管理人の雑談

2010年09月06日

誤訳発覚!

 前回の記事で日本人女性の「支払いをどうするか心配してない?」は実際は「支払いをしてくれない?」ではないか、という指摘を頂き、本文をよーく読んだところ、Aren't you guys going to take care of the bill now?は確かにtake care=世話するで(takeを見落としたのね)、この日本人女性は支払いを気遣ったのではなく、支払いを男性側に催促してるとわかりました。
 となると、あとの文章も男性側は「男に支払う余裕があるなら男が支払うべき」=そうしたかったけど催促されるとムカつくわー、と全然意味が違ってきます(どっちにしろ器が小さいけど)。「日本人は割り勘が一般的」と説明した人の意図がイマイチわからないんですけど、私と同じように誤読したのかもしれません。
 というわけで、ごめんなさい!

fairypot2 at 10:21|PermalinkComments(57)

2009年11月11日

全面戦争だ!

「うちはおでんに鶏の骨付き肉を入れてた」とK嬢に言うと返ってきた言葉がこれです。宣戦布告と取りやがった!そんなに変かなー。
ググったらおでんに鶏肉を入れる人はそこそこいました。でも、我が家は最初から入ってたわけじゃなく、ある日にたまたま鶏肉を入れたら私が好きになったので「これからは鶏肉を所望する!」となったわけです。私以外は食べません。私専用の具なのです。

なお、二人で話してる間に酔ったK嬢が放った史上最低のセクハラ質問が「一周して逆に面白かった」ので紹介します。興味ある人は反転してご覧ください↓

K嬢「私らって一部でカップルと思われてるよね?」
私「うん。まあ、男女で仲よくしてたら普通そう思うんじゃない?私達って変な関係だからね」
K嬢「だよねー。私、別にあんたとセックスしたいとか思わないし。あんたは私とセックスしたいの?」
私「は…?(絶句)」
K嬢「セックスしたい?どうなの?」

もはや禁酒法しかない(酔わなきゃ良い子なんです)。

fairypot2 at 00:18|PermalinkComments(132)

2009年11月09日

K嬢と注射談義

昨日のちびまる子ちゃんを見て、「皮下注射は痛いぞ。あんなので気が紛れるか」とK嬢から電話がかかってきました(おさらいすると、K嬢は私の知り合いで新型インフルエンザのワクチンを打ったばかりの看護婦さんです)。

私「子供への配慮じゃない?やさしい嘘ってやつ」

K嬢「納得いかんなー。静脈注射なら無痛もわかるけど」

私「あー、上手い人は全然痛くないよね」

K嬢「そうそう、プロはすごいよ。筋肉注射とかはどうやっても痛いけどね。私も研修のときは採血で苦労したな」

私「グサグサやっちゃうのか。恐怖だね」

K嬢「間違って神経に当てたり(笑)電気がビリビリ来る感じらしい。でも、血管が見難い人もいるんだよ。貴様はサイボーグかよって感じの人」

私「太ってる人か」

K嬢「いや、痩せてて見難い人もいる」

私「注射を練習するキットとかあるんだっけ?」

K嬢「あー、偽物の腕があるよ。でも生身が一番良い!友達とか家族を練習台にする人もいるし」

私「それは聞いたことある。「ナースのお仕事」でもやってたね。私は絶対断るけど」

K嬢「私の時は練習台おらんかったなー。あんたがいれば使ったのに」

私「いやいや、だから断るってば」

K嬢「献血と似たようなもんだよ?むしろ、献血の針より細いから痛くないよ。一瞬で終わるし。お礼に牛乳あげたらやったでしょ?」

私「牛乳1年分とかなら考える」



ちなみに、安全・上手にできる注射マニュアルとか注射のハウツー本ってたくさんあるんですね。でも、読んでわかるもんなのかなー。

↑これは「牛の肛門から手を入れて行う触診」の再現装置だそうです。ここで写真を撮ったのはウケ狙いなのか、本当に牧場のそばでやってるのか、どっちだろう……。

fairypot2 at 15:07|PermalinkComments(108)

2009年11月03日

なぜ私は「アルジャーノンに花束を」を楽しめなかったか判明

 先ほど風呂に浸かっていた時にわかったのですが、この前に読んだ「パズルの軌跡―穂瑞沙羅華の課外活動 」が原因だとわかりました。ネタバレになるので詳しく言えませんが、ヒロインが脳手術によって自我を消す事に主人公が反対するシーンがあり、(ぶっちゃけアルジャーノンの手術とは全然違うんですけど)このやりとりが頭に残ったままアルジャーノンを読んだせいで白痴チャーリィにアンチ意識があったのだと思われます。半年後くらいにまた読めば違う感想になるかも。

