February 21, 2012

FOREVER NO.10移行のお知らせ

日頃、FOREVER NO.10をご覧いただき、誠にありがとうございます。

2005年7月以来、livedoor blogにてこのblogを展開してきましたが、

今後はameba blogにてFOREVER NO.10を展開していくこととしました。

引き続きのご愛顧、よろしくお願い申し上げます。

新アドレス:http://ameblo.jp/betinho-daisuke10/

fanks1973 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)nothing special 

February 19, 2012

BELLMARE WONDERLAND 2012

やはりこの時期はblogは放置ぎみ…。
練習試合にも行けず、旅行にも行ってないから、書き込むことがないんだよね。
あ、1月中旬に職員旅行で熊本に行っていたな…。ま、だいぶ過ぎちゃったからね。
そんなわけで(どんなわけだ?)、今年もBELLMAREモードのスイッチをONにするのが、
やはりBELLMARE WONDERLAND。

だんだん人気選手となった感のある菊池大介。列が長かったから、ゆっくり話できなかった。
写真を一緒に撮るのも断念。昨年は楽勝だったんだけどな…。
人気先行の感が否めなくなりつつあるから、ぜひとも今年はNO.10に相応しい活躍を
してもらって、堂々とピッチ上に君臨してもらいたいと心から願う。
でも、やっぱり…髪切ったほうがかっこいいと思うんだけど…。余計なお世話だけどさ。

MACENAにもご挨拶。先日、初めて少しだけ話をしたんだけど、覚えてくれていたっぽい?
とてもいい性格しているみたいだし、まだプレーは見ていないから何とも言えないけど、
うまく日本のサッカー、湘南のサッカーにフィットしてくれるといいな。

例年のTORCIDA FURIA SHONANのワンダーランドは昼もワンダー夜もワンダーと、
15時以降はずっと飲んでいたんだけど、今年はフットサルをやってからということに。
藤沢のベルマーレフットサルコートに移動して、小田笑のみなさま合わせて総勢20名で
楽しく緩くフットサル。ビルの屋上だから、とっても寒かったけど、あっという間の2時間。
また、ぜひみんなでボール蹴りたいね。シーズン入っちゃうと難しいんだけどね。

そしてフットサル後は平塚に戻ってきて、19時から夜もワンダー開始。
案の定、がっつり飲み過ぎ…。開始が遅かったからか、終電を逃すメンバーも。
昨年は終電を逃さず「成長したね」なんて言っていたのに…。退化しちゃったかな?

fanks1973 at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FOOTBALL 

January 28, 2012

湘南ベルマーレ×ヴァンクールスポーツコラボ大会

大会・イベント結果 湘南ベルマーレ茅ヶ崎

職場のサッカー部で、ベルマーレ茅ヶ崎でのフットサル大会に参戦。
4試合で2試合と半分はゴレイロとして出場。残りはFPとして出場。
結果は優勝。FPとしての自分は、ほとんど何もしてないけど…。

これでスーパービギナーと言われてしまうと、かなり厳しい。
実際、自分のチームだって、ほとんどがサッカー経験者だからね…。
部活としてサッカー部に加入していなかったのは、自分も含めて2、3人。
そんなメンバーが、けっこうガチでやって、この結果だからね。
もっと気軽に参加できるカテゴリーでも参加したいな。
その場合は、TFSとしてだろうけどね。
職場のサッカー部は優勝しちゃったから、きっと下のカテゴリーには参加できないからね。

でも下手でも、それなりに楽しいのがサッカー、フットサルの不思議なところ。
本当に楽しかった。まぁ勝ったから、ってのもあるとは思うけど。
ただ、メンバーが1人、不運な事故により負傷、靭帯損傷となってしまった。
それがなければ、もっともっと良かったのだがね。早く回復してほしい。

fanks1973 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FOOTBALL 

January 07, 2012

人材流出が止まらない…

まずは反町前監督の松本山雅監督就任。
クラブカンファレンスの強化部長の話では、五輪監督から湘南監督の流れで疲労困憊。
少し休みたいって言っていたはずだが…。しかも同じJ2の監督はない、って言ってなかったか?
まぁそもそも、契約を更新しなかった監督が契約が切れた後に、どこと契約しようが自由のはずで、
なぜJ2はないと言い切れたのか不思議だったのだがね…。
本当に天皇杯終了後に打診があって受託したのだとすれば、本気で慰留すれば再契約も不可能
じゃなかったんじゃないの?って疑ってしまう。反町監督は松本の監督就任会見の場で、「私は
常に選手たちに『迷ったらチャレンジしろ』という話をしている。私も同じような立場になった時に、
迷ってチャレンジしなければ、選手に言っていることと相反する。」と述べている。つまり湘南
監督を続けることには悩みなくNOだったわけだよね、きっと。そして12月31日のエントリーでも
書いたけど、反町監督が疲れたのはJ2で戦うことじゃなくて、湘南で強化部長やアシスタント
コーチと一緒に戦うことに疲れたんじゃないのか、とやはり思ってしまうよね。
GK野澤洋輔を連れて行くとの噂があるけれども、これは本人が決断すること。
反町監督に救ってもらったサッカー人生。忠誠を誓って一緒に松本へ行っても不思議はない。
天皇杯の活躍ぶりから来期の正GKかと勝手に思っていたけどね。
こればっかりは、強化部の見当違いが原因。どんな言い訳をするつもりかね、強化部長さんは。

続いて臼井幸平の栃木移籍。
正直、複雑な心境。現役を続けられることは良かったと思うし、嬉しく思う。
しかし臼井幸平が湘南以外のユニフォームを着ることは、もう見たくないと思っていたのも本音。
天皇杯最終戦、途中からとは言えキャプテンマークを巻いて、湘南のキャプテンとして終わったし。
ただ、コメントからも湘南への愛情が溢れ出ていた臼井幸平。絶対に帰ってきてほしい。
そして、成長した臼井幸平を迎え入れるのにふさわしいクラブに成長していないといけないね。

阿部吉朗は磐田へ完全移籍。帰ってきてほしかったが、J1からオファーがあれば、やっぱり、ね。
できればレンタルで挑戦してほしかったが、年齢的にもそうはいかなかったかな…。
好きなタイプの選手だから一緒に戦いたかったけど、こればっかりは本人が選んだ道。
次に対戦相手として対峙したときには強烈なブーイングで迎えてあげなければね。

三平和司は大分へのレンタル延長。カンファレンスでは、本人の希望でレンタル延長とのこと
だったが、本当は三平和司本人から愛想つかされてないか?三平和司が尊敬する、神奈川大学
から招聘した大森酉三郎ユース監督を1年で解雇した(らしい)じゃん。本気で三平和司を戻す気
ならば、本人がいない間にそんなことしないだろ?
大分も財政的な問題から違約金が払えないから、今年はレンタル延長という形にして、契約満了を
待って完全移籍なんてことにならないか?なんのために強化指定からがんばって獲得したんだ?
それも地元選手だぞ。地元選手を大事にしなくて、資金的に問題あるクラブに将来があるのか?
地元に愛されてこそ存在できるクラブなんじゃないの?

大井健太郎、巻佑樹、佐々木竜太などのレンタルバックはやむを得ないところかな、と。
うまくいけば借りパクを狙ったのかもしれないけど、湘南に資金がないならどうしようもない。
昇格するためにレンタルした人材。結果を出せず、昇格どころか下位に低迷したんだから、
まぁ仕方ない結果だよね。1年間、湘南のために戦ってくれて、本当にありがとう。

他にも西部洋平が川崎へ、石神直哉は大分へレンタル移籍。
Twitterから判断するに、おそらく松浦勇武もどこかへレンタル移籍となりそう。
それに比べて加入の話が少ないこと。絶対的に期待できる補強がない。とにかくCBが足りない。
3バックでやるにしても、枚数不足は否めない。ずっとベストメンバーで戦えるわけではない。
負傷、出場停止、代表招集などリーグ戦を闘い抜くには様々な不安要素がある。
FWも足りない。MACENAが絶対的なストライカーで1年通して活躍できるならいいけど。
古橋達弥が加入したものの、中村祐也同様、怪我やコンディションが気になるし。

何でもいいから、すっごく期待できる補強のニュース、来ないもんかね…。



fanks1973 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FOOTBALL 

January 01, 2012

2012年が歓喜の1年になりますように

失意の2011年が明け、2012年になりました。
いろんなことを悩みながら2012年を迎えてしまいました。
悩んで年明けした分、歓喜の年末を迎えることができたらいいな、と思います。

今年もTORCIDA FURIA SHONANおよび当blogともども、よろしくお願い申し上げます。



fanks1973 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)nothing special 

December 31, 2011

Adeus 2011.

2011年は反攻の1年となるように、2011年12月31日に歓喜の1年と書き込みができるような、
そんな1年となることを願って…。

と書いた2010年12月31日。結局、2011年も失意の1年となってしまった。
歓喜の1年とはならなかった。2012年こそは…。

1人では無力なんだということを実感した2011年だった。
職場でもスタジアムでも、強がっていても1人でできることには限界があって、多くの仲間や、同僚、
先輩、後輩がいてくれるからこそ、できることもあることを強く再認識した1年だった。
職場でもスタジアムでも、それ以外のプライベートでも一緒にいてくれた仲間に本当に感謝です。

2011年もいろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。
2012年も、どうぞよろしくお願い致します。

fanks1973 at 19:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)nothing special 

田原豊、横浜FCへ移籍

田原豊選手 横浜FCへ移籍のお知らせ  湘南ベルマーレ公式サイト

町田に引っこ抜かれるかも…なんて勝手に思っていたけど、まさかの横浜FC。
嫌なチームに移籍したな、って言うのが第一印象。でも、湘南が切ったわけだからね。
やられたくないなら出さなきゃいいんだし、出しちゃった以上は抑えきるしかない。
どう考えても、簡単に抑え込める相手ではないと思うがね…。しかも湘南が苦手としているタイプ。
恩返しは不要なので、どうか湘南戦ではおとなしくしていてくださいませね。

反町前監督が清水からヘッドコーチとしてオファーが来ているとの報道が。
同時に松本山雅から監督としてオファーがあるとも報じられている。
第一線で戦うことに疲れていたから、辞任を認めた部分もあるんだよね、強化部長さん。
それなのにすぐヘッドコーチなり監督就任って、話が違わないかい?
本当は第一線で戦うことに疲れたんじゃなくて、強化部長やアシスタントコーチたちと一緒に戦う
ことに疲れたんじゃないの?本当の真実はいったいどこにあるの?

監督人事など、まったく来期の光明が見えてこないままの年越し。
昨年の年末もあまり明るい話題がないままの年越しだったような気もするけど、それでも
反町監督の留任という望みはあった。今年はそんな小さな望みさえ見出せないのか?
いや、そんなことはない。若い選手たちに希望を見出すことはできる。
菊池大介、遠藤航、鎌田翔雅、古林将太、永木亮太、高山薫。期待したい選手はいるじゃないか。
彼らはまだまだ未完成。これから、どんどん伸びていける選手。
彼らがピッチを躍動する2012シーズンとなってほしい。レンタル組、移籍組になんか負けるなよ!
特に菊池大介。来季こそ、真の湘南のエースと君臨するんだぞ!

fanks1973 at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FOOTBALL 

December 28, 2011

2012シーズン監督決定

湘南ベルマーレ来季監督に諜裁氏 就任のお知らせ  湘南ベルマーレ公式サイト

かねてからの噂通り、アシスタントコーチが内部昇格。

あなたに2011シーズンの責任はないのか?


「結果を出すことで責任を…」というのは、あなたが言うべき言葉ではないだろ?
クラブカンファレンスでは強化部長が「監督候補が固辞している」なんて言っていたけど、
結局この結果じゃ「これが真実です。」って言われても、信用できない。

ついに自分の肝いりを監督に据えたんだから、これで結果が出なかった場合には、
さすがに退任するんだろうね、強化部長さんよ。

fanks1973 at 22:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)FOOTBALL 

December 25, 2011

湘南0-1京都

第91回天皇杯 準々決勝 VS 京都サンガF.C.  湘南ベルマーレ公式サイト

CKから、しっかりとつないでゴールを奪った京都。
CKから混戦でゴールを割れそうだったのをGKにかき出されてしまった湘南
ちょっとした球際での差、ほんのちょっとの精神力の差。
それらの積み重ねが0-1での敗戦につながってしまった。
確かに京都は自信を持ってサッカーしてきたが、湘南だって歯が立たなかったわけじゃない。
自分たちに流れが来ていた時間は、ちゃんとあった。そこでいつもゴールが奪えない。
ゴールが奪えない間に、流れをあいてに渡してしまったり、ほんの一瞬の隙から失点したり…。
結局、最後は2011シーズンの典型的な形で敗れてしまった。
それにしても、1年に3度も京都に負けてしまうとはね…。

反町監督指揮での最後の試合になってしまった。あともう2試合闘う予定だったんだけど…。
一番最初の選手交代に疑問を感じたのだが、坂本紘司は負傷してしまったんだね。
選手交代について疑問を感じることが多かった、11シーズンの反町監督。
実は選手の台所事情が想像以上に厳しかったのかな?

来季を見据えて、来季いない選手の起用を控えろと指示したフロント(どうせ大倉だろ?)に対し、
ちゃんと天皇杯というタイトルを狙いに行ってくれた反町監督。どちらが湘南を愛してくれてるの?
どちらが一生懸命応援しているサポーターの気持ちに応えようとしてくれているの?
どう考えても、論外の指示をしたフロントではないよね。
サッカー人として最後まで信念を貫き通してくれた反町監督に改めて感謝。

京都のファウル数が目に付く。湘南の直接FK19本に対して京都は9本。
湘南がファウルをせずに相手を止めようとし続けてきた証しかな、と。まぁ湘南の場合は、
いいプレスキッカーがいないから、ファウルして止めても怖くないのかもしれないけど…。
ファウルを減らすってことも反町監督が取り組んでいたことの1つ。
もう1つ取り組んでいたセットプレーでの強さが、もっと体得できていればね…。
昇格した2009年はセットプレーでの失点が減ったシーズンだった記憶があるんだけど、
いつの間にかセットプレーでの失点が課題のチームに戻ってしまっていた。
反町監督もどうにかしたかったんだろうけど、どうにもならなかったのかもしれないね。

臼井幸平、田原豊の2人とも、この試合でお別れ。
天皇杯の試合を見ていて、この2人が来季いなくて、本当にちゃんと闘えるのか、と疑問に。
ウェイトオーバーや年齢による衰えという非更改の理由をカンファレンスで説明されたけど、
普通に「敵になったらヤバくないの?」って思えてしまう。
特に臼井幸平については、苦しいときにベルマーレというクラブに戻ってきてくれたという
感激があったから、引退まで湘南にいてほしかったんだけどね…。

とにかくこれで2011湘南ベルマーレも終了。2012湘南ベルマーレは、いったいどうなるのか?
愛情と同時に厳しい目を持って接していかないと、手遅れな状況にもなりかねない。
とにかくみんなで、湘南ベルマーレが良い方向に向かうように、力を合わせていくしかないね。

fanks1973 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FOOTBALL 

December 18, 2011

川崎0-1湘南

第91回天皇杯 4回戦 VS 川崎フロンターレ戦  湘南ベルマーレ公式サイト

まだまだ続くぜ2011湘南!

J1川崎相手に湘南らしい勝ち方で勝利。川崎はJUNINHO抜き、湘南もADIEL抜き。
川崎も別にメンバーを落としてきていない(よね?)。その川崎に快勝。うん、気分いい。

3-4-3というよりも3-6-1って感じだったけど、3バックが上手く機能していた。
CB3枚に鎌田翔雅と遠藤航という意味では、高さにものすごく不安があるけど…。
まぁ川崎が中央、中央と攻めてきたので助かった、というのも大きかったかな。
3バックをちゃんとスカウティングされていたら危なかったかもしれないね。でも3バックを採用した
からこそ、臼井幸平、高山薫と前への推進力がある2人の攻撃力が活きたわけで。
それがなければ、もっともっと押し込まれていただろうね。結局は、どっちを取るかってとこだね。

そして何より野澤洋輔。見事な復活だったね。横っ飛びでキャッチするあたりはさすが。
後ろからの声掛けなども西部洋平には見られなかった光景。安定感もあった。
ヘルニアで苦しんでいたようだが、良くなったのかな?
川崎戦くらいできるのなら、これからも安心して任せられるね。

高山薫のゴールシーン。もちろん決めた高山薫もクロスをあげた坂本紘司も見事だったのだが、
その坂本紘司にボールをつないだ遠藤航を褒めてあげたいな。川崎DFにクリアされそうな状況に
頭からボールに向かって行って、坂本紘司につないだ。絶対に恐怖心はあったはず。
そこに猛然と突っ込んで行った。そうした気持ちが川崎から勝利をもぎ取れた要因だと思う。

そして菊池大介。天皇杯福岡大学戦あたりから良くなってきていたが、川崎戦もいい動きしていた。
まぁ相変わらず、安定感にやや難があるけれども、ADIEL不在の今、一番のパサーは菊池大介。
どんどん決定的なパスを出して、そして自分でゴールも奪って、湘南を勝利に導いてほしいね。

次戦の相手は京都。リーグ戦で2戦2敗した相手。しかも現在はJ2最強かもしれない。
J2相手なんだから勝てる可能性は高いかも、なんて思わず、川崎戦と同じ気持ちで闘ってほしい。
きっと京都はガツガツ当たってくるだろう。そうやって2勝したんだから。でも気持ちで負けなきゃ、
勝てない相手ではない。当たられてもひるんじゃいけないし、弱気になってもいけない。
強い気持ちで、最後まで闘い抜いて勝利を掴み取りたい。そして選手が強い気持ちを持ち続けて
いられるように勇気付けてあげるのが、我々サポーターの役割。苦しい時間帯こそ我々の出番。
みんなでがんばって、みんなで勝って、とりあえず国立まで行っちゃいましょう!

fanks1973 at 18:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)FOOTBALL