2015年11月15日

海外読者「ラノベを海外で売りたいなら漫画の絵をなくせ。漫画の棚に置くな。無理に日本語を残すな」

・(最初に北米でのラノベの起こりと衰退を語っているが長いので省略)ラノベが売れない最大の問題は売り方が間違ってることである。これはとても単純なことで、ほとんどの「漫画」の読者はうわべだけのファンで、毎日熱心にキーボードを通じて自分の愛を語ったりしない。「ヴァンパイア騎士」や「ブリーチ」など話題になった作品を買う人々であり、コスプレイヤーが少女革命ウテナの格好をしてもわからない人々であり、高校か大学を終えれば漫画も卒業する人々である。
彼らが本屋の漫画の棚へ行くのは「本」を読むためではない。ゆえに漫画の棚にラノベを置くべきではない。これは自ら市場を狭める行為だ。彼らの会社の稼ぎ頭である漫画と彼らが売ろうとしてきた多くのラノベには関連がない。だから多くの漫画読者は「文学少女」みたいなタイトルに関心を持たず、仮に手に取ったとしても十中八九「小説?」と思って元に返すだろう。こんな売り方は正しくない。
次にアニメや漫画のファンだけに対象を絞るのをやめるべきだ。宣伝をAnime News Networkだけに任せてはいけない。彼らに宣伝させるなと言ってるのではなく、それ以外も使うべきだという意味だ。
そして3つ目に、日本の漫画(Japanese cartoon)的な見た目をやめること。これは最も論争になるだろうし、ファンの一部から大きな反発を受けるだろう。しかし、ついでに言えば日本語の用語や「〜様」みたいな接尾辞も残すべきでない。ファンの怒りは想像できるが、失うものと得るものを比較すればやる価値がある。市場の多数は漫画を読まないし、大多数は「〜様」や「手裏剣」が英語に残らなくても気にしない。
これを聞いて悲鳴をあげる人もいるだろうが、私はラノベから利益を得る方法を言ってるのであってファンを幸せにしたくて言ってるのではない。実を言えば私も「屍鬼」の若先生をOzakiやDoctorに翻訳する考え自体は好きでない。しかし売るために英語版から省こうという考えは好きだ。(この後「屍鬼」について熱く語っているが長いので以下略)


・これは全く同感。

・この話で思い出すのは(表紙を実写風に変えた)「狼と香辛料」だね。あれが売れたのか情報がないけど。

・「狼と香辛料」はこの例として相応しくない。中世の市場経済に関心を持つ人は少ないし、漫画の棚で売ってなかったか?原作ファンを怒らせるリスクもあるから厳しい。

・ハルヒのペーパーバック版も変な表紙に変わってたな。出版社は新しい表紙を作ることにかけては才能がないと思う。でも漫画の棚に置くなってのは賛成。ティーンか一般フィクションの棚に置くべき。原作ファンはどこに置いても買うだろうし。実は私も「〜様」とかは不要派なんだよね。ファンサブ等では気にしないけど。

・表紙で買う買わないを判断するって馬鹿げてると思うんだけどなあ。漫画で嫌いな表紙とかあるけど、それで買わないなんてことはない。

・ラノベを売るためには良い指摘だと思う。原作にこだわる人は原作を買えばいいんだよ。

・ファンタジー系のラノベはファンタジー読者に、SF系はSF読者に上手く売ればいいのに、とはいつも思う。ジャンル毎にファンがいるのにそれを無視するのは馬鹿げてるよね。

・ラノベって他所の書評を宣伝に使わないよね。漫画はしてるのになんでラノベはしないんだろう。

・マーケティングに問題があるのは同意するけど、日本語の用語や敬称はヤングアダルトに対しては異国要素としてプラスにならないか?それより普通の文章が上手に翻訳されてないんじゃないかと疑ってる。

・これはBL系のラノベとか特に思う。ヤングアダルト向けのああいう本は少ないんだから売るチャンスなのに。

・でもラノベの分類って難しそう。たとえばB&Nでは文学少女シリーズをティーンフィクションに分類してるけど、ハリポタやトールキンのような小説を期待した人は困惑するだろう。あと、私は好きなシリーズだけど「とらドラ!」はどこの棚に置いても英語圏で売れると思えない。話が長すぎるし、若い男子読者にアピールできないし、魔女や吸血鬼を求める人には平凡すぎる。

・ラノベが売れなかったのは内容がゴミのようだったからという可能性はないのか? 日本人が書いたGoosebumps(良くてTwilightシリーズ)に金を払う人がいなかったんだ。

・TwilightやVampire Diariesのような小説が多くの言語に翻訳されるのに「屍鬼」みたいな本が金にならないという理由で翻訳されないのは残念だ。


以上。
理屈のうえでは正しいと思います。ただ、絵をなくして全く売れずファンも総スカンという危険があるのでよほど売れる自信がないと厳しいのではないでしょうか(原作側が許可するかという問題もあるし)。
そういえば「オーバーロード」はああいう絵ですが、アメリカでどうなるか注目してます。

fairypot at 00:13│Comments(22)

