我が家をリフォーム 家事と仕事の両立 笑顔あふれるファミサポ(ファミリーサポートセンター)開設

子どもを取り巻く環境「子供の貧困」「孤食」「子供食堂」も視野に入れて投稿します(パソコン上の画面右下「カテゴリ」が目次です)。 「旅先グルメ&素敵な雑貨屋さん」は、読者の皆さんの楽しい休日に。大切な方へのギフト情報の一つとしてお役立て頂ければと思います。

20201116日本健康心理学会33回大会は、「新生活様式と健康心理学」というテーマで開催されました。又、「研究推進委員会」は、(演題)「3密の回避」は私達のメンタルヘルスに何をもたらしたか?-健康心理学の研究と貢献-」というシンポジウムを企画。とても興味深く、現在のコロナ禍において、どのように未来を構築したら良いのだろうか?そのヒント、「明るい光」を照らしてくれる内容もありましたので、ここに投稿したいと思います。

まず初めに「社会生態学視座から見るCOVID19世界的聞危機における健康心理学への挑戦」。国際基督教大学の笹尾敏明先生の発表より。


今回の感染症「COVID19」は「社会性」を帯びている。誰もがかかり得るという脅威があり、個人レベルの「行動」「信念」「価値観変容」などでは対処しきれない状況にある。

そこで、「コミュニティー心理学」からのアプローチについての発表でした。現代社会は、「社会通年」「規範」「価値感」の多様化があり、「学校」や「会社」、「地域」の人間関係の希薄化が存在する。その事が「被害者非難」の増加に繋がったり、これまでの健康心理学的介入の問題点として、「リスク型アプローチ」への課題がありました。即ち、個人レベルの介入であったため、問題が起きた時に、「〇〇をやらなかったのではないのか(感染症対策をしなかったのが原因ではないか)」等、「被害者非難」に陥りやすいアプローチ(2010年)がありました。そこで、「コミュニティー心理学」の目指す所は、「人間と環境の適合」。Kelly1979)は(1)相互依存「生活空間において全てのものが依存しあっている(2)資源の循環「社会関係資本を含む、友人関係、サポート(老人が赤ちゃんの世話をするボランティア)等、お互いに影響しながらRecyclingしている」(3)適応性「生活空間において私達は適応していくという考え方」(4)連続性「時間が経てば(新型コロナウィルスを越える事が出来れば)生活が戻る。又、違った方向で進んでいく事もある。連続性がある(環境は常に変化するため、より適応力に富む集団は、適応の低い集団にとって代わる等)」「社会生態学の4原理」が紹介されました。そして、「コミュニティー心理学における価値感」とは、「社会正義」が重視されてきた(1960年代)。「誰もが安全でかつ安心できる生活空間を確保」のためには、「社会、組織、地域における弱者、社会的に疎外されてきた人々の人権や社会正義の確保」が大きなテーマでなり、Albee&Ryan-Finn1933)は、行動・情緒障害の発症率は、ライフリソースを取り巻く「リスク要因」と「保護要因」の「バランス」によるとの事でした。

それでは、心理的介入・研究における「社会正義」とは何か。それは、個人や集団の「ウェルビーイング」を確保、保持するために、ライフリソース(物資的資源や、社会的関係資本、機会、交渉力など)が「公平」「公正」にアクセスする事が出来、いかなる社会背景を持つ個人、集団にも「公正」かつ「平等」に分配される事。これが、「コミュニティー心理学」の狙いとなりました。

現代における様々な社会的な問題(学校、職場、医療、災害、ホームレス地区、在日外国人、移民問題)への介入プログラムは、「今、見直しの時期に来ているのではないか」。発表者の笹尾先生は、定義されています。即ち「社会正義」を基盤とした「ライフリソース」の分配の在り方。それを、個人レベルではなく、社会レベル(コミュニティー参画等)で、どのように理解して考えていくのか(「公正」「公平」という視点)。そして、それを「繋げていく」。家族、学校、職場、コミュティーとの「社会的な繋がり」があって、初めて「ウェルビーイング」「充実感」が達成される。新型コロナウィルスは、「問題な飲酒行動」や「家庭内暴力」等にも相関関係があったと報告されています。そんな今こそ「社会的なつながり」を促進するようなプログラムが必要。「つながる社会」が「安心、安全な社会」へ導くならば、「つながる社会」とは、人間社会に「HOPE(希望)」を与える。との事でした。

真に必要とされている介入とは、「希望」を与えるあるいは獲得するものである(Hobfoll 2077)。安全な生活保証という「安心の実感」。コロナ以前の隣人との再開が確実なものであれば、それは「希望」に繋がるでしょう。「社会の繋がり」の中で、個人の価値感。そして、「社会適応」するために個々がどのようにバランスを取っていくのか。「健康心理学会」や「健康心理士」が様々なアプローチを考案される中、「希望に繋がる社会の実現」のために、私達はどのように行動するべきなのか。考える事の大切さに気づかされたシンポジウムでした。


次に、「研究推進委員会」企画、(演題)「3密の回避」は私達のメンタルヘルスに何をもたらしたか?-健康心理学の研究と貢献-」において、北里大学衛生学部の市倉加奈子先生から「緊急事態宣言下の就労ストレスと精神的健康」についての発表より。

COVID19の感染拡大における20205月の緊急事態宣言は、全ての国民にとって日常生活の変化を余儀なくされ、在宅業務やウェブ会議等の働き方の変化は、ワークバランスが壊れる事により「ストレッサー」になる事がありました。その具体的な内容と「ストレスコーピング」について。

就労形態の変化に伴うストレス 収入減少 寝不足腰痛肩こり
ストレス発散の困難 気分転換の制限 運動不足
職場内コミュニケーションの取りづらさ
在宅勤務のオンオフの切り替えづらさ
育児との両立の難しさ
ストレス対処出来てない

【ストレス対処・ストレスコーピング】

気分転換を積極的に取り入れている  
肯定的再解釈 受容 
気をそらすよりも、能動的な対処(運動・料理・飲酒・テレビ・音楽・散歩) 
多くの趣味をもっている。趣味のレパートリーが多い人ほどストレス対処が出来ていた。
思考パターンの転換 あきらめる 今は充電期間と考える。
行動パターンへの転換 開き直って休む
プライベートの充実化 子と遊ぶ時間を作る 自宅の環境整備の時間に充てる。

このように、「普段より多くの趣味をもっている人々は、より能動的なストレス対処が可能になった。」という報告が印象的であり、是非取り入れたい内容となりました。

又、健康心理学会HPではhttp://jahp.wdc-jp.com/「新型コロナウィルス感染症への対応についての情報提供コーナー」がありますhttp://jahp.wdc-jp.com/news/covid.html

そこに「こころのABC活動」が掲載されていますが、「ActA」は、北里大学衛生学部の市倉先生の発表において検証されたと伴に、「BelongB」は、国際基督教大学、笹尾先生の「コミュニティー心理学」を通じて、より理解を深める機会となりました。

そして、このシンポジウムにおける指定討論者である早稲田大学の嶋田洋徳先生は、所属している「日本ストレスマネジメント学会」の「コロナに負けるなみんなでストレスマネジメント」特設サイトをご紹介下さいました。

https://plaza.umin.ac.jp/jssm-since2002/covid-19/

心と身体の健康を維持するための「あかさたな」や、室内で出来るストレッチ。又「親子で学ぶウィルスと免疫の仕組み」は、「城で闘う武士」に例えて、より理解しやすい内容になっています。

この他、健康心理学会の研修において、早稲田大学の熊野宏昭先生による「マインドフルネス」の講義を受けた事があり、NHKの番組で取り上げられた情報と伴に記載したいと思います。

https://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160928/index.html

https://www.nhk.or.jp/special/stress/02.html

このブログの筆者である私は、沖縄県恩納村でゲストハウスの運営をしています。
↓↓
沖縄県国頭郡恩納村前兼久972
http://blog.livedoor.jp/okinawa_kakuyasuyado/
↓↓ご予約はこちらの画面から

https://www.airbnb.jp/rooms/27704855?source_impression_id=p3_1599771506_6t%2Bgdbdkz7f07NC1

↓↓Englishはこちら
https://okinawa-reasonable-stay-as885.hatenablog.com/entry/2019/06/07/052451フラピ 206 (石井)kyositu4

上のお部屋を予約する場合は、airbnbのOTAサイトを使いますが、airbnbは、ゲストの皆様、そして、私達ホストに対して、新型コロナウイルス(COVID-19)の対策を具体的に講じてくれています。
Airbnb清掃スタンダード」は、最新の科学的知見に基づいていて、コミュニティーの安全確保を目的に、疾病管理予防センター(CDC)のガイドラインを公表。お部屋の清掃手順をより具体的に提供していますが、この「Airbnb清掃スタンダード」。ファミサポを運営する際も、子供たちにより「安全」で「衛生的なお部屋」の提供が必要となるため、ここに記す事にしました。そこで、皆様とこの情報を共有しつつ、子供達の「健康」と「安全」を守っていけたらと思います。

【詳細なチェックリストと実践アドバイス】

清掃方法、除菌対象、用意すべき清掃用品について(5つの明確な清掃工程手順)


①清掃準備:必要な清掃用品・用具を準備し、お部屋の清掃に備えます。
②清掃:ごみとほこりを取り除き、各箇所を清掃します。
③除菌:接触頻度が高い箇所、家電製品、電子機器をすべて除菌します。
④点検:お部屋の隅々まで清掃・除菌出来たかを点検します。
⑤準備完了:リスティング(提供するお部屋)の準備を完了し、清掃用品を補充します。

