一昨年より、皇太子の洋服に尿漏れのシミが見られたり、ふくらみが認められているが、公にはされていない。皇族の病気、ましてや皇太子、次代の天皇と目される人物の病気が伏せられるという異例の事態が起こっている。
そして、それが2007年に最新医療であった内視鏡による手術で行われた…。この後、皇太子の病気に関する発表は公式に全くない。

ポリープの手術に関して東宮夫妻は、健康診断を受けたがらず、おそおそに受けたことは有名で雑誌でも取り上げられていた。


ご病気大変ですね・・まだお若いのに…大事下さいませ。


皇太子の尿袋は病気?ズボンが・・・!

● 皇太子のズボンに尿袋?

● 皇太子の尿袋はどんな病気が原因? 


公務に忙しい秋篠宮家とうってかわって、まさに仕事をしない皇太子と言われてしまっているのですが、未だに病気が回復されない雅子様のことも心配されています。

今回の記事では、皇太子のズボンに尿袋があるとかないとかと言われていて、病気が関係しているのではという話が広まっているようですので、一体どんな情報なのかシェアしていきたいと思います。


実は以前から、皇太子のズボンに尿袋が見えるとか、尿漏れしている姿などが目撃されていて、病気ではないかという噂が飛び交っているのです。

2015年7月2〜6日に、トンガ王国へ皇太子夫妻が招待され、国王ツポウ6世の戴冠式に出席したのですが、その時の様子を見ると、ズボンの中に尿袋が装着されている姿が見られるのです。

この、皇太子のズボンから見える尿袋のことについては、以前から噂されていただけではなく、はっきりと見えるので、いろいろと言われていたのですが、現在でもはっきりとしたことは何も言われていませんし、そもそも尿袋を皇太子が装着しているという話自体が、タブーとされているのか?

ズボンの中になんらかのものが装着されているふくらみが見えるのですが、そこは誰も何も言わない状態が続いているので、病気なのか何故なのかは、はっきりと分かりません。

写真を見ていただければ分かる通り、確かに皇太子のズボンの中に膨らみが見えるだけではなく、他の写真には、尿漏れの様子が映し出されているのですが、この件に関しても、スルーされていて、ネット上で気づいた方々が書き込みをしてはいますが、どういう理由でそのような状態になっているのかが分からないのです。

まさにタブーとなっているようで、皇太子が明らかに尿漏れをしているのに、そこは触らぬ神に祟りなしといった様子で、スルーされている現実に、一部の国民は、ネット上でうわさ話をするしかないのが現状のようです。

皇太子の尿袋はどんな病気が原因?
m_E5B0BFE8A28BE381A8E381AFEFBC9F










それでは、はっきりと皇太子のズボンに尿袋の跡があったり、尿漏れを起こしている状態から考えて、どんな病気が考えられるのか?

実はこのズボンが濡れるなどの尿漏れを起こす病気は、前立腺肥大症ではないかという話が密かに広がっているようです。

ですから皇太子のズボンの尿袋は、この病気を公表されてはいませんが、この病気の可能性があるからこの状態になっていると言うのです。

ではまずは、前立腺肥大症という病気とは一体どんなものなのかについて情報をまとめていきます。

この病気は、年齢と共にかかる確率が高くなっていき、50歳を過ぎると急増するといわれている、前立腺が肥大するものです。

50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%と、年齢を重ねるに従って増えるのです。

この病気を持っている方すべてに治療が必要であるというわけではないようですが、症状としては、すでに書いたように、前立腺の肥大と、皇太子がズボンを濡らしてしまっているような、排尿症状が出てきます。

m_E79A87E5A4AAjpg









実はこの病気の原因は分かっておらず、男性ホルモンの働きが関与していることは間違いないと考えられているのですが、皇太子は現在50代ですから、中高年になって男性ホルモンの環境が変化することが、前立腺の肥大などの症状に影響しているのではといわれています。

今回皇太子の尿袋や尿漏れを起こしている写真などが広く出回っていますが、これについてなんの言及もされないのも不自然な感じがします。

前立腺肥大症という病気は、排尿障害という尿に関する症状、尿をためておくことが困難になるという症状が見られるそうです。

排尿するときに時間が掛かるとか、尿の勢いが弱い、尿が分かれたり、途中で尿が途切れたりと、日常生活を送る中で、かなり不便を感じるような症状が現れるのです。

皇太子が、公式の場で、尿袋が見えたり、ズボンに尿が付いているのが目撃された理由として考えられるのは、この病気のようです。

他には蓄尿症状があり、多くは頻尿が見られ、尿意切迫感といって、急に尿が我慢出来なくなる症状が現れたり、尿意切迫感でトイレまで我慢できないという状態になってしまうことを、切迫性尿失禁と呼びます。

他には膀胱に十分尿が溜まっていないのに、膀胱が勝手に収縮するのですぐにトイレに行きたくなるといった症状が現れるといわれています。

実は他にも、皇太子が尿袋を入れていたり、ズボンに尿漏れを起こしている状態となるような、この排尿に関する頻尿という症状は、他の病気でも起こるのです。

では他には一体どんな病気が考えられるのか?

