トルコ発!トルコは手作りの玉手箱

トルコに関わり、はや20年。ガイドブックにはないトルコの情報、お洒落な手芸品やトルコ家庭料理などを紹介します。

信州 松本へ歴史と民芸散策<後篇>

先週、長野松本散策の旅<前篇>をしばらくぶりにブログアップして、今月中には後篇を載せなければとまるで夏休みの宿題に追われる気持ちでの<後篇>アップ

憧れの民芸旅館<まるも旅館>の朝食は、一階の食事処で、御櫃に入った炊き立てのご飯、三つ葉と豆腐の信州味噌汁、イワナの塩焼き、インゲンの胡麻和え、卵焼き、お漬物、もちろんすべて手作りで
素朴ながらにして大変に美味しく、器も民芸調のものが使われていた。テーブルの照明のみの食事処で、隣の
珈琲店から朝をついてラヴェルの<夜のガスパール>が流れる中の最高の朝食だったすいかやメロン、プラムのデザートも頂いた
DSC_0210

DSC_0212

そして、給仕をしてくださったこの旅館の主と思われる老齢の女性の静かながら、ゆるぎない立ち振るまいや礼節ある心くばりのされ方に、いわゆる<マニュアル>では身に着けることのできない、
由緒ある武家の女性の作法た。 主より客人へのおもてなしの元祖は、こういう形なのだろう

和朝食後は、これも楽しみにしていた隣接の<まるも珈琲>でモーニングコーヒーを頂いた。旅館同様に喫茶店も松本の古い民芸家具や照明が、LP盤から流れるクラシック音楽の音色とともに
店内の空気を飴色の落ち着いたものにしていた
DSC_0217

DSC_0229

DSC_0228
DSC_0224

DSC_0230

DSC_0227



まるも旅館を後にしてローカルバスで30分の美ヶ原方面にある<松本民芸館>を訪れた。畑や民家の奥に静かに構えていて、まわりはとてものどか
DSC_0231

DSC_0234

DSC_0235

DSC_0314

DSC_0315


館内は静かで、凛とした感じで素敵な国内外の民芸が展示されている。この時期の特別展示で涼やかな骨董の硝子小物も展示されていた。どれもとても味があり、暖かみを感じる
DSC_0239

DSC_0241

DSC_0242

DSC_0240

DSC_0245

DSC_0250

DSC_0267

DSC_0268

DSC_0270



DSC_0261

DSC_0260

DSC_0280

DSC_0285

DSC_0278

DSC_0273


日本の民芸のみならず、韓国の螺鈿細工や木工家具、金属工芸も展示されていたすごくステキ〜
DSC_0255

DSC_0256

DSC_0253

DSC_0251


ペルーの吹きガラスやアフリカのトーキングドラムなども展示されている。創設者の丸山太郎氏の審美眼のなんという素晴らしさよ
DSC_0286

DSC_0287

DSC_0294


信州はこの時期は、七夕だったので松本の七夕雛も飾られていた
DSC_0257


もちろん館内は、重厚な民芸調でどこをしても、全部がアートになる

DSC_0258

DSC_0290

DSC_0289


DSC_0288

DSC_0293

DSC_0296

DSC_0300

DSC_0301

DSC_0307


館内の草花や木の実も、さりげなく生けられている。清々しくあたたかみあるセンスは信州独特のもの
DSC_0309

DSC_0310

DSC_0308
DSC_0311



朝の静かな時間の中で松本民芸館を堪能したあとバスでまた松本の中心街に戻り次の見学先である
文明開化とともに松本に設立された西洋式学校開智学校の駒をすすめた
開智学校への途中で立ち寄った松本神社
DSC_0320

DSC_0323

DSC_0321

信州が舞台となっている横溝正史の推理小説<犬神家の一族>の中に出てくるような古い神社   

信州は南アルプスを背景に開智学校が出現

DSC_0325

DSC_0326

DSC_0328


DSC_0332


明治の文明開化と共に、ここ信州においての清らかなる環境のもとに擬洋建築といわれる和洋折衷のような設計で、豪奢ながらにしてどこかしらユニークなこの
建物の内部には、当時の日本の宮大工の見事な技がいたるところに見受けられる
DSC_0333
>
DSC_0349

DSC_0350

DSC_0351

DSC_0331


さらに当時使用されていた教科書や教材道具教科書など紙の教材は、内容文ともに驚くほどに精密なタッチや色遣いがなされている。
DSC_0340

DSC_0332

DSC_0334

DSC_0342

DSC_0346




この精密な植物の垂れ紙を使っていた
授業風景の画も偶然発見
DSC_0336

DSC_0339


世界の国旗が手書きで紹介されている
トルコ国旗もあった
DSC_0345



この教材には、たまげたたしか、ニュートンの物理の法則を具体的に説明する時に使っていてアートオブジェにもなってるこの教材が

ニュートンの振り子



 文明開化の日本の近代的な教育の中で、こんな形の教材になるのだ
DSC_0343



さらに、開智学校ではなんとピアノが設置されいたのだ
DSC_0337

オルガンですら上流家庭にでしかなかったこの当時に、はたして何人の人たちがピアノを見たり、その音色を耳にすることができたのだろうか

建物のみならず、教材道具のこれらを見ただけでも、最高の教育がこの学舎内で行われていたことがわかる
DSC_0352

この長椅子と机は、音楽の時間で合唱の時に使用していたそうだ


 校旗と校歌
DSC_0353


感銘をうけながら、開智学校をあとにして、のったりのったりと歩きながらそこから少し距離のある深志神社へ向かった

途中、ところどころで見かけた松本の歩道のマンホール可愛い民芸手毬
DSC_0058

DSC_0324

DSC_0358

DSC_0367

DSC_0368


深志神社
静かな庶民的な住宅路沿いに突然あでやかな朱がを目を惹きつける
参拝して、お守りコレクターの友達(こんな感じのダチ)に頼まれたこの神社のお守りを購入し、自分のコレクトの御朱印も頂いた
DSC_0372

DSC_0374

DSC_0375

DSC_0377

2017 深志神社 


深志神社の近くのちょっとオシャレなレストランで昼食した。手打ちの蕎麦は、もちろん美味しかったが蕎麦ざるがステキこの店のスタッフの方の手作りだそ〜だう〜ん、これぞ民芸クラフト
DSC_0379

DSC_0383

DSC_0382

うひゃひゃ、昼間から冷たいランチビールかっこんだ ビールの肴についていたのは、自家製で信州の茄子の皮を味噌で炒めて
冷やしたものだそうで、これがまた激ウマ。自分で作ってみようと思う

昼食食べつつ、もったりしたあと時間の許す限り、松本の城下町のなごりを残す<中町>などをぶらついた

DSC_0388

DSC_0396

DSC_0399

DSC_0403

DSC_0404

DSC_0397

DSC_0087

DSC_0088

DSC_0092

DSC_0413

DSC_0419

DSC_0157

DSC_0168

DSC_0418

DSC_0420

DSC_0422



<前篇><後篇>と2週にわたって、今回の信州は松本の散策をたくさんの写真とともに綴ったが、今回自分が散策しただけでも、、信州の素晴らしい自然のもとに国宝松本城が放つ歴史の重み、文明開化と共に開智学校によって目をむけられた外国への憧憬と教育、松本民芸館が示す伝統工芸の美しさと感性、などが静かながら深く心に響いた松本はこの他にも至る所に水郷や井戸があったり、散策は尽きることがなく、このブログをご覧の方々にも是非おすすめできるところです

特急あずさで新宿へ帰る中で飲んだ長野の限定缶ビール
DSC_0424


今度は、是非、安曇野や蓼科も訪れたい

信州 松本へ歴史と民芸散策<前篇>

数か月前から今やすでに時代遅れともいえるやりだして、この数か月はそれにハマってたふと気がつたら8月このブログだってアタシの大切な分身なのだ
てなわけで、しばらくぶりのブログは、先日の夏休みを利用しての信州は松本への一泊旅行特急あずさで新宿から松本に到着
DSC_0057


到着はちょうど正午だったが、一番最初に訪れようと計画していた国宝の松本城がなんと<天守閣入場に120分待ち>の表示
まさに<松本城>>ならず<待つもと常>(
DSC_0100

DSC_0103

DSC_0105

DSC_0106


しかしここまできたら、潔く2時間並んでも国宝を拝みたい気持ちが<女武士道>の精神を奮い立たせ、いざ討ち入りへ


やがて、天守閣内へ待ったかいが、あった

黒光りした城内は、デジタル的なものは一切設置せず、急な階段、隠し部屋、鉄砲、弓矢を放つ城壁の窓枠、そして貴重な当時の図解も交えながらの、鉄砲やそれに付帯する小道具が薄暗い中に静かに陳列されていて
真夏ながら、ひやりとした空気に包まれていた。まさにこの城内に足を踏み入れただけで戦国時代にトリップして 厳粛な気持ちでのシャッターを切った

DSC_0108

DSC_0109

DSC_0116

DSC_0117

DSC_0121
DSC_0122
DSC_0123
DSC_0125

DSC_0128

DSC_0130

DSC_0133

DSC_0135

DSC_0136

城の中間階あたりにあるこの天井の低い部屋は<隠し部屋>
DSC_0141

DSC_0142


そして天守閣てっぺんの天井に<守護神二十六夜社勧請>の神様を表すこも引きが祀られている
DSC_0137

DSC_0138

DSC_0140



日本戦国時代は、ちょうどトルコのオスマン帝国全盛の時代とかぶっているが、島国である日本で南蛮渡来の鉄砲などをこれだけの智を持って取り入れ、独自の製作に取り組んでいたのだ
震撼してしまうような城内の光景の中に思わず襟を正してしまう日本歴史の<静かなる威厳>がそこにあった

そんな松本城もお盆サービスで()普段は開門されていない<太鼓門>がこの日は特別に開門されてい拝観した、こちらは中は現代化されていて、景気づけに太鼓打ってきた
DSC_0148

DSC_0150

DSC_0155

DSC_0156


松本城を後にして、近くにあるパワースポットといわれる<四柱神社>に参拝

DSC_0164

DSC_0159

DSC_0158



今年のGWに神奈川県の大山阿夫利神社で一緒に行った友人が<御朱印集め>しているのをきっかけに、そこから自分も集めるようになった(大山阿夫利神社の御朱印貼と四柱神社の御朱印
2017 ご朱印帖(阿夫利神社)

2017 四柱神社


そして四柱神社から近い本日の宿泊の民芸旅館のまるも旅館に到着
今回の松本散策で、以前より憧れていて是非是非宿泊したかった宿慶応四年からある古い旅籠屋のような小さな宿で宿泊客数も限定されている。松本城が戦国時代トリップなら、こちらは江戸時代よりのレトロ信州にトリップまさにワタシの大好きな趣宿に隣接しているまるも珈琲<からは古い家屋の壁を隔ててクラシック音楽が漏れ聴こえてくるのだ
玄関に足を踏み入れた時はちょうどベートーヴェンのピアノ協奏曲<皇帝>が聴こえていた
DSC_0215

DSC_0220

DSC_0069

DSC_0070

DSC_0073

DSC_0086

DSC_0076

DSC_0077

DSC_0078

DSC_0084

DSC_0081

DSC_0214


DSC_0079

旅館で一服したあと、松本駅から市バスで浅間温泉まで出向いた
DSC_0172


箱根や熱海などの温泉街とまた違って<ひなびた感>のある場所でバス停を降りてからお目当ての日帰り温泉入浴と蕎麦が頂ける<琵琶の湯までかなり歩いたが途中に朽ちかけた古い建物や旅館や風情あるたたずまいなどをあちこちで見かけた
DSC_0175

DSC_0176

DSC_0177

DSC_0178


<琵琶の湯>に到着
DSC_0179

DSC_0181


夕闇にくっきりと浮かぶみごとな百日紅(松本市内では、至る所に百日紅を見かけた)

館内はきれいに整備されている
大好きな竹久夢二の絵や、江戸時代にこのあたりで飛脚が使っていたのだと思われる飛脚籠など整然と展示されている通路を渡って湯殿で汗を流して疲れをとった
DSC_0185

DSC_0186

DSC_0187


一風呂浴びた後に館内にある食事処で信州の手打ち蕎麦に地ビールで晩酌〜
DSC_0195

DSC_0197

DSC_0199


帰りはふもとまでタクシーで戻り、<まるも旅館>にて信州の静かな夜の一泊

翌日のまるも旅館朝食&まるも珈琲モーニングコーヒー松本民芸館松本神社開智学校深志神社中町通り続編に続く続編ブログアップは、今月内の予定(、にしたい

大好きな九州ば、行ってきたっちゃ!

