ファミコンプラザゲーム最新情報

ファミコンプラザのゲームニュースです。 毎日更新!・・・予定(汗)

2007年03月

 先日販売を開始しまして、大変好評を頂いている360「XPORTですが、説明書が英語なので、ちょっと分からないというお声を頂きました。
そこで、 ボクも英語ほとんど分かりませんがー 実際に使ってみました!



 まず、このXPORTですが、360のハードディスクのセーブデータや体験版のプログラムなどをパソコンへバックアップする機械です。
パソコンの必要スペックは以下の通りとなります。

CPU:800Mhz以上
HDD:インストールに5Mbの容量が必要
USB:USBポートが2個(推奨)
OS :Windows XP

 簡単に説明すると、USBの端子が2個付いてて、WindowsXPが動いているパソコンならほぼOKです。
スペック自体は特に高い物ではありませんので、XPが普通に動いているならOKと思っていただいて結構です。

 とりあえず、付属のCDに収録されているプログラムをインストールする所から始めます。
今回はゲームごとのセーブデータの取り扱いをご紹介したいと思います。


■ 最初の紹介記事も参考にしてみて下さい。 ■


 インストールが終了したらパソコンとXPORTを接続します。
その後、XPORTに360のハードディスクを取り付けます。
取り付けが終わったらプログラムのXPort 360を起動します。




XP01
 するとこの様な画面が出ます。
Device1に360のハードディスクを認識しています。
ここでOKをクリック。



XP02
 画面左上のDevice1:xbox 360 hard disk driveをクリックするとこのように展開されます。
ゲームごとのセーブデータを取り扱っているのはpartition 3です。
partition 3をクリックするとまた展開されます。



XP03
 展開されるとこの様になります。
セーブデータが保存されているのはContent(User profile, saves, etc)です。
こちらをまたクリック。



XP04
 するとこの様に展開されます。
一番上の0000・・・は特に関係ありません。
2番目、3番目はゲーマータグごとに表示されていると思ってください。
なので、同一ハードディスクの中に3つのタグ情報がある場合にはこのような文字列が3つになります。



XP05
 とりあえず、私が使っているタグは一番下のものだと思いますので、こちらを見てみましょう。
ま、自分が遊んだゲームが表示されていればアタリです(笑)
今回、用意したのは真・三國無双4スペシャルです。
DEAD RISING、Gears of Warはズバリそのままの名前が表示されています。
名前の表示が無い場合には面倒ですが、一つ一つ調べてみましょう。



XP06
 で、発見。
SM4Specialなんていかにもな名前がありました。
このファイルがセーブデータとなります。



XP07
 バックアップをとる場合には適当なフォルダをパソコン上に作り、そこへドラッグ&ドロップするだけでOKです。
これだけでバックアップ完了です。
とても簡単です。
逆にセーブデータを元に戻したい時は、バックアップしたファイルをXPort360で開いたフォルダへ入れるだけ。
友達からセーブデータをもらってきて、自分の家で試してみるなんて事も出来ちゃいますよ。



 と、素敵な事ができまくりなXPORTですが、ちょっと気をつけないといけない点もあります。

1:実績はセーブデータを入れ替えただけでは解除できない
 実績に関してはセーブデータとは違う所で管理しているので、凄いデータをもらってきても実績は解除出来ません。
なので、実績を解除する直前のセーブデータをもらってきて、使えばすぐに実績が解除できるという事になります。

2:セーブデータが移動できない事もあります
 デッド・オア・アライブ エクストリーム2はセーブデータの移動が出来ないゲームです。
こういったゲームに関してはセーブデータをもらってきて、自分のハードディスクへ入れても動作しない事があります。
どのゲームがこういった仕様なのかは実際に調べてみるまで分かりません。



 セーブデータは説明書にも掲載されているURLにて無料で入手出来ます。
このサイトには日本語版ゲームのセーブデータも多数掲載されていますので、ぜひ試してみてください。

 ちなみに真・三國無双4スペシャルのセーブデータは各武将がそれなりに強くなっていたので、全てのキャラクターでゲームクリアができそうな勢いでした。
・・・やってませんが(汗)

 XPORTにはXBOX用のセーブデータを360のハードディスクへ保存する機能もありますが、私がメモリーカードを持ち合わせていないので、検証出来ませんでした。
どなたかやってみて下さい・・・。



xport
360「XPORT
販売価格:¥8480(税込)
■ ご注文はこちら! ■
通常24時間以内に発送いたしております。




ファミコンプラザホームページはこちら

 今でもコンスタントに売れ続けている360「アイドルマスターですが、3月21日より新しいコンテンツが販売開始となります。


■ 公式ページより ■





 ワルキューレの伝説シリーズや学生服などを既にリリースしており、絶対制作者の趣味全開!だと思っていたのですが・・・
今回ついにエクササイズウェアの名を借りた体操服ですよ!
間違いなく制作者の趣味全開だわー


 他にもドリラーヘルメットやドリルアームといったミスタードリラーのホリススム君になれるセットも販売開始です。
もうこうなったらこの調子で突き進んでいって欲しいと思います(笑)



360 アイドルマスター
360「アイドルマスター
標準価格:¥7140(税込)
販売価格:¥6,000(税込)
■ ご注文はこちら! ■
通常24時間以内に発送いたしております。
全国¥150均一のメール便にも対応しております。




ファミコンプラザホームページはこちら

 以前からちらほら噂が出ているPSPのマイナーバージョンアップ版ですが、ここにきて再び出ているようです。


■ BARKSさんより ■

■ GIGAZINEさんより ■


 まぁ、いつも出ては消えてを繰り返している噂だけにまた今回もか?というのが正直な感想です(笑)
メーカーとしては常に改良型を研究しているのは当然ですし、それが実際に日の目を見るのかどうかは色々な事情があるでしょう。

 ただ、PSPの場合、色々な小型化に向けての壁が高いように思います。

・UMD用ドライブ
・巨大液晶画面

 特にこの2点が小型化への足かせになるのは間違いないと思います。
PS3を使ってPS1用ゲームを配信するサービスが行われています。
ですが、UMDを取り去ってしまうと、現時点で発売されているPSP用のゲームが一切遊べなくなってしまいます。
PS3からゲームを全てダウンロードして遊ぶという仕様にするにはPS3の普及率が悪すぎてお話にならない気もします(汗)

 また、液晶画面を小さくしてしまったらPSPの長所が大幅ダウンという感じです。
あのサイズ以上の小型化ができるのかどうかちょっと興味があります。

 PSP2TVを取り付ける時にPSPを何度も解体しましたが、かなりギッチリ詰まっているという印象です。
果たして薄型&軽量が本当だとしたらどのように実現するのでしょうか?