● パーキンソン病や脳卒中などの中枢神経疾患
● 前立腺炎や膀胱炎
● 心不全や高血圧
● 腎機能障害

中枢神経系の疾患は、過活動膀胱が起こるので頻尿となり、膀胱炎などは尿意が亢進して頻尿になります。

亢進とは、高い度合いまで進むということです。

他の病気は、夜間の尿量が多くなりますので、皇太子のズボンの尿漏れを起こしている状態を見ると、こちらの病気は関連性が低いと考えられます。

尿袋を付けているのは写真などではっきりと分かりますので、やはり前立腺肥大症が一番疑われる病気になるようです。

年齢的にも丁度発症する人が増える世代ですから、考えられるものになると思われます。

食生活や運動なども関係してこの病気が発症されると考えられています。

座りっぱなしの生活スタイルも考えものだといわれていて、短時間に大量の水やアルコールを飲む人も注意が必要だといわれています。

皇太子が抱えている可能性が高い前立腺肥大症ですが、はっきりと公表されているわけではありませんので、こちらの記事に書かれている内容は、ズボンの中に尿袋が見えたり、濡らしている様子から推測しているものです。
m_E79A87E5A4AA










前立腺肥大症という病気の治療法ですが、症状が軽いうちは薬がよく効くようです。

薬物治療、手術が一般的で、薬物治療の場合は、漢方薬や、男性ホルモンの働きを抑える薬などを使っていくようです。

この病気を放置して悪化させてしまうと手術が必要になるようです。

日本の55歳以上の男性の2割、5人に1人が、この前立腺肥大症という病気を抱えているといわれています。

驚くほど多くの方が持つ病気だと知り驚きましたが、原因が分かっていない以上、予防と言ってもはっきりとこれをすればいいというものは分かっていないようです。

思春期に事故で精巣を失った男性は、年令を重ねてもこの病気にかからないことが分かっているので、性ホルモンもなんらかの影響を与えているのではないかと考えられています。

整体や東洋医学などを学んだ時に、整体の施術者が、前立腺肥大症はいわゆる性を我慢している男性がなりやすいとズバリと指摘をしていました。
性エネルギーが溜まってしまい、それが不具合を起こしているのだという話だったのですが、あながち間違っていないのではと感じたことを覚えています。

実際に、前立腺肥大症で施術を受けに来た方に、そのように伝えてみると、性を開放してみたら、症状が良くなった例もあったといいます。

尿袋を皇太子がズボンの中に入れているのは、尿漏れを防ぐためであると考えられるようですが、分かりやすく前立腺肥大症の症状をまとめていきます。

● トイレが近く、尿が途中できれてしまう
● 夜中に何度もトイレに起きる
● お腹に力を入れないと排尿しづらい
● 急に尿意を催して我慢できない(尿意切迫感)
● 尿の勢いが弱い(尿勢低下)


排尿は基本的に人間が無意識に行っている行動ですが、これが混乱するので、日常生活にかなり支障が出るようです!

皇太子のズボンが濡れていたり、尿袋が入っているように見えることに関して、この病気が関係していると考えると、なんとなくスッキリとするのかなと思いますが、あなたはどうですか?

そもそも大人の男性のズボンにもこっとした不自然な膨らみが見えたり、尿が漏れているような状態が見られること自体が驚きでもありますので、病気が関連しているのなら、なるほどなと理解出来ます。

再度書き加えておきますが、正式にこのような病気を、皇太子が持っていると発表されているわけではありませんが、様子を見て可能性が考えられるという意図で記事をまとめていきました。

東宮は以前よりご酒を昼日中より召し上がるので注意をされておりました。
またご結婚されて公務もあまりされず怠惰な生活を長きにわたって送ってまいりました。

忙しくされ、バースコントロールされて本当にお気の毒な秋篠宮さまご夫妻はとても清々しくご健康である。

静養されておられた東宮がご健康を害されているようである…皮肉な結果をもたらされている・・・

、皇太子の尿袋やズボンのシミなどから、病気が関係しているのかどうかを推測してみました。ご了承ください。

Twitterでこの件に対しコメントをあげている。

内容は以下の通り

「8月11日の山の日に合わせて、在日ネパール大使ご一家に2日間付きっ切りでアテンドをした。
行事には皇太子も参加するのに、この一家には夏休みの家族旅行のノリが漂っている。




