2010年11月30日

中国スレ「いつになったら中国アニメーションはアメリカや日本に追いつくのか」

・日本の質の高いアニメも中国の美術スタッフが多く参加してるんだから能力的には不足してないと思う。あとは国がアニメや漫画の事業を重視してくれる事が必要なのかも。他にも資金や「芸術は理解してるが技術を理解してない」という考え方にも問題がありそう。

・中国のアニメーションは教育向けでしょ。日本は商業向けでほとんどは少年向けだ。

・良いアニメもあるだろうけど、今の体制じゃ作っても発禁になる運命から逃れられない。

・国産アニメには二つの欠点があると思う。キャラが美しくない。筋書きがあまりに幼稚。一部にはキャラも美しくて筋書きも良い作品はあるけど、まだ動きに改善の余地がある。

・40年前は可能だったけど、今は無理だろう。外国人は「大闹天宫」や「ナーザ海を騒がす」(中国で最初のワイドスクリーンアニメ)が中国で最高のアニメーションだと思ってる。



・中国のアニメーションは子供が見るけど、外国の作品はどの年齢も見られるからなー。

・無理!中国アニメーションは子供を教育するって思想で作るから視聴した子供は想像力が枯渇してる。しかも封建的だから今の子供はそれも受け入れない。

・広電(国家広播電影電視総局。映画やテレビを統括する中国政府の最高機関)が地方を管理してる限り、永遠に来ない。

・発展の差が一世紀くらいあるわけで。

・根本的に、中国アニメーションは青少年の求める要素を満たしてない。

・文化の舞台で経済を演じる。この思想がないんだよね。

・私が生きてる間に追いつくかと言えば、否。

・政策が支持しないものは全て妄想。

・香港は見込みがある。内陸はあと十数年必要だ。

・中国の作品には愛がない。あいつらが欲しいのは金だけだ。

・他の都市は知らないけど、長沙市(中国湖南省)の展覧会に行った時は湖南人に絶望した。

・今の政府は検閲ソフトウェアをいじってる最中だ。アニメや漫画を作りたかったらもう金を貯めて国を出るしかない。


以上。
下地が凄いんだから本気を出せば凄い作品を作れそうなんですけどね。面白いならいつでも歓迎ですよー。

中国いかがですか? (創美社コミックス)
中国いかがですか? (創美社コミックス)

fairypot at 16:35│Comments(182)

この記事へのコメント

1. Posted by お茶妖精   2010年11月30日 16:38
ソース4つあったんだけど、3つが行方不明になった!ごめんねー!

http://www.sosg.net/read.php?tid=298578&fpage=7&page=1
2. Posted by あ   2010年11月30日 17:30
「大闹天宫」「ナーザ海を騒がす」
聞いたことねえ・・・
3. Posted by ムズ痒いほどの名無し   2010年11月30日 17:33
アニメ以前に漫画、小説で他国に追いつけないと。
4. Posted by     2010年11月30日 17:37
韓国とかでもこれ言ってる人たちがよくいるけど、こういう文化は一朝一夕にできるもんじゃないからね。仮にストーリーも技術も優れた作品が一つ生まれたからといって、「追いついた」ことにはならんよ。名作も駄作も、何十年積み上げてきたと思ってるんだか。
5. Posted by m   2010年11月30日 17:41
儲けるのは日本でも難しいわけで…
そして収益が出たとしても中国は色々吸おうとするミカジメ国家なワケで…
6. Posted by     2010年11月30日 17:42
『ナーザ海を騒がす』は『ナージャと龍王』って名前でニコ動にもあがってる。
7. Posted by     2010年11月30日 17:45
まず、海賊版とパクリをどうにかしなさい
8. Posted by     2010年11月30日 17:48
ナージャと龍王」はビデオで昔見たけど
それなりにいい作品。しかし古典のアニメ化
だから、これからはオリジナルでいいものが作れるかが大事だと思う。
作品が国家に検閲される段階で無理っぽいと思う。
9. Posted by     2010年11月30日 17:51
真似じゃなく、独自の文化を築くつもりで
やらないと無理なんじゃないのか…
10. Posted by    2010年11月30日 17:53
>1
履歴とか残ってないの?
11. Posted by     2010年11月30日 18:01
ナーザって何かと思ったら封神演義にも出てくる�犠吒だそうで。
しかもナタクかと思ってたけどナタと言うのが正しい読み方だとか
12. Posted by あ   2010年11月30日 18:04
古典をハチャメチャに改変して娯楽性を高め、キャラクターを美化する

これで物語を本筋は大体決まる上に、退屈な箇所は改善可能になる

見たいから作ってくれ。
13. Posted by     2010年11月30日 18:05
中国は韓国と違って古典が豊富だからネタは困らない
だが海賊版やパクリが当然みたいな風潮がはびこりすぎて
パクリから脱却し自分の作品を作ろうとしても
クリエイターが自分の作品で食べていけない構造になってる
作れば作るほど貧乏になるんじゃやっていけん
14. Posted by あ   2010年11月30日 18:07
日本も韓国の例の会社みたいに漫画、アニメとそれを作る人材を重要な輸出資源だと認識して保護すれば良かったのに。
質の良い翻訳版が〜国限定版には〜が付いて発売!とか言って輸出すればファンサブに頼り切りの国外オタクは絶対買ってくれると思う。ゲマズかソフマップで迷う連中の様に。

日本人は手先が器用で質の良い物を作れるが技術を伝えたり人材を保護する事を考えて無い。
金型職人もっと大事にしないから中国にしか仕事無くなってあげく技術パクられるんだよ。

まあ日本の中でそれをやってるとこの世界ここまで発展しなかったかもしれないけど。同人〜本とか中古屋とか無かったら我慢できない人がもはや多すぎる。
15. Posted by     2010年11月30日 18:08
こういう時は、10年後に日本のアニメを超えていると言えばいいんだよ。
16. Posted by p   2010年11月30日 18:12
言論の自由のない国に出来るわけない。

以上。

17. Posted by     2010年11月30日 18:22
中国の古いアニメだったと思うんだけど、
水墨画調のアニメはオリジナリティもあったし、美しかったけどなぁ
古典やら何やら文化財産は持ってるんだから、上手く生かせばいいのに
18. Posted by     2010年11月30日 18:26
こういうスレがあるたびに「うかうかしてたら中国に抜かれる」なんていうやつがいるけど、人口10倍以上の国に本気で人海戦術やられたら、どんな方法だろうが敵うわけがない(ビジネス的には)。

ただ技術的には、2Dアニメとか漫画はもう100あるうちの95くらい成熟しきってるから、将来の日本はともかく、ピーク時の日本を超える国はなかなか出てこないと思う。
19. Posted by    2010年11月30日 18:42
今の中国でアニメやったら、政府が介入してきてプロパガンダ用に強制改変されるんだろうなぁ。
でも中国の現代美術は欧米ですごく人気あるからいいやん別にアニメにこだわらんでも。