 ただ、この手の噂に振り回されるのはユーザだけではありません。
周辺機器を製作しているメーカーもこの手の噂に苦労しているそうです。
例えば、PSP用のポーチを制作しているメーカーさんでは現在の商品が売り切れた時に再生産するのか、しないかで大きな問題になります。
仮に新型が発売になってしまうとなかなか旧型用のポーチって売れなくなってしまいます。
このため、この噂に振り回される格好で、現在のポーチが完売した時には生産終了にしている所もあります。
実際にPSPの新型が出るか分からないのに振り回されるメーカーさんって結構可愛そうな気がしますよ・・・(涙)




ファミコンプラザホームページはこちら

 全国に設置している任天堂のDSステーションでゲームセミナー受講生のゲームが無料でダウンロード出来るようになっています。


■ ITmedia GAMESさんより ■


 現在はあっというまに?えかきうたが無料でダウンロードできますのでぜひお近くにDSステーションがある方はご利用下さい。





 で、ファミコンプラザグループで唯一設置している安城店へ行ってダウンロードしてきました!(笑)
あっというまに?えかきうたですが、上の画面に出てくる絵描き歌に従って下に絵を描いていくというゲームです。
最後まで書き終えた後、出来上がった絵が何なのか答えて、正解していればクリアというゲーム内容です。

 最後に答えを入力するシーンが文字を選んで入力するタイプになります。
文字数が決まっていたり、選択できる文字が数種類しか無い事からあまり間違える事はないかと思います。
全体的な難易度は高くなく、幅広い方々に遊んでもらえるような工夫がされているゲームと言えるでしょう。
絵描き歌の歌っているパートごとに描き込む場所が指定されているので、あまり答えと外れた絵にはならないので、答えもおのずと分かってくると思います。


 ステージ数は若干少ない気もしますが、無料のゲームとしては十分だと思います。
歌によって書かせられる絵に色々な仕掛けがあって、楽しめるゲームになっています。
ぜひ一度遊んでみて下さいね。


 今後もこのようなゲームセミナー受講生のゲームが配信されていきますので、時間に余裕があったら簡単にレポートしたいと思います。
余裕があったらね(汗)




ファミコンプラザホームページはこちら

 XBOX360版が3月22日に発売となるアーマードコア4ですが、PS3版でオンライン対戦の大会が開催されています。


■ 詳しくは公式ページにて ■


 既に第1期、第2期の大会は終了しています。
現在は最後となる第3期の大会が開催中です。

 オンラインのランクマッチで上位にエントリーされると後日開催される決勝大会へ出場する事ができます。
決勝大会への旅費はメーカーが負担すると言う事ですので、ぜひご参加下さい。

 大会で1位になると賞金が10万円+トロフィー+副賞がもらえます。
2位でも10万円+副賞。
3位、4位は5万円+副賞という事ですので、皆さんがんばって応募してみて下さい。





 ランキングの上位が東京で行われる大会へ参加できるという事です。
がんばって上位を狙ってみてはいかがでしょうか。

 って、大会の協賛がついているんですね。
・・・この大会ってPS3版での大会ですよね。

 それなのにマイクロソフトが協賛ですか?(汗)
なんて太っ腹な会社なんでしょうか、マイクロソフト。
WindowsやOfficeで大儲けしているだけにPS3の大会でもスポンサーになっていると?

 ラッキーナンバー賞という賞が設けられているのですが、その景品が・・・

100位:XBOX360本体
200位:PSP本体
300位:XBOX360本体
400位:PSP本体
500位:XBOX360本体

 なるほど、ここで協賛の意味があるわけですか(笑)
しかも決勝大会で観戦した方の中から抽選でXBOX360本体やPSP本体が当たると!
一体何台360本体出してんだー

 いくら360でアーマードコア4が発売されるからとは言え、PS3版の大会でこの大盤振る舞いっぷり。
改めてマイクロソフトの財力を思い知りましたよ・・・。
もっとXBOX360普及のために使ったらええのにー




ファミコンプラザホームページはこちら

 プレイステーション3のゲームは日本、アメリカ、ヨーロッパとどこの国で発売されている本体でも遊べます。
しかし、発売されている国によっては若干仕様が変わっている事があります。

 最近ではPS3「モーターストームが北米版だとオンライン対戦がサポートされています。
しかし、日本で発売された物に関してはオンライン対戦がサポートされていません。


■ 北米版公式サイト ■


 こちらの北米版公式サイトを見ていただきますとMax. players online: 2-12という記載があります。
これはオンラインでの対戦をサポートしているという記載です。
しかも、2〜12人での対戦が可能となっています。


 また、日本名でPS3「パワースマッシュ3、北米版ではVirtua Tennis 3という名前で発売されているテニスゲームですが、こちらも同様に北米版では対戦がサポートされています。


■ 北米版の公式サイトはこちら ■

■ 日本版の公式ページはこちら ■


 モーターストームパワースマッシュ3のどちらのソフトも日本の方が先に発売されています。
ですが、日本版ではオンラインの対戦がサポートされていないという事で、オンライン対戦を楽しみにしている方にとっては大きなマイナス点となってしまっています。
今後は発売時期に関わらず、同じ仕様にしてもらえると良いのですが・・・。




ファミコンプラザホームページはこちら

 テレビCMで明石家さんまさんと松岡修造さんがWiiのキャラクター作成機能、Miiで自分のそっくりさんを作っていたのを見た方も多いかと思います。
その2人のMiiがご自宅のWii本体へ遊びに来るというイベントが行われています。


■ ファミ通.comさんより ■


 特に難しい設定などは不要でして、Wii本体がインターネットに接続できる環境にあり、WiiConnect24の設定が有効になっていれば良いそうです。
ぜひお試し下さい。





 で、我が家にWii本体はありませんのでどういった事ができるのか分かりません(涙)


■ 任天堂公式ページ ■


 こちらを見ても来るという事だけで、何がどうなるのかは分かりません。
しかも他の方にあげると無くなってしまうそうですよ!
ご自宅のWii本体で 飼い殺し 留めておきましょう(笑)




ファミコンプラザホームページはこちら

 最近入荷した海外ゲームをご紹介いたします。



ps2 god of war 2
PS2「GOD OF WAR 2(北米版)
販売価格:¥7500(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 アクションゲームが好きなら絶対面白いと思っていただけると勝手に私が思っているソフトの続編がついに登場です。
1は日本版も発売されているのですが、こちらも大ヒット!・・・BEST版が(汗)
2はまだまだ日本で発売されるのかすらも分かりませんので、とりあえず海外版を輸入してみました(笑)
ですが、こちらはPS2のソフトになります。
PS2は海外のゲームが日本のPS2本体では遊べない仕様ですので、北米版PS2をお持ちの方のみどうぞ。
北米版のPS2本体をお持ちで無い方はカプコンにでも日本語版発売を依頼するしかありません(汗)



psp mlb 07 the show
PSP「MLB 07 THE SHOW(北米版)
販売価格:¥6500(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 PSPで前作、MLB 06 THE SHOWが発売され、大ヒットしました。
その続編にあたる07がついに登場です。
今年度のデータを採用しているので、各選手が移籍した形跡が・・・って、私はメジャーリーグに詳しくないので全然選手名見てもわかりません(汗)
ゲーム内容は前作も非常に好評だったので、今回も安定して面白いですよ〜。
日本の野球ゲームに飽きちゃった方にオススメの1本です。