写真にはないが、皇太子ご一家を間近に見る機会に恵まれた。
日本敗戦の折り、連合国は天皇制を廃止せず、新憲法により象徴天皇制とした。
国民のためのマスコットの役割を代々演じ続けなければならなくなったのだが、天皇制が続いて幸せだったのかどうか、今上天皇含め本音をきいてみたい。
もう一つ触れねばならないが、触らぬ神に祟りなしだ。
金日成の首の後ろのコブが人民に隠されていたように、皇太子の尿袋の話も全くニュースにならない。」

ということです。

この方はまじかで皇太子を見て怪訝に思われたのだ。



533cb7c1



a48027ceffdc86afa34ab6b94d1fec8bed65b5f9179bfefd7190cac133e868b4e13a250d5f54c2805e0fd47d329491411b6ac0c73f412544afa60abe99da6cbem_E79A87E5A4AAE5AD90E381AEE5B0BFE8A28BE381AFE4BD95EFBC9F m_E79A



 皇太子殿下 十二指腸腺腫になる。 十二指腸ポリープの内視鏡的治療のポイント



皇太子さま、6日にポリープ切除手術 (2007年5月31日19時53分 読売新聞)

 宮内庁は31日、十二指腸にポリープが見つかった皇太子さまが6月5日に東大病院に入院、翌6日に内視鏡を使った切除手術を受けられる、と発表した。手術後も約2週間の入院と静養が必要という。記者会見した金沢一郎・皇室医務主管によると、皇太子さまは3月24日の定期健康診断でポリープが一つ見つかり、5月12日には内視鏡で組織片を採取、顕微鏡で検査したところ、ポリープは良性と診断された。十二指腸のポリープ切除手術は胃などと違って切除部位が傷付きやすく、皇太子さまのポリープは非常に珍しい場所にあるという。金沢医務主管は「万全を期すため、東大病院で手術することにした」と述べた。手術後は同病院で約1週間の入院、退院後もお住まいの東宮御所で約1週間の静養が必要という。

皇太子さま、6月6日に東大病院でポリープ切除 (2007年5月31日23:00 日経新聞)

 宮内庁は31日、皇太子さまの十二指腸ポリープの切除を、6月6日に東京大学医学部付属病院で行うと発表した。内視鏡を使った切除術で、開腹はしない。5日から約1週間入院し、退院後も東宮御所で少なくとも1週間静養される。同庁によると、ポリープは「亜有茎性良性腺腫」で、大きなものではないという。ただ十二指腸のポリープは症例が少ないため、万全を期して東大病院で専門医らが切除する。皇太子さまは3月24日に宮内庁病院で健康診断を受けられた際に十二指腸ポリープが見つかり、5月12日に同病院で組織片を採取して詳しく調べていた。

皇太子さま、6日にポリープ切除=東大付属病院で−術後1週間入院・宮内庁  5月31日18時0分配信 時事通信

 宮内庁は31日、皇太子さまの十二指腸に見つかったポリープについて、6月5日に東大医学部付属病院(東京都文京区)に入院され、6日に内視鏡で切除すると発表した。皇太子さまは、3月24日の定期健診で十二指腸にポリープが見つかり、5月12日に宮内庁病院で内視鏡で検査を行った。その結果、ポリープは亜有茎性良性腺腫と確認された。十二指腸のポリープは1万人に2、3人程度の珍しいものであるため、万全を期すため設備や人員が整った東大医学部付属病院で切除し、術後の経過も慎重に診る必要があるという。切除後1週間前後入院し、退院後も少なくとも1週間はお住まいの東宮御所で静養する。

東大病院は万全の体制で内視鏡手術へ

 マスコミ各社が、5月31日、一斉に報じたところによると、皇太子殿下の十二指腸ポリープは、亜有茎性の良性腺腫で、発生部位は腺腫としては非常に珍しい場所とのことである。そして、6月6日に東大病院で切除されることになった。東大病院で行うのは術中の穿孔や大出血に備えてのことである。術後2週間の安静を予定したのは、後出血を危惧しているためである。私は十二指腸も含めて、各種ポリープを山のように取ってきたが、穿孔という偶発症は、万が一といったレベルだが、やはり、一定の率でおきてしまう。病変が大きくなると、穿孔や大出血という偶発症の危険率も上がる。偶発症発生のときは、開腹してでも助けようということなのだ。ちなみに、「十二指腸ポリープは1万人に2−3人」という時事通信の報道には、疑問がある。十二指腸ポリープは、2−3人に一人にはあるありふれた病変である。おそらく、今回の皇太子の十二指腸ポリープ、つまり、亜有茎性の腺腫に限ってのコメントを、解釈し間違えたものと考えられる。