>18
アニメ絵の技術はいくらでもマネできるけど、
丸尾末広、伊藤潤二や山岸涼子みたいな作家の作品は絶対にマネできないだろうね。
20. Posted by あ   2010年11月30日 18:48
中国の古典とか読まれてるようで読まれてないものがけっこうあると思う。
地道にそういう作品をアニメ化するのもなかなか需要があるとおもうけどね。
21. Posted by     2010年11月30日 18:55
いつの日か金瓶梅をアニメ化してくれるだろう。
ガンバレ、中国。

できれば俺の性欲があるうちに。
22. Posted by     2010年11月30日 18:57
そもそも根本的な分母が違うからな
一つのクールに30本も40本もアニメがあっても、当たりはせいぜい4,5本だし
10年後も名作として語り継がれるアニメなんて、一年にせいぜい2,3本くらい

◯◯国のアニメ!って作ったことを誇ってるような段階じゃまだまだ先は長いよ
23. Posted by     2010年11月30日 18:59
「ナーザ海を騒がす」ってやつ子供の頃TVで観てスゲー好きだったけどなあ
まあとりあえず、中国は韓国と競争した方が良いんじゃないかな
24. Posted by     2010年11月30日 19:08
米21
日本でアニメ化した方が早いな…
25. Posted by     2010年11月30日 19:09
とりあえずチャウ・シンチーに10億ぐらい渡してやらせてみればいいんでないの
26. Posted by     2010年11月30日 19:25
著作権がない国じゃ漫画アニメ・薬品は発展しない
27. Posted by    2010年11月30日 19:26
韓国もそうだが創造性が欠如してるから無理だな
数だけはいるんだから日本の下請けやってればいいんじゃない
28. Posted by     2010年11月30日 19:40
海外の今のオタク世代が大人になったらどうなるかが楽しみだ
国を問わず面白い作品が出てくればいいなぁ
海外アニメはディズニーとかピクサーとかカートゥーンしか知らないから他の文化のなかで生まれたものも見てみたい
29. Posted by あ   2010年11月30日 19:52
最強武将伝・三国志を見る限りでは資金も技術もあるけどノウハウが無い感じ。
普通の会話シーンでも髪や服がなびいたり、こまめにキャラクターがジェスチャーとったり凄くヌルヌルとよく動くのに、戦闘シーンは単純な斬り合いでつまらない。
30. Posted by     2010年11月30日 19:53
そもそも中国で努力して良い物作っても馬鹿みるだけじゃないか?
31. Posted by .   2010年11月30日 19:55
例えどんな名作を生んでも儲けるのは制作者とは関係ない海賊版業者だから哀れだよな
32. Posted by     2010年11月30日 20:07
たぶん一生無理だろ
これは政策や法律的な問題じゃない
文化や価値観だからね
100年後もブラジル人はサッカーが上手いし、アメリカ人はバスケやホッケーのトップだ
日本の漫画やアニメもそれに相当する
33. Posted by えぞりす   2010年11月30日 20:25
せっかく中国なんだから水墨画調の大人向けアニメーション作れよって書こうとしたらかつては存在したんだね…
つくづくアニメの土壌では惜しい国だなあ
34. Posted by     2010年11月30日 20:27

一流漫画家のアシスタントしてたからって
漫画家になれるとは限らんだろ

だいたい質の低くていいところを中国に任せてんじゃないの?
35. Posted by     2010年11月30日 20:38
中国は下地が違うんだから、やれば出来る子・・・
という人はちょっと買いかぶりすぎだと思う。
36. Posted by     2010年11月30日 20:43
海賊版が氾濫し表現の自由が無い国は文化は育たない。
ただし、今中国はハリウッドの数倍の資金かけて映画やアニメのインフラ整備してる。過去そういう国は稀有なのでその未知数には期待する
37. Posted by nom   2010年11月30日 20:43
単なる技術なら確かにかなりのレベルまで来てるようだけど、知的財産権を軽視というか無視する風土が改まらない限りクリエイターは育たないだろうね。
38. Posted by    2010年11月30日 20:44
あれだけ人間がいればクリエイターの才能を持った人もたくさんいるはず。惜しいなー。
39. Posted by     2010年11月30日 21:08
驕らずに足元掬われないよう精進してこそ日本人
40. Posted by     2010年11月30日 21:25
アニメじゃないけど台中韓あたりのイラストレーターとか、トップの人は本当に巧い(韓国はそれと分かることが多い)。日本と全然遜色ない。

でもそれは一握り。母数がまったく違うからね。それを支える土台の豊かさが違うから比べられるものではないと思う。

ただ、10年じゃその差は変わらないと思うけど、20年30年後はわからないかな。

日本のアニメって基本的にはもの凄いコアな層に向けてのもの。それにお金を払うマニアが多かったから成立していたので、それにお金を払おうという人がこのまま減っていくと、どんどん衰退してしまいそうな…。

日本経済の行方に係っていると思う。
41. Posted by しそ   2010年11月30日 21:33
大昔の中国の水墨画アニメとか凄かったのたが、ロストテクノロジーになってしまったねえ。
42. Posted by    2010年11月30日 21:42
中産階級が育たないとだめじゃないかな。
43. Posted by     2010年11月30日 21:50
中も韓も絵は描けるだろう。日本の下請けしてるわけだから。

でも、絶対的に欠けてる要素がある。
創造力だな。
44. Posted by ぬ   2010年11月30日 21:55
アニメを作ろうとしてるうちは無理だな
例えばアメリカと日本は全く違う。差別化を図んないとダメ
漫画とアメコミとパントデシネみたいに
45. Posted by     2010年11月30日 21:58
中国に最もかけてるものそれは

表現の自由  

想像性があってもこれが無ければどんなものも作れない。
政府批判もできない国ではね・・・。
いつまでも模倣から抜け出せない。
46. Posted by     2010年11月30日 22:01
そもそも中、韓、台は日本の画風そのままじゃないか。漫画とかゲームとか特に。

アメリカやヨーロッパはすぐみわけがつくけど日本以外のアジアは独自性がない。
全ての産業でいえるけどね・・・。
47. Posted by hbgbぉp   2010年11月30日 22:06
日本独特の多神教的な、なんでもありな精神が無ければ面白いアニメはまず出来ない。

