カネタケ青木商店ブログ

毎度ありがとうございます。 入荷情報など更新しています。 宜しくお願いいたします!

2017年05月

楯の川酒造のオリジナルキャラクター 「たてにゃん」FacebookやTwitter、InstagramといったSNSを使いこなし、蔵の宣伝部長として大活躍中の彼女が、この度リキュールのラベルになって登場しました!

DSC_1248
DSC_1249


地元の牧場で採れた生乳を使用して作られた新鮮なヨーグルトと、山形名産ラフランスの果汁を、絶妙なバランスで配合しました。とろ〜り濃厚な飲み口と上品な甘さと酸味がクセになるリキュールです。
ロックやソーダ割りでどうぞ!

数量限定ですのでお早めに!


たてにゃんのりきゅ〜る ヨーグルト×ラフランス
1.8-3024円
720-1512円

担当:熊谷

暑くなってきましたねえ
気温もぐんぐんあがって30度超えてる地域のニュースも
ちらほら見ます。

そんな暑い日々が始まりそうな中、青木商店にも青色の瓶が
冷蔵庫に涼しげに並んでおります。

そこに本日新たな仲間が到着しました
IMG_2040車多酒造
天狗舞 「涼吟」純米大吟醸(左)
1.8L 3,672円 720ml 1,836円

天狗舞超辛純米酒(右)
1.8L 2,592円 720ml 1,296円



涼吟
洋ナシを思わせる甘い吟醸香が非常に心地よく、みずみずしさと爽やかな酸味が調和します。
暑い夏に向けてすっきりと爽やかに飲めるのが一番の特徴です。


超辛
辛さだけが売りではありません。力強い旨味と研ぎ澄まされたキレの良さが味わえます。
大変リーズナブルな価格も魅力の一つです。

どちらの商品も、例年、すぐに売り切れてしまうのでお早めにどうぞ!


担当:阿部博樹

頒布会にお申込みいただいた皆様、大変お待たせ致しました。

青木商店頒布会最終会第3弾5月の商品が入荷しました!


【西田酒造店:田酒 特別純米 山田錦55%】

【阿部勘酒造店:阿部勘 純米吟醸原酒別誂 生貯蔵酒】


IMG_1147
通常の田酒は青森県酒造好適米「花吹雪」で仕込まれていますが、今回麹米、掛け米全て山田錦で仕込んだ超スペシャルな特別仕様の田酒特別純米酒です。まさに今期頒布会のトリを飾るにふさわしいお酒をいただきました。お米の違いを楽しんでください。

阿部勘純米吟醸は通常10日程度で火入れを行いますが、こちらの商品は約1か月-5℃の冷蔵庫で熟成させ加熱殺菌をしたいわゆる「生貯酒」です。通常では出荷されない特別仕様の阿部勘となりました。こちらは熟成と火入れのタイミングの違いを楽しんでください。

価格は、2本合計で7,000円(税込)です。

店頭受け取りの方は、ご都合の良いときにお越し下さい。

ご来店お待ちしております。


今期頒布会お申込みいただきました皆様、ご協力いただきました蔵元の皆様、3か月間無事に商品をお渡しできるところまできたことをあらためて感謝申し上げます。お付き合いいただきましてありがとうございました。

これからも全力投球青木商店をぜひともよろしくお願い致します。


カネタケ青木商店

今月のおすすめワインは 「レ メルロ ド ボデ」 でございます。

原産国:フランス ボルドー

ブドウ品種:メルロ100%

価格:¥3240

DSC_0015 
なめらかな口当たりでフルーティーでありながら、
しっかりとしたスパイス系の香りの要素もあり、
非常に複雑な味わいをもつフルボディータイプのボルドー産の
赤ワインです。
 相性の良い料理はステーキやビーフシチューなどこってりとした味わいの肉料理がおすすめです。
 これからの季節、だんだんと暖かくなりつつありますが、
休日にはフルボディーの赤ワインでまったりと過ごすのはいかがでしょうか?

担当:青木 雅幸

GWもあっという間に最終日。本日帰省される方も多いのでは。


他県からお越しの皆様、青木商店には宮城の地酒が

宮城の地酒






多数揃っております。

こんなにあって選べないというお客様にひとつオススメです。
黄金澤
小金澤 夏季限定純米吟醸 HITOMEBORE

宮城県産ひとめぼれで仕込み、お米の雫のような瑞々しさと可憐で柔らかな飲み心地。香りは穏やかで口の含むと軽やかで瑞々しい果実のような甘みが感じられ、そこから優しーく柔らかに広がりながら消えていきます。
このGWは晴れて気温も上がり青葉の頃爽やかな日が多かったですよね(ちょっと暑いくらいだったかな)。そんな中にちょうどいい一杯です。GWの楽しかったことを思い出しながら飲んでいただきたいです。
ラベルデザインもハートにピンクのシンプルに仕立てて可愛く、しかもハートの右上にストーンが付いています。なお可愛いです。女性へのお土産にも最適!


担当 中川

このページのトップヘ