 でも、天才期間のチャーリィが人間関係の辛さばかり語って、勉強する楽しさとかをあまり語らないのは今の時点でも変だなーと思ってます。数学にしろ何にしろ学問を探求するって友人を作るのに負けないくらい楽しいと思うんだけどなー。作者に「一人ぼっちは可哀想」って思い込みがある気がします。「数学おもしれー。これからは数学に身を捧げよう。数学が友達だ。パン屋?知らんがな」とチャーリィが思っても良いと思う。世の中にはボールが友達って人もいるし。

fairypot2 at 21:28|PermalinkComments(101)

2009年11月01日

「アルジャーノンに花束を」を読んだけど全然面白くなかった

 まずジャンルがSF小説ということにびっくり。名作にこんな事を言うと叩かれそうだけど、全然面白くなかったです!悲劇的でドラマ性はあるんだろうけど、このチャーリィという人物に少しも興味がわきませんでした。最初のチャーリィ(白痴時)の文章を読むのが苦痛で、だんだん天才になっていって面白くなるかと思ったけど、特に面白くなく、また白痴になっていく所も読むのが苦痛でした。
 これは私が天才萌えなせいだと思います。たぶん私は天才かそれに近い人の行動じゃないと微塵も興味わかないんだなー。頭が悪かった人が賢くなる過程とかどうでもいいし、凶悪犯罪者の分析とかも興味ないし(レクターみたく天才犯罪者は歓迎)、賢い人の鋭い思考を見せてほしい。

fairypot2 at 22:28|PermalinkComments(37)

2009年10月23日

四肢のあるサメってそんなにオリジナリティあるのかな

漫画「トリコ」に出てきた読者投稿のグランドシャークがドラクエのモンスターのパクリらしい話を聞いて思ったんですが、名前はともかくサメに手足をつける発想はそんなに珍しくないんじゃないですかね?気になったので探してみました。



SPORE スポアというゲームでゲーマーが作ったクリーチャーだそうです。


シャークマン!これはちょっと違うか(笑)


タトゥーに使われたデザインだそうです。


キングシャークというキャラです。元々はSuperboyというアメコミの悪役だったけどAquamanという作品に出張したキャラだとか。このフォルムはかっこいいなー。アメコミのこういう味のある画風って好きだ。トリコも筋肉隆々なキャラが怪物と戦う点はアメコミ似かも。

Aquaman Sword of Atlantis #46 (Crown of Thorns)
キングシャーク負けるなー(泣)


いろいろググったんですがこの4体しか見つかりませんでした。もっといると思ったけどなー(サメに限定しなければタンノくんとかいる)。トリコの一件は置いとくとして、「作品やキャラが偶然カブる」っていつか誰かに起こるわけですけど、潔白を証明するのは無理ですよね。運が悪かったと思うしかないか……。

fairypot2 at 19:11|PermalinkComments(130)

2009年10月19日

「パズルの軌跡」読んだ

パズルの軌跡―穂瑞沙羅華の課外活動 (ハルキ文庫 き 5-4)
初めに言っておきますが、未読の人にはよくわからないし、読みたくなるとも思えない感想です。

↑第1弾を表紙買いしちゃった私ですがもう第2弾出てたんですね。表紙に関してはやや不満ありますが(綿貫くんが若干「鈴木先生」みたくなってるよ!)、内容に関してはまずまず。加速器ネタでこう来たかって感じです。前回が小さな土地で大宇宙を扱ったのと対照的に今度は世界を渡って小さな自己を見つめるお話。ハードボイルドな場面もちょっと混ざってますが、作者が意図的にやってるのかすっごい事務的な描写なので読んでて熱くはなりません。うん、この作品にハードボイルドは要らないよね。家でPC打ちながらお喋りするシーンが似合ってる。
世界一女っ気のない天才巨乳女子高生こと穂瑞沙羅華が本作でどうなったのか心配でしたけど、うん、納得できる状態でした。あとがきによると前作で沙羅華に萌える読者が急増して作者は戸惑ったそうですが、できればそのままゴーマイウェイで言ってほしいです。漫画版はデレすぎ。男爵ディーノのかがみさんが言ったことですけど「ぎりぎりコミュニケーション可能でキュートなキチガイ」ってなぜか魅了されるんだよなー。私も一人ほしいよ。
職を失いかけてまで海外に沙羅華を探しに行く綿貫くんに狂気じみたものを感じないでもないけど、キュートなキチガイのためなら気持ちはわかる。仮に普通でも女子高生なら仕方ない。社会人になって女子高生と接点があれば死守したいよなー(援助交際は別として)。
「年収5億です」より「年収500万だけど女子高生の友達がいます」の方がステータスとして凄いと思う。どうみても後者の方が勝ち組。

fairypot2 at 12:43|PermalinkComments(89)