360 ghost recon aw 2
360「GHOST RECON ADVANCED WARFIGHTER 2(北米版)
販売価格:¥8000(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 人気タクティカルシューティング(?)のゴーストリコンの最新作です。
1は日本版も発売されていますが、大変人気になっていまして、今でもコンスタントに売れ続けています。
2が日本に先駆けて海外で発売となりました。
こちらは日本の360本体でも遊べますので、ぜひ1を遊んで面白かった!という方はどうぞ。



ps3 def jam icon
PS3「DEF JAM ICON(北米版)
販売価格:¥8500(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 ヒップホップと格闘ゲームが融合した人気シリーズの第3弾です。
ついにPS3で発売となり、そのリアルさがより一層凄い事になってます。
いつもこのシリーズを見ていると思うのですが、なんでヒップホップのラッパーな方々が殴りあいしなけりゃならないんでしょうねぇ?(笑)



psp burnout dominator
PSP「BURNOUT DOMINATOR(北米版)
販売価格:¥6500(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 PSPで最高峰のリアルさを見せつけてくれるレースゲームがこのBURNOUT DOMINATORです。
このバーンアウトシリーズも大変人気のあるシリーズですので、面白さは保証付きです。
派手にクラッシュしてナンボのゲームですが、ますますリアルになっていますので、かなり熱中できると思いますよ〜。



psp the warriors
PSP「THE WARRIORS(北米版)
販売価格:¥3980(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 日本でも何かと問題になったグランドセフトオートシリーズを作っているロックスターゲームズのPSP用ゲームです。
正直、グランドセフトオートに勝るとも劣らないほどの問題さを秘めているゲームだと思うんですが・・・。
「殴る・蹴る」といった暴力描写についてはかなりしっかり描き込まれているので必見です。



psp ghost rider
PSP「GHOST RIDER(北米版)
販売価格:¥4980(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 映画「ゴーストライダー」を題材にしたゲームです。
映画の内容は全く知りませんが、ゲームの内容は一言で言うとアレです。
えっと、ゴッドオブウォーのパクリゲー(汗)
まぁ、北米版PS2本体をお持ちでないゴッドオブウォーが遊びたい方はこのゲームを遊んでみてはいかがなもんでしょうか(笑)



nds diddy kong racing
NDS「DIDDYKONG RACING DS(北米版)
販売価格:¥4980(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 基本的にはニンテンドウ64で発売されていたディディーコングレーシングですが、Wi−Fiに対応している事やマイク・タッチパネルに対応した事で64版とは違った楽しみがありますよ〜。
お手軽レースゲームとして楽しむ事もできますし、Wi−Fiを使って見知らぬ方々と対戦に熱を上げるというのもまた楽しいですよ。



nds micro machines v4
NDS「MICRO MACHINES V4(北米版)
販売価格:¥3980(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。
 他の機種は順調に発売されたのですが、DS版だけなぜかやたらと発売が遅くなっていたゲームがコレです。
家庭内をミニカーが走り回るレースゲームという表現が一番ピッタリくるのでしょうか?(笑)
色々なおじゃまアイテムを使って楽しめる愉快なレースゲームですよ〜。




 最近入荷した分はだいたい以上です。
本日入荷したPS2「GOD OF WAR 2(北米版)が一番の人気になりそうな気がします。
ってか、私が遊んでみてぇ!(笑)
ご注文をお待ちしております。




ファミコンプラザホームページはこちら

 大人気で初回分が瞬く間に完売してしまったGBA「ゲームボーイアドバンスSP中国版ですが、ついに再入荷いたしました。
お問い合わせを頂いた方々には大変お待たせいたしまして、申し訳ございませんでした。
現在、24時間以内に発送いたしておりますのでよろしくお願いします。



■ 前回入荷時に作成した製品レポートはこちら ■



iQueマリオ iQueドンキー
 ゲームボーイアドバンスSP中国版(マリオバージョン/ドンキーコングバージョン)
ファミコンプラザだけの特典:GB「カードヒーロー」+ACアダプタ(日本仕様)
販売価格:¥17800(税込・送料込)
■ ご注文はこちら! ■
通常24時間以内に発送いたしております。



GBASP ACアダプタ
 こちらの中国版には中国で使えるACアダプタが付属しています。
日本では使えませんので、別途GBASP用のACアダプタが必要になります。
当店では日本で使えるACアダプタをお付けいたしております。




ファミコンプラザホームページはこちら

 今、一番人気のゲーム機といった感じのするWiiですが、ちょっと一風変わったスタンドが登場しました。



Wii用スタンド
Wii「4 in 1 MULTI FUNCTION BLUE LIGHT STAND


 こちらのスタンドですが、 意味も無く 青色に光り輝きます。
こちらのスタンドの簡単なレビューをご用意いたしました。
他にも素敵な機能が満載ですので、ぜひ一度ご覧下さい。



スタンド01
 こちらが普通のWii本体+普通のスタンドです。
通常でご利用いただく分にはこのスタンドで十分ですが・・・。



スタンド02
 せっかくなのでこの新型スタンドを装着してみました!
本体の向かって左側にはWiiリモコンを入れるためのポケット(?)があります。



スタンド03
 正面から見た所です。
本体の向かって右側は充電池を入れる所です。
ここに入れたままで充電できるような仕様になっています。



スタンド04
 で、問題の青色に光る箇所ですが、このスタンドの下部です。
明るいとイマイチ分かりづらいので、電気を消して撮影してみました。



スタンド05
 ほら!この通り!綺麗に光ってますよ!
Wiiのイメージカラーの白+青色という感じでカッコエエ!(笑)



スタンド06
 で、右側のバッテリーチャージャー部分ですが、WiiのUSB端子から電源が供給されます。
このため、余計なACアダプタとか不要ですので、使い勝手が良いですよ〜。



スタンド07
 左側にはWiiリモコンを立てておけます。
使い終わった時にはここに立てておけば、次に使うときにすぐ用意出来ちゃいます。



スタンド08
 おまけとして、ちょっと前から販売しているWiiリモコン用のバッテリーをご紹介。
こちらはWiiリモコンで電池の代わりにこのバッテリーが使えます。
バッテリーに付属しているUSBケーブルを使って充電します。
もちろん、Wii本体から充電できるので使い勝手も良いですね。



スタンド09
 Wiiリモコンの電池蓋を外して、バッテリーを入れます。



スタンド10
 実際に取り付けてみるとこんな感じです。
全く違和感ありません。



スタンド11
 充電する時にはバッテリーの小さい穴にUSBケーブルを差し込みます。



スタンド12
 もう片方はWii本体のUSB端子にでも差し込んでおけば充電できます。
お手軽に充電できるのでかなりオススメ&大ヒット中の商品ですよ〜。
スタンドとご一緒にいかがでしょうか?