2017年に入ってから、ずずずっと更新せずに、貴重なるこのブログの読者様はきっと、ブログ更新にへたってトンズラよ〜と思われてただろ〜が、アタシャ、健在ですこのブログがご無沙汰したのには、二つわけがあり、ひとつは、長年の勤め先会社のオフィスが渋谷から芝浦に移転して、それに慣れるのにしてしまい、もうひとつはのちほど説明しまする。とにもかくにもどうぞ改めて、購読に

先日、また会社の出張で九州に行ってきました〜
九州は、大好きかところたいね〜
会社の出張じゃっけ、あたいどんは仕事ば一番大切にせんと、そいば責任もって行きおっとよ ばってん、仕事が終わったこつ、九州はなんでんかんでん食いもんは旨か〜、そいから、あたいどんは九州出張はもう常連たいね〜。いわゆる観光名所と、ひと味違うjブラ九州裏歩きを今日のブログに載せるっちゃまあ、見てみんしゃい


日本の歴史の大きな布石となった幕末動乱の立役者の宝庫、鹿児島いつ訪れても、南国のおおらかさな気質と、ゆったりした空気の中溶け込んでいるしっかりした逞しさを感じるところです
鹿児島での仕事を終えたあとに、地元の人と同じようにもったりとおおらかにフリータイムを使いたいと思っていたら、鹿児島中央のお取引先様のchadd33のオーナーのまるさんに<鹿児島の銭湯は温泉湯を引いてるところがたくさんあります〜>と、なんともな情報をキャッチ

chadd33http://chadd33.blog.so-net.ne.jp/

夜ホテルにチェックインしたあと、部屋のユニットバスには入らずホテルのバスタオルをひっつかんで、教えてもらった鹿児島中央駅からほど近い、昔ながらの地元の銭湯に突入

DSC_0040

<西田温泉>という銭湯で、昭和レトロそのもの銭湯内は、さすがにできませんが、地元のオバチャンたちと、もったりと源泉の銭湯やサウナで体のデトックス、アクヌキをしました超スッキリと疲れがとれた〜

¥390-の地元銭湯料金で温泉、サウナのあとは宿泊ホテル近くの<鹿児島屋台村>でお待ちかねのタイム

1492517172312

1492517172036

どの店もよさそうだったが、アタシが大好きな鹿児島郷土料理がある愛加那という店にした


ママさんは、見るからに奄美大島の濃口系〜
BlogPaint


店内も何気に南国ムード
1492517172152


こいは、西郷どんの古か写真じゃなかと〜
1492520645503


手書きのメニューにはたくさんのアルコール類があり、もちろんハブ酒や本場の鹿児島焼酎なんぞもあったが、あたいどんは、どこでんでごわす。
1492517171980

鶏のだしが聞いた出汁で煮込んだ、つけ揚げ(薩摩あげ)やこんにゃくや柚子胡椒をのせたトマトのおでんで
もったりのあと
1492517520950


お目当ての大好物の郷土料理<鶏飯>登場
1492520645581


今までいろんな鶏飯を頂いて、どこも美味しかったが、この店の
鶏飯、お世辞抜きにぶっちぎりのうまさ
出汁になにか焦がし油のようなものを加えているのか、何とも言えない独特な香ばしさがハマる美味しさなんか、奄美大島の蛇味線の音色がイメージさせる味

鶏飯のおすす隠れ家発見の夜でした

翌日早朝に鹿児島中央から新幹線で熊本に移動
鹿児島の新幹線口内の桜島のステンドグラス桜島ば、壮大でごわす
1492555819610


熊本駅新幹線口内はクマモンがお出迎え
1492578487486
1492578487302


クマモン以外にも、のらくろみたいなキャラも活躍
1492572370941


熊本の新幹線口で食べた辛子れんこんうどんが、すごく美味しい
1492571849750


今度は、是非プライベートで訪れたい熊本頑張るばい熊本>>
1492578487428


熊本での仕事のあと、福岡に移動
福岡の地下鉄は、それぞれの駅にそこにちなんだロゴマークがついてる
1492596344282

1492596344235

例えば、博多駅は博多帯とか
1492596344402


博多の夜は前から食べたかった鶏の水炊き>を定食をビールとともに満喫トロトロの鶏肉がコラーゲンたっぷりの白鶏湯のどろりとしたスープで炊かれて絶品そのもの
1492602581221

1492602581143


ビールにちゃんと料亭風に木製ハカマのコースターがかぶせてあった
1492602581068

1492602580898

1492602580677


〆に白鶏湯を塩こしょうでしてご飯にかけてお茶漬けにしていただいた
1492602580960


翌日の早朝は福岡から目下アクセス最速の特急カモメ号で長崎へ向かった長崎も2020年までに新幹線が開通される  カモメ号の数年先には哀愁の列車となってしまうのだろ〜か
1492648314699


長崎駅の正面口
出島や教会のステンドグラス鹿児島中央駅でもステンドグラスの
桜島がしつらえてあり、九州の駅はステンドグラスが十八番たいね〜
1492684814121

駅の構内にある南蛮船や眼鏡橋のジオラマ
1492648314799

1492648314603


午前中仕事の商談のあと、お取引先の方と長崎駅からわりと近くの坂上にある銅八銭という不思議な名前の昔からあるような喫茶店でランチ
BlogPaint

でました長崎名物のひとつ<トルコライス>
1492684806099

トルコライスのトッピングは店によってそれぞれ違うが、<ピラフ、パスタ、とんかつ>が正当な盛り合わせだそうだ
しかも、店内は南蛮渡来のギヤマンやチャイニーズな雰囲気の家具、古い油絵などアンティークが無造作に飾れてる
1492684813361

1492684808679

1492684808564


1492684806689

横浜とも神戸とも違う長崎特有の南蛮のエキゾチズムなノスタルジーな空気の流れる店でトルコライスランチした

Made in Nagasakiのエキゾチズムなランチのあと、長崎のお取引き様先へ何件か伺い、今回の九州すごろくのゴールの長崎の観光通りにある長崎で超有名なプディック&ライフスタイル雑貨店のエルパナリさんへ伺った
1492684135298

こちら店舗は、なんとペット連れての入店
なぜなら、店内の1Fでは常にカワユイ二匹のが、もったりとお客様をお出迎え
1492684135153

1492684135082


2Fには、ステキなお洋服とともに、とってもラブリーな食器もディスプレイされています

DSC_0157
DSC_0158


そしては特別にリニュアル中の3Fに潜入
なんと3Fでは、エルパナリファン様が待望のカフェとアンティークの扉を隔ててワークショップやギャラリーなどに活用できるイベントスペースを作成中
1492684132959

1492684133141

BlogPaint


カフェコーナーでは経験を積んだアニメヒーローの名探偵コナンに似た若マスターが、ゆったりと心こめて美味しいをいれてこめて接客してくださいます エルパナリさんのセンスで企画されるイベントスペースでは、決して訪れた方の期待を裏切りまっしぇん

3Fは、GW初めの4月29日にOPEN
お近くの方は、是非是非wellcomeたいね〜

そしてリニュアルされたエルパナリさんを訪れた方は、店内の一角でこの暖かみある油絵を見かけられることでしょう
1492684132911


長崎市内の観光通りにあるエルパナリhttps://ameblo.jp/elpanaly1f/


エルパナリさんでの仕事を終えてリムジンバスで長崎空港に向かう前に、以前エルパナリさんのオーナー様に連れてきていただいた<王鶴 TABATA>さんで大好物皿うどんをガッツリとともに頂いた。長崎には、津々浦々に名店も含め、たくさんの皿うどん、ちゃんぽん、トルコライスの店があるが、ここの店は地元の方に人気ある隠れ家的な店で、ホントにおいしくて今回もリムジンバスの時間をあらかじめ調べておいて時間を作り駆け込んだ
1492684132760

1492684132817


1492684149382

長崎は教会を中心にエキゾチックな観光名所がたくさんあるが、自称長崎ツウのアタシのは、それ以外の庶民的な長崎の町角にのシャッターをむける

日本家屋に赤レンガの塀の家
1492684805228


古い雑居ビルの地下の<RYOUMA>のパブ
1492684149435


明かりのない古くて暗いビルの奥には床屋となっていて2Fは碁の会場となっている
張り紙が貼られている
1492684149286


昔の映画に出てくるよ〜な倉庫や乾物屋がそのまま残ってる
1492684804987

1492684804520


あれっ!居酒屋?と、思ったら床屋だった。しかもウィンドーには戦後の長崎の子供の
風景や手作りのワイヤーの虫のオブジェがディスプレイされてる
1492684135632

1492684135701

1492684135747


昔ながらの手作りのお惣菜屋さんや漬物屋さん
1492684149225

1492684805114


漬物やさんの隣の八百屋の一角で腰の曲がったオバアチャンが、元気に魚をおろして
すり身にしたり、みりん干しにしたりして売っている。いつも九州の最終日は長崎なので、ここのお婆ちゃんの店で魚のすり身を自分へのおみやげに買っていくのだ
1492684805164

オバアチャンとは、既に顔見知りになっている。今日もいつもの
魚のすり身を買ったら大きな二匹もオマケしてくれた 
DSC_0176

に空輸で東京の自宅に持ち帰り、翌日さっそく材料を使って
ブイヤベース作った
DSC_0177


九州出張前に仕込んでおいたキャベツの保存食がちょうどいい具合に発酵していた
1492472543387


下手の横好きで一週間分ののおかずやの肴の作り置きをしている.その後ろにある天ぷらは、さつまいも、人参、ニラを揚げた鹿児島の郷土料理のがね
DSC_0181


九州は、各県がそれぞれ特徴があり、所変われば品替わるの如く、同じ九州内でも文化や街角の空気ががらりと変わってほんとうに面白く素晴らしい。有名な観光名所とか、旨か郷土料理はもちろんだが、今回のブログに載せた写真のようにノスタルジック、そしてユニークな町の一角と、九州人のおおらかで優しくそして逞しい気質が、どの県でも感じられるいつも九州に行くと、仕事を通じながらたくさんの九州の方と交わりながら自分もおおらかな気もちになれ、何故か日本人としての誇りさえ感じてしまうのだ大好きばいまた来るけん、待っとんしゃいね〜

ところで、このブログが、今年なってすっかりご無沙汰した理由のひとつに、新年から勤め先のオフィスが移転し、しばらくばたばたしてたのに加えて新年よりfacebook 始めた 特にfacebookで、未知の人と友達になる気や、やたらフォロワーとかを増やしたり、自慢げにプライベートを公開するような写真を投稿する気は全くなく、友人申請や友人承認も限られた自分が親しい人としかリンクしないようにしている。このブログをご覧でアタシの名前をご存じの方に特別にfacebookのアタシの登録の検索をお教えします   

facebookに私の名前の名字はそのまま漢字で、名前はひらがなで検索をしてみてください。
何人かワタシと同姓同名の方がいます。その中からプロフィール写真がドライフラワーの紫陽花の花にブロンズ色のキャンドルが二本あるやつが私のfacebookです  

自分のフェイスブックには、ほとんど一週間の作り置きの惣菜をしたのを投稿している。アタシをご存じの方は、のアクセスで探してみてくだされ

そんなこんなですっかりがブランクしてしまってたが、しばらくぶりに長編アップしてやはり自分で<>な気分になった これからもスローテンポながらもちろん、この続けて行きますので
どうぞ、今後もよろしくです







今年の滑り込み〜!良いお年を!

新年から、10年以上に渡り勤務していた渋谷の会社が、田町の商社にシフトすることになり、先月から仕事で毎日バタバタとしていて、気が付いたら大晦日
滑り込みで年末のご挨拶です今年もこのブログをご覧いただき、感謝です

今年は、熊本で地震があり大きな被害にあわれつつも地元の方々がすごく前向きな形で頑張っていらっしゃる姿が心に強く響く一方、トルコではクーデターをはじめ、テロがあったりなどど天災と人災の両方のそれぞれの恐ろしさが世界を渦巻いていましたが、あと数時間で2017年へバトンタッチ
2017 駅伝ポスター

今まで勤務していた会社の最終出勤日に渋谷駅で貼られていた新春駅伝のポスター、ロングラン終えた走者が次の走者にタスキタッチ
新年からは新フィールドの芝浦にランニング頑張ります新しい勤務先は中国とのビジネスにも軸があり、今年、出張で初めて訪れて大好きになった台湾とのブッキングで新年から
中国語(台湾語)勉強はじめます

中国語(台湾語)での謹賀新年新年快楽
2017 かどまつ


皆様、どうぞ良いお年を2017年もよろしくお願い致します

文化の日!特別増刊!<Cool Japan! アニメ VS,コスプレ

7月くらいからのったりと 銑は∈榿任能颪綴った台湾出張ブログの最終回い鮴茲曚疋▲奪廚靴燭、なんと今日は文化の日
このブログをご覧の方にワタシが撮らえた秘蔵の激写、日本の誇るCool JAPAN カルチャーのアニメとコスプレの画像を一挙放出


9月に40年間に渡り連載し、コミックが200巻となった<こち>ことこちら亀有公園前派出所前の漫画が連載終了となった
作者であり、筆者の秋本治さん、大偉業をひとつ成し遂げれてお疲れ様です日本の文化に大きな功績をまたひとつ積み重ねてくださってありがとうございます

<こち亀>の舞台となる東京の亀有駅は、これを記念してJR企画の大イベント駅が<こち亀>のテーマパークになった〜
2016 9月こち亀 1367
2016 9月こち亀 1365

2016 9月こち亀 1323

2016 9月こち亀 1321

2016 9月こち亀 1326

2016 9月こち亀 1324

2016 9月こち亀 1322

2016 9月こち亀 1327

2016 9月こち亀 1335

2016 9月こち亀 1334

2016 9月こち亀 1339
2016 9月こち亀 1340

2016 9月こち亀 1341

2016 9月こち亀 1336

2016 9月こち亀 1337

2016 9月こち亀 1338

2016 9月こち亀 1333

2016 9月こち亀 1332

2016 9月こち亀 1331

2016 9月こち亀 1330

2016 9月こち亀 1345
2016 9月こち亀 1344

2016 9月こち亀 1343

2016 9月こち亀 1342

2016 9月こち亀 1346

2016 9月こち亀 1350

2016 9月こち亀 1358

2016 9月こち亀 1360
2016 9月こち亀 1361

2016 9月こち亀 1363

2016 9月こち亀 1352



そして、先日のTrick Or treat
今や渋谷の大名物となったハロウィン仮装次から次へととめどなくあふれ出てくるコスプレとっても撮りきれない〜
DSC_1937


DSC_1936

DSC_1945

DSC_1950

DSC_1951

DSC_1956

DSC_1959

DSC_1960

DSC_1961

DSC_1963

DSC_1964

DSC_1966

DSC_1978

DSC_1984

DSC_1986

DSC_1990

DSC_1993

DSC_1999

DSC_2002

DSC_2003

DSC_2004

DSC_2007

DSC_2010

DSC_2011

DSC_2020

DSC_2027

DSC_2029

DSC_2030

1401

1402

1337

1338

1340

1336

1343

1345

1347

1350

1351

1352

1357

1358


もんげ〜渋谷駅ハチ公銅像前の昔の東急線の緑色の車両もぽむぽむプリンの黄色に仮装してた〜
DSC_2025

DSC_1970

DSC_1971

DSC_1972

DSC_1973

DSC_1974

DSC_1975

DSC_1976

DSC_1977

かくして渋谷のハロウィンナイトは、朝まで眠らずに今年もフィ〜バ〜
数えきれないくらいのもんげ〜ハロウィンコスプレがたくさんだったが、アタシの中での
今年のハロウィンコスプレ大賞はこれ
2016 ハマ小僧ハロウィン1 

2016 ハマ小僧ハロウィン2

 ハマ小僧 ハロウィン3 
javascript:void(0)
甥のハマ小僧が、いつでもどこでも連れていき、とっても可愛がってる弟分の<さる小僧>ちゃん
弟分のさる小僧ちゃんのために兄貴分のハマ小僧が手作りでコスプレのマントとお面を作ってあげたそうだ

<文化の日>にちなんで、もうひとつ以前にも、このブログに登場している<代々木の
ター>ことT君が、宿題でエコをテーマにした俳句を作ったところ、
渋谷区でまたまた大賞を受賞して表彰された
1310

T君は、小学低学年の時も本の感想画を描いて(たしか<11匹の猫>とかいう本)渋谷区で感想画大賞を取ってる文化歴があるのだ

今回大賞を受賞した俳句が、この作品
BlogPaint


若きクリエーターの卵たちが、これから先の文化の日にも大活躍してくれると確信してる






初めての台北 <第四日 台北>

5月の出張でのはじめての台湾の掲載がのったり、のったりながら、最終の第四日目の台北にたどり着いた


台北や東京新宿にオフィスを構え、世界各地にグローバルにゲストハウスを開設、経営する一方、日本製の商品や日本で流行りのトレンディなブディックや雑貨、カフェのショップを営む<亜力土東京>のオーナーのAさんの経営する台北中心街のショップへAさんの運転で伺ったここは、東京でいったら銀座のようなブランドショップとかがたくさんあるような場所で近くに三越の台北店もあった

Aさんの営むブディックのある通り
DSC_0521

DSC_0522

DSC_0520


店内も<MADE IN JAPAN>の原宿感覚の服や雑貨がディスプレイされていた
BlogPaint

DSC_0524

DSC_0525

DSC_0526




店のスタッフのの女性とAさん
BlogPaint


アタシもスタッフの女性とした

BlogPaint


中心街をあとにして、Aさんのビジネスパートナーの方が、営む台北の郊外の淡水というところにあるリゾートカフェなどにお伺いした



DSC_0530


この半円形のカラフルなネオンサインの店、台北のみならず、台南、高雄、桃園でも各地で見かけた
いったい何の店なのだろうとAさんに尋ねたところ、ビンロウというヤシ科のナッツを売っている店で、噛み煙草のような感覚で、ドライバーなどが仕事の途中などで
よく立ち寄る休憩ポイントのようなところで、昔から客のをひくために店の店員がセクシーな恰好をしたり店内をなまめかしい照明にしたりしてたそうだ(もちろん店員の特殊過度なサービスはありません。メイドカフェみたいなキッチュな可愛い文化だと思う

http://seoulmiki.blog.fc2.com/blog-entry-2601.html?sp


この日は少しで曇り模様だったが、海岸道路の道中には、高級なリゾートマンションが立ち並び、近くにはもあったり、マリンスポーツやレジャーどころとしても有名らしい
DSC_0531

DSC_0533

DSC_0534

DSC_0536

DSC_0538


日本で言えば、ちょうど湘南海岸から熱海にあたる別荘、リゾート地に当てはまるhttp://www.taipeinavi.com/miru/341/
Aさんのビジネスパートナーのご友人が経営なさってる海岸沿いのステキなリゾートカフェ
DSC_0540


魚蔵文化珈琲

DSC_0541

DSC_0542

海辺側の窓席はしっかりカップルが占領
DSC_0543


Aさんと、魚蔵文化珈琲も経営なさってるビジネスパートナーのご友人とその息子さん
した
BlogPaint


魚蔵文化珈琲にお伺いした後にそこから何キロか離れたところにあるAさんが経営なさってるブックカフェに移動した
DSC_0551


亜力土東京 台北聡絡処
DSC_0549

DSC_0552

DSC_0553

どこかレトロな日本雑貨()も店のウィンドゥに飾ってあった〜

ヴィンテージ風の家具がセットされたブックカフェの店内
DSC_0554

DSC_0555


店の二階のテラスに上がり、スタッフの女性二階は、見晴しの良いビストロ風のイタリアンカフェとなっている
DSC_0557

BlogPaint


二階のデッキを見下ろすと古いレンガ造りの倉庫があった
DSC_0561

DSC_0562

太平洋戦争時下の日本空軍が台湾を統制していた時に、この辺りを空軍の離着陸地に
使っていたそうでその空軍倉庫跡をそのまま残しているそうだ

そしてそのまま、台北空港まで送っていただき、ならぬで東京へ
帰った
DSC_0564


はじめての台湾で、4日間、仕事をかかえながら駆け歩きだったが、お取引先でも街角でもどこに行っても
とても親切にしていただいた。びっくりするくらいに。日本でも外国人観光客にたいしてのおもてなしが大きなキーワードになっていてマスコミでもよく取り上げられているが、台湾人のおもてなしのは、本当に素晴らしい。親日国ということもあるのだろうが、自分の損得などは、全く考えずに私に<喜んでもらおう、初めて来た台湾で困らないように助けてあげよう>という
真心が一杯詰まったおもてなしを皆さんから頂いた
私はこれまで何回もトルコに行っていろいろなトルコ人の知人や街角でのトルコ人の振る舞いをきているが、(これは、私の個人的な感想だが)トルコ人も親日と言われていて、たしかに表面的にはすごく親切だけれど、その裏でトルコ人の自己顕示欲が強くてがめつい国民性をうんざりするほど感じさせられている。トルコを見ると政治的にも<親日>という言葉でお人よしの日本が、トルコにしたたかに利用されてしまわないか、といつも心配しているくらいだ。

けれども、この4日間、台湾を訪れた時、この国の穏やかな国情、治安の良さ、楽しい台湾文化に加えて
損得を顧みないで人のためにたくさんの親切をほどこしてくれる台湾人の暖かな国民性に感激して、こんな
素晴らしい国が日本の親日国であることを大変光栄に思う
台湾、大好きまた、絶対に訪れます

台湾和台湾人都非常喜欢谢谢
今后也请多关照




























初めての台湾<第三日 台北◆

サンバのリズムがはじける南米初のリオオリンピックも様々な感動と共に終わり、引き続き、パラオリンピックが開催されて、どちらもエキサイティングだったブラジリアンパワー、超だったリオの方々、Agradeca-lhe(ARIGATOU)でっせ


前回のブログ<台北 笋紡海い董∈2鵑和翹未離魯ぅ修淵┘螢△紹介


<第2日 高雄>で紹介した超キャリアウーマンのオーナーのCさんの経営される洗練されて素敵なインテリアと生活雑貨のShop 凱西生活(Cathy Homes)の台北の支店を訪れた 場所は、おそらく台湾でも屈指のセレブかつスタイリッシュなところで東京でいえば六本木みたいなクールなところ

DSC_0405

1463754774524

1463754774939

1463754774096
1463754775563


台湾の名物も、ここに駐輪してあるのは、なぜか超カッコいい型ばかりに見える
1463754774319


凱西生活台北店です
高級マンションの一階のテナントに入っていてバッチシ決まってます
DSC_0410

1463754775790
1463754777020
1463754776800


超キャリアウーマンのかっこいい女性オーナーのCさんととっても可愛いスタッフの女の子(28歳ときいてビックリteen agerかと思った〜)と店内にて
BlogPaint


そして仕事のあと台北の有名な夜市(night
market)の士林夜市に連れて行っていただいた
台湾は、各地において食べ物を中心に街頭にいろいろな屋台が並び、お祭り気分のような楽しい食文化が
今も根づいているが、この士林の夜市は、夜のみの営業で長い商店街の常設店舗に加えてたくさんの屋台も軒を連ね、路地にもところ狭しと店舗、屋台があり、上野のアメ横やイスタンブールのKapali Carisi(グランバザール)が思い起こされる。(ちなみにKapali Calisi とは、直訳で迷路市場となる


DSC_0473

1463754505632

DSC_0436

DSC_0437

DSC_0433

DSC_0434


一晩では回りきれない店舗の数々で観光客もたくさん来てた〜超楽しい〜


はじめての台湾出張の中で、プライベートで
体験したかった台湾式マッサージ先が細かく割れた竹の棒でビシバシと頭や肩をやさしそうなオニイチャンに叩いてもらった左の肩、コッてる〜サイコーにコッってる〜とか、日本語で説明してくれながら、しっかりとツボを把握してそこを中心に叩いてくれて、すごく疲れがとれた
BlogPaint

BlogPaint



そして待ってました〜
士林夜市での超スペシャルディナータイム
迷路のようなフードコートでは、どの店もめっちゃおいしそうで、どこの店をハシゴするか迷った〜
1463754507343

1463754507089
1463754508671
1463754771494

DSC_0453

DSC_0458

BlogPaint

DSC_0456

BlogPaint


夢見た台湾食い倒れ実現の夜
とにかくも、どの店で何を食べてもおいしいかったのだが、特に
1463754507602

1463754506863

Cさんの一押しのカリッと揚がったスパイシーな衣にまとわられたクリスピーなフライドチキンゲキウマだった〜ヤミツキになる味〜

満腹になってもデザートは別腹なのだ
生春巻きのようなもっちりした皮にアイスクリームとナッツの砕いたのとパクチーをくるんでスイーツのソースをかけたクレープ不思議な取り合わせながら、美味しかった〜

DSC_0470

DSC_0472


士林の夜市通りにある老舗っぽい甘味処、かき氷に好きな具材をトッピングしてくれる、いろんな具材トッピングしてもらったもちろん美味しく地元でも人気があるらしい
DSC_0477
DSC_0478

DSC_0479

BlogPaint

DSC_0481


デザートを堪能したあと、さらに路地をぶらついていたらおでん屋さんも発見満腹になってるのに、一杯やりたくなった
DSC_0487

DSC_0489


かくして眠りをしらない士林のは、エキセントリックな空気とにぎわいに包まれながら、今宵も深けゆくのであった
DSC_0485



初めての台湾<第三日 桃園〜台北  

5月に出張で初めて訪れた台湾の素晴らしさや面白さをブログに何回かにわけて、もともとスローなこのブログに
綴ってるが、その間にトルコイスタンブールの空港でのテロ、そして先日勃発したトルコ国内のクーデターには驚いた。日本は地震や台風や豪雨など天災が多い国だが、テロとかクーデターとか、まず今の日本では起こりえない(テロはともかく)。 いろいろな憶測の飛び交う今回のクーデター事件でトルコの実態が浮き彫りになってしまった

台湾出張の3日目の午前中は、台北からほど近い桃園へ移動

桃園のお取引先の店舗の周りの街並み台南や高雄の街並みとは、一味違ったヨーロピアンな建物や、街並みのハイカラな雰囲気がちょっと横浜に似ていると思った
1463754516624

DSC_0335

1463754516865

1463754789020



桃園での仕事のあと、取引先の女性オーナーのDさんが台北まで一緒に同行してくださり、時間の許す限り台北市内を案内してくださった

桃園から急行で台北に到着
まずは、台北駅近くの宿泊ホテルに荷物を置いた
素晴らしいホテル
福君海悦大飯店 http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/70463/70463.html
1463754512437

1463754512246


台湾の工藝や伝統美を表したなんとも豪華なロビー
1463754512056

1463754514850

1463754511869
1463821380246

1463754778845


室内もハイセンスです
1463754502800

1463754502263

出張ながら、こんなゴージャスなホテルに宿泊できて、またまた

そしてDさんにホテル近くの、台北で最も有名な問屋街迪化街(ディファジェ)へ連れて行って頂いた

迪化街の中心部へ行く途中の昔ながらの問屋(だと思われる店頭
1463754786120

DSC_0363

1463754787842

1463754787481


迪化街の中心地に近づいてきた美味しそうな軽食堂もあちこちに
あるわさ
BlogPaint

DSC_0367

1463754785488



DSC_0375

まるで映画の中に迷い込んだようなこの一角台湾には、こういった古いレンガ造りの
建物が今も健在でたくさん見かけられます

おいしそう、いろんなドライフルーツの店を見つけた
1463754783705

1463754783431


店のおばさん、すごく親切にたくさん試食させてくださったどれも、びっくりするくらいおいしい台湾産のドライフルーツだって
ことをたしかめて(中国産なら、買わなかったと思う)、値段ももちろん安かったのでいろんな種類のドライフルーツたくさん買った
1463754783215


そして


DSC_0369

なぜか、これを見た瞬間、震撼した〜

この建物は永楽市場という布地や手芸用品を扱う店ばかりを集めた生地問屋のビルなのでした〜


DSC_0370

DSC_0373

BlogPaint


数えきれないくらいの店舗が入っていて一日中、好きな布地や手芸用品掘り出しできそうこのブログの名コメンターの飯能のオネエを是非案内したくなった〜

オネエのご自宅ショップの様子はこちら
http://livedoor.blogcms.jp/blog/fantasy10dreams/article/edit?id=51477019


古いこの布地問屋には、こんななごやかな一角もある
DSC_0371


台湾のじっちゃんたちの憩いの碁打ちスペースいい空間だわ〜

さらに この永楽市場に隣接して縁結びのパワースポット
有名な台北霞海城隍廟(シアハイチョンホアンミャオ)がある
これは、拝んでくるっきゃないぜ

パワースポットの寺院の前でしっかりした(もっともDさんは、やさしい旦那様がいらっしゃるんですがね
BlogPaint


ネットなどので日本人のカップルとか、女性観光客もたくさん訪れていた
DSC_0383

DSC_0382

DSC_0385

DSC_0387


目を見張るような彫り物や色彩、そして
摩訶不思議なこの空間

DSC_0380

DSC_0388

1463754781231

DSC_0390

台湾の寺院も日本の寺も建築様式や色彩感は異なっていても、それぞれに神聖なる厳粛の規律が保たれている

DSC_0393

参拝のあと、甘茶いただきました

Dさん、桃園の商談のあと、わざわざ一緒に台北まで同行してくださってありがとう多謝
次回は、東京で会おうね〜>

かくして、台北も夕刻の時間となり、台北での次の商談先へ出向いたのであった



初めての台湾<第二日 高雄>

前回の<初めての台湾 第一日>のレポートブログからまた時間が空いてしまったが、スローテンポでおつきあいくだされ

高雄での台湾2日目、頑張って早起きしてホテルの周辺を散策した          

レトロでのんびりした周辺は、ノスタルジックでホッとした気持ちになれる
同じアジア人として、台湾の空気や街並み路地のたたずまいに癒された気分になる クリーニング店や木工作業所、洋品店、ペットショップみたいな店
DSC_0157


DSC_0161

DSC_0162

DSC_0246

DSC_0159

DSC_0194

おいしそうな朝粥の店もあった
DSC_0191



こんな店もあった台湾のオッチャンも好きやな〜>
DSC_0193


そぞろにぶらぶら歩いて行ったら川沿いに面白い店並み発見
なんと、漢方になるだろう薬草の問屋街


DSC_0164

DSC_0166

DSC_0167

DSC_0168
DSC_0171

DSC_0169

DSC_0170

DSC_0172


このショーウインドウなんか、まさにアート感覚
DSC_0173


多肉植物の何気ないディスプレイもいい感じ
DSC_0174


すごく体によさそうな青汁の店もある
すごく飲んでみたかったが、仕事前なので今回はあきらめた
DSC_0175

DSC_0176


青草市場を道なりに歩いていくと、台湾でも指折りの道教の伝統寺院、三鳳宮(サンホウグウ)にたどりついた


DSC_0178

DSC_0179

DSC_0180

DSC_0183

DSC_0182

DSC_0185


朝早くにもかかわらず、若い子たちが参拝してた
DSC_0184

DSC_0187

DSC_0186

DSC_0190

三鳳宮http://www.jpn-world.com/info/taiwan/kaohsiung/sunfong.html



早朝の高雄散策から戻り、仕事モードに頭を切り替えて高雄のお取引先の数店舗へ商談に出向いた初めての台湾で右も左もわからないアタシをいろいろな台湾人の方々に本当に親切にサポートしていただき、感謝で涙ちょちょぎれ~

台湾のお取引先のCathy Homes(凱西生活)さんの高雄の店舗。閑静な住宅地の一角にある

DSC_0251

DSC_0253


女性オーナーのCさんです超かっこいい〜高雄、台南、台北と4店舗を経営されている聡明なキャリアウーマンです憧れちゃう〜
BlogPaint


DSC_0255

店内も、落ち着いたディスプレイとともに
アンティークやそれにマッチした雑貨や家具が販売されています。洗練された大人のライフスタイルを提案しているセレブな雰囲気のショップ

DSC_0257


DSC_0256

DSC_0260

DSC_0264



店の奥にも大き窓辺があって中庭のしつらえまで演出しているすごいここまでパーフェクトな店は、東京にもそれほどないだろう
DSC_0261
DSC_0262

まるで洋書のページをめくっているような店

店のエントランス側も静かな歩道公園沿いでロケーションも抜群だし、何よりもセンスの良さは群を抜いている
DSC_0270


DSC_0268


DSC_0271


台湾の都市部に4店舗展開されているこの<Cathy Homes(凱西生活)>さん、男性スタッフは一人のみであとは全員が女性スタッフ女性の知恵とセンスと頑張りと細やかな気配りが見事に店や会社経営に反映されている