2009年10月17日

新型ワクチン1回でOK。K嬢は大喜び。

最近、病院の命令でインフルエンザのワクチンを打ったK嬢(花も恥じらう美人ナース、と書けと言われた)はやけに機嫌が悪く、ワクチン跡が痒いせいなのか、私が鳥取でお土産を買わなかったせいなのか疑問でしたが、新型ワクチンを2度も打たなきゃいけない事が原因と発覚。以下、電話での会話。

K嬢「やっと痒いのが治まってきたのに今度は新型ワクチンだよ。最悪」

私「優先順位が最初でよかったじゃん」

K嬢「ちっとも良くない。順番は後でもいいから料金免除してほしいよ」

私「あー、あれ実費なの?」

K嬢「うちは実費。前のは2500円払ったわい。病院が負担してくれる所もあるんだけどね。うちの病院はケチだー」

私「お年寄りとかも実費?割引とかないの?」

K嬢「えーと高齢者は何割か免除。赤ん坊もそうだったような……どうだっけ?とにかく今度のやつは2回打つから料金倍以上だよ。バイキルトだよ。ほんとに2回も要るの?陰謀じゃない?」

私「さあ」

K嬢「前も言ったけどワクチンのおかげで患者減ったら国の出費も減るんだから少しは補助してほしいよ。全額実費で補助は地方でしろとか汚いよね。さすが政府だ。汚い。(ブロント語録?)インフルエンザのワクチンって痛いし、お金かかるし、打っても駄目だったりするし、みんなよく打つよね?」

私「看護婦がそれを言うな」


という感じでしたが、どうやら新型ワクチンは1回で良さげだとわかって大喜び。
よかったね。バイキルト知ってるのは意外だったよ。

fairypot2 at 01:28|PermalinkComments(11)

2009年10月16日

不況のおかげでCO2減ったそうです

 日経新聞で読みましたが、不況のせいで車の生産量が落ち込み、日本の大手自動車企業5社は90年度比で39%CO2排出量が減ったそうです。早くも25%クリア。やったね、たえちゃん!
 というのは冗談で、恐るべし不景気パワー。リサイクルだの何だのするより生産を減らせば一番効果的。わかってるけど改めて凄いなと思います。私も不況のせいで苦しんでる身なので(くわしく言えない)早く景気が良くなってほしいですけど、環境にとっては今の方が良いんでしょうね……。高度経済成長期なんて環境破壊しまくってたでしょうし。景気回復と環境保護ってけっこう矛盾してます。グリーンニューディール政策も話だけ聞けばできそうな気もしますけど、本当にできるのかなー。

fairypot2 at 13:44|PermalinkComments(122)

2009年10月13日

鳥取いってきました

 私用で行ってきました。鬼太郎をあちこちで見かけましたけど、それよりも米子駅で見つけた謎の萌えキャラが記憶に残ってます。あれはなんだろう。バター飴かヨーグルトのマスコット?帰ってからも気になって仕方なかったので記憶を頼りに「米子駅、マスコット」とか「バター、マスコット」でググってもヒットせず、最後に「蒜山、萌えキャラ」で画像をググったら発見!

 これです!この子です!サイトの人も言ってますけど、特に名前もなくお店的に大してプッシュされてないカワイソーな子です。もったいないなー。容器に使ってたら買ったのに。
 帰ったら何だか喉が痛い。インフルエンザかなーとK嬢に電話で聞いてみたら「食欲あるなら大丈夫。ないなら病院行け。治るまで私の半径10m以内に入るな」とのお達し。「保健室の死神」のハデス先生でさえ2mだったのに……。ちなみにK嬢はインフルエンザのワクチンを打ったそうです(新型じゃない)。「国がワクチン備蓄に熱心なのは医療費かさむと国庫が痛むからなんだよ。人間、金がからむと仕事早いね」との事。ワクチンは打ったところが熱くて痒いらしい。カユイ…ウマイ…。

fairypot2 at 13:45|PermalinkComments(9)
with Ajax Amazon