2016年06月15日

小説「オーバーロード」英語版を原作と読み比べてみた

obaro01
obaro02
obaro03


お喜びください。「背表紙の文字が小さくて何巻かわかりにくい」問題は英語版だと改善されています。原作は今後もあのままだろうけど、英語版なら問題なし。やったね!
英語版は16歳以上推奨。そして20ドル。高い。


・あの単語、どう翻訳したの?

ヘロヘロHeroHero、ぷにっと萌えSquishy Moe、餡ころもっちもちAnkoro Mocchi Mochi、タッチミーTouch Me、ルシ☆ファーLuci☆fer、ぶくぶく茶釜Bubbling Teapot、死獣天朱雀Death Suzaku。
英語版は「さん」をつけません。みんな呼び捨て。みんなマブダチ。

厨二病
never get through adolescence(思春期が終わらない)

ちなみに、ビッチである
By the way, she's a bitch
(日本語のビッチは性的に不真面目という意味ではslutやwhoreのほうが近いと思うけど、そのままだった)

周辺1キロ
a half mile
(アメリカはキロメートル使わないため。0.5マイルは約0.8キロ。少し縮んじゃった。作中のメートルもフィートに換算されてる)

ヤツメウナギ
dirty rabbit(汚いウサギ。なぜウサギかというと、常に盛りがついてるイメージがあるため)

コキュートスの喋り方
すべて大文字で「WHAT IS IT」みたく喋ります。
シャルティアの「〜ありんす」は私が認識する限り消えており、普通に喋ってます。そのため、コキュートスとマーレ以外は誰のセリフかわかりにくいシーンがちらほらと。

伝説のアレ
legendary you-know-what

くふふふふ
tee-hee-hee
(再翻訳すると女性のウフフ的な笑い)

魔人
evil spirits

嫉妬マスク
jealous mask
(クリスマスイブに一人でいることがなぜ嫉妬なのか括弧書きで説明あり。海外だと家族と過ごす祝日の印象が強いため)

翻訳こんにゃく
translation gum
(元ネタ通じるのか?)

巫女、符術師、仙人
miko, talisman wielders, mountain hermits

500円ガチャ
five hundred yen gacha
(これも直訳だけどgacha通じるの?)

国堕とし
nation breaker

fairypot at 14:08│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by    2016年09月08日 00:15
国墜としnation breakerってなんかダサくなったな
しかしこんにゃくをガムにしちまったか...
思い込みかもしれないけど欧米は日本の独自のものを欧米にある何かに置き換える傾向が強い気がする スシとかそのまんま伝わる事もあるけどお好み焼きがパンケーキとか
でも日本ではパンケーキはパンケーキ さらにベースボールみたいな奴は新しい名詞を作って野球と認識されたりと
2. Posted by 名無し   2017年02月26日 16:03
※1
過渡期だから。
日本は漢字があるから、パズルのように新しい言葉を創作できるから柔軟に対応できるけどね。
3. Posted by     2017年03月07日 05:24
※1
日本だって昔は 洋物の日本物への置き換えは多かったぞ?
たまたま君がしr内だけではいかな
4. Posted by 名無しのILOVEJAPAN   2018年07月20日 01:25
※1
あっちは日本人のミュージシャンが英語の歌詞を無理やり混ぜていることをクソダサいと思っているよ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
with Ajax Amazon