今日紹介させていただきますのは、
吉兆

吉兆宝山のお湯割り





、沸騰したお湯をグラスに注ぎまた違うグラスに注ぎ空気に触れさせることで温度を下げます。

次に吉兆宝山を注ぐのですが、まず割合は焼酎:湯=4:6もしくは3:7がおすすめ。注ぎ方もへりに沿わせてゆ〜くり、ゆ〜くり注いであげて下さい。ここが一番のポイントでゆっくり注ぐことで焼酎がお湯の中で均一に混ざります。できましたらもうひとついつもどおりにお湯割りを作って飲み比べてみて下さい。

かなり違います。全然違います、お酒の柔らかさが。

ふつうに作ると少し酒に角があるように感じます。ぜひ試してみて下さい。

担当:中川