがあんまり掛かってないってことだよ
68. Posted by コーン   2010年09月03日 18:34
たしかに、日本のコメ欄も悪いところだけ取り上げて見せれば、全世界から嫌われるよなw
69. Posted by あうあ   2010年09月03日 23:13
>66、68
全くその通りだなw
70. Posted by     2010年09月04日 04:35
>>61
そりゃ急に金だけ渡されても無理でしょ。
逆にハリウッドの大物監督だって次回作から急に予算を10分の1にされたら、完成させるだけでいっぱいいっぱいだと思うよ。

大事なのは市場規模と、それがどれだけ長く続くかだよ。
市場がデカければどんどん新しい挑戦が出来て好循環になるし、逆に小さければ人気取りが優先になって悪循環になる。
そこは国レベルの問題だから業界一つでどうこう出来る問題じゃない。
71. Posted by    2010年09月05日 14:27
洋ゲーの音楽はBGMとしては優れていても、耳に残るモノは一つも無いな。
これは最近の洋画や洋ドラにも言えている。
まぁ、ジョン・ウィリアムスは古いタイプの人だから印象に残るテーマ曲を
しっかりと作ってくるけど、ハンス・ジマーとかはもう全部同じに聞こえてダメだな。
72. Posted by     2010年09月05日 22:19
まあ印象的なBGMだと
そっから思い出したりするからね
73. Posted by     2010年09月05日 23:06
海外の音楽は脇役に徹してる感じ。
雰囲気作りには役立ってるけど、印象に残らない。
似たようなシチュエーションでは似たような曲が流れていて尚更印象に残らない。
BioShockの1曲は印象に残ってるけど、どこで流れたか全然思い出せない。

和ゲーは印象的な曲があれば場面が思い出せるし、逆に印象的な場面から曲を覚えていたりする。
74. Posted by     2010年09月07日 21:20
サントラとか買うのは日本のゲームの方が多いかも(個人的に昔と比べるとサントラ買う程音楽気に入るゲームも減ったけど)
でも洋ゲーの音楽も決して嫌いじゃない…結局は好みの違いって結論にしかならないんじゃと思う
75. Posted by あ   2010年09月13日 14:47
日本の曲はメロディー最重視だ

外国の曲はAメロBメロサビ
きちんと作り上げてくるのに

日本のゲームはよくできた耳に残るメロディーがあるとそれをやたら使いまわす

そのよい例がモンスターハンターだ
同じ旋律を音階を変えたり楽器を変えるだけで延々繰り返す
こんなものにオーストリアの本場のオーケストラを使ってるなんて無駄すぎる
まるでプロアクティブの宣伝のようだ

リズム感も少ないのは日本語の言語にリズムが必要ない言語を使うからだ
これは仕方ない
だが外人の耳には淡泊に聞こえる
76. Posted by a   2010年09月13日 17:41
Civ4と銀英伝は名曲揃い
和ゲーはあれを見習うべき
77. Posted by はまちゃん   2010年10月19日 22:49
なんで浜渦いないのー
78. Posted by あ   2010年10月20日 05:51
79. Posted by 名無し   2013年07月24日 22:35
日本のゲーム音楽の凄い所って
全然無名で予算も少ないゲームでも凄い良い曲がゴロゴロしてるって所かな
具体例を挙げると、ニーアとかアトリエとかさ
本当に凄いよ 日本のゲーム音楽は
やっぱり日本ってのは他国とは違ったセンスを持ってるオンリー1な存在なのは傲慢でも無知でもなく疑いようのない事実だと思う
80. Posted by あ   2014年02月23日 21:19
>>75
分かった風なこと書いてる奴程胡散臭い。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon