個人的には世代レベルなんか量産型のタメ口ハーフモデルぐらいどうでもいいと思っている


    見るべきは「世代レベルではなくレースレベルそして馬個体の能力適性 」ではないか


    まあそれを置いといたとしても


    その世代レベルの測り方自体がおかしい



    ①ダービーは時計が遅い→今年の3歳牡馬は低レベル(単にそのレースの時計がが遅かっただけで弱いとは限らない)

    ②ソウルがフランケルだしオークスの時計が早いから今年の3歳牝馬はハイレベル→(オークスは時計の出る馬場で断然有利な内枠で前。外で後ろから3着のアドマイヤミヤビの方が強い競馬。血統で過剰評価)

    ③ソウルが毎日王冠で負ける→やっぱ大したことない(状態が悪い&苦手な究極の瞬発力勝負 不利な質のレースかつ休み明けで一回負けただけで決めつけるのは早計)

    ④ソウルが天皇賞で格好をつける→やっぱそれなりにレベル高いんじゃね?(極端な馬場で評価が難しい 鵜呑みにできない)

    ④スワーヴとモズとペルシアンが勝つ→やっぱ3歳レベル高い!サングとミノルも掲示板じゃん!(うち伸び前有利馬場で内で前だが楽勝。スワーヴは強い競馬。ただモズは内と前が有利な馬場展開で上手く立ち回っての勝利。ミッキークイーンの方が強い競馬。ペルシアン外差し馬場でレベルの高くないメンバー。馬の強さより鞍上のうまさが際立った。エアスピネルの方が力は上だがキレで勝った。というかマイル)

    現在3歳が重賞6勝でもレースの質が触れられないのがおかしいし、そもそも函館スプリントと福島記念とスワンSは距離またはレベル的に関係ない

    エリ女とマイルCSはそこまで強い勝ち方したわけではない

    確実に強い勝ち方だったのはリチャードのアル共ぐらい

    だからスワーヴを負かしたレイデオロはもっと強い!とはならない

    リチャード成長もあるだろうから今やったらどうなるかはやってみないと分からないしダービーもどスローで特殊なレース。



    まあなにが言いたいかというと

    勝ったら強いは浅い 負けて強しもあるのに勝ったら世代レベル高いとすぐになる

    しかもJCに関係の無い距離で3歳が成績を残したことまでJCの判断材料に含まれてしまう

    レースの結果だけでなく質をみないと正しい分析はできない

    走るのは世代レベルでは無い

    馬個体である




    、、、とは言ってみたが

    なるべく多くの人にそういう分析力が無い方が馬券的には助かるんだけどねw

    まあJCはどうせキタサンが勝つと思うが

    もし負かすとしたらレイデオロかな でもつかないから買わないだろう。

    JCは複穴候補タンタアレグリアさんが回避でやる気がないw

    だったら見学して純粋にレースを楽しもうかなという感じ

    (馬券は断然京阪杯の方が

    勝っても不思議はないがキタサンは有馬は残念ながらあまり合わない 

    だから適性の高いJCをキッチリ勝ってもらいたいね


    バイジェリコ〜


    最近お気に入りのウイスキー(関係性w
    ↓ ↓ ↓








    それではもう一度歌って頂きましょう!

    福永祐一さんで
    「風に吹かれても」!!!

    ーーーーーーー



    ずっと前から主戦だったのにどうしてこんな目に合うのかな?


    お互いが、、、、

    ーーーーーーーーー


    、、、できなかった




    詫び電入れても何も始まらない
    (主浩 無視)







    デムルメに移りゆくものでしょ〜♪
    (シュバル→デムーロ
    ヴィブロス→ルメール)





    インづき を狙あっても〜





    遺影 遺影 遺影!!





    詰まるようにしかならないし〜







    欧来(オウライ)! 
    (デムルメ来航)




    ザッツウェイ!!







    ジャスタウェ〜イ(元ネタ)






    トゥ トゥル トゥル トゥル







    トゥルー!!!




    アンジェリコのG1成績
    ↓ ↓ ↓





    ハイまたデムーロでーす!

    藤田伸二さんが「また外人か!」

    いうてると思ってツイッター見に行ったら

    何も呟いてませんでした〜




    よろしくないやん!!!


    冗談は少しにしといて真面目にやるよ〜




    分かりやすく単純な外差し決着です

    ブラックムーンが後ろから外回して追い上げてるのがその証拠

    あとグランシルクも迫ってるようじゃ

    レースのレベルもたかが知れてるよという感じ

    京都マイルは普通インベタしたのが有利なんだが外差し馬場で逆になったね


    注目は唯一前目で粘ったレーヌミノルと和田。時計かかる馬場得意で底力はありそう。鞍上もG1戦線で何度も穴を上位に持ってきてます。ミノルはスプリンターとしてかなり期待できる気がするね。来年の高松宮とスプリンターズを盛り上げてもらいたい



    外差し馬場だが道中は内中で足を使わず運んで直線は外がベスト。そんな中1〜3着はみんな上手く乗りました
    (コーナリングで振られず直線を向いてから外に誘導しているのもポイント)

    僕が昨日言ってたのをマジで実行してきたよねw

    道中内で直線伸びる外。ペルシアンとサングなんかそうじゃない?

    エアスピは中かな でもロスは一応抑えられてはいる。


    エアスピもキレがないからやや早めの仕掛けで凌ぐ形は正解 ムーアはよく乗ったと思うよ。1番強い競馬をしたね。底力はあるけど今後もキレ不足になくキャリアになりそうな。



    ペルシアンはシンザンや富士Sみたいな馬場でも格好はつけてたし。高速じゃないとダメは暴論だったねw 流石に言い過ぎたかな。結果的に後ろから行って内だから 大外枠のマイナスはなくなった。アーリントンの勝ち方から元々マイルでは結構強い。ハービンジャーよりはキンカメディープ感が強いイメージ。ただ外差し馬場展開と鞍上のファインプレイもあるから絶賛するほどではないけどね。まあペルシアンはどちらかというとブレーキ踏まずにスムーズに加速したい外伸びタイプだから外差し馬場で内がガラ空きで、そこから伸びる外にスムーズに誘導できたのがでかい。ブレーキを踏まずに加速できたからね。来年は普通の内が伸びる馬場ならタイプ的にマイルCSは合わないと思う。外伸びタイプのペルシアンには安田記念の方が向きそう。距離も2000は長いからモーリスのような天皇賞を勝つほどの馬にはならなそう。基本は人気体質だからあんまり過信しない方がいいよね。



    サングレーザーは福永が距離が足らないのをロスなく運んでごまかし、直線で伸びる外に持って行った完璧な騎乗。でも、1、2着にはかなり差が感じられたね。14ベストでマイルは本質的には長いだろうから14のg2、3コレクターなりそう。マイルG1で今後人気が上がるようなら逆に消した方が妙味かな。


    ヌルいレースだったけど1〜3着のJはレベルの高い騎乗を見せてくれたと思う

    こういう外差し馬場は狙いたい人気薄が明確にいないか限りあまりやらない方がいいねw

    なぜなら、どの馬が道中内でロスなくコーナーで振られないように立ち回り→直線伸びる外に持ち出せるか分からなくて、運ゲーの様相を呈してくるから予想が難しい。難しいけど期待値の高い人気薄なら、人気馬がぶっ飛びを期待できるから予想が難しいリスクを背負っても買う価値はあるというシチュエーション。


    今回はケンした人が的中と同じぐらい価値があると思うね


    エリ女に続いて底力が問われないレースだったかなちょっとそこは残念


    まあ今回はこの辺で


    バイジェリコ〜!!


    アンジェリコあるある①
    ↓ ↓ ↓

    このページのトップヘ