世界中の神話や古典、高校生活からSFまでありとあらゆるものを題材に取り入れ、登場人物の細やかな感情を描く。

宗教と人生観を変えなければ日本には勝てないだろう、アニメは技術だけではどうにもならない。
48. Posted by     2010年11月30日 22:07
下地が凄いように見えるが
新たに生まれた国が過去の国を残骸すら残さない国だからなぁ
今の中国だって、たかだか50年でさらに独裁国家
アニメどころじゃないだろ正直言って
49. Posted by     2010年11月30日 22:10
一生無理だよ
50. Posted by 1   2010年11月30日 22:11
作る奴はバカみたいな
パクリ文化じゃ無理だろう
51. Posted by     2010年11月30日 22:16
国策でやるなら、もう技術革新の余地がないアニメとかより、まだまだ発展の可能性があるゲームに力を入れたほうが良いと思う。
まあアニメは若年層への影響力が大きいから、プロパガンダの道具としては効果的だし、それが狙いなんだろうけど。
52. Posted by    2010年11月30日 22:23
3 著作件どころか三権の上に党があるような国なんだぜ。
自国の民主化を願って最後まで逃げずに残って、ノーベル平和賞もらった
人間を投獄しちゃったりする国だぜ。
自由な創作活動なんてムリムリ。

どうしてもやりたければ国を出るしかないが、「中国アニメ」じゃないよな。


53. Posted by     2010年11月30日 22:30
映画やドラマはもう中国のほうが日本よりも面白い
なんでアニメや漫画だけが日本に追いつけないとか
日本人は思ってんの?
54. Posted by     2010年11月30日 22:33
歴史物をアレンジすればいくらでも
できるだろうね
しかしそのアレンジも許されないお国柄
55. Posted by     2010年11月30日 22:35
下請け下請けって、動画や背景ばっかじゃねえか
…金田御大や吉成兄みたいなコマ割り出来る奴居るのか?
56. Posted by     2010年11月30日 22:37
技術あるなら武侠小説アニメ化しろよ
57. Posted by     2010年11月30日 22:38
※17の言ってる水墨画アニメは有名だね。
結構評価高かったのに、そういうのに限って捨てて、安易な模倣に走ってしまう。
外を羨む前に、自己が捨ててきたものが、如何に貴重な宝物だったかに気づくべきだよ、中国は。
58. Posted by     2010年11月30日 22:40
萌えアニメにうんざりしてる奴にとって
中韓は希望の星なんだけど
先は長いな
59. Posted by    2010年11月30日 22:58
海賊版を何とかしないとパクられて終わり。
60. Posted by     2010年11月30日 23:01
強力な内需と必要性(いずれにせよ子供向けコンテンツは必要)から、中国アニメは間違いなく「発展」する。これは既定事項だと思う
一方で中国がアニメーションや漫画が得意な国になるのかっつーとこれは全く別の問題
マズくすると韓国のように一見アニメ作りが好きなようでいて、実際はアニ漫文化をを消費するのが好きなだけの国のようにもなりかねない
個人的に中国アニメには期待してるんだけど、こればっかは向き不向きというナゾの属性にかかってるからなあ・・・
61. Posted by ピンクの服着た小龍女はないわー   2010年11月30日 23:03
>技術あるなら武侠小説アニメ化しろよ

うわ・・・・「コンドルヒーロー」とか言う
日中合作の黒歴史おもいい出したわ。
62. Posted by     2010年11月30日 23:03
いつ追いつくどうこう言ってることに驚く。
どんだけ勘違いしてんだよ
63. Posted by     2010年11月30日 23:04
管理人も書いてるけど面白ければいい話なんだよ
勝ち負けじゃない
だから単純にいいアニメが作れるようになってほしい
64. Posted by     2010年11月30日 23:05
良いものをつくってもすぐに海賊版/無許諾商品があふれて
製作者が報われることが無い国では
65. Posted by    2010年11月30日 23:10
ナージャ海を騒がすってあれか、龍が悪さしてるのを懲らしめる奴か
あれの主人公の足に火車ついてるのはなんなの?
ブルースリーの中国アニメでもそういうキャラいたし他でも見た気がする

中国がミルキィの20みたいなキャラ作れるようになれば将来は明るいと思うな
66. Posted by .   2010年11月30日 23:16
言論の自由がない国にこの産業は無理だよ。
身の程を弁えたほうがいい
67. Posted by おう   2010年11月30日 23:20
中国人は金が行動原理の超拝金主義だから、このままいけば独創的な文化は生まれないだろうな。
それに下地など無い。なぜなら5000年続く不変なる中国という国は無い。今の漢族も古代の民族とは別物で、民族概念というより統治システム。中国は歴史があるのに…と言う人がいるがそれは過去に存在した様々な民族、国の歴史を継ぎ接ぎにしただけのもの。なので一つの国、民族が培ってきた下地なる「もの」は少ない。
でも建国200年の国家が素晴らしいアニメーションを作ってるのを見ると歴史の長さは関係ない。やはり自由な表現ができる環境が大事なんだろう。
なので中国の体制と、好きなものに対する情熱、魂より先に来る拝金主義が大きな原因になっていると思う。
だって、中国は古典をアニメにすればいいのに…と多くの人が言うのは、裏返せばそれ以外には何もないし新たに創造もできないと言ってるのと同じ意味だもの。
68. Posted by     2010年11月30日 23:53
>>65
ありゃ風火輪という宝貝(パオペエ)だよ
宝貝は仙人や道士が使う不思議アイテム。
69. Posted by    2010年11月30日 23:59
youtubeで魁拔(かいばつ)って中国アニメの予告編をみたけど
なんかアクションが小っちゃいというか、動きが変。
見た目が日本のアニメみたいだけど、まったく別物に感じられる。
もしかして、動かす基本ができてないんじゃないかな?
70. Posted by     2010年12月01日 00:03
日本のアニメや漫画って日本で生き残った(勝ち残った)ものなんだよね
そのために手塚治虫なんか当初は電動紙芝居だと全国から罵られながらも、日本で生き残れるアニメを試行錯誤しながら作った
結果、日本オリジナルで世界からも評価されるような文化が形成されていった
中国や韓国はそんな課程がない
まずはどんなに罵られても結果が出なくても、自国で生き残れるアニメ作りを模索すべき
日本のアニメは日本での解答にすぎない
デズニーもデズニーの解答にすぎない
中国や韓国の解答ではないんだ
中国なんか世界一素材が豊富な国だろう
韓国の技術は日本と同等だろう
模倣はいいが模造はやめとけ
模造品には愛も魂もない
中国と韓国のオタクは自分たちの愛と魂を込めた作品を作るべき

71. Posted by     2010年12月01日 00:04
中国は、古典ものはできるだけ原作に忠実に作り、大きな改変は原則としてダメなんだよ。
 あと、政府がアニメに力を入れていて、いわば国策で作ってることを国民は知っているし、アニメ=子供のためのものという考え方も根強いから、「(中国が作る)アニメは、子供の愛国心を育成するなど教育的な内容でなければならない」と堅苦しく考える大人が多い。
去年かおととし、放送を開始したテレビアニメが、娯楽寄りの楽しいものだったのが災いして「教育的な内容ではない」というクレームを多数受けて、放送中止になっている。
 こんな状況にも関わらず、中国共産党は、「千と千尋」や「シュレック」のような、世界でヒットし映画賞も受賞するようなアニメを狙ってるんだよね。
 それは無理な話でっせ。

72. Posted by    2010年12月01日 00:08
結局の所、中国人には良作や名作を生み出す可能性はあるが、中国国内では様々な理由から無理って所か。

>65
あれは『風火輪(ふうかりん)』という宝貝(パオペイ)だ
73. Posted by     2010年12月01日 00:13
政治体制とか環境とか商業とか関係ないだろ。
どんだけアニメ制作に情熱注げるかだけだし。
商売のためにアニメ制作始めたわけじゃなくて、アニメ制作で食っていくために商業ベースに乗っかっただけでさ。
検閲を通すために異世界の話にするとか、擬人化した動物の世界の話にするとか、いくらでもやりようはあるだろうに。
74. Posted by     2010年12月01日 00:15
昔、文化大革命というのがあってだな…
中国人は一度中華の歴史伝統文化を捨てているんだよね。

ハイテクと伝統文化が融合している日本ってやっぱりおもしろいと思う。歴史は知らんが、引き継がれていくウタ、形、色使い、音律…つまり文化ってのは、やはり人の世のパワーだと思うよ。

まぁ、英語が小学校の必修だの第二国語化だの、ウェディングドレスが文金高島田角隠しや綿帽子を圧倒してしまった日本がそうちどうなるかはわからんが。


あ〜、ナーザ、ナージャって何かと思ったら�犠吒(ナタク)なのか。少年ジャンプ&アニメ版の封神演義に出てくる火炎放射器とジェットブーツ履いてるやつ。実は西遊記にもでてくる。
75. Posted by ぷい   2010年12月01日 00:19
良い作品は近いうちにきっと生まれると思います。すごい努力してるし。
76. Posted by     2010年12月01日 00:27
風刺が出来るようになったら追いつくんじゃないかなー?
77. Posted by     2010年12月01日 00:32
少年の姿をした�犠吒(ナージャ)は古代中国から道教の薬の神中壇元帥として信仰されていた。

日本にも奈良時代から入っていたらしく、今でも地方で信仰されている青面金剛や三宝荒神は実は�犠吒が日本に来て仏教と習合した神ではないかという説が唱えられている。
また、興福寺の阿修羅像が少年の姿なのは、同じ三面六臂の姿をした仏教の阿修羅と道教の�犠吒が融合したためとも言われる。
78. Posted by @   2010年12月01日 00:33
「中国人」は時間さえかければ、いつかきっといいアニメを作れると信じる。
でも「中国」がどれだけ時間をかけようがいいアニメなんて作れないと断言する。
79. Posted by HEう   2010年12月01日 00:34
「いい作品を作れるなら、金もいらんし死んでもいいや」

そう想ってる人の数=その国のいい作品の数
80. Posted by    2010年12月01日 00:43
一回政治体制が崩壊して、自治区とか地方を全部切り離して、国土が3分の1くらいになって、民主国家の再構築が成功すれば、見込みがあるかもしれない。
本国の経済はダブルスタンダードで未熟だから、例えモノ造りしても、市場にすぐコピー品が出回って安い値段で売られてしまい、商売にならない。
また社会に表現の自由がないから、サブカルやアングラ文化の類はまず発達しないだろうし。
81. Posted by    2010年12月01日 00:50
焚書する国だからなぁ。
積み重ねで底上げする文化は今の政府のうちはきびしそうだ
82. Posted by     2010年12月01日 00:52
>>73
>検閲を通すために異世界の話にするとか、擬人化した動物の世界の話にするとか、いくらでもやりようはあるだろうに。

ソ連のアニメが、まさにそれだった。
ソ連政府は、芸術的作品によって文化大国の地位を得ることを望んだ。一方、作り手は、言論・表現・思想の統制下にあって、検閲を通りやすいファンタジー作品を数多く作った。
政府は、アニメで大儲けしようとは思っていなかったし、製作費は税金でまかなわれたので、ある意味、芸術の追及に集中できたともいえる。



83. Posted by     2010年12月01日 01:00
「大闹天宫」みたいな中国の古典アニメはそこそこ面白いし、絵も中国らしくて好きだけどな。
わざわざ日本のアニメ風な絵柄にする必要ないと思うんだけど。
84. Posted by 。   2010年12月01日 01:07
民主化するしかない
終わり
85. Posted by     2010年12月01日 01:11
まずは市場を作ってから作家を育てろよ。発想が逆なんだよ。中韓共に。中国政府がアニメーター作りに一生懸命でも買い手がいないんじゃ、永遠に名作なんて出来やしない。
86. Posted by     2010年12月01日 01:11
こういう「中国や韓国の漫画・アニメがいつか日本に追いつく」的な記事はよくあるけど、
日本側が将来のライバルとして意識するなら、表現の自由がない中国や、劣化パクリしかできない韓国なんぞより、
台湾・ドイツ・フランスあたりの方が、よっぽど意識すべき相手だと思うわ。
87. Posted by     2010年12月01日 01:22
四大奇書(三国志演義・水滸伝・西遊記・金瓶梅)以降マトモな文学が無いからなあ…。「紅楼夢」は、儒教道徳や官僚制への批判が盛られていたので、毛沢東や共産党にマンセーされたのがキモイ。だって「紅楼夢」が書かれた頃って、清朝いや中国史上屈指の名君と言われた康煕・雍正・乾隆の三世の内の乾隆帝の頃だよ?贅沢言っていたらキリが無いのにね。
88. Posted by     2010年12月01日 01:42
>政治体制とか環境とか商業とか関係ないだろ。

それは自分で食い扶持を探せる場合じゃないと・・・
出資者も検閲も収入源も政府では成立しなくない?
89. Posted by あうあう   2010年12月01日 01:48
とりあえずは中国国内でヒットする作品をだしてからだな。
このままの状態が続くようならば、日本・アメリカ・ヨーロッパとは別路線のアニメを作るしかないんじゃないか?
90. Posted by    2010年12月01日 01:51
中国でマンガとラノベが日本並みに生産されればアニメもできるよ

