★2010年5月訪問記★

静岡旅行最終章。 ウナギの流れで、レパートリーと脂肪を増やしてきましたが、
いよいよフィナーレを締めくくる最後の晩餐は・・・、浜松にあるトンカツの名店「幸楽」です!

なぜ浜松に来てまでトンカツ!?と、疑問を感じた方もいるかと思いますが、
この「幸楽」というお店、なんと食べログの「全国トンカツランキングNo.1」に輝く、
言うなれば「トップオブザトンカツ」の称号店! これは喰わずして帰るとデブ失格です!

RIMG2396
















雨の中、夜の開店(17時)前から、じっと店の前で嫁さんと待機。(嫁さん家族はすでに帰宅)
OPENととも、腹を空かせた野獣と、無理やり付き合わされた女性が、即入店、即オーダー!

RIMG2397
















【ロースカツ 松 (2400円)】
トンカツ黄金方程式(トンカツは脂を楽しむもの⇒トンカツ is ロース!)のルールに則り、
もちろんロース(特上)を注文! 横にも縦にも厚い、BIGトンカツがドカンと登場です!

RIMG2398
















大将は、油に肉を投じたまま、ずっと放置していたので、焦げていないか心配になりましたが、
あるタイミングでサッと肉を引き上げると、それはなんとも見事な揚げ上がりで、ビックリ!

RIMG2404
















衣は薄めでサクッとしつつも、中の肉質は、デブが理想とする、柔らかジューシ〜っぷり♪
ほんのりピンクがかった絶妙な火の通り具合に、おのずと自分の頬もピンク色に染まります。

RIMG2408
















最初はそのまま、2切れ目から塩、そして終盤からソースで食べるのが、自分流のこだわり。
あえて言う必要もなく白米との相性は抜群なので、ふっきれたように白米をお替りしました!

RIMG2400
















【ヒレカツ 松 (2500円)】
ちなみに嫁さんは、ヒレカツを注文。 自分の指導不足で、なぜだかヒレカツが好きらしい。

RIMG2402
















しかしながら、このヒレカツも美味! ほんのりレアピンクで柔らかジューシ〜は変わらず♪
(そうは言っても、やはりロースのほうが、脂の甘さをダイレクトに体感できるのでオススメ)

パン粉も、大将手づくりの生パン粉だったりと、なんとも職人の技と心が感じられる逸品。
これから浜松に来る際は、必ず「幸楽」に寄り、ロース2枚食べて帰ろうと、決心しました☆


******************************