楽しいことしたい >  >> 逮捕3力士腹減った〜「弁当足りない」…力士傷害致死事件

逮捕3力士腹減った〜「弁当足りない」…力士傷害致死事件

 愛知県警捜査1課と犬山署の特捜本部は、犬山署で会見。冒頭で4容疑者の留置場内での様子を説明され、木村正和(24)=幕下・明義豊=、伊塚雄一郎(25)=序二段・怒濤=、藤居正憲(22)=序二段・時王丸=の兄弟子3人に関して、「朝、昼ともに食べて、よく寝ていた。中には『足りない』と言っていた人もいる」と“KY発言”した不届き者がいたことが明らかになった。

犬山署によれば、3食とも白米と数種類のおかずが入った弁当が出されるという。おかずは弁当業者がカロリーを計算して、3食とも異なるものを詰めているが、体重100キロを超える力士の腹を満たすものではなかった。さすがに“お代わり”する者はなかったが、亡くなる前日の夕食から食事をとれず、衰弱し切った斉藤さんに対して、自分たちは猛げいこを強要したというのに、雑談の中とはいえ、あまりにものんきな反応だった。

 昼食だけをとった山本容疑者に関しても、新たな事実が発覚。県警によれば、同容疑者は斉藤さんが死亡する直前のぶつかりげいこで、持っていた木の棒で、斉藤さんの尻を叩いたという。

 その後、長さ約1メートル、太さ約5センチの棒を土俵に放り投げ、拾った兄弟子たちが斉藤さんに暴行を加えた。棒を投げた意図は明らかになっておらず、兄弟子たちが「やれ」という指示だと思ったか、について調べを続ける。

 逮捕された7日に、3人の兄弟子のうち2人は容疑を認めたが、ぶつかりげいこの相手となった木村容疑者は「しつけということでやった」と依然として制裁目的の暴行を否認。山本容疑者もビール瓶での殴打は認めているが、部屋を抜け出したことに対する制裁は否定し続けている。また、山本容疑者から遺族への謝罪は7日まではなかったという。


ご飯足りないって・・・・人殺した自覚あるのかこいつら・・・
しばらくご飯与えないで置いておけばいいんじゃないの??







トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