※コロナ禍では、ホストや清掃業者が病原菌にさらされるリスクを低減するため、ゲストのチェックアウト後、一定の時間を空けてからリスティングに入室することをairbnb薦めています。

【ステップ清掃準備:より安全な清掃のために準備する】

※適切な清掃用品を用意する。
※除菌剤は、各国・地域の政府の化学物質規制機関(環境保護庁や欧州化学物質庁など)に認められているものを使用する。

※洗剤を使用する際は、安全ガイドラインを確認する。製品のラベルを必ず読んで、有効成分や正しい使い方を把握する。

 

新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。
~物品への消毒に活用できます~「NITE

https://www.nite.go.jp/information/osirase20200626.html?fbclid=IwAR3i7dpdCcSGUpvO3kcBTk4XCSnJXxA5YQtPE9trOlAGzOVRqXtdNaaGhI0

NITEホームページで「効果が確認された界面活性剤を含む洗剤等のリスト」

https://www.nite.go.jp/information/osirasedetergentlist.html
家庭用洗剤を使って身近なものを消毒する際の動画
https://www.youtube.com/watch?v=38HY_4-5sCU&feature=youtu.be

※石けんと水で20秒以上かけて手を洗う
(手を洗うことができない場合は、アルコール濃度60%以上の手指除菌剤を使用します)。
※防護具を常に着用する。
お部屋に入る前は、使い捨ての手袋、エプロンやガウン、マスクや布のフェイスカバーといった防護具を着用します。
※清掃前に「お部屋の換気」をする。
アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、清掃と除菌を開始する前に外に面したドアと窓を開け、換気扇を使用して室内の空気循環をよくすることを奨励しています。
※清掃前に家電製品のプラグを抜く
ホストや清掃スタッフの安全と設備器具の保護のため、清掃前に家電製品のプラグをコンセントから必ず抜いてください。プラグが差し込まれたままでは、たとえ電源が「オフ」になっていても電気に接続した状態にあります。また、ブレーカーを落として電気を止める方法もあります。

※安全上の注意
:汚れた防護具は再利用しない。洗剤を使用する際は、安全に関するラベルを必ずすべて読み、適切な使用方法を理解する。


【ステップ②清掃:ごみとほこりを取り除く】
清掃とは、表面の病原菌や汚れを除去することを意味します。例として、洗浄剤に浸したスポンジや布でキッチンカウンターやコンロを拭く等があげられ、お部屋を除菌する前に完了しましょう。

ごみをすべて外に出す。
ゴミはビニール袋で密閉して廃棄する。

この手順から始めると、清掃した後にごみで部屋が汚れる事を防げます。すべてのごみ箱にごみ袋を設置。すると、ティッシュなどの細かいゴミ処理が簡単になります。
※リネン類をすべて、メーカー推奨の
「最高温度設定」で洗濯する
病原菌が拡散する可能性があるため、汚れたリネン類は振らないように。回収時に人が触れないようにビニール袋で密封する。清潔なリネン類を扱う前に「新しい使い捨て手袋に交換」します。

※食器をすべて洗い、食洗機を空にする。衛生基準を満たすには、すべての食器(戸棚の中の食器を含む)を洗うことが重要です。まずは各部屋から食器を集めて、二次汚染を防ぎましょう。
※お部屋のほこりを払い、床を掃くか掃除機をかける。上から下に向かってほこりを払い、目に見える汚れがないようにします。フローリングなどの硬い床はすべて掃き、カーペットは掃除機をかけます。
※すべての硬質な表面を洗剤と水で清掃する。汚れ、油汚れ、ほこり、病原菌を除去するためにすべての表面を拭き掃除してください。硬質な表面とは、カウンターの天板やテーブル、シンク、戸棚、床などのことです。モップがけの際は、部屋の奥の隅から手前に向かって作業を進め、汚れた水はまだ洗っていないシンクに捨ててください。
※メーカーの推奨する方法で柔らかい面をすべて清掃する。柔らかい面とは、カーペットや寝具、カーテン、家具の張り布などのことです。目に見えるほこりや汚れを丁寧に取り除き、素材に適した清掃用品を使って清掃してください。可能であれば、メーカーの推奨する方法で洗濯機で洗浄してください。

※安全上の注意
感染を防ぐため、清掃中は顔に手を触れないようにします。

【ステップ③:除菌剤で除菌する】
除菌とは、化学成分を利用して病原菌や細菌の数を減らすことを意味します。たとえば、ドアノブや照明スイッチ、戸棚等、接触頻度が高い箇所に除菌剤を吹きつける事です。

