楽しいことしたい > ニュース | 一言 >> テレ朝が大コケドラマ「4姉妹探偵団」を打ち切れない理由

テレ朝が大コケドラマ「4姉妹探偵団」を打ち切れない理由

 1月スタートのドラマも中盤を迎えたが、平均視聴率でダントツの最下位に低迷するのが女優・夏帆(16)主演のテレビ朝日系「4姉妹探偵団」。第4話では3.5%(ビデオリサーチ調べ)を記録し、テレ朝局内では打ち切りが検討され始めているというのだが、なかなかそうはいかない事情があるようで…。

 同ドラマは赤川次郎さん原作の人気ミステリー小説シリーズ「三姉妹探偵団」をドラマ化。主演の夏帆は今年ブレークが期待される若手女優だけに、局内の期待は高かったというが、結果は大コケだった。

ドラマは初回が9.2%でいきなりひと桁。第2話で6.4%に急降下、第3話で8.1%に回復したが、第4話で3.5%に転落してしまった。

 「第4話は裏番組で日本テレビが映画『デスノート』の続編を放送していたという不運もありましたが、最近、稀にみる低視聴率。うちは速水もこみち主演の『レガッタ』が4.3%まで下がったことがありますが、それを下回りました」(同)

 「レガッタ」は当初の11話が9話で打ち切られ、以後、もこみちは“低視聴率男”のレッテルを貼られ、最近は仕事が減少。となると、「4姉妹探偵団」も同じ道をたどりそうだが…。


このドラマ1話目だけは見た。 後は録画しているのに、イマイチ見る気がしなくて、見てないなー



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 塩海苔   2008年03月07日 14:43
4 うぁ…
こんなに視聴率がひどいのを知りませんでした。
1話から7話全部観てましたが、正直に言うととても観たい!というようなドラマではないです。
ぶっちゃけ市川由衣のファンだから見てるだけなんですけど(苦笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