★ ディナー訪問 ★

熟成肉特集」2つめの記事は、よりディープな熟成肉を極めたお店、「格之進R」をご紹介。

RIMG1793
ここは、岩手で最大の牧場を家族経営しており、そこで育ったブランド牛を食べられるお店。
いわて門崎丑(かんざきうし)」という独自ブランドですが、もちろんすべて熟成された肉。

RIMG6264RIMG6266RIMG6267
RIMG6268RIMG6269RIMG6270
【フード&ドリンクメニュー (クリックで拡大)】
六本木らしいオシャレな店内に入り、頼むべきは、メニューには載っていない塊肉コース
6000円/8000円/10000円という3段階ありますが、日本人らしく間の@8000円を。

RIMG1797
【ミニサラダ / オリーブ / ハム / ドライトマト】
焼肉というよりかは、「肉を楽しめるお店」なので、焼肉らしくない前菜から始まりますが・・・

RIMG1800
【牛スジ煮込み / 生ハム / レバースモーク / ビーフジャーキー】
ひと手間かけた肉前菜もなかなか♪ 舌の上でなめらかに溶ける、甘い生ハムは技あり!

RIMG1805
【バーニャカウダ】
彩り豊かなバーニャカウダは、アンチョビソースにつけて食べますが、野菜には目もくれず・・・

RIMG1807
【焼肉4点盛り】
熟成肉に、DEBUまっしぐら! サーロイン、カメノコ、ヒレ、トウガラシの、4点盛りなり。

RIMG1810
このお店の熟成肉は、前記事で書いた熟成手法のうち、本格的なドライエイジングを採用。

温度1〜3℃/湿度70〜80%で強制的に扇風機で枯らす本場の.縫紂璽茵璽スタイル
湿度のないところで低温で置いておく▲茵璽蹈奪僖好織ぅ、そして日本の風土に合わせて、
枝肉を自然乾燥で枯らすジャパニーズスタイル(からし)と、ドライエイジングもさまざま。

RIMG1819
霜降りで脂の多い和牛は、熟成しすぎると香りがキツクなって味わいも崩れてしまうことから、
味と香りのバランスを保つために、からしで、ゆっくりと熟成させるが必要があるようです。

RIMG1822
という、うんちくも、空腹DEBUの前では意味を成さず。 本能のままに肉をファイヤーして・・・

RIMG1824
さっそくガブりついてみると、、、うほっ♪ 肉汁たっぷりではないけど、深みのある味わいが!

RIMG1813RIMG1827
肉の旨みをかみしめる、という表現が正しそうな熟成肉は、白米もその美味しさを後方支援。

RIMG1834
【湯引き肉3点盛り】
空腹のままに無心で肉を喰らいつつ、メインの塊肉前のクールダウンとして、湯引き肉も。

RIMG1835
アマミスジ、リブマキ、ハネシタザブトンの3点盛りですが、岩塩で、甘みがフィーチャリング♪

RIMG1816
【塊肉4点盛り】
そして、とうとう、アイツらがやってきた! モアイ像にも見えてくるほどデカイ、塊肉四天王

RIMG1830
サーロイン、トモサンカク、カメノコ、トウガラシ、という4つの部位にじっくり火を入れていくと・・・

RIMG1831
じょじょに色づきはじめ、イケメンな小麦色の肌に。 なんだか、熱い恋が始まりそうな予感♪

RIMG1837
というDEBUのLOVEを察してか、イケメンの肉から見え隠れする、うすピンクの照れた顔。

RIMG1841
この高揚した肉を、部位ごとにカットしてもらい、さっそく肉とのアバンチュールしてみると・・・

RIMG1845
うほ━━(*'(OO)'*)━━!! これは、赤身の旨さが体を駆けめぐり、デブレナリン放出

RIMG1852
塊ごと焼かれたことで、糖度の多さをあらわす黒い焼き目の下には、甘さと香りが大凝縮!

RIMG1855
この妖艶な肉が相手ならば、オンザライス・プロフェッショナルとしては、2杯目の白米で・・・

RIMG1862
肉の旨味を、すべてオールキャッチするのみ! これが自分なりの、肉へのプロポーズ!

RIMG1867
噛みしめるたびに深い味わいが広がっていく熟成肉は、まさに、赤身こそ本領発揮です♪

RIMG1868RIMG1871
塊肉で興奮したあとは、コースとは別途(@1500円)で注文した、自家製ハンバーグを。

RIMG1877RIMG1882
通販で年間4万個を売り上げる人気商品ですが、今回は特別に、熟成肉のカットもイン。

RIMG1883
トングではなく、ヘラでコロコロとかわいく焼きあげる姿に、なんだか笑いもこみあげますが・・・

RIMG1894
焼き上がった黒毛和牛100%熟成肉ハンバーグは、見るも雄々しい、ワイルドな風貌!

RIMG1887RIMG1891
仲間たちが早速ガブりつくのを横目に、1.5倍サイズにしてもらった自分は、時間差で・・・

RIMG1906RIMG1908
焼き上がったハンバーグをほうばってみると、、、うひょー♪ これは未体験のハンバーグ

RIMG1913
塊肉同様、熟成肉の味わいもさることながら、特筆すべきは、このハンバーグのレアな断面。

RIMG1918
ミート矢澤」のようにレアながら、もちろん火は入っているものの、肉のなめらかさが秀逸。
レアだと脂が溶けずに口当たりが悪くなることもありますが、赤身の熟成肉だからこその味。

RIMG1919
ハンバーグもかなりハイレベルなので、「あもん」みたいに、バーガーでも食べたいところ♪

RIMG1923
というわけで、いつもどおり満腹創痍になりましたが、じつはこのお店、すでに訪問3回目
訪問時に千葉社長(中央)と出会い、話しながらいろいろと肉について教えてもらったので、
今回は、ハンバーガーブロガーのTakaさん&後輩と、千葉社長による熟成肉講座を企画。

学びながら太れる良い経験になりました☆ (誤解なきよう、お金はちゃんと払ってます。笑)

======================================
*ご参考までに、訪問1&2回目の厳選写真も掲載しておきます。
RIMG6282RIMG6311
RIMG6291RIMG6319
RIMG6339RIMG6338
RIMG6355RIMG6360
【盛岡冷麺 (1000円) / スイーツ番長とDEBU】
======================================
RIMG8887RIMG8895
RIMG8907RIMG8918
【シャトーブリアン (3000円)】
RIMG8904RIMG8901
【ビーフジャーキー (800円) / 牛脂とDEBU】
======================================
格之進R」は、熟成肉をより深く追求した焼肉スタイルでしたが、次号は別ジャンルへ☆

<今回ご一緒したブロガー仲間>
*Takaさん (ハンバーガーログブック) ←今回記事

****************************** 
 応援クリックお願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング
 ******************************

関連ランキング:焼肉 | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