※硬質な表面の汚れを除去したら、除菌剤をスプレーする。部屋の中の接触頻度の高いすべての箇所(ドアノブや照明スイッチなど)と、汚れたリネン類が触れた可能性のある個所(床など)を重点的に除菌しましょう。電化製品を除菌する場合は、必ずメーカー推奨の清掃手順に従ってください。
※製品に記載されている時間、除菌剤を塗布したままにする。製品ラベルには、化学洗浄剤が表面を効果的に除菌するのに必要な放置時間が明記されています。一定の時間塗布したままにすることで、病原菌をできる限り減らすことができます。
※自然乾燥させる。指定の放置時間が終わる前に表面が乾いてしまうと、製品ラベルの記載通りに病原菌を除去できない可能性があります。可能であれば、表面を自然乾燥させてください。

※安全上の注意
:化学洗浄剤を使用する際は、安全に関するラベルを必ずすべて読み、正しい方法で使用するようにしてください。

【ステップ④:部屋別チェックリストをもとに点検する】
※お部屋の隅々まで清掃・除菌出来たか点検する。
部屋別チェックリストを使って、適切な清掃・除菌を行い点検する。
※接触頻度の高い箇所がすべて除菌されていることを再確認する。
見落としている箇所があれば清掃・除菌をする。
※メンテナンスが必要な問題や不足しているアイテムがないかを確認する。
手順完了に向けて、交換や補充が必要なアイテムがないかチェックします。


【清掃・消毒が必要な項目のチェックリスト】

※一般※

ドアノブ 物の表面 照明スイッチ リモコン テーブル

ファンや照明のスイッチひも・チェーン 窓枠・窓の取っ手

サーモスタット 鍵 ヘアドライヤー  手すり アイロン台・アイロン

ゴミ箱・リサイクル用のゴミ箱

※キッチン※

シンク 戸棚の取っ手・引手

家電製品:オーブン、トースター、圧力鍋、コーヒーメーカーなど

調味料:油、塩コショウ入れ、よく使うスパイスや容器など

食洗器不可のキッチン用品:セラミック製の容器、子供用のプラスチック食器など。

背もたれが固い椅子

※浴室(ユニットバス)※

洗面台 トイレ 蛇口のハンドル シャワー・浴槽 シャワーカーテン・ドア

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ソープディスペンサー

※寝室※

ハンガーと荷物棚 ナイトスタンド

※清掃用品※

食洗機 掃除機 洗濯機/乾燥機

※子ども用品※

おもちゃ 持ち運び可能なベビーベッドやベビーサークル ベビーチェア

※その他のアメニティ・設備※

自転車 傘 ゲーム 本

【ステップ⑤:お部屋の準備を完了する】
二次汚染を防ぐには、お部屋の準備完了をする前に、清掃と除菌を終わらせることが重要です。

※清掃用品を廃棄または洗浄する。

ペーパータオル、消毒用ウェットティッシュ、その他使い捨ての清掃用品を使用している場合は、清掃が終わったらゴミを破棄し、清掃用クロスなど繰り返し使えるものを使用している場合は、洗濯機を素材に適した最も高い温度設定にして洗うようにする。
※清掃のたびに掃除機を空にし、除菌する。
に使用した清掃道具も必ず除菌する。
※清掃が完了したら、清掃中に使用した防護具を安全に外します。
清掃を終えたら、ガイドラインに従い防護具(ガウン、手袋、マスクなどの保護具)を安全に取り外し、廃棄するか、適切な洗浄を行う。二次汚染を防ぐため「各部屋の清掃を終えるたびに新しい手袋に交換」しましょう。
※石けんと水で20秒以上かけて手を洗う。
手を洗うことができない場合は、アルコール濃度60%以上の手指用除菌剤を使用します。地域の行政機関による最新のガイドラインもご確認ください。
※ゲスト用の清掃用品を用意する。
宿泊施設に滞在する間、自分でも清掃できるようにしてほしいという声がゲストから寄せられてるため、手指用除菌剤、使い捨てのペーパータオルや手袋、除菌用のスプレーやウェットティッシュ、予備のハンドソープなど、ゲストが使用できる清掃用品を準備して、ゲスト自身も清掃・除菌を行えるようにする。
※必要な清掃用品を補充する。
次のゲストをお迎えする準備ができるよう、清掃用品の使用期限を確認し、使用した分は補充する。
ティッシュやトイレットペーパー等の必需品もそろっていることを確かめ、余分に用意しておく。

※お部屋をひとつずつ目視で点検し、次のゲストを迎え入れる準備ができていることを確認する。
初めてお部屋に足を踏み入れるゲストの身になって、リスティングを点検しましょう。

※安全上の注意:洗剤・除菌剤は常に、お子さまの手が届かないところに保管する。

このページのトップヘ