日本もアニメの脚本家は競争原理から守られてるからオリジナルアニメのレベルは低い
シビアな弱肉強食の世界でで鍛えられたマンガとラノベの原作があるから商品になってる
91. Posted by アニメ   2010年12月01日 02:00
日本のアニメは長いことマンネリに入ってるよ
成熟してる分型が決まってて新しいものが生まれにくくなってる
どこでもいいから何か新しいアニメ、カートゥーンの型をつくる国が現れたら日本のアニメを活性化させられると思うけどなぁ
92. Posted by     2010年12月01日 02:08
アニメに限らず、小説なんかも難しいだろうね
ちょっとした社会問題を題材にもしにくいだろうし
私小説ばっかりなのかな
93. Posted by     2010年12月01日 02:21
地盤はいいのに土台がクソ
って感じ
94. Posted by     2010年12月01日 02:48
>>90
原作がある場合、それを料理するのはアニメ業界の人は抜群にうまいんだよなぁ。
それでオリジナルが駄目なのが不思議だ。
95. Posted by     2010年12月01日 02:56
海賊版のせいで良いものを作れる芽のある人が出てきても儲からない、儲からないから良いものを作る人が育たない
また表現規制がきつくて良い表現者が育たない
この2つでは?
96. Posted by     2010年12月01日 03:00
※94
漫画家と違って、アニメの脚本家は1作品が大当たりしても儲かるわけじゃない
細く長く多くの作品を作って行くことが大事

つまり自分の持ってるものを全て出し切って脚本を書いたら、その脚本家はそこで終わるし、売れたからって追加報酬があるわけじゃない
漫画家は全て出し切って描いても、その作品が当たればちゃんと自分が評価されるし、お金も入ってくる
97. Posted by     2010年12月01日 04:09
昔の京劇風&山水画アニメ
味があっていいんだけど
BGMの二胡等も良いのに
98. Posted by     2010年12月01日 04:12
仕事で中国アニメに関わってる
バトルものでも相手は倒してはいけない
最後は必ず和解
現実世界でのギャップを感じて興味深い
あとロボットもNG
ロボット=日本の印象が強いんだとか
アニメは娯楽というより、教育という側面が強いみたい
最近は政府というより成功してる企業や組織がイメージアップのために制作してるようで
歴史の流れからみるとおもちゃ業界がスポンサーだった日本の頃に良く似ている
99. Posted by     2010年12月01日 04:27
中にしろ韓にしろ、日本風の「アニメ」を作ろうと頑張ったってしょうがないじゃないか。
世界中の誰が見ても「これぞ中国」「これぞ韓国」って感じるようなもの作らないとね。
100. Posted by     2010年12月01日 04:49
アニメに限らず、表現の自由の無い国から新しい文化など生まれない。
101. Posted by     2010年12月01日 05:39
去年くらいに中国アートアニメの特集上映やってた。昔のほうが自由だったみたいだ。
102. Posted by javawaky   2010年12月01日 06:22
 アニメを欲しがる前に、「人権」「表現の自由」「結社の自由」「報道の自由」を欲しがれよ。
103. Posted by    2010年12月01日 06:23
もうすぐ規制強化されて日本のアニメの自由度が今よりずっと中国に歩み寄っていくから日本には近い内に勝てるようになるかもね
104. Posted by     2010年12月01日 06:36
>>94
>>96

そうなんかなぁ。>アニメの脚本家

20年くらい前、カドカワだったかがやたらとアニメの脚本家に小説(ラノベという概念は当時無かった)書かせてた時期があったけど、読んでみたら中学生みたいな文章(冨田〇弘)だったりすげー退屈(渡邊〇自)だったり…。共通して言えたのがキャラの性格や行動に説明がなくて、唐突な「イベント」として前後の脈絡なく起こる感じだった事。

脚本家ってのは「筋」を考えるだけで、あとは演出の仕事って事だろうか。

まあ当時の俺は「こんな文章で脚本家になれるのか!」と驚愕したわけだが。
105. Posted by     2010年12月01日 06:42
技術系の掲示板や2chの軍事板あたりで見かける
「日本の技術でステルス戦闘機くらい造れないの?」
「アメのライセンスやってるんだから、戦闘機用のエンジンだって国産できるでしょ」
ってな連中と中国人の姿がかぶって仕様が無い。
技術だけあっても足りない物が多過ぎるんだよね…。ノウハウとか。
106. Posted by .   2010年12月01日 07:19
そりゃ脚本家と小説家は全く別の仕事なんだから当たり前だろ。
イラストレーターが漫画の作画ができないのと同じ。
107. Posted by     2010年12月01日 07:21
中国には人と下地があるって、言っちゃうよ。

けど中国人で才能あるやつは、国外に出て行く。よって中国には才能が残らない。
108. Posted by あ   2010年12月01日 07:37
>共通して言えたのがキャラの性格や行動に説明がなくて、唐突な「イベント」として前後の脈絡なく起こる感じだった事。

キャラクターやら世界観やらあらすじやら方向性やらを決めるのは監督とかプロデューサーとかの仕事だからな
脚本家は出来上がった下地と監督がその都度下す曖昧な支持を具体的な形にするのが仕事
109. Posted by ビルバイン   2010年12月01日 08:12
金を出して買うと言う発想が欠如してんのに産業として成り立つわけねぇだろ
ネットで落とせばいいとしか考えてねぇんだろ?
110. Posted by     2010年12月01日 08:36
実際日本に追いつくことすら無理ってのが大半の声だったねw
111. Posted by     2010年12月01日 08:45
中共が倒れれば伸びる可能性はあるけど
倒れるの自体がずっと先だろうし
倒れ方によっては伸びる可能性を自分で潰しかねんからなぁ
甘く見て五分五分だろう
112. Posted by     2010年12月01日 08:45
>技術あるなら武侠小説アニメ化しろよ

漫画アニメ化だけど゛「風雲決」がある
悪くない
まあ原作漫画・メインスタッフは香港だけどね
113. Posted by としあき   2010年12月01日 09:00
残念だが中国人にはセンスがない
スタイリッシュって言葉が中国には欠けてる
そもそも日本を追いかける時点で間違ってる
独自の道を見つけない限り永遠に後進国だ
114. Posted by     2010年12月01日 09:02
香港は、本土ほど規制が厳しくないし、面白いアニメが作れそう。
とは思うけど、かつて隆盛した香港映画が、著作権侵害(=海賊版の蔓延)が激し過ぎて、製作困難になったことを考えると、やっぱ無理か。
115. Posted by     2010年12月01日 09:03
まずパクリと海賊版をどうにかしろ
話はそれからだ
116. Posted by    2010年12月01日 09:09
中国で日本のアニメみたいなのが出来て全世代がゲラゲラ笑うような時代が来た時、あの国は真の意味で超大国になってるだろうよ。
117. Posted by    2010年12月01日 09:13
日本で「非実在青少年」が規制されたら追いつくんじゃね?
118. Posted by     2010年12月01日 09:27
>やっぱ無理か

その手のアニメファンには注目されないが「マグダル」シリーズとかあるし大陸向けにアニメシリーズ作って商売したりしている所もある
その昔はノウハウ無かったり速さばかり求められたりでアニメ作りに適した環境ではなかったが、デジタル化によって敷居はずっと低くなった

大陸も少女漫画とかでは良さげなもの出てるし、そういうのがフィードバックされれば「違うもの」が出てくる可能性もある
今がどうでも将来がどうかはわからない、だから楽しい
119. Posted by ぱぱ   2010年12月01日 10:14
日本は逆に規制と子供現象で漫画アニメは衰退方向になるから
日本が下がるという意味では「追いつく」事も可能になるかもネ?
120. Posted by ばんばろ   2010年12月01日 10:32
中国製の三国志アニメの動きがディ○ニーだった時は噴かざるを得なかった。
そういう意味では、今の中国アニメは出発点なんだろうか?
121. Posted by     2010年12月01日 11:50
>あとは国がアニメや漫画の事業を重視してくれる事が必要なのかも。
逆だよ
政府が関わると大概クソつまらんものしか出来ない
122. Posted by ほぐ   2010年12月01日 11:51
まずは著作権の概念が不朽しないと、クリエイターが育たんだろ
123. Posted by     2010年12月01日 11:52
海賊版が中国共産党の利権な時点で
育つはずがないじゃん。
知的財産権メチャクチャなんだもん。
中国の優秀な美術家は中国国内に
留まらないよ。
あいつらそれを分かってるのかな?
124. Posted by 何というか・・   2010年12月01日 11:55
日本国内は何だかんだいっても
BDのBOXとか5万本ぐらいだけど、
売れたりするからな。
中国は割ればっかだし・・
都市部の奴らも金持ってるくせにな。
そもそも彼らはデジタルで形の
ないものに金をかけたがらない。
買わないことで製作者が育たないのは当たり前。
125. Posted by     2010年12月01日 12:03
日本人の多くは、世界に注目などされなくてもいいと思ってるのではないか。別に一位にこだわりがない。とにかく良いものを作りたいし、見たいと思っている。

文化大革命さえなければ、中国の伝統文化から湧き出てくるアニメと日本のポップなアニメの対決による相乗効果で燃える時代になっていたかもしれないのに・・・知識人はみんな殺されちゃったからなぁ。
126. Posted by     2010年12月01日 12:06
半世紀くらい日本の下請けやっても一向に芽が出ない反共国家がすぐ近くにあるから
共産党という体制のせいではないわなぁ。
単に無能なんでしょ。
127. Posted by      2010年12月01日 12:09
中国アニメは教育目的だから駄目というのがあるけど、むしろ最近の日本こそ、そういう教育道徳向けのアニメがなさ過ぎて駄目な気がする。
昔は存在していて、それなりにシェアを持っていたのだから、カンブリア気の迷いというわけでもないだろうし。

今からするとバタ臭くて古いかも知れんけど、ハウス名作劇場みたいなアニメはあったほうがいいと思う。
スポンサーについてくれる企業が厳しそうだけど、それこそクールジャパンなんていってる国が補助してNHKあたりがやるべきことだろうに。
・・・ガイナ&NHKあたりからNHKのアニメ感は「子供向け」か「客媚び専用」的な二択になってそうだけど。

安定して一年やれるアニメや、ゴールデン枠で家族で見られるアニメ。そしてちょいと道徳面で覚えられるアニメが必要だと思う。
本の読み聞かせを推奨するなら、名作アニメを家族で語って見るのもいいと思うんだ。
128. Posted by あ   2010年12月01日 12:12
アジアのアニメ競争は新興国がどこまで伸びるかじゃなく日本がどこまで落ちるかに懸かってる。
90年代から00年代の日本に到達する国は出ないだろうな。文化的宗教的に無理だ。
129. Posted by     2010年12月01日 12:13
ナタクって西遊記じゃ悟空にボコボコにされてなかったか?
あと悪さをする竜を懲らしめるとか逆じゃなかったっけ? こいつがパオペエ使って水を揺らしたのを竜宮の使いかなんかが注意しにいったらブッころされたって話だったような
130. Posted by g.a   2010年12月01日 12:14
政府が主導してるのは見込みないね。
別に民主主義でなくてもソ連みたいな例もあるし、日本のアニメに囚われなければ、そのうち抜け道くらい見つけるだろうよ。
この際、拝金思想を突き進める方向が有望じゃないかな?
131. Posted by c   2010年12月01日 12:49
まぁアニメが発展するにしても日本風の作画や構成と差別化しないと
韓国アニメみたいにリトルジャパンアニメと呼ばれ続けることになる
132. Posted by     2010年12月01日 13:29
日本は資源がないからアイデアを資源にするしかなかったんだよ。中国は地下資源があるからそれに依存しっぱなし。
133. Posted by    2010年12月01日 13:55
明日の�犠吒か…
134. Posted by     2010年12月01日 15:10
香港映画を今の水準にまで落とした海賊版の罪は重い。大好きなジャンルだったのに・・・。
個人的に中国アニメ界には「まんが日本昔ばなし」の中国バージョンを希望したい。
もしかして、もうあるんだろうか。それとも昔話特有の怖さの表現みたいなものも検閲対象になってしまうんだろうか?
135. Posted by     2010年12月01日 15:55
>79.
韓国人で簡単なロボアニメ作ってyoutubeに上げてた人に、「この続きが見たいです。続きは作らないのですか?」と訊いたら、
「お金がないからこれ以上作れないのです・・・。」と回答が帰ってきた。
日本なら、無償で自作アニメ作ってる人はそれこそ山のように居るんだけど、そんなヒマ人が存在するのは世界中で日本人だけなのだろうか?、と少し考えてしまったよ
136. Posted by     2010年12月01日 18:19
中国のクリエーターが作った同人アニメを見た事があるが、今の日本のアニメとレベル的には、全く遜色がない物を作っていた事に驚かされた事があった、だがそういう物を今の中国国内で放送は共産党体制である限り無理だろう。そんな作品が中国国内で堂々と製作、放送されたら民主化の幕開けだろうな。
137. Posted by      2010年12月01日 20:02
絵は個人レベルなら うまい奴ゴロゴロいるな中国
138. Posted by XYZ   2010年12月01日 20:59
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
中国のこの正々堂々的な感じは好きだよ。パチモン云々は置いといて

これが韓国の場合日本のアニメ漫画と瓜二つなデザインの物作って「これは韓国オリジナル文化だ」とかマジで言い出すから手に負えない
しかもそれを国が国費使って援助するからさらに手に負えない
中国のパチモンは単純な金被害で済むけど韓国の場合は文化その物が盗まれる
139. Posted by い   2010年12月01日 21:27
>>131
リトルジャパンアニメって呼ばれてるの?それ聞いて少し安心した。
実は韓国や中国が国をあげてアニメ作りに力を入れてきてるとか聞いて、しかも日本のキャラデザそのまんまパクってるから、日本のアニメと一緒くたにされないか心配だったんだよね。
140. Posted by     2010年12月01日 22:43
なーんかもやもやすると思ってた

ナージャと聞くたびにナーザ(ナタク)を思ってた事に気付いた絶対に許さない
141. Posted by 、   2010年12月01日 22:55
日本と似たような作品を作ってたら未来永劫
無理!!
それよりも別のコンテンツで勝負する事を
すすめるよ
142. Posted by     2010年12月02日 01:34
別のコンテンツか…どうなんだろ?