この高雄店のスタッフもCさん含めて4人とも女性

皆さん素敵な女性で、とてもやさしくで魅力的な台湾レディです。感じのよい接客をされているのが一目瞭然お客様も喜んでお店にいらしているでしょう

 http://www.art-deco.com.tw/ 


そして<凱西生活>さんとの商談のあと、Cさんとスタッフの方々が、新鮮な高雄の魚などを使った台湾料理の居酒屋へ連れて行ってくださった
DSC_0276

DSC_0277

DSC_0279

日本の居酒屋と同じに清潔で店員せんもきびきびとした接客をされていた



ショーケースの中の新鮮な魚や魚介類から好きなものを選ぶことができる
DSC_0278

DSC_0280

DSC_0281


2階に上がってスタンバイ
BlogPaint




>

DSC_0299

DSC_0286

DSC_0287

どれを食べても、すごく美味しい<

BlogPaint

上の茶色のビンはクラシカルな台湾ビール
下のは、現代の台湾ビール
DSC_0288


もちろん、どちらも美味しく何杯もおかわりしました〜



乾杯〜
BlogPaint

BlogPaint

<凱西生活>のスタッフの皆さんのおかげで、本当に楽しく、美味しく、そしてうれしい台湾の第2夜となりました

<凱西生活>の重鎮スタッフのさんから、お手製の可愛い小物入れを頂きました
台湾ポーチ3


とても丁寧にきれいに作られている
自宅でトルコの主婦の手編みのレースをディスプレイしている場所に一緒においてしました
台湾ポーチミシン


さん、お裁縫だけでなくもとても上手だそうです
女性として生活を楽しむ術をたくわえている素敵な方ですね



台湾ポーチ1

心のこもったプレゼント、大切に使わせていただきますね











初めての台湾 <第一日 台南〜高雄> 

このブログで、ちょくちょく国内出張でのシーンを綴っていますが、今回、台湾に行ってきました

台湾は、自分でも初めて訪れる国でしかも一人でも出張で自分でも、どうなることか内心でしたが、でいざ出発
今回は4日間で 台南〜高雄〜桃園〜台北のコースを回る


台北松山空港に到着
DSC_0004
DSC_0003


空港から地下鉄で台北駅に行き、そこから新幹線で台南市へ

地下鉄への通路途中で台湾のクマモン発見

1463913044224


駅の改札や新幹線内

DSC_0005
DSC_0015
DSC_0010
DSC_0008

駅も乗り物も清潔で快適です

台南市は、日本でいえば、京都のようなところで、市街は古くからの歴史ある建物がいたるところに残っている
ノスタルジックなところです
DSC_0057

DSC_0046

DSC_0048

DSC_0024

DSC_0025


DSC_0023

ノスタルジックな市内は、オートバイがたくさん
DSC_0027
DSC_0026

DSC_0017

cached-1239592693


現地で初めての台湾ランチタイム

台南で有名な担担麺のお店に行きました
素敵な店内には、創業当時から使われていたと思われる骨董の
麵作りの調理器具などが展示されていました
DSC_0028
DSC_0029
DSC_0030

前菜もすべてすごく美味しいが、特にこの看板メニューの担担麺は、ビックリする美味しさだったむさぼって頂きました

DSC_0039

DSC_0040


すでに台湾を旅行されたたくさんの友だちなどからも台湾は、どこで何を食べてもすごく美味しいよと聞いていたが、ホント台湾に滞在中の4日間、どこで何を食べても実際にとても美味しかった〜

しかもこの店、担担麺のみならず、店のオニイチャンたちもイケメンでした〜
DSC_0041


店を出て、再び市街へ一般的な台湾のマンションです
cached832599469


、台南の路地の住宅地でナイスショット
href="http://livedoor.blogimg.jp/fantasy10dreams/imgs/7/5/75dbe383.jpg" title="DSC_0073" target="_blank">DSC_0073
DSC_0072


DSC_0074

定年退職され、年金などでのんびり生活されている年配の方々が、ほのぼのと自宅前でつどっている光景 迎えるならこういった老後が理想だな〜

台南での仕事を終え、アンティークな駅舎の台南駅から在来線で高雄へ移動
DSC_0076

DSC_0077

DSC_0079


高雄に到着してMRT(地下鉄)で美麗島駅に到着台湾の地下鉄はどこもアカデミックで
すごく綺麗
DSC_0082



高雄での初めての台湾の夜台湾は、日本と同じで治安がすごくいい 初めての台湾ながら初日でそれを確信できる
ディナーは、高雄の取引先の方が、台湾式のバーベキューのお店に連れて行ってくださった
DSC_0112

DSC_0117

DSC_0116

DSC_0118


このバーベキューが、またまた激ウマだった
DSC_0119

BlogPaint

DSC_0123

DSC_0130

DSC_0129



DSC_0124

もちろん台湾ビールで満喫しました〜ごちそうさま〜
DSC_0133


宿泊のホテルが、テーマパークみたいに可愛かったレジェント ホテルという
ところでロゴマークが三日月のトルコの国旗みたいなホテルだが、フロントの方もとても親切で日本語が話せる方もいた。ホテル内は
清潔で部屋もステキ
DSC_0137

DSC_0139

DSC_0138

DSC_0140
DSC_0141

DSC_0142

DSC_0143


アニメティになんとカップラーメンもあった
DSC_0146


かくして台湾、高雄にて現地TVの番組をみながら第一夜を静かに過ごした
DSC_0147


    次号へ続く              









春のいぶきとおもてなし

前回のブログでまさに哀愁漂うエキゾチズムな長崎のランタン祭りの模様を綴ったが、その大好きな九州を先日、熊本中心に大地震が起こった。阿蘇山のふもとが震源地だったそうだが、前震があまりに大きかったため、そのあとに続けざまに大きな本震が襲うとは、思いもよらなかった方がほとんどだと思う。お亡くなりになられた方初め、被災された方に心よりのお悔やみとお見舞いの念を申し上げるとともに、他人事では決してない天災に対して出来る限りのの防災と、せめて非常時において秩序ある行動を取るようにあらためて肝に命じた。

いつも更新の遅いこのブログ、せめて今回は早くアップする予定だったのが、のコンディションがおかしくなり、目下メンテナンス中なのだが、なんとか滑り込みで今月のブログアップ

このブログの麗しき名コメンティターの<オネエ>が、実はのみならず、プロの服飾裁縫デザイナーで埼玉県の
飯能の閑静な住宅地にあるご自宅で毎月2日間のみサロンショップを開かれて、居間にオリジナルの服飾やオネエの審美眼でセレクトされたウェアや可愛い雑貨
などをディスプレイされて販売でされている
OJ60さんのパンも石巻から取り寄せて販売
 なさっていますhttp://livedoor.blogcms.jp/blog/fantasy10dreams/article/edit?id=51359278

とっても気さくで姉御肌でやさしく明るく、そして底抜けに人柄のいい大好きなオネエのご自宅兼ショップへ
先日、お伺いしました〜

オネエのサロンショップの名前はプチカントリーさんと言いますH.Pやブログは一切なく、口コミのみで広まった月に2日のみのショップですが、オネエの魅力とリラックスできる楽しいひとときと素敵なお洋服や雑貨で癒されるのを楽しみにが降ろうがヤリ)が降ろうが、いつも常連さんで満員です〜
この2日間はオネエ大奮闘

オネエ宅のお庭です
手入れが行き届いていてこの季節は特にはなやか〜
20160410100703

cached269961049

20160410100758

20160410100929


さらに
オネエ宅の居間ですこちらで月2日連続のショップをなさってます
DSC_0543
DSC_0544
DSC_0545
DSC_0546
DSC_0547
DSC_0548
DSC_0550

まさにショップの名前そのものプチカントリーの世界壁にかかるタペストリーやリースもすべてオネエのハンドメイドです

以前からもカントリー雑貨やインテリアで著名な雑誌からも取材のオファーがあり、オネエ宅も掲載されたりしています納得〜

実は、オネエは裁縫ののみならず、料理もとてもお得意まさに女性のカガミだわさ

この日もお手製のランチをふるまってくださいました
前日にご実家の裏山から摘んだフキノトウや野菜で揚げたての天ぷらやウドを湯がいて、自家製の甘味噌で
ふるまってくださったもちろん、激ウマ夢中になってパクついていただきました
DSC_0552

DSC_0553

DSC_0559

DSC_0558

DSC_0560

DSC_0561


〆のつけうどんも汁に具材が煮込んであって、美味しく美味しくいただきした〜
御馳走様でした〜満腹〜  一緒にお宅に伺った友達もおねえの
みごとな接客切り盛りに感心しまくってた〜おもてなしを普段からされている方だね〜。すごく手馴れていて心意気の良さが感じられるよ
>、と喜んでました


最近ひとつの流行語や風潮にもなっている<おもてなし>だが、飯能のオネエこそ、
本物のおもてなしのツボをご存じの方だと思う。 料理、裁縫の達人であり、インテリアやガーデニングにもそのセンスを反映させて訪れた方の視覚や味覚を喜ばせるだけでなく、庶民的でまったく気取らないオネエのキャラが、訪問客や友人をほっこり安心したにさせてくれるのだ気さくながら人に対していつも気配りくださる大人のお姉に甘えてしまっているのだけれど、見習うべきことがたくさんたくさんあって、ありがたくてオネエに感謝です


おねえを見習って、アタシも週末に、これも流行りの<作りおき惣菜>しこんでるのだ。日曜日(もしくは土曜日)の午前中にまとめて作ってる

調味料にはよく、鹿児島のものを使ってる。調味料がいいと料理のが悪くともそれなりにおいしくできるのだ
cached138560362

cached-1208689827

cached-1382354406


ここ2か月の週末作り置き
cached-310820624

cached-318153019

cached476408281

cached994493885

DSC_1140


勤務会社には、よくを持っていくので、そのおかずにも使ってる
cached283288823


ご飯ものだけでなく、よくサンドイッチも作って持っていく.

トルコはイスタンブールのボスボラスの港岸の名物のサバサンド

http://matome.naver.jp/odai/2138273815575756601

焼いたバゲットにサバの缶詰にマヨネーズと醤油をブレンドしたタレをレタスと新玉ねぎ、トマトと一緒にサンドした<和風サバサンド>
2016 サバサンド 



今回のブログ<春のおもてなし>とともに、滑り込みでもの季節の今月に更新したかったのは<新しき春のいぶき>のをのせたかたのだ

このブログのマスコットキャラとなっているカゴのちびまるちゃんこと、T君、この4月から鹿児島市内の小学校の一年生

BlogPaint

公立の小学校ながら制服なのだそうだカッコイイ〜
BlogPaint


BlogPaint

ちびまるちゃんの小学校生活のキックオフだ
たくさん、なかよしのお友達作ってよく遊びよく学べ


<新しきいぶき>と言えば、2020東京オリンピックのエンブレム、再度決定された



http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/26/new-emblem-tokyo_n_9782588.html

個人的には、このエンブレムすごくいいと思う。ポスターの中には五輪のマークも入っているのだからオリンピックだとわかるし、」東洋のオリンピックらしく扇をモチーフにJapanese Blue の形の違うパーツを、<匠>技でつなぎあわせた日本の芸術家
特有の職人芸と控えめながらたくさんのメッセージが、このロゴの中に凝縮されている素晴らしいロゴだと思う


作家の野老朝雄さんのインタビューがまた興味深い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000061-sph-spo

このインタビューを見て、やはり子供の頃の環境や体験は、なんらかの形でその後の人生の仕事や興味や
生きる姿勢を大きく方向づけてくれるものがある、と思った。

ちびまるちゃんと共にこのブログの立役者のハマ小僧は、小さい頃から工作とか図画に
興味を持ち(今回の新オリンピックエンブレムもハマ小僧は、なんだかんだいっぱしな評価をしていたそうだ)、ハマ小僧の頭の中でいろいろな想像力、創作力をめぐらせて
いるらしい

そんなハマ小僧が大好きなハマ小僧の伯父さんの作品

2016 スパイダーマンフィギア 


伯父さんも某美術大学の卒業で、この作品はケーキの上にディスプレイするミニチュアフィギィアだそうだハマ小僧が熱狂的なスパイダーマン好きなので、わざわざ作ってくれたらしいハマ小僧のの中にこの心あるフィギィアもやさしく住み着くことだろう


魅惑のNAGASAKI  ランタン祭り

今年もまたまたのよ〜にのったりと遅くにブログ更新
しかしこんなのろまなアタシのブログを待ってくださっている皆様に感謝の意を込めて中国旅行にご招待します〜

先週、会社の出張で九州に行ってきたと〜今回は、宮崎に大好きな鹿児島と長崎のお取引先へ行った。2月に九州出張は初めてだったのが、ちょうど長崎で長崎ランタン祭りが、開催中で地元のお取引先様が商談後に夜のランタン祭りを案内してくださった

カラフルなランタンや素晴らしいオブジェが無数に吊るされていたり、ディスプレイされてる


DSC_0309


長崎の新開地にある<みなと公園>とチャイナタウン界隈
DSC_0290

DSC_0301

DSC_0291

DSC_0286
DSC_0278
DSC_0284
DSC_0285
DSC_0287

DSC_0292

DSC_0293



こんなすごいの初めて見た〜シビレたぜ
横浜にも中華街があり、規模は長崎の中華街より大きいのだが、このような大仕掛けのイベントはこの長崎中華街でしか見れないまさにチャイナの朱い幻想が炸裂


アタシが、特に魅了された無数に吊るされたとりどりのランタンやオブジェ
DSC_0314

DSC_0296

DSC_0299

DSC_0315

DSC_0323

まさに中国の源氏物語といわれる紅楼夢の世界 しかし、日本の源氏物語が<雅>なら、中国の紅楼夢は<妖艶>なのだ。

竜宮城みたいなオブジェもあった
DSC_0318

DSC_0319
DSC_0317



ウキャキャやっぱりこれははずせないだろ〜西遊記の孫悟空キントーンにのり、ランタン祭りに参上
DSC_0328
DSC_0320




中央にお供え物が飾られていた。細長い朱い線香をたむけました。
DSC_0295

DSC_0305


お供物はすべて本物

<野菜や中華菓子が本物なのは、まだわかるとしても
DSC_0310




DSC_0313

このイノシシのような豚の頭の陳列も全部モノホンなんか、ちょっと怖かった〜、今度は、中国古典の伝奇小説聊斎志異
頭に浮かんだ

この界隈にいるだけで次々と中国古典の世界が頭に渦巻く 中国の古典小説どっぷり読みたくなった〜

華やかなチャイナタウン界隈を抜けて、お取引先様に観光客があまり訪れないような古い通りや裏路地にも
連れて行って頂いたまたまた
坂道を上がって行きました

古い中国様式の寺や、静かな路地の古いおうち少しものさみしいような哀愁の長崎がそこにあった
DSC_0338
DSC_0334
DSC_0333

DSC_0343

DSC_0340

DSC_0346

DSC_0345

DSC_0344


とても細くて急な坂道の途中で古〜い銭湯を発見
DSC_0351

DSC_0352

DSC_0353

DSC_0354

アニメ映画千と千尋の神隠しの登場人物が現れそうな空間だった

そのあと、長崎の名所のひとつ眼鏡橋へ黄色いランタンが橋の水辺に映し出されていてここにも静かなイリュージョンの世界があった
DSC_0362

BlogPaint

DSC_0365

ランタンオブジェの白鳥が長崎の夜の水辺を泳いでいました
DSC_0368


異国文化たっぷりの華やかなファンタジーと、そぞろに哀愁を感じさせるノスタルジーが混ざり合ったNAGASAKIのエキゾチズム 
鹿児島も大好きたい、よかとよ!ばってん、長崎もよかね〜ほんなこつ、九州は素晴らし
か〜

このブログ、一応トルコをどこかに登場させるのですが、今回はチャイナカラーに染まってました

長崎で名物<トルコライス>食べた

DSC_0374



もちろん、大好物の名物皿うどんもがっつり食べた
DSC_0394
















2015 ニッポン男子のパワー 倉田寛カルテット、健太康太&SEITAetc.

もたもたしてたら師走になってしまった〜しかも、明日は大晦日どうにか、年内駆けこみブログ更新するのだ

javascript:void(0)今年もあっという間でしたが、世界情勢ではイスラム国のテロにトルコも含むヨーロッパ圏はもちろん、世界中が得体のしれない恐怖におびやかされ、日本も決して例外ではないという<警告>を感じさせられました。先日も
イスタンブールの空港で爆破テロがあったり、その前に勃発したロシアの戦闘機がトルコ空軍に狙撃された事件で古くからのロシアとトルコの険悪な関係が、あらためて浮き彫りにされたりで、ユーラシア、イスラム圏は緊迫状態です。

そんな中で、今年は又吉直樹が芥川賞を受賞したり フィギィアスケートの羽生結弦君氷上で世界最高得点を叩きだしたり、日本人の学者、大村智氏や梶田隆章氏がノーベル医学賞や物理学賞を受賞されたりで男性のパワーや才知がクローズアップされた年だった思う。

この2つのクリスマスライブも日本男性の真摯さとゆるぎないパワーが、しっかりとに直球ストライクだった


わが義弟の倉田寛が毎年年末に横浜で行ってるクリスマスディナーライブ

http://www.orange-note.com/artist/list3/Hiroshi_Kurata.html
2015倉ちゃんディナーショー


会場は、昨年と同じに桜木町にある横浜港に初めて輸入されたビールを古くから扱うビール、ビアホールの
<驛(うまや)
DSC_1303

DSC_1305

DSC_1306

DSC_1318

おかげさまで満席でした〜

飲み放題だった〜ウレピー

DSC_1311


倉田 寛
 秋田 孝訓
田村 真寛
栄 萌果

ぴったり粋のあったアンサンブルで観客を楽しませながら魅了させてくれた
DSC_1320


ステージ横側の座席からの遠巻きだったが、普段はクラシック演奏者たちが、今宵は
クラシックのみならず、ラテンやウエストサイドストーリーなどスクリーンミュージックなども披露トロンボーン奏者であり、かつテノール歌手でもある義弟もその両ライフルを交互に炸裂させてた

DSC_1314


DSC_1322


マンボNo.5では、会場も掛け声とともに
フィーバー
クラシックを基本としつつ、観客をとりこにする切磋琢磨されたテクニックと音楽性を十分備えながら、それと並行して<音楽>とは、楽しむものなりを感じさせてくれたクリスマスディナーショーだった
DSC_1325


義弟と昭和の横須賀ガール
BlogPaint



後ろ姿のパンタロンの女性は、この企画をいつもマネージしてくださっているモリプロの
Mさん才知あふれ,アーティスト選ぶから、セッティング、マネージメントをきりもりさせる彼女の企画のライブはいつもクオリティが高い
DSC_1324


モリプロhttp://moripro.jp/profile.html

今年、もうひとつのクリスマスライブへ行った

九州は福岡出身の一卵性双生児の健太康太のデュオライブ

健太康太http://ameblo.jp/kenewyork/デュオを結成されて当初は九州での音楽活動をされていたのが、数年前から東京に活動の拠点を移し、なんと東京在住しつつ、車で全国各地を回りライブをされている。車中泊は、しょっちゅうだそうだ
https://twitter.com/kenewyork

今年の夏に偶然横須賀中央でのライブで彼らのステージをて、惹きつけられるものを感じた。 自作の曲、そしてカバーソングも丁寧に、粋の合ったパフォーマンスとともに一曲、一曲感じられる歌唱力で、しっかりと真面目に勉強、練習を積み重ねられた実力あるアーティストであると思った
そして歌唱力、ビジュアルとともに彼らの大きな魅力は、ライブの中でのトーク<なのだ。 彼らの人柄の優しさとそして純粋が反映されるトークの
内容や、聴く人をほっこりさせる話の仕方はアーティストとして社会に具体的に貢献したい姿勢やうかがえる

この夜のクリスマスライブは渋谷のソングラインズにて
出演者は、<健太康太>のほかに<SEITA>さん
2015健太康太ディナーショー

イラストレーターの女の子が、アイシャドウで描いてくれたそうです

 ライブは満席でした〜
アタシは今回、このブログの名コメンティターの<飯能のオネエ>、<ミキティ>と3人で参上

予約しておいたKENTAプレート<ユッケ風の特性ハンバーグなんと、健太康太さんが自らスタッフの方たちと共に焼いてサーブしてくれました
1451035508505


そしてライブ開始まずはSEITAの登場
ライブハウスなのでは控えて遠巻きに一枚撮らせていただいたが、さすがに健太康太さんとのジョイントライブの共演者だけあって心ある歌い方の若きミュージシャンです
DSC_1399


http://seita-0311.syncl.jp/?p=custom&id=19483618なんとSEITAさん東京は日暮里の出身だそうでアタシと同じ
日暮里の問屋街や谷中の下町の空気を吸いながらを育まれているのだ

そしてライブ後半に健太康太登場   
DSC_1404


健太康太のステージを観るのはこれで4回目だが、いつも心に響く

健太康太さん、SEITAさん共にクリスマスライブにても、常に彼らの音楽活動の要のひとつ、4年半前におきた東日本大震災の被災地への思いを歌やトークで観客にうったえるひとこまもあった。

ミュージシャンの仕事を通して、社会人としての役割をしっかりと務めている。ポリシーのあるステージだと思った>
健太康太さんは被災地の小中学校の音楽教室やイベントなど、よくの方面へもハードなタイムスケジュールで出向いている



健太康太のテーマソングともいえるダイヤモンドブルース

https://www.youtube.com/watch?v=o8drPH8oTac曲の途中でみんなでとこぶしをあげて掛け声をかけられるフレーズがあるが、この曲に
をあげる手の数が増えていくだろう

バッグの二人のギター奏者も含めた全員でのステージエンディング
1450959846243



1450960328612

ライブハウスで飯能のオネエ、ミキティ、DVDを購入
健太康太さんたちからサインいただいてました
1450959842699

1450959841813


義弟にしても健太康太さんにしても 音楽家(ミュージシャン)としてさらにを目指してテクニックや感性を磨く一方で、社会人として音楽はもっと地べたにあって皆に癒しをあたえるものでもあることのバランスを取りながら仕事しているのだと思う


ウヒャヒャ今年は才能と英知あふえる若きイケメン男子も
アタシのブログに麗しきを添えてくれた
ヒロト君こと、バイオリンの村木洸斗さんと、今年キャンパスでミスター立教に選ばれた立教大学で法律を学ぶ竹尾文吾クン

http://livedoor.blogcms.jp/blog/fantasy10dreams/article/edit?id=51458537


成人男子の先輩に続日本男児も頑張ってる

ミスター立教の竹尾文吾クンの甥っ子であり、このブログの常連、鹿児島の雑貨屋chadd33のオーナー、>の愛息、<カゴのちびまる>ちゃん

幼稚園の年長最後の学芸会で南国パワー炸裂の熱演
BlogPaint


沖縄のエイサーのような衣装ッア、イヤッサッサ〜
BlogPaint


ちびまるちゃんの卒園作(のレゴすごい幼稚園児の作品とは、思えない出来栄えエンジニア系だ〜 
2015ちびまるレゴ

ちびまるちゃん、来年は小学生になります

さらに、やはりこのブログの立役者のアタシの甥っ子ハマ小僧

ハマ小僧の最近の作品
2015ハマ小僧24面2



の変形版のような怪人24面相ならぬ24面体

最初は白い紙で作っていたのが、自分でなにやら春夏秋冬の4部作にアレンジしたそうだ



2015ハマ小僧24面1

春は桜のイメージ ピンクと茶
夏はマリーンとパイナップルの ブルー、グリーン、黄色
 秋はハロウィンの黒と茶
 冬はクリスマスの赤、グリーン、白

おそれいった〜
 
愉快なハマ小僧が、考えた標語が、横浜のT区役所に貼りだされたそうです 
BlogPaint


ほかの人がかたづけるんじゃなくて自分で勇気をもってかたづける   

年末の大掃除を大方終えてからPM10:00くらいから長々と今年の〆のブログをつづってたらもうAM3:30

このブログをご覧になられてる皆様、今年もありがとうございました。
来年も、こんな感じでブログのロングランしていきます
来年もどうぞよろしくお願い致します
DSC_1392






