2008年06月15日

今日も…

岩手・宮城内陸地震、死者9人に 行方不明は13人

岩手・宮城内陸地震で、15日午後、7人が行方不明となっている宮城県栗原市北西部の旅館「駒の湯温泉」の倒壊現場から3人の遺体が見つかった。これで今回の地震の死者は9人となった。行方が分からない人は新たに5人増え、計13人となった。
宮城県警によると、遺体で見つかったのは同温泉経営者の妻、菅原チカ子さん(80)、金沢市の観光コンサルタント、麦屋弥生さん(48)、東京都北区の鉄道博物館職員、岸由一郎さん(35)。麦屋さんと岸さんは栗原市の第三セクターによる街づくりの検討委員会のメンバーで、同市で開かれた13日の会議に出席していた。
駒の湯温泉では依然として4人が倒壊した旅館内に取り残されているほか、栗原市花山地区では工事中だった作業員1人が土砂崩れに巻き込まれ、行方が分からなくなっている。捜索は16日朝から再開される予定。

ソース
昨日のニュースだと、駒の湯温泉から5名救出されたという話があったようですが、
誤報だったのかな? (´・ω・`)
改めてご冥福をお祈り申し上げます。

移転しますた。
今後の更新はこちらから〜
(´・ω・`)つ新ブログ「Famiglia Nera -妖夫と妖婦の日常劇-
at 20:49│コメント(0)トラックバック(0)好奇心

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/famiglianera/51235995
 
livedoor Readerに登録