★ ディナー訪問 ★

4年に1度の、うるう肉の日。 やはり肉を攻めるべく、昼にトンテキ300gを喰らったあと・・・

RIMG0001
夜に突撃したのは、「LAWRY’S THE PRIME RIB (ロウリーズ・ザ・プライムリブ)」。

RIMG0085
溜池山王駅の近く、赤坂ツインタワーの地下に、見るも豪華なスペースを構えるこのお店は、
1938年にアメリカで創業された、プライムリブ(アメリカンスタイルのローストビーフ)専門店。

RIMG0014
【生ビール モルツ (700円)】
世界に10店舗ある(日本では東京と大阪)ようですが、東京で食べられるのは、ココだけ!
まさにこのワールドクラスの肉で、うるう肉の日を祝うべく、まずは乾杯ビアーをグイグイ♪

RIMG0004
【メニュー (クリックで拡大)】
料理は、肉のサイズを4種類から選べるコースが中心。 肉のサイズは小さいほうから順に、
トーキョー⇒カルフォルニア⇒ロウリー⇒ダイヤモンド・ジム・ブレーディー、の並びですが・・・

RIMG0006
【シュリンプカクテル&スモークサーモン (コース内)】
なぜトーキョーサイズが一番小さいんかい!と奮起し、トーキョーDEBUのプライドをかけて、
MAXサイズ(510g)の「ダイヤモンド・ジム・ブレーディーカットコース(9500円)」を注文!

RIMG0016
前菜は、プリプリなエビをチリソースとともに食べるものでしたが、DEBUには10秒いらず!

RIMG0020RIMG0021
すでにDEBUの瞳は肉しか見えてませんでしたが、それを察したお店は美女店員を派遣。

RIMG0022
【スピニングボウルサラダ (コース内)】
目の前で天高くドレッシングをかけ、氷水に浮かんだボウルで混ぜるという、演出サラダを!

RIMG0026
クリーミーなシーザーソースが、シャキシャキ食感の新鮮レタスを、マイルドにコーティング。
お皿もしっかりと冷されているので、DEBUの火照った体もこれで、、、冷めるわけがない!

RIMG0027
【クラムチャウダー (コース内)】
肉はまだかー!と叫びたくなるところを、お店に手の平で転がされ、気持ちは高まるばかり。

RIMG0033
サラダで冷やされかけた体を、再び、熱々で濃厚なクラムチャウダーでスイッチを入れて・・・

RIMG0018RIMG0034
オンザブレッドできるパンを左サイド、イッキできるハイボールを右サイドに手配したならば・・・

RIMG0038
迎え撃つは、お店の名物である、プライムリブこと、アメリカンスタイルのローストビーフ

RIMG0043
【プライムリブ ダイヤモンド・ジム・ブレーディーカット レア (コース内)】
肉塊を搭載したワゴンを客席まで持ってきて、目の前で豪快に切り落とすプライムリブは・・・

RIMG0044
さすがMAXサイズの威圧感を放つ、まさにアメリカンにふさわしい、厚切りワイルドミート

RIMG0049*.JPG
しかし!アメリカに負けられないドメスティックDEBUは、もちろん肉塊510gをガブりんこ!

RIMG0055
するとこれが、歯だけ噛み切れるほどの柔らかさと、ジューシ〜さを兼ね備えた、美味しさ♪
じっくりと火を入れられ、旨味をしっかり閉じこめられた、豪快なだけではなく、技ありの逸品。

RIMG0057*.JPG
もうこれに興奮してしまったDEBUは、バタードピース(380円)というバターライスを片手に・・・

RIMG0065
横でカップルがオシャレにデートしていようとも、問答無用で、、、OTR(=On The Rice)!

RIMG0070
ランチ同様、さいごに、脂身肉とともにガッつくのが、オンザライス・プロフェッショナル流

RIMG0076
スパイシーなソースと絡む、コクのあるバターライスでOTRの力を借りて、肉塊を完全撃破!

RIMG0077
【イングリッシュトライフル (コース内)】
肉塊をクリアした勝者だけが食べられるスポンジケーキで、勝利の余韻に浸ったのでした♪

RIMG0072
ちなみに、肉の日(2月9日)にも肉攻めをした、POD育成プロジェクトの大学後輩Yは、
弱気に小さいサイズ(300g)の肉しか食べていないのに、なぜかヤッた感あふれるドヤ顔。

もうこれは、今後、その甘えきった頭の中まで肉で埋め尽くすしかないな、と反省しながらも、
4年に1度のうるう肉の日を戦いきったDEBUは、すでに全身肉塊になっていたのでした☆

****************************** 
 応援クリックお願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング * 
******************************

関連ランキング:牛料理 | 溜池山王駅赤坂駅国会議事堂前駅