2010年02月22日

地上デジタルで取り上げてくれないかなぁ?

(´・ω・`) フィギュアスケートといえば、シングルやペアばかりが注目を浴びてるこの昨今
もっとアイスダンスへの注目度は上がってもいいと思うのですよ。
そんな中、日本代表のリード兄弟がなんか取り上げられてるっぽいです。

アイスダンス オリジナルダンス

五輪=フィギュア・アイスダンス、リード組は16位に浮上

 バンクーバー五輪は21日、フィギュアスケートのアイスダンスのオリジナルダンスを行い、規定18位のキャシー・リード、クリス・リード組(日本)が合計80.30点で16位に浮上した。
 首位は合計111.15点のテッサ・バーチュー、スコット・モイヤー組(カナダ)。フリーは22日に行われる。
ソース

また、
こんなのアリ? 面白過ぎるフィギュア・アイスダンス
にて、他の国の選手の衣装もみられます。

(´・ω・`) 例のごとく、アイスダンス…見てましたよ。
個人的にはフランス代表のフレンチカンカンの衣装がかわいくて好きでした。

そういえば、今回のオリジナルダンスでこんな問題が…

【フィギュア】“先住民”に凍りつく観衆 ドムニナ組、3位に後退

 ふだんは陽気なカナダの観衆が凍りついた。オーストラリアの先住民アボリジニをイメージした衣装で氷上に立った昨季世界選手権覇者のドムニナ、シャバリン組は、規定首位からODで3位まで後退。シャバリンが「(優勝した)欧州選手権よりもよかった」という演技も、拍手で盛り上がることはなかった。

 民族音楽を使用するODは、先住民をテーマにした演目だった。だが、濃い肌色のスーツに白い模様を施し、腰に赤い布と葉っぱをつけた衣装は、差別問題に敏感な北米メディアから「侮辱的」と批判を受け、物議を醸していた。

 ファースト・ネーションズ(カナダ先住民)との会談も行い、理解を得たはずが、観衆には受け入れられなかった。シャバリンは「意図したことは音楽や文化の融合。演目に対する反応がこんな多いなんて思っていなかった」と戸惑いを見せた。
ソース
演技や衣装とか音楽からして、そんな差別的な感じは受けなかったんですけれども
この反応はちょいと敏感すぎやしませんかねって思うのは変なんでしょうかね?
(´・ω・`) まあ、アメリカ大陸って先住民族と後から欧州から来た民族とでいろいろあるからこその反応なんだろうけど
それでもなんか妙にひっかがるところが…

後々物議をかもしださなければいいんだけど
移転しますた。
今後の更新はこちらから〜
(´・ω・`)つ新ブログ「Famiglia Nera -妖夫と妖婦の日常劇-
at 23:31│コメント(0)トラックバック(0)好奇心

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/famiglianera/51833862
 
livedoor Readerに登録