2007年09月01日

せめて自分の子にはまともな名前をつけたい

読めない名前(暴走万葉仮名)

新聞では、多数派読者を敵に回したり、不快にさせるような話は書けない。それをあえて書きますから、該当する方は、これは自分のことではない、ほかの誰かのことだと思って読んでください。
私は複数の大学で講師を務めている。毎年学生名簿を見るたびに、読めない名前が増えたなと思う。特に女子名。子(こ)や枝(え)で終わる読みやすい名前が少なくなり、画数が多く無理読みの漢字を使った名前が多くなった。
暴走族のグループ名に多い方式なので、私は「暴走万葉仮名」と呼んでいる。
まあ、娘にどんな名前をつけようと親の自由ではあるのだが、面白いことに気づいた。
暴走万葉仮名の女子学生が多い大学は、あのー、偏差値がね、ちょっと、あれなのですね。
難関の某国立医大の教授である友人にその話をすると、うん、うちの女子学生に暴走万葉仮名はまずないな、と言う。超高学歴者ばかりの某有名全国紙の女性記者(子がつく)に同じ話をすると、ああそう言われてみればと、同僚たちの名前を思い起こしてくれた。
やはり暴走万葉仮名の女性記者はほとんどいませんね、と言う。

(´・ω・`) 長いから続くよ。
私は、俗流伝統主義者と違って、子のつく女子名は日本の良き伝統だと言いたいのではない。庶民の女子名に子をつけるようになったのは、明治半ば過ぎ、すなわち二十世紀に入ってからだ。皇族華族の女子名に子がつくのに憧れたのだ。その憧れの是非は今論じない。
ともかくも「目標」があった。一方、昨今の暴走万葉仮名の女子名はどうか。独自性・独創性(ホントに独自・独創かどうかはともかく)の追求の果ての「俺様(おれさま)化」である。
むろん実績の伴う俺様ならけっこうだが、そうでないことを私は体験的に知ったのだ。
三浦展『下流社会』で下流の指標の一つとして「自分らしく生きる」が挙げられているが、暴走万葉仮名にもその「自分らしさ」が感じられてならない。
(評論家・呉智英)

ソース

(´・ω・`) 毎度おなじみこのサイトを参考に…
見れなかったらF5で更新してみてね。
一部引用。
嗣音羽(つぉねぱ)
亜菜瑠(あなる)
羽姫芽(わきが)
腸(ひろし)
世歩玲(せふれ)
麻楽(まら)
永久恋愛(えくれあ)
蕾美亜(らびあ)
愛人(はあと)
美空(びゅあっぷる)
豪怜無(ごーれむ)
弾(ぼーる)
明芽(あくめ)
舞良(まら)
飛哉亜李(ひゃあい)
抱美弟(だびで)
天使(えるふ)
究極美子(くみこ)
創価(そうか)
黄熊(ぷう)
海凛都羽(かりんとう)
心中(ここな)
女王子(じょおうこ)
慧汰(えた)
喜怒哀楽(ゆたか)
慈悟路(じごろ)
夢星(むせい)
王子様(おうじさま)
二口(ふたくち)
恋璃愛(こりあ)

なんという、名前崩壊。
暴走なんてもんじゃないね、崩壊だね、こりゃ。

まあ、なんつーか女子ばかりじゃなくても、男の子もそうかもね。
例えば某少女漫画の影響うけて、子どもに「蓮」とかつけたがる親とかね。

(´・ω・`) あたしゃ自分の子どもに永久恋愛とかつけたくないし
かっこいいとも思わないしwww
レッテルはりっていう意味じゃないけど、
実際にこういう変なお名前ついてる子どもがよく事故にあうのを見かける
それは親の監督不行き届きなのかなんなのかは分からないけど
でもそう思っちゃうんだな
ほら、親がパチンコに集中して社内で置き去りにされて死んじゃった子…
確かアレで最初になくなった子どもの名前って騎士(ナイト)くんだと記憶しているし…
親が子ども連れてパチンコ行くっていうのが、まさにそうなのかなとか思っちゃったりするけども…

(´・ω・`) 本当、どうなっちまうんだろうね。
名前で個性を出したいっていう気持ちはわからんでもないが、
名前のインパクト強すぎて子どもが萎縮しちゃうっていう場合もあるんだから
考えて欲しいもんだ。
移転しますた。
今後の更新はこちらから〜
(´・ω・`)つ新ブログ「Famiglia Nera -妖夫と妖婦の日常劇-
at 22:29│コメント(3)トラックバック(0)好奇心

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/famiglianera/51112855
この記事へのコメント
確かにニュースで名前が出る子達、被害者・加害者は問いませんが以前から変わった名前が多いとは感じてました。
うちの嫁さんも変わった名前を付けると不幸になる、と自説を論じてます。子供を育てる背景に大きな問題があるのでしょうね。
Posted by mac at 2007年09月02日 09:47
蓮くん、普通にいますよw
息子の前の学校にも今のクラスにもいます。
息子のクラスメイトで瀬那(セナ)くんってのもいましたねー。
こういう名前の子が実際に近くにいると驚きます。
旦那の会社の同僚が子に「ありす」とつけた時はその同僚の見る目が変わりましたねぇ。

子供にこの手の名前をつける親って子供を自分の所有物くらいにしか思ってない人が多いんだと思います。
こんな名前を付けられた子供がかわいそうです。
Posted by こうこ at 2007年09月02日 11:02
>macさま
(´・ω・`) それは奥様の言うことに一理あると思いますよ(笑)
でも実際に子どもに変わった名前をつける人って、身なりが…(ゴニョゴニョ…

>こうこさま
(´・ω・`) セナは…んー…どうなんでしょう?
でもありす…ありすはなー…
>子供にこの手の名前をつける親って子供を自分の所有物くらいにしか思ってない人が多いんだと思います。
そういうところあると思いますね。
子どものこと考えてるようで考えてない、そんな気がする。
Posted by ひーちゃん at 2007年09月17日 19:01
 
livedoor Readerに登録