 さて、一般に、十二指腸というのは、結構特殊なところである。管腔がせまく、空気の入れ方によっても、スコープの動かし方にかなり制限を受ける。また、十二指腸壁は、1mmの薄さの大腸よりもさらに薄い。特に、膵臓で裏打ちされていないところの、内視鏡的処置は穿孔しないように細心の注意が必要だ。筋層と病変の間に液体を注入して、穿孔のリスクを減らすEMR法を採用するのも一法だろう。十二指腸では、キャップ法やITナイフは穿孔例の報告が多いので、お勧めできない。スネアで切断するとき、通電して妙に硬い感じがしたら、筋層をつかんでいる可能性が高いので、スネアの握りなおしが必要だ。スネアは腰の強すぎるのは避けたほうがよい。病変が大きかったり、特殊な形をしていてスネアがうまくかからないときは、無理に一括切除しようとするより、分割切除のほうが穿孔のリスクは低い。また、十二指腸ポリープは切除後に病変が奥へ落ちていくと予想されるので、病理標本を確実に得るためには、2チャンネルスコープを用いて、ダブルスネア法でやるのがいいだろう。 


 
どこまで本当かは不明だが2015年11月「NYには泌尿器科の医師が同行致しました」、2012年から東宮侍医を務める泌尿器科の大庭成喜医師

【人事】宮内庁(2012年10月10日)
(2012年10月10日)
東宮侍医(東大医学部付属病院腎臓・内分泌内科助教)大庭成喜




どこまで本当かは不明だが2015年11月「NYには泌尿器科の医師が同行致しました」、2012年から東宮侍医を務める泌尿器科の大庭成喜医師

Part3038-545 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/11/26(木) 09:59:12.67 ID:OpDjA0Ev0
こちらスネーク
今回
NYには泌尿器科の医師が同行致しました。
お察しください。

687 可愛い奥様@転載は禁止 2015/11/26(木) 16:37:37.22 ID:LMvh0+up0
これが公になってんでしょ
545 名前:可愛い奥様@転載は禁止[sage] 投稿日:2015/11/26(木) 09:59:12.67 ID:OpDjA0Ev0
こちらスネーク
今回
NYには泌尿器科の医師が同行致しました。
お察しください。

689 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/11/26(木) 16:47:12.59 ID:tGkixqKt0
>>687
確かトンガ行きも同好の意思は精神科ではなくて泌尿器科の医師だったわ。
だから雅子には必要なくなってナルがそれ関係が重篤なんだなと思ったわ。
オランダ即位式はオーノが同行してたわね。
だから雅子は精神病はもう医師が付き添うほど悪くはなくなったのかと
思ってたけど園遊会で全て逆戻りだったね。
来たの海理事長も膀胱ではなくて腎臓に尿がたまる症状が出て悪化した
らしいから、尿に異常が出ると言うのはかなり重篤なんじゃないかしら。
ナルもいつもニヤニヤしている場合ではないのに、バカみたいだわ。

715 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/11/26(木) 17:49:39.05 ID:7cVG+fJ70
>>689
2012年に東宮侍医に就任した大庭成喜氏だよね。
http://seiyou.ehoh.net/seiyou/++syokuin-main.htm

血中のmicroRNA測定による腎癌及び前立腺癌患者の鋭敏かつ簡潔な診断法の確立
研究期間:2010年度〜2011年度
研究分野:泌尿器科学
研究種目:挑戦的萌芽研究
研究機関:東京大学
https://kaken.nii.ac.jp/d/r/80361492


Part3040-544 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/11/30(月) 16:30:21.97 ID:CQR1yiX60
>泌尿器科の医師がついているという事は
これソースないよね?リークだかスネーク止まりじゃなかったっけ。


569 可愛い奥様@転載は禁止 sage 2015/11/30(月) 16:40:34.51 ID:yRUvkvQK0
>>544

【人事】宮内庁(2012年10月10日)
宮内庁
(2012年10月10日)

東宮侍医(東大医学部付属病院腎臓・内分泌内科助教)大庭成喜 >