August 16, 2006

リボン

前回のエントリを書くにあたり、自分の心の中を支配していたのは、
紺野あさ美の卒業という実感の無さと、小川麻琴の卒業がどんなカタチで迎えられるのか、
そんなフワフワした感情だった。

そのキモチを“ソラノトビカタ”というコトバで表現することでひとつ落ち着かせられたのが、
リボンの騎士を観劇した友人たちから聴こえてくる賞賛の声だった。

確実に“先へ”と進んでいることを実感出来たこともそうだけれど、
その舞台が“先へ”飛び立つのに相応しい場としてつくられ、上向きに進んでいるのだな、
と実感出来たことで なぜだかちょっと気分が落ち着いた。

まだその姿を見ていないのでぼんやりとだったけれど、
“ソラノトビカタ”を思い描くことが出来たから。


当初ちょうど盆休みと重なっていた 8/15 昼公演のチケットを購入していたものの、
はやくその姿を見たいぞ、という感情が沸き上がってくるのを感じていたところに、
友人からの当日券があるという報せが入り、8/6 夜公演を観劇することが出来た。
それまでに抱いていたフワフワした感情も、その姿が見られることへのワクワク感も
どこか遠くへと飛んでいってしまうくらい、突然訪れたその機会にただただ流されるままに。

観劇後、まず抱いたのがもの凄くありきたりなんだけれど、
「すっげー良かった!」という感情だった。
伝え聞いてはいたけれど実際にこの目で確かめないとな、
というちょっとしたネガな感情もどこ吹く風か、
ただひたすらに舞台へと引きずり込まれている自分に気づいた。

どういった視点で見るかによって評価は当然わかれるのだろうけれど、
手塚治虫×タカラヅカ×モーニング娘。美勇伝という新たな試みを絶対に成功させてやるんだ
という強い意志が舞台の至る所から伝わってきて、強く強く心を揺さぶれた。

そこにあったのは紛れもなく上昇気流そのもの。
どこまでも飛んでいけ、そう叫びたくなるくらいの。


その感情は観劇時だけにとどまらず、
部屋で台本を読んでは舞台で輝きを放つ姿を思い出し、楽曲を聴いてはその場面を蘇らせる。
そして、仲間内でこの場面はこういった読み方が出来るんじゃないか、と深く想いを巡らせる。
そんな楽しみ方を見つけながら、過ごしてたりする。

8/15 昼公演の観劇も合わせ、印象に残った場面やこんな視点で見てみると面白いんじゃん、
みたいなところについては、先に書いたように、いろんな読み方を交えながら、
後日書き残せていけたらいいな、と思う。まだ全然まとまりきれていないのだけれども。



娘。に小川麻琴がいなくなる日、舞台から飛び立つ姿をこの目で見ることは出来ないけれど、
その日、その瞬間まで、楽しみながら思い巡らせることが、いまは出来る。

8/15 昼公演でのレビューの場面、好きな先輩 吉澤とアイコンタクトを交わしながら、
満面の笑みを浮かばせる小川の姿に、いかにこのリボンの騎士という舞台を経験することで、
充実した日々を送っているのかが、みてとれたから。

いろいろな願いが込められたリボンみたく、しっかりと結ばれた絆とともに。



この記事へのトラックバックURL