バイオハザードロックマン鬼武者などで有名なカプコンから発売されているゲームソフトで生産完了のタイトルをご連絡いたします。

★プレイステーション2用ソフト
PS2「BIOHAZARD CODE:Veronica 完全版 カプコレ(SLPM-65357)
PS2「シャドウ オブ ローマ(SLPM-65883)
PS2「ゴッド・オブ・ウォー(SLPM-67010)
PS2「バイオハザード 4(SLPM-66213)
PS2「The Getaway ゲッタウェイ(SLPM-65410)
PS2「Killer 7(SLPM-65947)

★ゲームキューブ用ソフト
GC「バイオハザード 4(DOL-P-G4BJ)
GC「Killer 7(DOL-P-GK7J)
GC「biohazard(DOL-P-GBIJ)

 今回、発表になったのは以上の9タイトルとなります。
生産完了という事ですので、メーカーの在庫があれば取り寄せできますが、完売した場合には取り寄せできなくなりますのでご注意下さい。





 と、いうわけでカプコンの9タイトルが生産完了との事です。
よく売れたのはPS2「バイオハザード4がダントツですね。
GCならバイオハザード4biohazardが売れていました。

 一般的に生産完了には2通りの理由があります。

1:売れなくなってきたので生産完了
2:廉価版(THE Bestなど)が発売になるので生産完了

 この9タイトルがどっちの理由なのかちょっと考えてみました!
いや、独断と偏見なので、間違っていてもごめんなさいですが(笑)


PS2「BIOHAZARD CODE:Veronica 完全版 カプコレ(SLPM-65357)
 まずこちら。
カプコレ=廉価版です。
このため、再度の廉価版が発売となればよいのですが、発売も古くちょっと難しい状況かと。
よって、こちらは廉価版無しの完全生産完了と予想できます。

PS2「シャドウ オブ ローマ(SLPM-65883)
 こちらは売れなかったからそのまま生産完了と予想できます(汗)

PS2「ゴッド・オブ・ウォー(SLPM-67010)
 ある意味一番扱いが難しいのがこちら。
プレイしたユーザの評判はかなり高く、海外では続編の発売も決定しています。
当然続編も日本で発売・・・となれば良いのですが(汗)
続編もカプコンから発売されるとなれば廉価版を発売して、続編へ繋げるためにユーザ層を広げるという作戦があります。
ただ、評判ほど売れなかったというのもまた事実です。
念のために欲しい方は早めに確保された方が良いタイトルかもしれません。
定価で買っても絶対損はしないと個人的には思っています(笑)

PS2「バイオハザード 4(SLPM-66213)
 こちらは通常版として発売になって大ヒットしました。
廉価版として発売すればまだまだ売れると思われますので、こちらのタイトルは廉価版が発売されると予想できます。

GC「バイオハザード 4(DOL-P-G4BJ)
GC「biohazard(DOL-P-GBIJ)
 ゲームキューブ用のバイオ2タイトルですが、値崩れも激しく、廉価版を発売しても市場的に厳しいと思われます。
このため、完全に生産完了と予想できます。
Wiiでもゲームキューブのソフトが遊べますが、ちょっと難しいかと思います。

PS2「The Getaway ゲッタウェイ(SLPM-65410)
PS2「Killer 7(SLPM-65947)
GC「Killer 7(DOL-P-GK7J)
 で、時代の流れに負けそうなのがこちら。
■ こちらの3タイトルはCEROのレーティングでZ区分指定を受けています。 ■
このため、こちらの3タイトルは今後メーカーから出荷される分はパッケージにZ区分と明記しなければなりません。
この対策の為の費用を考えるとここで生産完了とした方が得策・・・とメーカー側が考えた結果だと思います。
廉価版で発売するという選択肢もあるかもしれませんが、Z区分に指定されたため・・・

1:店舗により取り扱いが無いところもある
2:取り扱う店舗でも設置場所が一般のゲームソフトとは別にしなければならない
3:購入時に年齢を調べる必要がある

 といった理由により、販売数もあまり見込めません。
PS2「グランド・セフト・オート3ほどの知名度があれば良いですが、正直なところ、そこまではありません。
こういった理由により、廉価版での販売は無いと思われます。


 こんな感じで予想してみました。
予想が見事に的中したら・・・「おお!スゲー!」と言っていただければ(笑)
外れちゃった時には・・・・・この記事は見なかった事にして下さい(汗)




ファミコンプラザホームページはこちら