Wii用スタンド
Wii「4 in 1 MULTI FUNCTION BLUE LIGHT STAND
販売価格:¥2980(税込)
■ ご注文はこちら! ■
通常24時間以内に発送いたしております。



Wii用バッテリー
Wii「Wiiリモコン用Rechargeable Battery Pack(1800mAh)
販売価格:¥1980(税込)
■ ご注文はこちら! ■
通常24時間以内に発送いたしております。




ファミコンプラザホームページはこちら

 ■ 時々、漫画を掲載する事でちょっと有名なブラウニーブラウン ■ですが、NDS「聖剣伝説ヒーローズオブマナの発売を記念して新作漫画が掲載されていました。


■ 学級委員長の憂鬱 ■


 ゲームの内容とはほとんど関係無いお話ですのでお気軽に見てくださいね。



DS聖剣伝説ヒーローズオブマナ
NDS「聖剣伝説 ヒーローズオブマナ
標準価格:¥5040(税込)
販売価格:¥4400(税込)
■ ご注文はこちら! ■
全国¥150均一のメール便にも対応しております。
通常24時間以内に発送いたしております。





 と言うわけで、見てみました!


・・・こっぱずかしっ!!(汗)


 非常に恥ずかしい展開で一体どこの進研ゼミ・・・って思ってたら、■ 同じ事を思っている方が!(笑) ■
今の時代、委員長も学校にDS持って行ちゃうんですか?
ボクの頃なら間違いなく没収&卒業式後に返してやる&結局返ってこないの3連コンボですよ(涙)




ファミコンプラザホームページはこちら

 昨日より、XBOX360用の周辺機器、XPORTの販売を開始致しました。
こちらの商品ですが、以前取り扱いをして大人気だったXSATAと同じデイテル社の製品です。

 性能的に特に目立った違いはありませんが、XBOX360用メモリーカード、XBOX用メモリーカードのセーブデータを読み込む事ができるというのが大きな特徴になります。
XBOXのセーブデータを360にコピーして遊びたいという方はぜひどうぞ。



XPORT002
 同梱物はXPORT本体。



XPORT001
 データ読み込み用の専用ソフトが入ったCD、説明書、メモリーカードを読み込むアダプタです。



XPORT01
 付属のCDをインストールした後、起動してみました。
本来、メモリーカードがあればこの選択肢にメモリーカードも出てくるのですが、ウチにはXBOXのメモリーカードどころか360用のメモリーカードすらありません(涙)



XPORT02
 読み込みソフト(XPORT360)が起動するとこのような感じです。
左側にハードディスクの内容がエクスプローラー風に表示されます。
個別のゲームソフトのセーブデータのコピーなどは自己責任にてお願いします。


XPORT03
 まとめてハードディスクの内容をバックアップする時にはBackup to Imageで行えます。
この後に保存先を選択すればOKです。
バックアップしたデータを戻したい時にはすぐ下のRestore from Imageです。


 海外製品ですので、説明書は英語表記となります。
説明書にはゲームのセーブデータに関する記載があります。
どの階層にどのようなセーブデータが保存されているのか書かれています。
ロックのかかっていないセーブデータなどは友達へ受け渡したり、もらったりできます。
凄いセーブデータを自慢するのも面白いですね(笑)



xport
360「XPORT
販売価格:¥8480(税込)
■ ご注文はこちら! ■
通常24時間以内に発送いたしております。




ファミコンプラザホームページはこちら

 PS3でオンライン専用のコミュニケーションサービスが開始される事になりました。


■ GAME WATCHさんの記事より ■


 サービスの名称はHome
開始時期は2007年秋頃の予定という事です。
基本的に無料でのサービスとなりますので、PS3本体+ブロードバンド環境があれば利用できるようになる予定です。





 イメージとしては、XBOX LIVE+WiiのMii+どうぶつの森(?)といった感じでしょうか(笑)
XBOX LIVEのように様々なコンテンツをダウンロードできるようです。
また、WiiのMiiのように自分の分身となるキャラクターを様々なパーツでカスタマイズ可能という事です。
そして、自分の家をどうぶつの森のように飾り付けできるという事で、色々な要素をうまく取り込んだのがこのHomeというサービスのようです。

  まぁ、ぶっちゃけて言えば美味しいとこ取りな訳でー
色々なご意見があるかと思いますが、遊ぶユーザにとっては色々なサービスが楽しめるようになるのは良い事です。
素直に喜んで良いと思いますよ。


 あくまでも個人的な意見として言わせてもらえるならば・・・
いかにも海外主導で決まったと思われるキャラクターはどうにかならなかったのかと。
やっぱりMiiまでコミカルにしろとは言いませんが、日本市場向けにはもうちょっとコミカルな方が良い気がしますが。

 あくまでも仮想空間の中にリアルな現実を作りたいという事ならば仕方ないとは思いますが・・・。
なんかねぇ?


 あ、このHome用に各ゲーム会社が追加コンテンツを提供できるとかなら面白いかもしれませんよね。
SCEからトロの着ぐるみがプレゼントされたりすると街中トロだらけとか(笑)
対抗してバンダイナムコゲームスからは太鼓の達人の■ どん ■の着ぐるみがプレゼントされたりとか。
調子に乗ってコーエーあたりが■ 真・三國無双 ■あたりのキャラクター着ぐるみを配信するも、怖くて誰も着なくてしょんぼりとか(笑)


 なんだかちょっと楽しみになってきましたが、各社がデータを配信できるのかは全然知りません(汗)




ファミコンプラザホームページはこちら

 XBOX360のある意味キラーソフトとなっている360「アイドルマスターですが、このソフトの影響もあってかXBOX LIVE!の加入率が世界で一番という結果が出ているようです。


■ 夕刊フジBLOGさんより ■


 ウチの常連さんの話を聞くだけでもアイドルマスターの貢献率は高いと思っていましたが、よもや1位とは(汗)
もっとも、現時点でXBOX LIVE!で魅力的な販売コンテンツが他にあるのか?と言われてしまうと見あたらない気もしますが・・・。


■ 先日配信開始になった「ルミネスライブ!」の販売数も気になります ■


 前々からいつ開始なのかやきもきしている方が多かったと思われるタイトルです。
こちらはコアユーザに人気がでるんじゃないかと思います。


 まぁ、何か有料コンテンツをダウンロードする訳でもなく、無料の体験版などをガンガンダウンロードするだけでも十分過ぎるほど楽しめます。
XBOX360本体を購入された方はぜひご一緒にXBOX LIVE!関連の商品もご検討下さいね。



プレミアムパック
360「XBOX Live プレミアム ゴールド パック
標準価格:¥7140(税込)
販売価格:¥6200(税込)
■ ご注文はこちら ■
通常24時間以内に発送いたしております。

プレミアムパック説明
これだけの商品がセットになってこの価格ですのでとってもお買い得!



