元気になれるパワーグルメで、楽しく美味しく肉らしく★ 白米を片手に、肉も魚も炭水化物も、すべてオンザライス!

◆門前仲町・木場

「まごころ厨房」(門前仲町/ラーメン&つけ麺)4

★ ディナーカロリー ★

ヒツジ年なのでヒツジ肉を喰らおう!ということで、家族とジンギスカンに行ったら…

IMG_3124
正直、あまり満足できず、しかも価格帯も高くてコストパーカロリーも悪かったので…

IMG_3129
あぁ、今日は失敗したな、これはブログで紹介できないな…と肩を落とした日のこと。

IMG_3130
帰り道、少しでも後味を良くしようと、妻と話した会話がこちら。(デ=デブ)

デ「今日のジンギスカンは失敗したね。せっかくだから〆ラーメンしていかない?」
妻「はぁ〜!?もうお腹いっぱいで無理無理!ほんとそういうのやめてくれない?」
デ「そんなこと言うなよ〜。このあたりって美味しいラーメン屋が多いんだから。」
妻「だいたいいつも食べすぎなのよ!行くならもう、ひとりで行ってちょうだい!」
デ「そ、そんなに怒るなよ〜。分かったよ、じゃあ今日はもう帰ることに…」
妻「ああ!ここっていつも行列できてるラーメン屋じゃない!食べて帰るわよ!」
デ「…。」

IMG_3149
というわけで、歩いていたら運良く入れたラーメン屋の、「まごころ厨房」に(笑)

IMG_3132
ここは東陽町に本店があるラーメン屋の2号店で、どうやら塩ラーメンが人気みたいで…

IMG_3134
【濃厚塩ラーメン 味玉(860円)】
「迷ったときは券売機の一番左上のボタン」の法則に従って、濃厚塩ラーメンを!

IMG_3136
たしかに濃厚と言っているだけあって、従来の透き通ったスープの塩ラーメンと違い…

IMG_3137
ひとくちすすってみると、ガツンとした魚介の香りと、後追いでくる豚骨の味わい、
そしてなにより全体をスッキリと引きしめている(奥能登の天然塩)が三位一体に♪

IMG_3138
浅草開花楼製の太麺は、力強いスープと適度に絡むので、ちょうど良いバランス感!

IMG_3140
【しおつけめん 味玉(960円)】
そして塩つけ麺のほうも頼んでみたら、これがまたラーメン以上に素晴らしいもの。

IMG_3142
食べごたえのあるでっかいチャーシューもDEBU的には好感ですが、それをどけると…

IMG_3144
こんもりと盛られた極太麺が登場し、この麺だけ食べてみても小麦粉のナイスな香り♪

IMG_3143
つけスープは、ラーメンのスープをさらに濃縮したような、パンチのある濃厚感で…

IMG_3145
だからこそ、ラーメンの麺よりもさらに太い極太麺が、ちょうど良くリフティング!

IMG_3146
とろとろ半熟な味玉に加え、後半にレモンを麺にしぼると、風味と旨味がさらに倍増。

IMG_3148
ふらっと入ったお店でしたが、デブリシャスな一杯に出会い、幸せな後味になりました♪

ちなみに、妻はドヤ顔でしたが、言い出しっぺは自分なのに…とは言えませんでした(笑)

【こんなときにココで太りたい!】
*濃厚な塩ラーメン&塩つけ麺で、一日を幸せな後味で締めくくりたいとき。


===コチラもお願いします!====
facebook / instagram / twitter
東京 肉らしいほどうまい店」出版!
 240_40-1
==================

まごころ厨房
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ラーメン | 門前仲町駅越中島駅木場駅

「宝家」(門前仲町/中華料理)4

★ ディナーカロリー ★

皆さんは覚えていらっしゃるだろうか。恐ろしき「千葉会」を仕切っていた鬼軍曹のことを。

BlogPaint
そんな鬼軍曹のもとで、鬼の教育を長年受けられて、みずからも鬼となったK沢先輩。
人呼んで、鬼ボウズの異名を取るその姿は、プロレスの武藤敬司またはボブサップ。

IMG_1184
今宵、鬼ボウズ先輩に首ねっこをつかまれながら向かったのは、門前仲町にある「宝家」。

IMG_1226
ここは一見、路地裏のなんてことのない普通の中華料理屋に見えますが、それは仮の姿!
真骨頂を味わえる「おまかせコース@4000円くらい」にすると、メニュー表にはない・・・

IMG_1187
【エビフライ(コース内/3人分)】
なぜかエビフライが前菜でいきなり登場するという、中華屋らしからぬコースがスタート!

IMG_1191
まさにオイリーな揚げ物による、オリンピックならぬオイリンピックの幕開けとなりますが、
カラリと揚げられた衣の下には、しっかりと肉厚なエビが顔を出し、汚れのない選手宣誓。

IMG_1195
【国産ウナギ(コース内/3人分)】
前菜2品目は、これまたなぜかウナギですが、その黒光りするワイルドな風貌を前に・・・

IMG_1198
やはりオンザライス・プロフェッショナルたる者、コースの途中であっても選択肢はひとつ。

IMG_1201
白米の日本昔話盛りOTR(=On The Rice)して、ウナギをウナギ丼にステージアップ!
ふわっと柔らかいウナギは、さすが国産モノだけあって香り良く、タレも白米とバッチリ

IMG_1203
【刺身盛り(コース内/3人分)】
まさか中華料理屋でウナギを食べられると思っていませんでしたが、サプライズは継続中。
見るも豪快な刺身盛りまで登場してしまい、もはやここは和食屋?と見間違えるほど(笑)

