★ ディナー訪問 ★

以前、その肉質に感動し、思わず"ローリング連発"で応戦してしまった、「七厘@三ノ輪」。

RIMG8435
通常おまかせコース(5250円)でも、他店にはない素晴らしいクオリティを満足できますが、
じつは、店が全力を注ぎ込む、まさに肉を極めるための「悶絶コース」というものがあります。

"悶絶コース"は、その名のとおり、悶絶するほどの幸せを味わえますが、そのかわり値段も、
1万円以上(店と要相談)するので、覚悟は必要。 ただし、DEBUには避けて通れないので、
今回、妻には秘密で(他の飲みを自粛して)、ドリンク込み@16000円で悶絶してきました☆
(嫁さんへ⇒ 今度、記念日とかに悶絶コースをごちそうさせていただくので、お許しを!汗)

RIMG8443
【肉ソーメン】 *写真は1人前
まず、いきなり出てきたのは、細切りの肉刺しをソーメンのようにして食べる、肉ソーメン。

RIMG8448
肉刺しは、脂肪分の少ない"内モモ"なので、手始めに食べるには打ってつけですが・・・

RIMG8452
温かくて優しい出汁にくぐらせて食べると、赤身の旨みが引き出され、胃が目覚める味♪

RIMG8458RIMG8461
【キムチ盛り&ナムル盛り / サラダ】 *写真は4人前
暴食のゴングにふさわしい、肉ソーメンを堪能したあとは、野菜なぞには目もくれず・・・

RIMG8467
【バクダン】 *写真は4人前
生肉系から攻めていきます! 通称バクダンと呼ばれる、肉刺しの入った小鉢は・・・

RIMG8470
正肉刺しに加え、ミノ刺し、卵黄、タクアン、キュウリ、ネギ、納豆などが入っていますが・・・

RIMG8476RIMG8479
これをぐちゃ〜と混ぜて、韓国ノリでローリングしたり、トロロと混ぜてズルズルいくと、爽快!
(コース序盤にふさわしい、口当たり良い一品ですが、なにげにミノ刺しのアクセントが絶妙)

RIMG8482
【トモサンカク握り / トウガラシ握り /トロタク巻き】 *写真は8人前
続いて、登場しただけで皆の歓声があがった、握りの盛り合わせ、トリプルアタック!
(以下、サッカーに例えて、肉を表現しています。サッカー知らない人はゴメンナサイ。)

RIMG8489
"4−3−3"をフォーメーションとする、悶絶JAPANが誇る、攻撃的フォワード3トップは・・・

RIMG8492
口の温度だけで極上の脂が溶けだす、誰をも唸らせるストライカー、「トモサンカク握り」!

RIMG8501
脂一辺倒の攻撃だけではなく、赤身の深い旨みで、守りもできるイブシ銀、「トウガラシ」!

RIMG8516
白米との絶妙な相性で、次の料理に期待のセンタリングをあげるウイング、「トロタク」!

RIMG8505
【レバ刺し / センマイ刺し】 *写真は4人前
ボリューミーな生肉の握りで、怒涛の攻めを演じたあとは、守備もできてこそ、一流!

RIMG8507
悶絶JAPANの4バックは、鮮度の良さで食感が活きた、定番センターバック、「レバ刺し」。
(七厘のようにしっかり衛生管理している店もあるのに、今後食べられなくなるのはショック)

RIMG8509
同じく、食感を楽しみながら、前線(食欲)位置をあげる、センターバック、「センマイ刺し」。
(口直しに良いですが、個人的には"はつかの"のようなパワフルな「ミノ刺し」を配置したい)

RIMG8522
【トウガラシ刺し / カタコブ刺し】 *写真は4人前
定番のレバ刺し&ミノ刺しで守備をかためつつ、スキを見て前線(食欲)に飛び出すのは・・・

RIMG8529
走れば走るほど(噛めば噛むほど)味が出る、左サイドバック、「カタコブ(肩ロースコブ)」。

RIMG8539
肉質だけでも素晴らしい一品ですが、かかっているポン酢のジュレにより、サッパリと♪

RIMG8525
さらに、悶絶JAPANの長友こと、攻撃(口撃)力が素晴らしい右サイドバック、「トウガラシ」。

RIMG8536
握りでも出てきたトウガラシは、塩ダレとワサビで旨みが引き出され、文句なしの美味しさ!

RIMG8556
【幻のタン / ブロックハラミ】 *写真は8人前
右サイド(トウガラシ刺し)から、中盤の"焼き"へと繋がるロングパスを受け取ったのは・・・

RIMG8567
悶絶JAPANには欠かせない、不動の美味しさを演出するミッドフィルダー、「幻のタン」!

RIMG8569RIMG8570
前回記事でも、ついつい、おまかせコースから追加してしまった、マストアイテムのタンは・・・

RIMG8575
心地良い食感、止まることを知らない肉汁、気品のある香りまで、、、すべてがマーベラス!