ゴールドメンバーシップ
360「XBOX Live 12ヶ月ゴールドメンバーシップカード
標準価格:¥5229(税込)
販売価格:¥4680(税込)
■ ご注文はこちら ■
通常24時間以内に発送いたしております。
(初めてXBOXLIVEに参加される方は上記のプレミアムゴールドパックの方がお得ですよ)



MSポイント3500
360「XBOX Live 3500マイクロソフトポイントカード
標準価格:¥5250(税込)
販売価格:¥4680(税込)
■ ご注文はこちら ■
メーカー2〜3営業日にて発送いたします。
XBOX LIVE!ではマイクロソフトポイントでコンテンツ代金を支払います。
クレジットカードでも購入できますが、クレジットカードをお持ちでない方はこちらの3500ポイント分のカードをどうぞ。




ファミコンプラザホームページはこちら

 プレイステーション3で期待の新作、PS3「みんなのゴルフ5の体験版配布が少しだけ早くなりました。


■ 公式ページより ■


 体験版の配信開始は3月16日となります。
配信終了予定日は5月7日です。
この期間中にPLAYSTATION Storeに接続して無料で体験版をダウンロードすることができます。





 ファミコンプラザグループの店頭に設置してあるPLAYSTATION TVという店頭試遊台があるのですが、こちらでも体験版が試遊できます。
PS3本体をお持ちでない方はぜひ店頭まで遊びに来てくださいね。
こちらの設置予定は3月上旬となっています。
ちなみに里町店では3月12日の更新で行われる・・・と思います(汗)
何せ詳しい事を聞いていないので、まだまだ分かりませんが。

 どうでもいい話なんですが、PLAYSTATION TVはオンラインに接続して勝手にダウンロードして知らない間に体験できるゲームが変わっている!

 ・・・って、思っていたんですよ。
ところが、現時点ではオンラインには全く接続しておらず、時々SCEの下請け会社の方がやってきまして本体のシステムソフトウェアのバージョンアップを行ったり、展開するコンテンツを入れていったりしています。
かなりアナログな感じなんですが、一体いつになったら完全にオンラインへ切り替わるのでしょうか(汗)




ファミコンプラザホームページはこちら

 コナミが運営するPC「ときめきメモリアルONLINEですが、7月末にサービスを終了するそうです。


■ 4GAMERさんより ■


 特にパソコン用のゲームの話なので、ウチには関係無いのですが、気になったのが4GAMERさんの題名。


「ときめきメモリアルONLINE」,7月末に廃校決定


 このセンスの良さは見習わなければならないと思いました(笑)
とはいえ、オンライン専用のゲームがちらほら発売されている家庭用ゲーム機でもこの手の話は対岸の火事ではありません。
オンライン専用ゲームの場合、オンラインサービスが終了してしまうと、どれだけお金を払ってもそのゲームが遊べなくなってしまうのです。
今後、オンライン専用のゲームが増えてきた時に、人気の無いオンライン専用ゲームを始めてしまうと、いつサービス終了になるのかという不安を抱えながらプレイしなければらなない・・・そんな事になるかもしれませんね(汗)




ファミコンプラザホームページはこちら

 PS3で好評発売中のPS3「リッジレーサー7ですが、PLAYSTATION Storeにて今までのシリーズ音楽が配信される事になりました。
配信サービスは3月7日からスタートしていますので、リッジレーサー7をお持ちの方はダウンロードしてみるのも良いのではないでしょうか。


■ GAME WATCHさんの記事より ■


 GAME WATCHさんの記事では無料で試聴できますので、ぜひどうぞ。


■ リッジレーサー7公式ページはこちら ■


リッジレーサー7
 PS3「リッジレーサー7
標準価格:¥7329(税込)
販売価格:¥6200(税込)
■ リッジレーサーシリーズはこちらにて販売中です ■
通常24時間以内に発送いたしております。
全国¥150均一のメール便にも対応しております。





 という訳で、リッジレーサー好きな私なんですが・・・
6は遊んだ事がないんですよ(涙)
なのに6の音楽ばっかり・・・どんな曲なのか分からないじゃないですかー


 って、その前にリッジレーサー7もPS3本体すらも持っていませんが(涙)



よくゲーム屋の店長なんだからゲーム機は全部持ってるんでしょ?



 って聞かれるんですよ。
んな訳ないです。
ゲーム屋の店長とはいえ、自費でゲーム機を買わなければなりません。
特にボクなんてお小遣い少ないしー

 そんな訳で、未だにDSだってライトじゃない前のモデルですよ・・・。
べっべつにうらやましくなんかないんだからねっ!!





il||li _| ̄|○ il||li うらやましー




ファミコンプラザホームページはこちら

 Wiiは基本的に日本以外、海外のWii用ゲームは遊べません。
これはリージョンプロテクトという全世界を地域ごとに分けて、他の地域のゲームが遊べなくなるような仕様の為です。

 ですが、このリージョンプロテクトを改造も無しに外してしまうという裏技が発見されました。
Wiiのソフトではなく、WiiでGCのソフトを動作させる時に限定されていますが、一度ご覧下さい。


■ ねこかぶのblogさんより ■


 要はタイミング次第のようですが、ディスクの交換タイミングを調整する事で、Wiiでは動作しなかったGC「プロアクションリプレイ、海外版のGC用ゲームなどが動作するようです。
ご利用は自己責任にてお試し下さい。





 スゲー!
早速実験・・・ってウチにはWii本体がねぇ!(涙)
スタッフに聞いてみたところ・・・


「海外版のGCソフトなんぞ持ってねぇし、プロアクションリプレイも無い」


 と、まぁ身も蓋もない返答が帰ってきましたよ(涙)


 そんな訳でして、実験は出来ていませんが、海外のGCソフトなどが動作するようです。
お持ちの方は試してみても良いのではないでしょうか。

 あ、Wiiの場合はオンライン接続による本体のバージョンアップがあります。
このため、この裏技的な機能は使えなくなる可能性が高いです。
今だけの特典して楽しんでみるのもアリといえばアリかもしれませんね(笑)




ファミコンプラザホームページはこちら

 近年、多くのゲームが毎週発売されています。
ゲームをよく遊ぶユーザ、特にゲーム誌を買って読んでいるようなユーザの方なら、ゲームのパッケージを見るだけで何となくどんなゲームなのか分かるかと思います。
ですが、全くゲームに触れたことが無いユーザ、特にニンテンドーDSブームで初めてゲーム機を買ったという方にとっては数多くのゲームがどんなゲームなのか分からない状況なのではないでしょうか。

 そんな中、ゲームソフトのパッケージ裏側にゲームのジャンルを一言で書いてあったりします。
ある程度分かっている方ならこのジャンルを見ればすぐにゲーム内容が分かる・・・かと思いきや、余計に混乱を招くようなゲームジャンル表記がされている事が多々あるようです。


■ ゲームのジャンルが変だ(デイリーポータルZさんより) ■


 Wiiのソフトを例に挙げていますが、一見・・・どんなゲームだよ!とツッコミを入れたくなるようなジャンルがあります。
他にも色々あるかと思いますので、お持ちのゲームソフトの裏側にゲームジャンルの表記があったら一度見てみてください。





 有名どころでは・・・テイルズ・オブ シリーズでしょうか。


■ テイルズチャンネルに各ソフトのジャンル表記があります ■


 右下にあるタイトルをクリックして調べてみました!


