昭和ファンシー雑貨の中で、対象年齢もあいまって
特に力が入っていたのは、文房具ではないでしょうか。

昔、ファンシー雑貨を卒業した中学生くらいの時に
ソニプラなどの輸入雑貨屋さんで、背伸びしたような気持ちで
外国のシンプルでオシャレな消しゴムを購入したものの、
消し心地が良くなくて、すぐに日本製のものに戻した事もあったように、
「カワイイけどちゃんと実用的でもある」
日本のモノづくり水準の高さに驚かされる事が多いのが、
消しゴムの質と、その造形。
(「キン消し」のようなオモチャ消しゴムはまた別として・・・)

今回はそんな消しゴムたちを紹介します!

DSCF6046


左はじのペンギンのキャラクターは
ソニー・クリエイティブプロダクツの商品でですが、
このキャラクターの名前が思い出せない・・・
「ペンちゃん」と呼んでいたような?
Tシャツの形をしたプラスチックのケースに
消しゴムが収まっているという、謎の作りですw

DSCF6041


これぞ80年代サンリオの王道キャラシリーズ!
左はじの「ザ・ボードビルデュオ」は、当時小学生だった私にとって
大人っぽいイメージで、憧れでした★

DSCF6042


この「タキシードサム」の消しゴムのレリーフがかわいいのです!
当時、これが無くなってしまうのがイヤで、
結局使わずに、現在に至ります。

今思えば、使わないものを購入してどうするんだ、って
気持ちにもならなくもありません。
しかし、可愛くて使えなかったこの消しゴムたちは、
もはや、ただの消しゴムではなくて、
こうやってお気に入りのキャラクターグッズで、
また安価で、小学生に手が届きやすかった
消しゴムを集めていたあの頃の気持ちは、
大人になってしまった今でも分かるような気がします。

まだまだ消しゴムがあるので、今後もご紹介したいと思います!




■ランキング参加いたしました。
ポチっとして頂けると嬉しいです!


人気ブログランキングへ


















80'Sガールズ大百科 (ブルーガイド・グラフィック)







style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8396106055043901"
data-ad-slot="7504918677"
data-ad-format="auto">