「天皇陛下の「お気持ち」が読めない衆愚」  《転載ご自由に》
というのがBBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。の本題ですが
私が変えましたことをご了承くださってお読みください。

fanny_valentineより読者様へ

天皇陛下が生前退位をする意向を固めたには不肖の東宮夫妻に天皇の地位を譲位をする
には諸々の入り組んだ思惑が働いているのでしょう。

確かに言えるのは天皇陛下は美智子さまに対しこの誕生会見で涙ぐみました、すべてはこのことが象徴していると思われる。

天皇という立場は孤独なもの(2014年12月)
80歳の誕生日に、美智子さまへの深い愛情と感謝を語った。
「天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、 私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています」
(80歳の誕生日に際する記者会見にて)


しかし、美智子妃殿下は浩宮を産んだのち、胞状奇胎 、いわゆる「ぶどうっ子」で流産。1963年3月の出来事である。あの時代、医学が進んでいたのだろうか、相当疑わしいが宮内庁病院でそれが出来たのだろうか。
美智子さまは、精神不安定でノイローゼと称され。まっすぐ歩けないほどの状態で失語症・・・つまり精神を病んだのだ。紆余曲折があっても「 私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたこと」と根深いものはそこにあるのだとおもいます。憶測で書けないのでご想像下さい。

色んな危機があったろうが一番の鍵がここにあるのだと思う。
美智子妃時代、一番やつれたのがこの後であること。すべての集大成で不肖の皇太子は紛れもない美智子皇后と陛下のお子様は皇太子、一番わかりやすい、と筆者は思う。

引用開始
 


自虐史観反日左翼・朝日新聞が、早速皇太子皇太子妃に対して、本来天皇皇后両陛下にしか使えない「行幸啓」という言葉を使い始めました。何と、分かりやすい・・・・

23b90a00165ef057fb5d16f9fed45496







このたびのリークからお気持ち放送に至るまで、宮中内外の左翼、創価(韓国・北朝鮮系、在日です)が、天皇にあってはならないはずの権力を使わせ仕掛けたクーデターです。

11分にわたって、読み上げられた天皇の「お気持ち」ですが、
一言に約(つづ)めれば、こうなります。

「バカ長男を確実に天皇にしたいさかい、ワテの目の黒いうちに即位よろしゅうにな、憲法たら破ってもうたら、ええやん。ほな頼んだで」

ふだんは、GHQ作成の平和憲法護持を主張なさる方が(それ自体が憲法違反なのですが)、不出来長男のためには憲法違反せよと、政府と国民に申し付けたのが今回の「お気持ち」談話の全てです。

それを深読みして、あれこれ忖度することは無用です。
これは天皇が本来あってはならない権力を用いて、一斉に放送局を私物化、国民と政府に出した命令です。それが全てで、他に意味はありません。


命令でなければ、なぜ政府があたふたとその対応の準備をするのでしょう?
本来党是である憲法改正のための下準備で忙しい最中に。
両陛下のお好きな中国から、いっぱい日本の領海に船が押し寄せて
来ている時期に。何と迷惑な。
国難が、天皇「お気持ち」談話と五輪でかき消されています。

《不敬》で思考停止した尊崇派は、天皇陛下を禁裏におわす禁忌taboo(タブー)の存在とお考えで、これは間違いではないのです。

但し、それには前提があって《禁裏におわすのがその【本質的な意味に於いて】正しく天皇であるならば》。

GHQが当時の皇太子殿下(今上天皇)に施した皇室弱体化、破壊施策によって
もはや、その精神は天皇ではなく、東京裁判史観肯定の自虐史観左翼であり、その運動家です。

皇后陛下も然り。GHQによる画策入内のお方であり、皇室の伝統破壊のために植え付けられたウィルスです。

ということを、認められるか認められないかで、現在の皇室が抱えている腐敗が見えるか見えないか、でしょう。

いつまでも、現実を見ず衆愚の一員でいたいと思う人は、以下は読まないで結構です。天皇皇后がいかにGHQの手により、その本質を抜き取られ単なる左翼運動家夫婦に仕立てられて来たか、膨大に検証して参りました。

GHQ製の単なる左翼運動家夫婦を尊崇してひれ伏す、愚者の群れ。

あと尊崇派が直面したくない現実の一つが「天皇陛下も皇后陛下も頭がお悪い」ことです。秀逸ではない頭脳から繰り出される政治外交歴史観をベースに
語られては、危険です。亡国のもと。

天皇陛下の頭脳の不出来は、学習院をご卒業できず「学業終了」という庶民には絶対与えられない名称で、実質強制退学させられています。

皇后陛下は「人格を持った一人の人間が象徴が務まりますか」という言葉を発せられていますが、頭の悪さもここに極まれり。

天皇陛下が単なる「人間」でないことぐらいは、愚かしい尊崇派の皆さんでさえ心得ているでしょう?