この記事へのコメント

1. Posted by 管理人   2015年11月15日 15:38
ソースはこちら

https://gargarstegosaurus.wordpress.com/2011/01/02/the-failure-of-the-light-novel-in-america/
2. Posted by    2015年11月15日 17:07
根底にあるのは日本と海外での漫画と小説に対する認識(イメージ)の違いなのかな
彼らにとってのラノベと日本におけるラノベは意味が違う気がする
屍鬼はラノベにカテゴライズされる内容ではないし、実際に書店でもラノベとして扱われてはいない
3. Posted by    2015年11月15日 17:09
海外小説(翻訳版)をよく読むけど表紙が原典と同じかどうかなんてまず気にしないからなー
結局は小説(と翻訳)の質が問題ということか
十二国記の海外版みたいに、漫画風ではあるけど抑制された感じ、なおかついくらか異国ロマンもあり・・・みたいな感じがベストかと思う
あちらのイラストレーターに新たにリアルめの挿画を付け直してもらうのも作品によってはアリなのでないの
4. Posted by 名無し   2015年11月15日 19:00
どうせ買わないのに口うるさいなあ
5. Posted by ななしさん@スタジアム   2015年11月15日 20:44
他文化を受け入れる度量がないならほっとけよ白豚ども
6. Posted by 名無しさん   2015年11月15日 20:52
日本国内でもラノベはそもそも漫画の棚ではないな。ちゃんと文庫の棚だな。もちろんライトノベルとしてくぐられてるんだけど。

ただ、ライトノベル自体が日本の文脈にのっとたものが多すぎて難かしい気もする。
そもそもライトノベルというジャンル自体がSFやファンタジーを全て内包しているという凄く難しいジャンルだからなぁ。
7. Posted by     2015年11月15日 21:44
これは小説や漫画が実写化したときにどれだけ原作に寄せるかにも通じると思う。いくら原作ファンを喜ばせてもその他大勢に売れないと意味ないんだよね。
8. Posted by     2015年11月15日 23:02
こういう事叫んでおいて「日本のオタクコンテンツは閉鎖的だ」って言うんだから
すごいよな
9. Posted by それ以前に   2015年11月16日 21:07
ラノベみたいな日本の恥を世界に持っていくな
10. Posted by とある日本さん   2015年11月16日 21:33
ライトノベルと言うても基本は小説だからねぇ
 朝日ソノラマとか大陸ネオファンタジーが生きてた頃の作品はラノベで出して後でハヤカワSFとか普通の小説のレーベルで出し直す作品も有ったりする。

 何処から何処までをラノベって言うかって所もあるしねぇ…ラノベのつもりで読んだらアララ、お子様に読ませるもんじゃねぇって作品もあるし(ハゲのオーラバトラー戦記みたいな奴がwww)
11. Posted by 名無しの権兵衛   2015年11月16日 22:53
>>8.
あいつら基本的に俺らに合わせろだからね
ダブルスタンダードもお構いなしだ
12. Posted by -   2015年11月17日 00:32
そもそも変な語尾でキャラ付けしてたりするから、訳すと誰が言ってるかわからん状態のものがあるんだろ。
やめとけ
13. Posted by 名無しの権兵衛   2015年11月17日 02:22
要するに「ローカライズ」が不十分って言いたいんだろうな
そして、ローカライズが不十分なのは「ライトノベル」って言うカテゴリ自体が足かせになってると言いたいだけの話と見た。

まぁ、大なり小なり当たってると思うよ。
今じゃ、出版レーベル次第でラノベかそれ以外の小説なのかで分かれているくらいで物によってはラノベなのか一般小説なのか分からない物ってあるし

例えば、図書館戦争書いた人の自衛隊三部作とか、最初の奴はラノベレーベルだったし
14. Posted by 名無し   2015年11月17日 05:09
題名のみ記された表紙に挿し絵も無い特徴取っ払った棒読み的直訳文読んで楽しいか?
ポッターがそうだったら俺は買わねぇ。
15. Posted by 名無しさん   2015年11月17日 06:44
一般小説でも表紙買いさせるため漫画絵あったりするけどね
16. Posted by 名無しさん   2015年11月17日 06:48
※10
お禿さんは射精大好きだしな
17. Posted by    2015年11月18日 02:22
ラノベがアニメ化やコミカライズを見据えて企画されている前提を無視した間抜けな意見だな
出版社がわざわざこんな趣向の狭い奴をターゲットにする訳が無いだろ
18. Posted by    2015年11月22日 21:31
オタク色を排して売れる効果よりもオタク色で売れる効果の方が強いだろ
現代日本の一般文芸なんてラノベより売れてないのに何言ってんの
19. Posted by    2015年11月28日 23:51
ラノベみたいなエロゲの出来損ないを海外に持っていかれるのも問題だから翻訳なんてするなよ
20. Posted by 名無し   2015年12月06日 15:59
まあ十二国記のイラスト無し版も、
あの表紙を大人が買うの恥ずかしいからという要望の元に、
通常の文庫版が出たらしいからな。
21. Posted by 名無し   2015年12月12日 19:23
海外のアニメファンは活字嫌いのイメージ
字幕すら読むの嫌がるし
一般層に目を向けろというのは一理ある
22. Posted by い   2015年12月25日 00:33
外人に合わせる必要なし
かえって媚びるとますます駄目になる

どこのコメでも※9見たいなのが涌くんだよな
もう不治の病みたいなものかw
とっととくたばってね

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon