楽しいことしたい > ニュース | 一言 >> [酒気帯び運転]ガードレールに衝突、奈良地裁書記官を逮捕

[酒気帯び運転]ガードレールに衝突、奈良地裁書記官を逮捕

奈良県警奈良署は10日、奈良地裁主任書記官、小熊茂夫容疑者(47)=奈良市南紀寺町2=を道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕した。 調べでは、小熊容疑者は9日夜、市内の飲食店で酒を飲み、乗用車を運転した疑い。同市高畑町の国道169号で道路脇のガードレールに衝突し、110番通報し、署員が酒のにおいに気が付いた。事故約1時間後の検査で、呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコール分が検出された。

芸能ブログ

裁判所で働いている人がこれじゃ ヤバイでしょ
これが原因で解雇にはならないのか??




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by KY   2008年02月11日 16:45
今年の1月にも高松簡易裁判所の書記官(42歳)が酒気帯び運転で事故を起こし、逮捕されています。
みんな、いい大人なのに、酒気帯びに対する批判や厳罰化の最近の世の中の流れや空気を読めないお気楽者が多いのか?それとも、お酒を友としなければやっていけないほどの過酷な職場でアル中が多いのか? 法律を守る立場の裁判所において、このようなことが多発することは非常に残念ですし、もし、何か理由・原因があるのなら、対策をとるべきでしょうし、酒気帯び運転をした者には厳しい処分をするべきです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