食事し、排泄し、性交する部分は「人格を持った」人間ですが、その祭祀において神とつながる部分が、神道の最高位におわす祭祀王です。

祭祀王を祭祀王として成り立たせているのは、国と民を襲う災厄よ、まず我が身を通せという覚悟です。

神と民、神と国とをつなぐ者としての部分、つまりは形而上的(metaphysically)な存在こそが、天皇の天皇たる所以です。

皇后の反語は、そもそも皇室の何たるか、天皇の何たるかを心得ぬお方の言葉です。これだけ延々と皇室にいらして、基礎の基礎がお分かりではないという恐ろしさと、ある種のこっけいさ。雅子妃は皇后を更に小粒にした同種、皇太子は天皇を更に小規模にした同種です。

メタフィジカルな部分が天皇の主要素なのだから、公務が出来ないからどうのということは理由にならず、息果てるまで天皇陛下という「存在」でおわすのです。
このたび、国民と政府に多大の負担を強いる天皇陛下の「お気持ち」は、バカな長男を持った父親の、わがまま、エゴです。

皇祖神である天照大神も形而上の存在であり、神武天皇も肉体上の存在というよりはmetaphysicalな高みにおわします。
天照大神も神武天皇も「退位」など致しません。

以下は読者様投稿です。問題点がコンパクトに纏められているので、拝借しました。



天皇陛下万歳様 2016-08-10 13:30:42 ひげ坊主


>国民の9割が摂政の制度を知らない⁈…そんな訳ないでしょうがっ‼︎
1割が知らないかもしれないが。

試しに、不特定多数が集まる場所、街の喫茶店や
駅の待合室、まあ、無理なら同窓会やお勤め先の方々。
要するに、あなたの普段接しておられる(かも知れない)「意識の高い愛国者の集まり」以外の有象無象に
お聞きになってください。
「皇室典範を読んだことがありますか?」と。
たぶん、10人中10人「読んだことがない」と答えるでしょう。あなたがお思いよりも一般庶民の意識は低いです。
というか、そんな暇は普通ないです。生活に忙しい。

当然「摂政」の規定も知りません。

その不特定多数に、摂政の説明抜きで
「天皇陛下がご高齢でお疲れです。
退位してお休みになられるべきですか?」と質問すれば、
9割方が「はい」と答えるのは、むしろ自然です。
BB様の記事は、その方法の不当さを衝いています。


>天皇陛下も、人間です。神様ではないのでしょう。

「器(見える形)」としての陛下は、無論物を食べ、糞を垂れる人間です。
しかし、「概念(見えない考え方)」としての天皇陛下は、八百万の神と人間をつなぐ、神様に最も近い存在です。
ゆえに、肉体的な「崩御」でもその存在は消えません。
「生前退位」などは理論的にも不可能、無理に通そうとするから「まやかし」になるのです。

「仕事を持っている家庭人」とは違うのです。
「疲れたから、やめた」とは言えない存在なのです。

とはいえ、仰るように「器」は人間です。
歳をとり、病気をし、疲れます。
そのための摂政です。
皇室典範に、明確にその摂政の規定があるにもかかわらず、
法改正が必要な「生前退位」=「皇太子への生前譲位」をゴリ押ししようという
動きに不穏な意図が明確に見えるので反対しているのです。
「不穏な意図」とは、

「出来の悪い、窃盗の疑いのある、シナ朝鮮に篭絡された、病気持ちの皇太子と、
同じく出来の悪く病気持ちの、学歴・職歴粉飾の、創価学会に関係する、複数男性との性行為履歴のある、反日役人上がりで出自の怪しい父を持ち、犯罪企業の代表者だった祖父を持つその妻を、あろう事か天皇皇后両陛下にしてしまおう。
ついでに、彼らの出来の悪い娘を即位させ、
ゆくゆくは日本史上初の女系天皇を実現してしまおう」
ということです。日本を終わらす画策です。

「お気持ち」での陛下のお言葉
「天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であることに変わりはありません」

摂政を否定する趣旨ですが、

裏を返せば
「生涯の終わりに至るまで天皇であることに変わりはありません。天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬ場合は、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます」
これが本来の摂政の規定理由です。
本来あるものを、捻じ曲げて捉えて否定、逆利用しようとする。この事も批判の理由のひとつだと思います。

長々と書いてしまいましたが、
あなたが本当の保守、本当の愛国者であるのなら、
きっとご理解いただけるものと思います。