2004年11月15日

ジュンク堂と丸善

 最近東京にできた大型書店2店、新宿のジュンク堂と丸の内の丸善に行ってきました。
 ジュンク堂は、新宿三越の2フロア全面に整然と書棚が並んでおり、広さを実感させる作りでした。書棚は背が高めの茶色の木製のものですが、圧迫感は受けませんでした。もちろん店内には椅子も置いてあります。在庫を検索できる端末には、インクリメントサーチ(文字を入れるに従って本が絞り込まれていく)や音声案内の機能が付いていて、ちょっと驚きました。図書館に似た落ち着いた雰囲気を持つ、ついつい長居をしてしまいそうな本屋です。僕は紀伊国屋よりも気に入りました。
 丸善は、オアゾの中で4フロアに分かれているせいか、思ったほど広さを感じませんでした。下の方のフロアは、書棚が白いうえに天井が妙に高くて、どうも落ち着きません。こういうフロアに政治・経済の本を置くのはどんなものかと思います。その上の人文書などを置いている広いフロアは、全体的にゆとりがあり、品揃え(量)もジュンク堂の上をいっているように思いました。洋書はさすがに充実していますが、文房具売場はこぢんまりとしていてがっかりです。品揃えに期待して行くことがまたあるかもしれません。
 ところで、丸善のマークは「丸にM」ですが、これだと「丸M」ですよね。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/falfal/9326468
この記事へのトラックバック
今日、「ネット商戦」という記事を書いたが、そのあとで新宿に行ってみたら、山下書店 マイシティ店(新宿・マイシティの6F)
山下書店 新宿マイシティ店が閉店【zig zag road】at 2004年11月27日 23:24
この記事へのコメント
ジュンク堂と紀伊国屋を比較したひとは、たいていジュンク堂に軍配をあげているようです。新宿店より、池袋店の方がおおきく、建物まるまる本屋なので、びっくりするくらいよいです。機会があれば、どうぞ。
Posted by 退屈男 at 2004年11月17日 20:39