我が家をリフォーム 家事と仕事の両立 笑顔あふれるファミサポ(ファミリーサポートセンター)開設

子どもを取り巻く環境「子供の貧困」「孤食」「子供食堂」も視野に入れて投稿します(パソコン上の画面右下「カテゴリ」が目次です)。 「旅先グルメ&素敵な雑貨屋さん」は、読者の皆さんの楽しい休日に。大切な方へのギフト情報の一つとしてお役立て頂ければと思います。

カテゴリ:★子育て情報 > 子育てを脳科学する

2017年2月。私は、
理化学研究所脳科学総合研究センター
「親和性社会行動研究チーム」
リーダーをされている黒田公美さんの
講演会「子育てを脳科学する」を
受講しました。

以下は、ブログの筆者、
私の感想である事をお伝えした上で
記述したいと思います。


「親和性社会行動」

動物の社会では、メンバー間の
利害をめぐる対立もありますが、
基本的に「仲間と一緒にいたい。」
「仲良くやりたい。」と感じ、
お互いの利益になる社会関係を
築こうとする。
そうした社会の誰かと自分を結びつく
働きをする様々な活動をまとめて
「親和性社会行動」と呼ぶそうです。

http://www.riken.jp/research/labs/bsi/kuroda_unit/

 

「愛着と子育て」親子関係を支える
行動の脳内メカニズム
http://asb.brain.riken.jp/research1_j.html
http://asb.brain.riken.jp/publications_j.html

「親和性社会行動」の中でも、
親子関係にみられる
「愛着行動(子どもは親を慕う)」、
「養育行動(親は子どもを守り、
清潔にし、栄養を与え、生きる上での
必要な知識を伝える)」について、
上記ホームページに
まとめられています。


この「養育行動」に着目した場合、
「脳部位」の一つ
「内側視索前野中央部(cMPOA)」
という領域が子育てにはとても大切。
2012年の母親マウスを用いた実験
において解明され、2015年に、
父親マウスを用いた実験において
解明されているそうです。

又、子マウスを攻撃するオスマウスは
「分界条床核菱形部(ぶんかいじょう
しょうかくりょうけいぶ)(BSTr
h)という広義の扁桃体に属する
脳部位が関係。
しかし、メスマウスとの経験により
脳内が変化し、「父性の目覚め」が
起こるという事が、
「つながる脳科学(心のしくみに迫る
脳研究の最前線」の第9章「親子の
つながりを作る脳」に書かれています

http://bluebacks.kodansha.co.jp/intro/210/

 脳科学

「輸送反応」

今まで記述は、
子育てをする親側の脳の話でしたが、
次は子どもの脳活動について。

http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130419_2/

上記の動画。
赤ちゃんを抱っこして歩くと、
赤ちゃんが泣き止み、リラックスして
自発的な動きと心拍数が低下する様子
がわかります。

では、何故、人間もマウスも
共通して、赤ちゃんは運ばれている時
おとなしくなるのでしょうか?

例えば、動物社会においては、
緊急事態におとなしくしないと
「置きざり」にされたり、
赤ちゃん自身の生存を危うくします。
つまり、「輸送反応」は、
運んでくれる親に対する「協力」と
考えられるのだそうです。

※ブログ村に参加中です。
応援のほど、ポチッとお願いします

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村

RITEX「安全な暮らしをつくる新しい
/私空間の構築」研究開発領域
「養育者支援によって子どもの虐待を
低減するシステム構築」プロジェクト
のパンフレット内に、
イギリスの児童精神科医
「ジョン・ボウルビィ」の言葉が
紹介されていました。


「子どもには、母親、または親がわりの人と親密で安定した関係をもつことが重要である。その関係は、子どもだけでなく親にとっても楽しくて満足できるものであるべきだ。」

「子どもたちが生存のために親を必要としているのと同じくらい、親も、とくに母親は、より大きな社会からの支援を必要としている。もし社会が子どもたちを大切に思うなら、社会はまず親達を大切にしなければならない。」


「養育者支援プロジェクト」では、
2015年11月より、
子育てに難しさを感じる
(子どもとの関わり方、
しつけの仕方に困っている)養育者を
支援するプロジェクトが
始まっています。

http://parent-supporters.brain.riken.jp/index.html

○養育者(親)プログラム紹介

http://parent-supporters.brain.riken.jp/supporters.html

○子育て中の方への情報サイトや
 相談機関の案内
http://parent-supporters.brain.riken.jp/site.html

○助けて欲しい子どものためのページ

http://parent-supporters.brain.riken.jp/for-child.html

 

又、子どもの虐待防止という視点から
「養育者支援」を見つめ、
虐待のリスク要因を分析。
個々の家庭のニーズにあった
養育者支援のシステム構築を
目指しているそうです。

http://ristex.jst.go.jp/pp/project/h27_1.html


私の職務経験から、時折、
養育を放棄された
子どもの姿をみかけたり、
破壊的な行動に走る
子ども達と接する機会が
ありました。

そんな時は、養育者側も
ショックを受ける。
そして、子ども達が受けた傷と
同じ物を私達が感じ取っている。。
そんな気持ちになりました。

そんな過去を振り返りながら、
上記のような
「養育者を支援するシステム」作りは
とても重要。
緊急の課題に思われました。

SOSを発する「養育者」あるいは
「子ども」に出会った際は、
上記のような
プログラムに繋げていく。
又、社会において「母親支援は大切」
という事を学んだ講演会でした。

今回、お伝えした情報の中に
日々のより良い子育てのヒントを
見つけて頂ければ思います。


※ブログ村に参加中です。
応援のほど、ポチッとお願いします

にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村 

このページのトップヘ