中秋の月に丸山詠二さん、いぶし銀の如く、 

なんと3か月ぶりのブログいつも、のったりブログながら今回は特に場ランク空きすぎ〜、その間何回かこのブログに遊びに来て下さった方々、お久しぶりです〜

昨日はトルコの首都アンカラの広場で若者を中心とした反戦デモの最中に自爆テロが勃発し、約100人もの
方が亡くなられたというニュースが入り、シリアからの難民問題の加えて、トルコの政局が混乱することは必然的ですが、数年前まではテロとは無縁であったような日本も、昨今のイスラム国の侵略情勢にかかわり、もはや他人事ではないですよね。地震や津波、水害、火山爆発などの天災が予測できないながら、それに対しての防災知識や対策を日頃から身に着けていなければいけないように、テロのような人災にたいして、免疫のあまりない日本人は、警戒の術がわからないのが目下の現実です


シルバーウィークに東京の郊外、奥多摩の隣の御(みたけ)御岳山に行ってきました〜都心、新宿から特急で
一時間半で、東京とは思えない自然あふれた景色にであえるのだ
BlogPaint

DSC_0783


御岳山に登るケーブルカーを待つ間にこんなきれいなトカゲ発見
DSC_0785


ケーブルで山の中腹あたりに登り、が色づく前の御岳山を散策
DSC_0794
  
DSC_0797

DSC_0789

DSC_0791



散策コース入り口と周りの絶景
DSC_0800


DSC_0801


DSC_0804

DSC_0807


山道の中で、こんなすごい屋根の古民家発見
DSC_0808

DSC_0809

DSC_0811

DSC_0812

どんな高度な建築物にもひけをとらない自然のみが創りあげることのできる建造物
まさに自然と生活の融合民家


急斜面の山道には、カッパさんの休憩ベンチがあったり、
DSC_0828


ふもとや都心では見ることのできないめずらしい野花もたくさん見かけた
DSC_0815



これ、山の中にある御嶽神社参道への階段


DSC_0826


急な階段をたくさん登り、やっとこさっとこ辿りついた御嶽神社


御嶽神社は<犬明神>でお犬様を敬っている神社としても有名


DSC_0822

DSC_0819
DSC_0820
DSC_0821

この山の中まで犬を連れた参拝者もさくさんきていました

御嶽神社よりの見晴し
DSC_0825


下山して、御嶽駅の渓谷沿いに古くからある民宿の<銀すず>で、渓谷の涼しげなせせらぎをBGMに美味しい手打ち蕎麦(スマホのカメラの電池がなくなり、蕎麦の写真が撮れなかった)と、川魚の塩焼き食べた(この川魚の塩焼きが、超おいしかった皆でばくついた
DSC_0839

DSC_0834

DSC_0836


御嶽から青梅線で立川経由でそのまま中央線で新宿まで帰ったが、日帰りでこんなに自然を満喫できる
青梅、御嶽、奥多摩は

本当にしばらぶりにブログを更新しましたが、今年は春以降に自分のまわりで大好きな方、大切な方の訃報が続いてしまっている。

このブログにも登場してくださっている俳優かつ声優の丸山詠二さんが、先月お亡くなりになった。
本当に優しい方で、私も学生時代からとてもお世話になっていて訃報を聞いたときは、しばらく実感が
わかずにいました。

http://blog.livedoor.jp/fantasy10dreams/archives/2014-10.html

上記のブログは昨年の中秋の宵に丸山さんのご自宅で丸山さんの3人の娘さんやバンドネオンの小川紀美代さん、そしてフランスの舞踏家の方ともジョイントホームコンサート(満員御礼で私もやっとチケットをゲットできた)を載せたものでしたが、ちょうどこの一年後の先日、穏やかに天国へ召されたそうです。
お通夜へ伺わせていただきましたが、一般の方、芸能関係の方とたくさんの弔問客が参列されていて、丸山さんが、いかに芸能界でもプライベートでも皆さんから慕われていたかがうかがえます。

なんという偶然なのかお通夜は中秋の月の宵、翌日の告別式はスーパームーン、そして葬儀場の名前は
<月光殿>。

さらに月光殿での精進落としの食事処では、丸山さんが出演されたスピッツのPV<空も飛べるはず>が
流れていましたが、この曲の歌詞にも満月がでてきます。丸山さんの義理の息子さんが、大好きなお義父さんのために急きょPVをアマゾンから取り寄せてこの葬儀にたむけられたそうです。丸山さんも義理の息子さんからの愛情と誠意をいっぱい感じられ、喜ばれていることでしょう。

この画像は、お通夜に参列した夜、葬儀会場の最寄駅の東京K駅のホームで撮影した中秋の月
cached-1453759504


私はこの美しい偶然を知った時に思わず、以前丸山さんから、日本の俳優史を大きく飾る名優、小沢栄太郎さんが丸山さんと共演された時に楽屋(居酒屋かも!?)での会話で、小沢さんが丸山さんへ<舞台の銀幕というものは、七転八倒しながらあえぎながら降ろすものではない。観客にはそのような様をみせるものではない。銀幕はたおやかにスッと降ろすものだ>とおっしゃられていた話を伺ったことがあります。 
俳優丸山詠二さんの銀幕の降ろし方もまさに小沢栄太郎さんの銀幕の降ろし方と同じです。
小沢さんが<キラキラ輝く>銀幕なら、丸山さんは地道ながら一芸をまっとうし、後進もたくさん作った<いぶし銀>の銀幕です。どちらも芸能の真髄に通じるものだと思います。

丸山さんをずっと支えた奥様、3人の優しくステキな娘さん、そして大学を卒業されて社会人として活躍されている男孫さんを筆頭に3人のお孫さんは、それぞれ自分の夢に向かって頑張っていらっしゃる。丸山さんは
きっとこれからもご家族の、芸能界の後進たちのそばにいらして暖かく優しく見守ってくださることでしょう

P.S
昨日、横浜で開かれたハマ兄弟の発表会に行ってきた

兄ハマ、気合いの入った演奏
BlogPaint



ハマ小僧も、しっかりと楽器に食らいついて、演奏してました良かったよ
BlogPaint


丸山さんのお孫さんたちもハマ兄弟たちも愛するお祖父ちゃんやお祖母ちゃんや両親の愛情や教えや頑張りをしっかり受け継いでくれるでしょう

















イケメン競争曲(協奏曲)

先週、関西へ出張に行ったところ、現地でにでくわし、おりしもちょうど京都では祇園祭りで大雨の中、力強くかつ雅な掛け声と
コンチキチンの金属音笛、太鼓の音色ともに鉾9基、山14基が河原町をゆっくりと回っていました

2015京都

トルコ絨毯(ペルシャ絨毯)が装飾されていた山鉾

2015京都2


2015京都3

山鉾のひとつひとつに意味やからくりがあるらしい。大雨でしかも出張中でのひとこまながら、引き込まれてしまう
京の雅 プライベートでも祇園祭をゆっくり鑑賞したいと思った。

2015京都4


続きの先週から今日はからりととなり、東京も梅雨明けとなった

夏の到来とともに、颯爽とイケメン男子が登場
IMG_1416




このイケメン男子の名前は、竹尾文吾クン
彼は現在、名門立教大学で法学を学んでいる大学生です。毎年立教大学でミス立教、ミスター立教を選ぶコンテストがあり、文吾君が、まずはみごと<ミスター立教>の最終候補6人の中に選ばれたのです

この画像は、おそらく蔦のからまる古いレンガの校舎がシンボルの立教大学のキャンパス内で撮影したのでしょ〜
IMG_1625


実は彼は、このブログにちょくちょく登場してくださってる鹿児島の素敵な雑貨店Chadd33さんのオーナー、まるさんの甥っ子さんなのです http://chadd33.blog.so-net.ne.jp/文吾君、頭脳明晰なだけでなく、スポーツマンでもあり、なおかつ性格もシャイで優しいそうです。
生意気なところが、少しもなく真面目だそうです


このウェブを是非

 http://www.mrcampus.jp/
立教の他にも、東大、東京理科大、中央大のイケメン学生がで見れます
 
このイケメン集団の中から、投票で11月くらいに<ミスターキャンパス グランプリ>が決定されるそうです。

さすがにどの男子学生もイケメンで、しかも頭脳明晰で甲乙つけがたいですが、各学生のプロフィールとともに
<投票>の箇所がついていて、アタシは文吾クンに清き一票入れました〜

このブログをご覧くださってる皆様〜どうぞ、公正なる審査のもと、どこぞのイケメン男子に清き一票を投票されてください()、誰にしようか迷ってなかなか決まらない場合は、是非、文吾クンに一票入れてくださいませ〜(


そして忘れてはならないもう一人のイケメン、
ワタシのバイオリン王子、村木洸斗サマが今月30日に恵比寿のカフェバーでハーピストの方とデュオコンサートを開催されます
IMG_0607


 7月30日 恵比寿アートカフェ フレンズにて
 PM18:00よりオープンで、演奏はPM19:30くらいからです  

 ワンドリンク付き 3500円
 予約 問い合わせ03−6382−9050(アートカフェフレンズ) 
もしくは、モリプロinfo@moripro.jp

ヒロト様は、今年東京芸術大学を卒業したばかりなので、文吾君とそれほど年齢はかわりませんが、文吾クンがのイケメンなら、洸斗サマはのイケメン
 しかし、おふたりに共通なのは、外見や頭脳、才能の突厥だけでなく、謙虚で
真面目でシャイながらしっかりと自分の夢や目標に向かって日々切磋琢磨されてるところで、それがなによりのイケメンステータスになってるのでしょう

心から尊敬しています、本当にありがとう

なんと3ヶ月近くもブログをお休みしてしまった〜

このブログの常連の皆様、ど〜ぞ呆れながらも数か月のオサボリご容赦で、改めてこのカムバックにお付き合いのほど、よろしくお願い致します〜

今日6月21日は父の日です。
の時期で今日は全国的にですが、梅雨のうっとうしさの中にも映えるのが色とりどり、形さまざまな紫陽花

先日、湘南オババ()と鎌倉で江ノ電に乗り、紫陽花散策してきました
DSC_0029

DSC_0030

DSC_0004


紫陽花で有名なお寺は数時間まちの長蛇の列で、そこをあえてはずして路地裏などに咲いている
を満喫
1434183914729


DSC_0020
DSC_0032

DSC_0033

DSC_0043
DSC_0047
DSC_0048

1434183911572

1434183912245

1434172301697

1434183913732



こんな珍しい花も発見 湘南オババのによると時計草という花だそうだ
DSC_0053


たくさん撮って、実家囲碁を打ちながら留守番の湘南オジジ()に持ち帰った

いつも東京で仕事に追われたりで自己中心の生活をしてしまい、なんの親孝行もできない自分ですが、せめて月に一度は実家に顔を出すようにしています。実家に行くたびに、鎌倉、逗子の素晴らしいロケーションや文化や地元の空気に癒されます。そしてこれらの環境を作ってくれたのは、すべて父の大きな頑張りのおかげに他なりません。何年も全く休まずにガソリンスタンドを経営し、自分は一切の道楽もしないで家族や親戚、知り合い、他人にまでも気前よく心遣いをするハートフルな人柄に甘え、また私が興味を持ったことややりたい勉強が自由にのびのびとできたのもすべて父のおかげです。 迷惑や心配をかけながらも父の姿勢を無意識に感じ取り、それを見習うべくして自分もこうして微力ながらも一社会人として前向きに頑張れることにいつも感謝しています。孫にとっても<祖父>というのは、自分たちも気づかないところで大きな影響をあたえてくれているようです。例えばこのブログの立役者のハマ小僧は特に<祖父>のDNAをユニークな形で受け継いでいるようで、興味持ったことをとことん追求したり、まわりの人たちにも思いやりの心が
あるハマ小僧は、将来どんな職業についてもきっと<誠意>と<責任感>を大きな楯としてしっかりとだろ〜と伯母ちゃんのアタシは確信してます