アメリカに追いつくっていってるけどアメリカでもやっぱりどっちかというとアニメは子供向けじゃないの?

ネズミーアニメじゃなきゃサウスパークとかパワパフ、アミユミ、シンプソンズとか。X-MENなんかのカートゥーン/コミックとか。じゃなきゃトランスフォーマー?
中国人にはアメリカンアニメっておもしろいのかな?

メリケンのクリエーターもジャパニメーションで育っている世代になっているそうだから、マトリクスあたりからむしろハリウッドムービー(実写/CG)がジャパニメーションに影響されて、向こうはアニメじゃなくて実写/CGでやってるだけで、エンタティンメントとしての基本的な方向性はあんまり変わらなくなっている気がする。

実際、ここ数年ハリウッドムービーでの日本アニメの実写化は結構多かった。ほとんどダメだったけどね。
143. Posted by     2010年12月02日 01:48
海賊版文化と共産党をなんとかしないと
1000年くらいかかるんじゃねw
144. Posted by     2010年12月02日 06:50
何がヒットするか分からない世の中だからな
ピクサーが今やアメリカを代表する3Dアニメプロダクションになろうなんぞ
誰が想像できただろうか

>>136
ttp://www.youtube.com/watch?v=ks1KWV051sU
これね。
アニメ会社が1からアニメを作るのではなく、こういう上手いスタッフを主軸にアニメ作ればいくらでもクオリティの高いアニメは作れると思う
145. Posted by post   2010年12月02日 13:39
韓国は一つ作品がヒットすればウリは日本に追い付いた、追い抜いたニダとか平気で言う人達
サブカルなのに勝ち負けでしか考えられない悲しい連中
146. Posted by 著作権者を保護せず偽物業者を保護してる。政府も関わってるから   2010年12月02日 18:30
なぜ追いつけないのか?ではなく何がしたいのか?だな。中国の国家イメージを良くしたい!それだけしか見えない。
147. Posted by     2010年12月02日 19:03
米67
>中国人は金が行動原理の超拝金主義だから、このままいけば独創的な文化は生まれないだろうな。

むしろさ、100%一銭も儲からないのを分かっていながら、自分の財産全部投じてアニメを1クール分作ってみた、とかさ。

私財投げうつどころか莫大な借金背負うの分かってて、それでも作った、とかさ。

そういう良い意味でのバカが、あの国の土壌でいえば最低でも100人か、あるいは1000人くらい居て、初めて日本のアニメや漫画に追いつく希望が出てくるかもね。
148. Posted by     2010年12月02日 19:27
日本人は世界中から勤勉だの働き者だの云われ続けてきた。一昔前は家庭を省みずに仕事に打ち込んでどうこう、とかいう話も多くあった。滅私奉公とか。

日本人が仕事に打ち込んじゃうのは、おそらく日本人の職人的な「気質」が、仕事に打ち込ませるんだと思う。

ただ単に金を稼ぎたいだけなら、それこそ働かずに強盗しちゃえばいいじゃん、ってことになっちゃうわけで。金を得る以外の何かを仕事に見出す、あるいは仕事をするという事そのものに強い何かを見出す傾向にあると思う。

いくら中国が変わって日本と同じような物作りの環境になったとしても、この民族的な「気質」が変わらない限り日本に追いつくのは無理だと思う。「最低限、視聴者が満足するレベルにしとけばいいんだろ?」的な人が大半を占めて終わるんじゃないかな。
149. Posted by    2010年12月02日 21:27
>148
ある意味、求道的な作り込みがアニメのような創作物の場合、如実に出るからな日本人は。
150. Posted by     2010年12月03日 00:43
水墨アニメはすごいんだけどなあ
151. Posted by     2010年12月03日 02:36
中国の政治体制がダメダメ言う意見が多いけど、仮に日本が中国と一緒のような社会環境になったとしても、それでも良いものが作れると思うんだ。

表現が規制されて、さらに海賊版が出回る環境で金にならないとしてもね。それでも、その悪条件の中で何とか抜け道を探して創意工夫し限られた中でも良いものを作ると思う。

例えば江戸時代に幕府は何度も庶民の生活に規制を出した。その規制は着用する和服の色や生活として使用する小物、もちろん創作物の表現なども含め事細かに及んだが、それでもあの手この手で可能な限り良いものを作ってきた。むしろ規制があるからこそ独自色を出すため発展して今では伝統品としての地位を持つまでに至ってる物もある。

中国のアニメを取り巻く環境はメチャクチャかもしれんが、その環境が良いものを作れない理由では無いと思う。
むしろ今その劣悪な環境の中であっても何とか可能な限り良いものを出そう、作ろう、そういう動きが無い以上は、環境が変わったとしても伸びシロは高が知れてると思う。

完全に子供向けで政治的な洗脳教育アニメしか作れない状況であったとしても、作品の内容は別にして、アニメーションなり構図なり演出なりの面で良いものは作れると思うんだ。おそらく日本人はそれをやれる。中国人では無理。価値観の違い。

水墨アニメが凄いと云われてるけど、採算度外視して水墨アニメを復活させる中国人が出てきたり、投獄覚悟で地下流通で作品が出回ったりなどの動きがあれば、中国は日本に追いつく可能性が出てくるんじゃないかな。
152. Posted by    2010年12月03日 17:29
1本2本いいアニメ作ったぐらいで調子に乗られてもな・・
キムヨナしかいない韓国を「フィギィア大国」とは呼ばないのと一緒だ
153. Posted by     2010年12月03日 21:29
去年あたりに中国でのアニメの年間製作本数は日本を超えてるって記事を見たんだが、その割にはこちらに何も伝わってこないのが、妙に不気味というかなんというか
154. Posted by     2010年12月03日 23:54
無理だろう

中国人の愛はすべてお金に注がれる

それも手っ取り早く稼げるものに
155. Posted by    2010年12月04日 07:00
まずはノーベル文学賞獲るのを目標にしろ

スクエニの社員じゃあるまいし「綺麗な絵=面白いアニメ」とでも思ってんのか?
156. Posted by     2010年12月04日 08:58
「日本の質の高いアニメも中国の美術スタッフが多く参加してるんだから能力的には不足してないと思う」

色塗りと中割が主体だろ
人海戦術が必要な部分を下請けでやってんだよ
中割や色塗りが上手くてもブレイクスルーできねえの

下請けで制作した絵を勝手に自分たちの「オリジナル作品」に使っちゃってる現状で、まず比較対象にすらならんわw
157. Posted by めっこーる   2010年12月04日 10:25
水墨アニメは見事だがキワモノだし手間も金もかかるんで普遍的な商業化は無理だな