RIMG8558
そして幻のタンと双璧を成す、同じく悶絶JAPAN不動のミッドフィルダー、「ブロックハラミ」!

RIMG8580
このブロックハラミは、入荷が限られるため、待ちに待った初めての実食となりましたが・・・

RIMG8586
繊細な肉の繊維質が、口の中で紐とけるたび、肉汁も溢れ出てくる、素晴らしいハラミ!

RIMG8593
"幻のタン"と"ブロックハラミ"は、悶絶JAPANのゲームを組み立てる、中心的選手であり、
キャプテン翼で例えるなら、まさに、翼くんと岬くんコンビにあたる、なくてはならない両雄!

RIMG8582
【サーロイン】 *写真は4人前
しかし、忘れてはならないのが、そう、悶絶JAPANの本田とも言われる、肉の風雲児・・・

RIMG8583
攻撃的ミッドフィルダーの、「サーロイン」! ひゃー、すでに常温でも溶けている脂がスゴイ!

RIMG8604
さっと炙って火を通しつつ、口に含むと、、、噛むたびに脂のシュートが打ちこまれるぅ〜!

RIMG8607
生肉だけでは決定力不足の悶絶JAPANで、しっかりゴールを決めるアンタこそ、エースや!

RIMG8595
【ミスジ】 *写真は4人前
攻めてばかりの悶絶JAPANで、欠かせない守護神(ゴールキーパー)こそ、この「ミスジ」!

RIMG8600
攻撃=脂の現代・肉サッカーにおいて、肉本来の旨みを楽しめるミスジこそ、チーム大黒柱。

RIMG8612
くるっと巻いていただくと、口の中で溶けてなくなり、上品な甘さと香りが、ふわっと広がる!
これは、予想以上に驚いた、秀逸なミスジで、今まで食べたミスジで一番美味しいかも〜♪

RIMG8619
【シャトーブリアン】 *写真は8人前
さぁ、これでベストイレブンが勢揃いと思いきや、な、なんと、とてつもない助っ人が来ました!

RIMG8617
それは悶絶JAPANに帰化した、最強肉塊、「シャトーブリアン」!(佐藤ブライアンではない)

RIMG8625
ステーキ屋で食べると、1個5000円ぐらいはするであろうシャトーブリアンなのに、超贅沢!

RIMG8626RIMG8629
このスペシャル肉塊には、焼く側の技術がより求められるので、イケメン店主が自ら登場。
しかし、もうひとつの卓についたので、こちらは、自称・肉焼き9段という会社先輩が応戦!


肉焼き9段の先輩がひっくり返すたびに、、バウンドする肉塊にヨダレを飲み込みつつ・・・

RIMG8635
ついに! こんがりとステキなビジュアルで焼き上がりましたYO! さすが肉焼き9段!

RIMG8640
見るも美しい、肉厚シャトーブリアンは、まるで神が降臨したように後光が射していましたが・・・

RIMG8644
見るも野蛮な、肉厚DEBUは、本能のままにシャトーブリアンをわしづかみして、ガブりんこ!
ぐ、ぐほ〜!! これは今まで食べたことがない、鳥肌ならぬ、豚肌が立つほどの美味しさ!
唇で肉が切れるほど柔らかく、この奥深い肉の旨みは、まさに価値観が変わる驚愕っぷり☆

RIMG8645
【芯々】 *写真は8人前
あまりのシャトーブリアンの美味しさに、なんだか胸いっぱいになってしまい、次の肉への
モチベーションが上がらなくなりましたが、そこは悶絶JAPANのスーパーサブ、「芯々」!

RIMG8649
素晴らしい肉たちでゴールを決めたあと、しっかり逃げきるためのスーパーサブとして・・・

RIMG8653
脂で疲れてきた胃に、赤身本来のコクのある旨みで、しっかりと肉試合をまとめに入ります♪

RIMG8672RIMG8678
【韓国ソーメン / 杏仁豆腐ブルーベリーソース】 *写真は1人前
さいごに、ノドごしの良いソーメンと杏仁豆腐を、胃に流し込み、見事、悶絶JAPAN勝利!

RIMG8550
1年に2〜3回ぐらいしか入荷できないという、牛肉の最高位「名誉賞」に輝いた常陸牛を、
これほどのスペシャルな内容で出せるというのは、まさに「七厘」であるがゆえの、実力!

通常のおまかせコースで感動。そして、悶絶コースでは、価値観が変わる、さらなる感動を。
"肉"のパフォーマンスとポテンシャルを常に追求する「七厘」に、デブJAPANは完敗です☆

<今回ご一緒した方々(50音順)>
*aokyoさん (物欲と、食欲と。
*misatoさん (ミサトの美食旨酒
*SMITSさん (NIKe&NIKu
 (スペシャルサンクス:Cさん、Hさん、Kさん、Nさん)

**************************** 
 応援お願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング * 
****************************

炭火焼 七厘


関連ランキング:焼肉 | 三ノ輪駅三ノ輪橋駅荒川一中前駅