北米では絶好調、日本では不振と言われているXBOX360ですが、発売元のマイクロソフトが販売台数は計画通りとの発表をしました。

■ NIKKEIさんより ■

 計画では2006年末までに全世界で1000万台の出荷という事です。
現時点では330万台の販売という事で、6月末までに450万〜500万台。
そして年末までに1000万台という計画で動いているそうです。

 2006年末といえば11月にはプレイステーション3が発売されます。
この最大のライバル登場により、XBOX360の販売にどのような影響を及ぼすのか注目していきたいですね。





 高すぎると言われているPS3。
一方、発売から1年を経過し、PS3の発売にあわせて色々なタイトルを発売したいXBOX360。

 現状では日本市場でほとんど話題にもならない程度ですが、着実に売れています。
当店も当初は山ほどあった在庫が既に完売しています。
さらにメーカーへ発注したら・・・現在メーカー在庫も完売していて再生産待ちです
という連絡がっ!!

 売れてない、売れてないと言われていましたが、少しずつですが売れています。
メーカーの在庫が無いという事は初回分は全て出荷されたと言う事です。
ゲームショップなどの店舗にどの程度の在庫があるのかは分かりません。
ですが、再生産になるまで売れたという事は間違い無いです。

 PS3の価格を見てびっくりしている方も正直多いと思います。
XBOX陣営にとっては、そういった層をいかにXBOX360に引き込めるかが最大の課題となりそうです。
PS3の発表を逆にプラス要素としてとらえて不急に向けてがんばってもらいたいと思います。


 あ、そうそう。
まだ確定ではないのですが、再生産分もヘッドセットが付いてくるという事をちらっと聞いています。
XBOX LIVE!を体験するのにヘッドセットがある、無いでは随分と印象が違ってしまいますので、今後も付け続けて欲しいですね。

「ヘッドセットは初回生産分限定じゃねーんかぃ!」

 とかいう野暮なツッコミは無しで(笑)




ファミコンプラザホームページはこちら