2008年05月27日

ガチャガチャ→ガシャポン

「ガシャポン」などと呼ばれる玩具入りカプセルを誤飲し、重度障害を負った鹿児島市の男児(当時2歳10カ月)の両親らが、製造物責任法(PL法)に基づき、製造元のバンダイナムコゲームス(東京都)に約1億800万円の損害賠償を求めた訴訟で、鹿児島地裁は20日、同社に約2626万円の支払いを命じた。高野裕裁判長は「安全性を欠いていた」と構造上の欠陥などを認定。玩具の大きさを定めた業界団体の基準見直しを迫る判断となった。

原告側弁護士によると、玩具の誤飲でメーカーに製造物責任を認める判決は異例という。

判決によると、男児は02年8月、プラスチック製の球状カプセル(直径40ミリ)を誤飲し、約30分後に除去したが、低酸素状態などによる脳障害で自力で体を動かせないなどの後遺障害が残った。

同社は、日本玩具協会作成の安全基準が3歳未満対象の場合に直径31.8ミリ以上と規定していることを挙げ「安全基準を満たし、誤飲の危険はなかった」と主張したが、高野裁判長は「3歳未満の幼児でも開口時の大きさが4センチを超えることは珍しくない。事故防止には基準の直径では不十分」と指摘。構造上の欠陥については「のみ込んだ場合に備えて取り出しやすくするため、角形にしたり、気道確保のための穴を複数設ける設計が必要だった」などとした。

判決は損害額を7954万円と算定。両親が事故防止の注意義務を果たしたとはいえないとして、同社の責任を3割とした。

同社は「判決文が届いておらずコメントできない」としている。

国民生活センターと同社によると、98年以降カプセルの誤飲事故は今回の1件のみ。07年に同種の玩具は同社で1400万個生産されたという。

・・・ガシャポンですか・・・ある世代より上はガチャガチャと言っていた気がしますが。かつて「コスモス」ってメーカーが一世を風靡しましたよね。子供心をくすぐるアイテムを作るのが上手い会社でした。小さいライターとか、ナイフとか、ピストルとか。「当たり」を出したくて散々お金を注ぎ込んだものです。「キン消し」のガチャガチャとかもありましたね。懐かしいなあ・・・。ニュースとは全く関係ない話ですみません。



fantasista005 at 19:15日記 この記事をクリップ!

2008年05月25日

「あの事故」に一区切り

海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故で、清徳丸に乗り組み行方不明となった千葉県勝浦市の吉清治夫さん(58)と長男哲大さん(23)について、第三管区海上保安本部が、戸籍法などに基づき死亡認定をしていたことが21日、分かった。認定は20日付。

三管本部は、あたごの当直士官だった前水雷長(34)について、業務上過失往来危険に加え、業務上過失致死容疑で書類送検する方針を固め、詰めの捜査を進めている。

海難事故から3カ月以上が経過した行方不明者に関し、海上保安庁の規定は、親族からの願い出があった場合、収集した資料を厳密に審査し死亡の認定ができると定め、死亡場所の最寄りの市町村長などに報告するとしている。 

・・・最近では中国の大地震やミャンマーのサイクロン被害、京都の女子高生殺害事件など、毎日洪水のように押し寄せる事件事故の報道の中で、この事故のニュースは早くも風化しかけています。未だ漁船の2人は発見に至ってない訳ですが、この度「法律上は」死亡が確定しました。法律上死亡しているのに、遺体は確認出来ていない、という状況は普通の生活を営んでいると想像出来ません。ご遺族の感情を慮ると心が痛いですね。


fantasista005 at 18:21日記 この記事をクリップ!

2008年05月21日

竹下景子、製品安全広報大使を1日で辞退

家電や燃焼機器などによる事故を防ぐため、製品を正しく安全に使うことを呼びかける初代の「製品安全広報大使」に19日に就任したばかりの女優、竹下景子さんが、大使辞退を経済産業省に申し出たことが20日、分かった。同省は申し出を受理した。後任は未定という。

同省によると、竹下さんの所属事務所から同日朝、連絡があった。竹下さんは昭和61年から平成17年までの約22年間、ガス湯沸かし器事故を起こしたパロマ工業の製品コマーシャルに出演した経緯があり、同事故による被害者家族が福田康夫首相と面会したニュースを見た竹下さんが「当事者の心情をおもんぱかって考え直し、辞めたい」との意向を示したという。

同省は「青天の霹靂(へきれき)。広報事業全体を複数社から競争入札で選定した。竹下さんのコマーシャル出演の事実は知らなかった」としている。

・・・竹下景子とか市毛良枝っていかにも政府や自民党に好まれそうなキャラですよね。それにしてもこのニュース、竹下側が非常識かな、という気がしますね。ニュースを見るまでもなく、自分がかつて出演していた会社の事故のニュースは知らないはずがないわけで(少なくとも事務所側は)、それを理由に辞退するのであれば最初から受けるな、という話しですよ。


fantasista005 at 16:59日記 この記事をクリップ!

竹下景子、製品安全広報大使を1日で辞退

家電や燃焼機器などによる事故を防ぐため、製品を正しく安全に使うことを呼びかける初代の「製品安全広報大使」に19日に就任したばかりの女優、竹下景子さんが、大使辞退を経済産業省に申し出たことが20日、分かった。同省は申し出を受理した。後任は未定という。

同省によると、竹下さんの所属事務所から同日朝、連絡があった。竹下さんは昭和61年から平成17年までの約22年間、ガス湯沸かし器事故を起こしたパロマ工業の製品コマーシャルに出演した経緯があり、同事故による被害者家族が福田康夫首相と面会したニュースを見た竹下さんが「当事者の心情をおもんぱかって考え直し、辞めたい」との意向を示したという。

同省は「青天の霹靂(へきれき)。広報事業全体を複数社から競争入札で選定した。竹下さんのコマーシャル出演の事実は知らなかった」としている。

・・・竹下景子とか市毛良枝っていかにも政府や自民党に好まれそうなキャラですよね。それにしてもこのニュース、竹下側が非常識かな、という気がしますね。ニュースを見るまでもなく、自分がかつて出演していた会社の事故のニュースは知らないはずがないわけで(少なくとも事務所側は)、それを理由に辞退するのであれば最初から受けるな、という話しですよ。


fantasista005 at 14:20日記 この記事をクリップ!