IMG_1207
大エビカンパチタコブリサーモンに加え、大トロまで選手団入りしているので・・・

IMG_1210
もはやこれも迷う余地はなく、すべてをOTRして、ウナギ丼からの海鮮丼にチェンジアップ!
ぷりっぷりな大エビの甘さが口中に広がり、トロットロな大トロの脂が体中を駆け巡りんこ♪

IMG_1212
【餃子(コース内/3人分)】
そしてやっとのことで、中華屋らしいメニューとして、大将自慢の焼き餃子がお出まし。

IMG_1213
ウチは餃子屋だから!と声を高らかにする大将に、思わずツッコミを入れたくなりますが、
外カリッ&中フワッな餃子は、しっとりした餡の旨味もあいまって、たしかなる優しい一品。

IMG_1217
【ビーフステーキ(コース内/3人分)】
いよいよメインに突入ですが、なんと!大皿にドカンと積み重ねられたビーフステーキが。

BlogPaint
これには鬼ボウズ先輩も対抗意識を燃やしてメンチ切っていましたが、肉はひるむことなし。

IMG_1223
その堂々たる風貌に敬意を表して、一撃必殺のRTR(Rolling The Rice)で迎え討ちますが、
焼肉屋でもなかなかお目にかかえれない立派な霜降りなので、口に含めば脂がジュワッと♪

BlogPaint
これには後輩と戦闘モードになりながら、鬼ボウズに取られることなく肉を奪い合うのみ!

IMG_1236
【ラーメン(コース内/1人分)】
さいごは1人1杯出てくるラーメンですが、じゃっかん小さい器なので少ないと思いきや・・・

IMG_1245
丼の中にはたっぷりと中太麺が眠っており、眠れる獅子を起こしてしまったボリューム感!

IMG_1231
【焼飯 2人前 (650円×2)】
しかし!まだ終わらず、鬼ボウズ先輩からは「おめえら、まだ喰えるだろ?」の問いかけ。

IMG_1234
あいにく、ハイ!かイエス!の2択しか持ち合わせていないので、チャーハンを追加注文。
しっとりタイプのチャーハンは昔ながらの味わいで、そのままでも充分美味しいですが・・・

IMG_1192*.JPG
ここで鬼ボウズ先輩がカバンからあるものを取りだし、「コレ知ってっか?」との甘い誘い。

IMG_1193
どうやら先輩がハマっているらしい「かき入りぶち旨味噌ラー油」という瓶詰めですが・・・

IMG_1241
女将さんに了承得てOTC(=On The Chahan)してみると、たしかにこれはデブリシャス!
カキの旨味が凝縮したテンメンジャンのような濃厚な甘味噌が、お米をノンストッピング☆

IMG_1247
お店の白米がなくなっちゃっていなければ、ぜひOMR(=One More Rice)したいところ。
かなり気に入ったので、このカキ味噌は自宅用にさっそくお取り寄せしちゃいました(笑)

そんなわけで鬼ボウズ先輩の指導も受けつつ、鬼軍曹の千葉会もまた近日計画中です★

****************************** 
応援クリックお願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング
******************************
宝家
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:餃子 | 門前仲町駅越中島駅



「近爲(きんため)」(門前仲町/漬物専門店)3

★ ランチ訪問 ★

東西線と大江戸線が交錯する「門前仲町」の、観光客が訪れる名所と言えば、富岡八幡宮

RIMG9375*.JPG
その参道で行列ができる、創業明治12年の老舗漬物専門店が、「(きんため)」です。

RIMG9372
京都本店の支店になりますが、店頭には手塩をかけた野菜の漬物や、魚の粕漬がズラリ。

RIMG9346RIMG9347RIMG9348
店内で買うこともできますが、「漬物をツマミに白米ガッツリいける」という定食を目当てに・・・

RIMG9360
【黄金づけ三点盛合せ (1470円)】
オーダーしてみたのは、粕漬け三点がオカズになったという、黄金づけ三点盛りセットを!

RIMG9362
この日は、右からサワラポークという三点でしたが、もちろんこれは言わずもがなで・・・

RIMG9364
OTR(=On The Rice)で攻めてみると、しっとりと漬けられて旨味がギュッと凝縮したと、
それをさらに引き立てる艶やかでふっくらな米粒が、ナイスジョイント! 特に、がウマし♪

RIMG9368
しかし! ボリュームは多くないので、あっという間に完食してしまい、これはカロリーピンチ!

RIMG9352
残されたのは野菜の漬物のみですが、なんと何種類もお替わり自由とのことだったので・・・

RIMG9370
同時に白米もお替わりして、漬物&ちりめんジャコで、ひたすら白米をガッつきまくるのみ!
漬物はモノによって質に上下ありましたが、個人的には柚子風味の大根が、レベル高し♪

RIMG9355
【京のぶぶづけと黄金づけ (1575円)】
ちなみに嫁さんは、京風のお茶漬け「ぶぶづけ」と、鮭の粕漬のセットを頼んでいましたが・・・

RIMG9357
白米をガシガシと無心でかきこみたいDEBU的には、お茶漬けじゃないほうがいいかな(笑)

RIMG9378
結局、おひつを3回お替わりしてカロリーキープしたあと、木場公園でマッタリしたのでした♪

オカズ的にはヘルシーでしたが、漬物×白米という日本人の原点に返れた気がしました☆

****************************** 
 応援クリックお願いします☆⇒ ( ̄(∞) ̄) 人気ブログランキング
 ******************************

関連ランキング:京料理 | 門前仲町駅越中島駅木場駅

プロフィール
ブログランキング参加中。毎日1クリックの応援を!
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
               
Twitterボタン
QRコード
QRコード
スクロールバースクリプト
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