デスティニー:ファンタジーRPG
ファンタジア:RPG
なりきりダンジョン:ダンジョンRPG
エターニア:表記無し
ファンダム:ファンディスク



 この辺りまではまぁ、普通って感じですか。


なりきりダンジョン2:コスプレRPG
デスティニー2:運命を解き放つRPG



 この2つはどうなんですか。
まぁ、コスプレRPGってのはストレートで分かりやすい気もしますが、運命を解き放つRPGってのはどんな内容なのか全く分からないと思いますが(汗)


サモナーズリネージ:ファンタジーシミュレーションRPG


 で、サモナーズリネージでちょっと普通に戻ったと思ったら・・・


ファンタジア(GBA):伝説のRPG


 自分で言うなと(笑)
他からの評価で「伝説のRPG」と言われるならまだしも、自分で言っちゃうのは正直どうかと思いますが(汗)



シンフォニア:君と響きあうRPG
リバース:君と響きあうRPG



 もう止まりません(汗)
大暴走って感じです。



なりきりダンジョン3:コスプレS-RPG
エターニア(PSP):永遠と絆のRPG



 なりきりシリーズはある意味割り切ってる感じがします。
で、本編のシリーズはもう独自路線を突き進みまくりです(汗)
なのに・・・



レジェンディア:RPG



 ど、どーしたんだっ!!
レジェンディアに一体何があったというのでしょうか!(汗)
テイルズ・オブシリーズらしからぬジャンル表記ですよ・・・。
きっと素敵なジャンルコピーが浮かばなかったほど開発が大変だったという事でしょうか・・・。



アビス: 生まれた意味を知るRPG
テンペスト:魂を呼び覚ますRPG



 ね、アビス以降になるとまた独自路線に戻ってますし。
もしやレジェンディアは無かった事にしたいって事なのかっ!?



ファンタジア(PSP):伝説のRPG



 あ、ファンタジアはもう今後はずっと伝説のRPGでいくんですねぇ。



デスティニー(PS2):運命という名のRPG



 元々特に凝ったジャンルではなかったハズのデスティニーすらPS2に移植されるとこのように素敵なジャンル名がついていますよ。


レディアントマイソロジー:君のためのRPG


 なんだかやたらと君の〜という感じが多いですね。


デスティニー2:運命を解き放つRPG


 デスティニー2もこのジャンル名で決まりって事ですね。


ファンダム2:ボイスアドベンチャー+α


 +αのαの部分が気になって仕方ねぇ!!!
それ以外は特に目立った点が無く、普通な感じですねぇ。
このシリーズだけに・・・「君と語るボイスアドベンチャー」とでもして欲しかった気もしますが(笑)


 いや〜それにしても色々凝ってます。
たぶん、これ以上凝ったジャンル名を持つシリーズって無いんじゃないですか?(笑)
バンダイナムコゲームス様にはこの路線を大切にしていって欲しいと思います。




ファミコンプラザホームページはこちら

 PSPで大ヒット中のモンスターハンターポータブル2ndですが、累計出荷本数100万本を突破したと発表されました。


■ GAME WATCHさんの記事より ■


 PSPで100万本を突破したタイトルは今までにありませんでしたので、このモンスターハンターポータブル2ndが初の100万本突破ソフトとなります。
また、前作にあたるPSP「モンスターハンターポータブルもまもなく100万本突破の見通しとの事でした。





 売れてます。
売れまくりです、モンハン2nd。

 PSPで初となる100万本突破タイトルですが、やはり口コミでの影響が大きいのではないでしょうか。
PSPのメインユーザが高校生〜大学生ぐらいです。
友達の中で、誰かがモンハン始めたとします。
一緒に遊ぶと面白いという事で、2人、3人と買っていき、友達ネットワークのほとんどの子が買ったというような流れではないでしょうか。
いわゆるポケットモンスターの流れと同じ事がPSPのモンハンで見られているという感じです。

 ちょっと嫌な言い方かもしれませんが、「持ってないと友達同士で遊べない」という事もあり得る自体なのではないでしょうか。


 また、モンハン2ndの発売日にPSPがある程度は売れましたが、それほど爆発的に売れたという事はありませんでした。
既に1のBESTが安いので、PSP本体と1のBESTを一緒に買った方が2ndを買ったという流れが目立ちました。

 やっぱりみんなでゲームを遊ぶってのはとても楽しいものですよね。
ボクも今、高校生ぐらいの年齢だったら良かったのにー




ファミコンプラザホームページはこちら

 XBOX360。
日本で2005年12月10日に発売開始。
2007年2月末での日本国内販売台数では約30万台。
コアゲーマーには多くの指示を受けているが、いわゆるライトユーザからは見向きもされていないのが現状。

 そんなXBOX360ですが、なぜ日本市場で売れていないのかAll Aboutさんで紹介されていました。


■ なぜXBOX360は売れないのか? ■


 個人的な意見となってしまいますが、記事中のご意見についてコメントしてみたいと思います。


>つまずいてしまったはじめの一歩

 XBOX360発売日にキラータイトル(これの為に本体を買いたくなるタイトル)が今ひとつ見あたらなかったのが原因だと思います。
リッジレーサー6は正直なところ、変わらない面白さはありますが、画面が綺麗になった以外に大きな特徴がありませんでした。
ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッドも同様に他機種と比べて画面が綺麗にはなりましたが、XBOX360だけの特徴という点では特にありませんでした。

 初代XBOXの時の売上げを支えてきたデッド・オア・アライブシリーズの最新作、4が突然の発売日延期になってしまい2週間ちょっと延期になったのは痛すぎました。

 ゲームショップではデッド・オア・アライブ4が発売される時が本当のXBOX360の発売日だという合い言葉の元、期待していたのですが・・・。
実際にそれほど本体を牽引する事なく、発売日は過ぎていきました。