つか、中国独自じゃねぇし。水墨アニメ創ったの日本人だし…円谷さんディスッてんの?
中国さん先ずは日本から離れろ。話はそれからだ
158. Posted by     2010年12月04日 13:11
日本アニメの模倣がダメだって言ってる人もいるが
守破離という言葉もあるし、今はマネして学んでる段階だろ
破と離がいつになるかは分からんが
159. Posted by    2010年12月04日 16:06
アニメ作品の内容がブレイクするより先に国がブレイクする予感w
160. Posted by あ   2010年12月04日 16:39
国がブレイクとか流石にないわーと思ったが近々「中華人民共和国」は亡ぶかもな…
歴史上あんなに国が消えては生えてきた大陸もそうはない
161. Posted by    2010年12月04日 16:50
中国だけじゃなく韓国・欧州にも言えることだが

日本ともアメリカとも違う新しい絵のスタイルを造らないかぎり世界は認めないぞ
162. Posted by 蝉丸   2010年12月04日 17:36
欧州つか、フランスを中心にバンド・デシネがあるじゃない
後は映像化に力を入れれば
163. Posted by a   2010年12月04日 21:18
バンドデシネはストーリーよりも絵に力を入れて進化したコミックだから映像化してもつまらんと思うよ
164. Posted by     2010年12月04日 22:00
「中国 アニメ」で検索してたら、「中国でもアバターは大ヒットの様相。にもかかわらず、自国の映画産業保護の名目で、当局によって三週間で打ち切り。人民は激怒」という話が

正確には2D版だけの打ち切りだが、3Dでの上映館はごくわずか
アバターを打ち切った映画館では、代わりに中国大作映画「孔子」を上映w

アバターの内容に反応したのではないか、って憶測もあるが、どちらにせよ、共産党支配の状態が続く限り、いろいろとダメっぽいな
165. Posted by     2010年12月05日 11:01
海賊品が横行してて、オリジナルを尊重してくれない風土じゃ、クリエーターが必死こいて良いものを作ろうとは思わないんじゃね?
166. Posted by    2010年12月05日 22:21
>165
商売だけでやってるならね。
日本に限らず欧米でもそうだと思うが、エンタメ系のクリエイターは金儲けよりも表現して発表したいって欲求の方が強い傾向があるからね。
問題は中国人がこの境地に達せられるどうかだな。
167. Posted by     2010年12月05日 23:09
下地って? スレ主も、中国5,000年とか真に受けてる人?



168. Posted by     2010年12月05日 23:43
>>166
そうだよね。損得だけで、やるかやらないかを決めるのが商売。

損得抜きで、やらずにはいられないのが創作活動。

その差だよね。海賊版が横行してようが、政府が独裁一党だろうが、金にならなくても自由なものが作れなくても、それでも挑戦せずにはいられない。そういう境地から良いものは生まれる。

日本はそういう境地から出発して積み上げてきた。

何度もいうが、海賊版とか政府の規制とか、そういうのはノイズではあっても決定打ではないと思う。決定的に欠けてるのは、金儲けとか損得などを核にした中国人の価値観。それが変わらない限り、いくら中国で海賊版が無くなり共産党が消えたとしても、日本に追いつくのは無理だし良い作品も出てこないだろう。
169. Posted by     2010年12月06日 14:50
司馬遷が損得や金儲けで史記を書き上げてたなら無理だと思うが
そうじゃないからこそ共産党崩壊があれば可能性はあると思える
最も崩壊したところで、そこからの再生の仕方次第だとも思うが
正直文革のダメージはでかすぎだし
170. Posted by あ   2010年12月06日 19:15
あれだけの人口がいて、誰一人「本気でアニメ作りたい!」って情熱持ってないのは、逆におかしくないか?
案外「個人」ではいい物作ってると思うんだ。ただそれが一般に流通して受け入れられるかは別問題なだけで・・・。
171. Posted by     2010年12月07日 12:39
いくら技術が高くても
その技術の生かし方を知らなければ
良い作品なんて作れるわけがない
172. Posted by     2010年12月10日 06:29
そもそも映画も文学も才能ある人いっぱいいたんだろうけど
それをつぶしてきたんだろうな
別に独自のアニメーションでいいのに
173. Posted by あ   2010年12月12日 08:05
3 無許可でオレンジ色のガンダム作ってる時点で向こう100年はだめでしょー
174. Posted by オレンジガンダム見たかったなー   2010年12月28日 07:19
ナージャの四人の竜王って、あれ「四人組」だよ。毛沢東没後の。となると連中を打ち倒したナージャは小平かw

つまりは極めて政治的なアニメ。力作ではあるけど、いつもの党映画。
175. Posted by     2011年01月13日 18:59
チベットのものいう鳥、向こうでは鳳凰なんとか、中国人がチベット方面の話を集めたアラビアンナイト形式の話。ああいうのでもそれを下敷きに面白いアニメ作れそうな気がするけどな。
SFでもファンタジーでも萌えでもロボでも。
176. Posted by     2011年01月20日 02:31
別に中国は中国で立派な文化や物語があるんだから

無理に(韓国みたいに)日本式でアプローチしなくても良さそうな気もするが
177. Posted by    2011年01月21日 14:41
あのぬるぬるした動きはけっこう好きだけどね
みんな日本と同じじゃつまんないよ
オリジナリティは残してほしい

哪吒太子のアニメは結構好きだ
178. Posted by     2011年05月03日 07:57
どうでもいいことだけど

国家広播電影電視総局

SFチックでカッコイイ名前だわ。
179. Posted by      2011年06月07日 21:37
ひょうたん童子のグロさにワロタ
180. Posted by 名無しさん   2011年07月09日 22:48
ぱくってるうちは駄目。
181. Posted by 赤壁   2012年01月18日 13:41
なんで日本を追っかけようとするのか理解に苦しむ。
日本人と中国人は思想も宗教観も全く違う。当然、アニメに求める内容も大きく異なる。

中国人は中国人に向いた中国のアニメを作れば良い。
中国式が身に合わないなら、日本語勉強して日本のアニメを観てれば良いじゃない。

それより中国人は、親中反日の某宗教団体が「中国様の為に」日本の二次元文化を滅ぼそうとしてる事はご存知なのかな?
ほぼ自己満足に近い中国信仰だけど、連中の工作員は政府内にも居るし…
182. Posted by モンクレール Gergy   2013年09月16日 09:14
?蒂娜ダンカンは宝飾腕時計専門家と、その神話のデザインも表示彼女の高級店,モンクレール Tierce.雄弁件の親族さんお世辞完璧なデザインのように見えるダンカンやデザイナーベストフレッドジーゲル,モンクレール Sebastien.記者さんについて親族が発売され、これらのハイエンドの位置は、同社の創始者?安娜のコメントによると、これは1種の栄誉に私の2013水着シリーズのデザイナー?蒂娜ダンカン

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon