2007年06月21日

<鍛えるということ・掘

ハックスクワット 単に痩せたいのか、スタイルを具体的にどう変えたいのか、関わるスポーツは瞬間的に爆発するような筋力を必要としているのか、ある程度の筋力の強さを維持できるパワーを必要としているのか、そこそこの筋力を長く維持する筋持久力を必要としているのかでも鍛え方は違う。

 各々の人間には反応の良い部位と、なかなか反応して発育してくれない部位とがあり、細かい対処も必要となる。

 7200kcalで脂肪1繊安全に脂肪だけを落とせるのは週に800gほどなので月に4.2前幣紊慮採未魑泙い任呂い韻覆せが分かる。

 人間は最初に能率の良い燃料から使い出す。炭水化物は無酸素で燃えて(ネアロビックな燃料)1gあたり9kcal、それに比べて脂肪や蛋白質は1gあたり4kcalで、燃えるには酸素が必要(エアロビックな燃料)だ。

 最初はネアロビックな燃料だから調子良いが、それが切れるとエアロビックな燃料になり呼吸が苦しく、力もでなくなる。炭水化物は筋肉中に蓄えられる事から考えれば筋肉量も大切だ。勝負する日が決まっていればグリコーゲン超補充というやり方もあるのだが、説明が長くなるのでこの時点では省く。

 一流の400m走の選手はゴールまで息を止めていられるらしい。また、野球などで肩で息をし出すのは、炭水化物が切れ酸素を必要とした効率の悪い燃料(脂肪や蛋白質)を使い出している証拠でもある。

 ダイエットに関しても誤解が多い。ゆっくり長く運動すれば脂肪が燃焼されると言う場面を見かけるが、どっこい最初に使われるのは無酸素で燃える炭水化物。脂肪の燃焼を考えるのなら30分以上は運動して、呼吸が苦しくなってからどれくらい続けられるのかが問題となる。

 また、エネルギーコストで比べると、有酸素運動は終えればそれまでだが、強度の高いハードトレーニングはその後高い代謝が続き、無駄なエネルギーを熱として燃やし続ける。体脂肪の減少効果は強度の高いトレーニング(無酸素運動)の方が有酸素運動よりも9倍優れている事が分かっている。

 もちろんLSD(ロング・スロー・ディスタンス)のように長くゆっくりと走る事は心肺機能や毛細血管の発育を促すので日常生活からハードなトレーニングに至るまで有効だ。

 減らしたいのは体重ではなく脂肪だという事を肝に銘じること。

 筋肉中と僅かに肝臓周りに貯えられるグリコーゲン(炭水化物)は、1gあたり3gの水分と結合している。炭水化物を我慢すると(あるいは食べないで我慢すると)体重が落ちるのは、実はその殆どが水分だからだ。だからすぐに元に戻る。そしてその間にも異化作用で筋肉を中心に骨・体液・血液は分解されて使われて基礎代謝は落ちる。太りやすくなること、山の如しだ。

 食べるのを数日我慢すれば、人間の身体は対処し始め代謝速度を落とし生きながらえようとする。摂取カロリーが増えても対処できず、体重は前よりも早い速度で増え、その殆どは脂肪となる。

 ある程度カロリーを控えた食事を取るのならば、土日だけ普通に甘いものも食べるなどして、身体に対処させない事が減量の近道だが、こういう見解も見かけない。


 ・・・とりあえず前置きはこれくらいにしておく。

 
 

faithischoice at 12:29│Comments(5)clip!トレーニングについて 

この記事へのコメント

1. Posted by ほげた   2007年06月21日 15:26
いつも興味深く読ませて頂いております。
僕としては脂肪を減らしたいというより、カヤックで速く遠くまで漕げるようになりたいです。
でも、今の僕の段階では自分の肉体を改造する云々よりも、正しく効率の良い身体の使い方をマスターするのが先かな。
最初は腕、次に背中、それから腹筋…。
カヤックで海に出るたびに、帰ってから筋肉痛になる部分が変わってくるのが興味深いです。
2. Posted by Shu   2007年06月21日 23:54
筋肉痛になる部分の簡単なトレーニングと柔軟性を高める事から始めてみてはどうでしょう。

自分は9時間、10時間後にはお尻が一番痛くなります(笑)。

3. Posted by はたけやま   2007年06月22日 12:03
Shu’sブートキャンプのDVDはいつ発売になりますか。
ゴムの紐は付属しますか。

入隊希望!
4. Posted by Shu   2007年06月22日 12:39
自分さえ良ければいい人間なので、発売予定はありません(笑)。

11月に自宅地下室で集中トレーニングは企画しています。新潟の方から複数人来る予定です。
5. Posted by はたけやま   2007年06月22日 15:02
えっ・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