 これは「結局デッド・オア・アライブ専用機みたいなもんじゃん」と初代XBOXを比喩していた方が結構いらっしゃいました。
初代XBOXはデッド・オア・アライブシリーズの売れ行きが本体の販売を支えていたのは間違いなく、その流れがXBOX360にも当てはまると感じた方が多かったという事ではないでしょうか。
実際にデッド・オア・アライブ4の発売日になった時、ソフトの発売予定表には特に魅力的なタイトルがありませんでした。
そんな事からもXBOX360買ってもデッド・オア・アライブだけしか遊ぶゲームが無いと思った方が多かったのではないでしょうか。

 そして、見え隠れするPS3の存在もXBOX360の販売数に影響を及ぼしたのは間違いありません。


>ハイデフを強調したCM展開

 ハイデフ、いわゆるハイビジョン画質に対応した初のゲーム機という地位を確立したかったのかもしれません。
ですが、ハイデフという単語自体が日本ではなじみがなく、逆に難しいという印象を与えただけではないでしょうか。

 その後のTOKIOの起用はPS1がゲーマー以外の層に人気が出て、どんどん販売数を増やしたという過去の実績からライトユーザの獲得を目指したのでしょう。
ですが、いくらビジュアルイメージにライトユーザ好みのタレントを起用したところで発売するタイトルがコレでは・・・

■ コール・オブ・デューティ2 ■

■ スペクトラルフォース3 イノセントレイジ ■

■ ゴーストリコン アドバンス ウォーファイター ■

■ 旋光の輪舞 Rev.X ■

■ 首都高バトルX ■

■ メジャーリーグ ベースボール 2k6 ■

■ バレットウィッチ ■

■ ゼーガペイン XOR ■

■ トップスピン2 ■

■ ボンバーマン アクト0 ■

 正直言って濃すぎます。
濃すぎるラインナップです。
ライトユーザがこの時期(7月12日TOKIOの起用を発表)にXBOX360本体を買って、どのソフトを買えというのでしょうか(汗)
とりあえず、首都高バトルXトップスピン2あたりでしょうか。
ボンバーマン アクト0■ いつものボンバーマン ■を期待して買ってしまった場合なんて泣き出してしまう事間違い無しです。
どうもマイクロソフトの目指す方向と、ゲームメーカーの目指している方向が違っているようにしか思えませんでした。


>有名クリエイターの起用

 ブルードラゴンは本当によく売れました。
ユーザの方々の期待も大きく、内容も良かったのでXBOX360本体を牽引して売れていました。
ですが、このブルードラゴンに続くタイトルが全くなく、せっかく本体を購入したユーザを逃してしまったように思います。
12月はワールドサッカーウイニングイレブンXロストプラネットという人気タイトルがあったので良かったのですが・・・
年があけて1月になるとギアーズ・オブ・ウォーゴッドファーザーヴァンパイアレインアイドルマスターといったどれもこれも Z区分の18歳未満購入禁止タイトルばかりという状況に。
(アイドルマスターはある意味18歳未満禁止かもしれませんが、正しくはレーティングCの15歳以上推奨タイトルです)

 ライトユーザを獲得するにはもう少し定期的にライトユーザ向けのタイトルが欲しいところです。
あつまれ!ピニャータは内容がしっかり伝わっていればライトユーザにも楽しめたかと思うので、惜しいタイトルでした。
内容を知らずに■ あのパッケージ ■を見るとかなりの確率で色物に見られると思います。


>ターゲットは誰だったのか

 マイクロソフトは日本の市場を良く研究していると思います。
ゲーム機を普及させるにはライトユーザの獲得が絶対条件として必要です。
ただ、しっかりコアユーザの支持を得ていない状況でライトユーザ獲得を目指したのは少々早すぎたと思います。

 コアユーザ向けのソフトを販売するだけで見込みがとれる市場を作っておけば他社メーカーの参入もしやすく、ソフトラインナップの充実がある程度は見込めるのではないでしょうか。
そしてそれからライトユーザ獲得を目指すという方法が一番ではないかと思います。


>Xbox360の武器

 やはりXBOX LIVE!をもっとアピールするべきだと思います。
なんだかんだでかなり高いレベルのサービスを提供しているのは間違いありませんし、手軽さも魅力です。
ゲームの体験版ダウンロードを海外と同じタイミングで配信する事で、ゲームソフトを買わなくてもかなりのタイトルが無料で遊べるというのは他の機種には無い大きなメリットです。
オープンベータテストなどを積極的に展開しても面白いのではないでしょうか。


 海外ではXBOXの知名度の高さから、スタートダッシュで有利な展開ができました。
ですが、日本では初代の販売不振があったため、スタートダッシュで躓きました。
今後の展開次第ではまだまだ面白い存在だと思いますので、マイクロソフトにはユーザを喜ばせるような戦略を期待したいと思います。




ファミコンプラザホームページはこちら

 サクセスより発売予定のニンテンドーDS用タイトルで、タイトル名を募集するというちょっと変わった企画が行われています。


■ サクセスの公式ページより ■


 タイトル名が見事採用になった場合、スタッフロールへの名前の掲載、ソフトのプレゼントという豪華な特典が用意されています。
張り切って名前を考えて応募してみましょう。





 タイトル名は偽りの〜というかたちになるそうです。
なので、この〜の部分を考える事になります。

 で、ゲームのエンディング(スタッフロール)への掲載があるという事で、私も考えて応募する事にしました!(笑)
ソフトももらえますし(安直)


案1:困ったときのぐぐる先生に聞いてみる
 ■ 早速聞いてみました! ■

 って、よく考えたらテレビ番組の名前じゃ著作権などの兼ね合いでダメに決まってるじゃないですか!
という訳で、検索1位の花園案は棄却(涙)


案2:過去あった偽りにまつわる名前を考えてみる
 嘘、偽りといった事で一番昔の記憶を思い出してみると・・・なんだろか?(汗)
あー■ 巨神ゴーグで船長が実はスパイでしたってのが凄く偽られたって感じがする! ■

 と言うわけで、偽りの船長・・・。
il||li _| ̄|○ il||li 船長ってキャラクターが出てこなかったら負けです


案3:思い切ってキャラクターの名前を入れてみる
 ってか、タイトル名に裏切る人の名前出しちゃったら誰もが裏切ると思っちゃうじゃないですか。
偽りのマリー王女なんて名前だったらマリー王女が何かしでかすのは目に見えてます(汗)
FF4でも偽りのカインなんて副題があったとしたら、すぐにカインが裏切るって分かっちゃいます(笑)


 結局、自分のひらめきを信じて応募する事にしましたよ・・・
なお、締め切りは4月16日なので、それまでにナイスなネーミングを考えて応募してみて下さいね。




ファミコンプラザホームページはこちら

 PS3のコントローラには振動機能がありません。
これはSCE(ソニーコンピュータエンタテインメント)とアメリカのImmersion社との間で特許上の問題があったからと言われています。
実際のところはどうなのかは分かりませんが、ゲーム業界ではおおよそこのように思われているようです。

 そして、この振動コントローラの特許問題がついに決着したと発表がありました。


■ GAME WATCHさんの記事より ■


 和解金などの詳細な発表はありませんでした。
長く続いた特許訴訟でしたので、それなりの金額での和解になったと思いますが、詳細は不明です。





 ゲームユーザにとっては不便としか言いようの無い特許訴訟でしたが、ついに決着しました。
もう少し早く終わっていればPS3のコントローラにも振動機能が付いていたと思うんですけどねぇ。

 実際にPS2で振動するゲームをPS3で遊んでみると分かりますが、かなり違和感があります。
レースゲームなどで振動するシーンで全く振動しないというのは、画面は綺麗なのに随分と昔のゲームを遊んでいるかのような錯覚に陥ります。
アタッチメント形式でもいいですから振動ユニットを発売して欲しいぐらいです(笑)


 まぁ、あくまでも噂レベルのお話なんですが・・・。
PS3ではPS2やPSのコントローラが使えません。
これはPS3にPS2のコントローラ(振動機能付き)を接続できてしまうと特許の侵害にあたるため、PS3ではPS2などのコントローラが使えないようになったと言われています。
今まで使っていたPS2用コントローラが使えないのは、ユーザにとってかなり不便ですので何とかして欲しいのですよね。

 特許問題も解決したので、PS3にPS2用コントローラを接続できる機器を販売しても良いんじゃないでしょうか?
PS3コントローラのモーションセンサー機能がほとんど機能していないですしー




ファミコンプラザホームページはこちら

 雑談袋さんにてロードの長いゲーム決定戦という内容が紹介されていました。


■ ロードの長いゲーム決定戦(雑談袋さんより) ■


 ロードが長いとそれだけでやる気がそがれる事ってありますよね。
私もロードが長いゲームは嫌いなんですが、数多くのロードの長いゲームに遭遇してきました。

 ネオジオCDのロードが長いという意見が多いのですが、あれはきっと何かの間違いです。
初めてネオジオCDを見たときにひたすらロードしまくっていたのが印象的でした。

ネオジオCDが起動して、まずロード。
タイトルが表示されてロード。
キャラクター選択で選んでロード。
戦闘が始まって、敵を倒しました!・・・ロード。
勝ち台詞を言ってロード。
次のステージ前にロード。

 って、何かの間違いじゃないかと思って販売店の人に「故障ですかね?」と聞いてしまった友達もいましたよ(笑)


 まぁ、ネオジオCDはどうしようも無いレベルだったのですが、それ以外だとこまめにロードが入ると辛いですよね。
その代表がFC「レリクス暗黒要塞
ファミコンのディスクシステム用のゲームだったんですが、数歩歩くとロード。
画面が変わってちょっと歩くとロード。

 画面には「シバラクオマチクダサイ」の文字。
うぃ〜んがちゃがっちゃんじーーーーーーー
といういつものロード音が終わった直後に敵と遭遇。
一発殴られて後ろへ吹っ飛ばされ・・・ロード。
また数歩進んでロード。
画面が変わった直後に敵と接触してダメージを受け、吹っ飛ばされ・・・ロード。
真剣にディスクシステムのカードを壊してやろうかと思いましたよ(涙)


 最後のまとめにも記載されていますが、次世代機の高性能化は画面や音楽などではなく、読み込みのスピードにも使って欲しいですよね。
どれだけ画面が綺麗で、音楽がよくても、すぐロード・・・は勘弁して欲しいです。




ファミコンプラザホームページはこちら

 Wiiのバーチャルコンソールで遊べるゲームにPCエンジンのダブルダンジョンが追加される事になりました。


■ ハドソンのバーチャルコンソール公式ページより ■


 最大の特徴として2人同時にRPGが楽しめるという点があります。
しかも3Dのダンジョンを2人で協力しながらクリアを目指すという今でも似たタイプのゲームがほとんど出ていないゲームです。
未体験の方はぜひ一度遊んでみてくださいね。

 配信の予定日は3月6日の予定という事です。
必要なWiiポイントは600ポイントです。





 内容はすっかり忘れてしまいましたが、2人で遊んで盛り上がったのは覚えています(笑)
2人揃って迷子になった事もありましたが・・・

 PCエンジンのバーチャルコンソールページもタイトルが少しずつ増えてきたので、今後に期待ができそうです。
個人的な名作のあっぱれゲートボールや原作をある意味無視しまくったシティハンターが遊べる日は来ますかね?(笑)




ファミコンプラザホームページはこちら

 大ヒット中のNDS「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカーですが、任天堂のDSステーション設置店にて新しいデータの配信が始まりました。


■ ITmedia GAMESさんより ■


 もし、お近くにDSステーション設置店舗がある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。





 で、ファミコンプラザグループでは安城店に設置してあるのですよ。
サービス開始の3月1日の夕方に安城店へ行ったのですが・・・


なっなんじゃこりゃぁぁっ!!!


 ってぐらい店の周囲に自転車が並んでました(汗)
自転車をかき分け、店内に入ると・・・


どっどれだけいるんですかぁぁぁっ!!!


 ってぐらいお子様軍団がいらっしゃいました(汗)
冗談抜きで暖房が要らない程・・・ってかむしろ冷房つけてくださいって程いらっしゃいましたよ・・・。
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカーの威力を思い知りました。

 そんな訳ですので、年齢を問わず、皆様お越し下さいね。




ファミコンプラザホームページはこちら

 Wiiで昔のゲームが遊べるサービス、バーチャルコンソールに新しく参入したゲーム機のネオジオですが、容量の問題もありますが、なるべく多くのソフトを出したいと公式ページでコメントがありました。


■ SNKプレイモア「ユサ日記」より ■


 サードパーティのタイトルも発売されていきそうですので、なかなか期待できるのではないでしょうか。
何かとプレミア価格になっていたタイトルとかも発売されるのでしょうか。
ティンクルスタースプライツなども発売されると嬉しいですね。





 100メガショック!のネオジオだけに容量が気になる所です。
でも、ネオジオの100メガってのは100メガビットでしたよね。
一般的な表記に直してみると8で割った数、約12.5メガバイトになります。


■ wikipediaのネオジオという項目を見てみると・・・ ■


 ザ・キング・オブ・ファイターズ2003は716メガビットだったようです。
8で割ると・・・約90メガバイト!
結構大きいサイズなのは間違いないのですが、容量制限があるんですねぇ。
Wiiの本体は512メガバイトのメモリを搭載しています。
空き容量としては問題無さそうですが、バーチャルコンソールの仕様上の制限ってところでしょうか?

 って、よく考えてみたら90メガバイトのゲームが5本で450メガバイト。
それだけで内蔵容量がいっぱいになっちゃいそうです(汗)
そりゃ1本あたりの容量は少なくなるってのは納得です・・・。

 ネオジオファンの方にとっては気になる発売ソフトですが、もう少し待ってみましょう。




ファミコンプラザホームページはこちら

↑このページのトップヘ