ちなみにトルコ語で父はbaba(ババ)、祖父はdede(デデ)という

                   

場面はかわり
     
3か月のブログブランクありましたが、サボリ最中にもかかわらずプリンスアタシのヒロトこと村木洸斗さんのプチコンサートは、もちろん
行ってきた

なんと今回のステージは湯島天神の近くの甘味処松緒さんとても清潔感あるステキなお店です。

 sabomatsuo.com/

和風円窓に写るヒロト君の麗しきお姿
1431906403324


バイキングのお惣菜付きのこ洒落たコンサート
1431906406907

1431906407371



付きでがっつり頂きました
1431906406526


ヒロト様も演奏前に腹ごしらえなのだ

今回もヒロト君としっかりボディタッチしたのだ
BlogPaint


そして演奏開始ヒロト君の奏でるの音色が
湯島の宵に粋に美しく響いてました
1431906405367

DSC_0794

DSC_0793

1431906402529
1431906401965
            

演奏が終わり、皆うっとり〜、友人で前からヒロト君のファンだという茨城の日立市でアンティーク手芸の教室なさってる友人もト〜ゼンにして、ご覧の通りの記念撮影をおねだり

ヒロト君はアタシのもんや〜友人とヒロト君のツーショットの間にしっかりと顔をいれて無理やり3人撮りにしたったで〜<)
BlogPaint<
BlogPaint


一見ナルシストなビジュアルのヒロト君ですが、実際はとても謙虚でおとなしく優しい感じで礼儀正しい方なのです

ヒロト君のオフィシャルサイトやブログをよく拝見しますが、ヒロト君のお父様も浜松で音楽の先生をなさっていらっしゃるようで
そのブログを見つけました 

http://ameblo.jp/hiroto-violin/entry-11976440189.html

ヒロト君が、今日あるのもやはり、
<お父様の背中>のおかげなんですね

父の日にあたり、お父さん心から尊敬しています、
そして感謝しています、本当にありがとう

2015 雛祭りと<石田㤗尚 山本裕康 倉田寛 弥生のコンサート>

灯りをつけましょ、ぼんぼりに〜、今宵は雛祭り

逗子の実家でも湘南オババが雛人形をディスプレイしたもの写メしてくれましたワタシが子供の頃からの大切に飾られているビンテージものの
お内裏様とお雛様〜
150302_114805



先日、会社の仕事で秋葉原から高速バス往復で栃木県の陶器作りで有名な益子に行ってきた
益子から東京に帰りの高速バスのりばのある益子駅の待合室にも地元の古い雛人形や吊るし雛が見事にかざられていて、思わずみとれた〜

2015益子雛祭り2

2015 益子雛祭り1

2015益子雛祭り3

2015益子雛祭り4

幼稚園児の折り紙吊るし雛も飾ってあった〜
2015益子雛祭り5


益子は、陶器の工房がたくさんあるが、トルコにもキュタフィヤという陶器製作で有名なところがあります。
キュタフィヤ焼きはこんな感じ
キュタフィヤ焼き


の季節のコンサートでは、ありまっしぇん

2015 3月コンサート1


石田㤗尚
山本裕康
倉田寛 (アタシの愛する義弟ちゃん
城綾乃
秋田孝訓 
のクィンテットでの悩殺クラシカル

来場者のを狙い撃ち必至
20153月コンサート2

20153月コンサート3


3月15日 PM13:00〜PM17:00〜の二回公演でそれぞれプログラムが違うのでに余裕ある人は2回楽しめます
会場は横浜の鶴見駅の近くにある<鶴見区民文化センター>内のサルビアホールで指定席と自由席があるのですが、指定席はすでに2部とも満席自由席(¥3,500−)はまだ空席あるそうです(
チケットは、鶴見法人会(045−521−2531)、ミュージシャンズパーティ(050−3499−2852) イープラス などで予約購入できます。クラシックに
悩殺されてみたい方、お待ちしてるわん〜



魅惑のハイティー!村木洸斗サマ&テーブルウェア・フェスティバル2015

しばらくですぅ〜
毎度更新遅〜いこのブログだが、今回はそれなりに遅れたわけがあるのだ(
前回のブログでもお知らせしたのカレ(バイオリン王子ヒロト君こと村木洸斗さんが、文京区のティーサロンでコンサートされるのをこのブログでコマーシャルしたところ、なんとその日からこのブログへのアクセス数が急上昇したの)さすがヒロト君、のカレ
そんなわけで、ヒロトサマの麗しき姿をより美しくブログに掲載するため、長年頑固に使ってきたガラ携から思い切ってもっとよい撮るためにスマホに替えました。そして替えたのはいいが、アホな頭でなんだかんだ使い方に手間取りやっと今日、編集できた(

とにかくも〜2月1日にアタシが率いるヒロト様オッカケ隊の昭和の美女たちで(今も美女)、このブログの名コメンターの飯能のオネエ、ミキティー、TAKEさんと計4人で後楽園に集合〜

当日、偶然にも東京ドームで<テーブルウエア・フェスティバル2015>が開催され、TAKEさんが招待券を
持っていらしたので、一般の方より早い時間から入場できた
2915 東京ドームテーブルウエア


このフェスティバルを訪れたのは初めてだが、規模の大きさと素晴らしさにを見張った 
  
和洋それぞれのセンスでのコーディネイトのテーブルセッティング
DSC_0454


どのブースも素晴らしく、写真に撮りきれず、ごくごく一部を紹介

例えば、京都の作家さんの作品であしらわせた懐石料理のセッティング
DSC_0464

DSC_0459



プリンセス高円宮久子様もお越しになられていらした
DSC_0463


和モダンのフラワーコーディネイトの一例  
DSC_0470
 
DSC_0470



これも超ステキ〜ヨーロッパのガーデンでのハイティーパーティ、ピクニックのしつらえ
DSC_0466


DSC_0466

DSC_0475

DSC_0475




こちらは、アラブのティーサロンルームアラブの大使夫人と思われる方が、ホステスなさってました
DSC_0473


このフェスティバルの画像ではありませんが、ちなみにトルコのチャイ ザマントルコのハイティータイムのこと)のテーブルセッティング
トルコのハイティー

トルコのティーカップはひょうたん型のガラスなのが特徴

会場の数えきれないブースの中には俳優の石坂浩二さんのコーディネイトされたブースもあった
DSC_0487

DSC_0486

石坂浩二さん、数年前の大河ドラマで千利休の役をされたこともあってか、茶室のしつらえに自作の絵が
掛けられていた

偶然にもご本人が、ブース前にいらしたのに遭遇
DSC_0471


多数のテーブルコーディネイトのブースの周りには、全国から集まったテーブルウェアに関連した和洋の食器や器具、小物、ファブリックなどの店もずらりと並んでました〜
DSC_0482

DSC_0479

DSC_0483


数えきれない店舗を4人でうろつきながら、皆それぞれのにあったものを購入していた。
アタシも、自分のに響くものを探していたら
岐阜県からの出展で和陶苑というオーナー兼作家の柴田雅光さんとおっしゃる方が、デザイン、製作、販売とすべてご自分でなさってるという暖かみのある美濃焼きのブース
DSC_0484



この柴田さんの創られた陶器、全部ステキここで購入した戦利品は、このブログの最後で
紹介しまする

そして東京ドームをあとにし、ヒロト君のティーコンサートへ


文京区小石川のメイン通りから少し奥に入った住宅街にあるスィーツショップカフェのパラディーさんに到着
DSC_0488


オサレな店内、ヒロト君の演奏が間近に聴ける特等ソファー席をゲットしたのだ
DSC_0492



併設のパティスリーから好きなスィーツをえ選んで、珈琲とともに美味しく優雅なハイティータイムをしつつ、
DSC_0491

DSC_0495


瞬く間にコンサート会場のカフェ内は満席しかも男性客はたった一人であとは、すべて女性 ライバル多し〜

待つことしばしで、ヒロトサマ、登場ヒロト君、ナルシストイメージの金髪を知的な黒髪に替えてのスタイルチェンジ ヒロト君はアニメのイケメンキャラのビジュアルなのだ〜今日のヒロト君はをかけてインテリジェンスな雰囲気〜 しかもヒロト君、登場の際にアタシを見つけ、笑いながら会釈なんぞしてくれた〜ど〜いう意味の笑いかは、不明
DSC_0501




そして珠玉の名曲、ドビュッシー、クライスラー、バッハなど独奏。
テープに吹き込まれたピアノの伴奏にもかかわらず、ぴったりと吸い付くようにテープの
ピアノがヒロト君のに溶け込んでいました音色の美しさと、なめらかなフレーズのつなぎ方は、天才的~
BlogPaint

DSC_0505



アパッショネイトな情熱大陸のテーマソング熱演でヒロトフィーバーかっとび〜

DSC_0502

DSC_0504

BlogPaint



アンコールはアナと雪の女王
ココロやさしいヒロト君の大好きな曲だそうです
会場にお母様と一緒に聴きにいらした小学生の女の子も喜んでました
ヒロト君、客席に入り、ナイスパフォーマンス女性客は皆でした〜
BlogPaint

レリゴ〜レリゴ〜

コンサートが終わり、たくさんの女性ファンがヒロト君にかけより、礼儀正しく優しいヒロト君は、皆さんそれぞれに感じよく挨拶なさってましたこれでまたライバルが激増する

スィーツ男子のヒロト君。ヒロト君のピュアなを食い物を使ってゲットすることをいたアタシは、おあつらえむきにあった併設のパティスリーからバレンタインスィーツを購入

ヒロト君にさっそく貢ぎました〜
BlogPaint



ヒロト君とのツーショトはこれで枚目なのだ

素晴らしき才能と感性、テクニックを持ちつつ、人間性、ビジュアルともに魅力あふれるヒロト君のオッカケは
アタシの生活のステイタスのひとつとなった〜


このブログで前述した東京ドームのテーブルウェアで発見した<和陶苑>で柴田さんの
手作りのこんな素敵な小皿を購入ほっこり暖かみのある手描きの美濃焼で、くぼんでる部分は箸置きになるスグレモノ
手作り小皿美濃焼き


昨日、冷蔵庫のあまりものの野菜でちょっとピリ辛の甘酢漬け作った
DSC_0549


サバのみりん干し焼いて、甘酢漬けを小皿にのせてオサレなセットの出来上がり
2015晩酌セット



オマケの画像

<最近びっくら、たまげたもの
鹿児島ミセスのY子りんが、屋久島でわずかな期間に収穫できる<たんかん>を送ってくださった
DSC_0547

そのおいしさにびっくり〜。 皮は厚いのだが、むいてみると
蜜柑の袋は柔らかく、ふくろごと頂ける。そしてなによりすごく美味しいみかんやオレンジ
とは違う味覚で酸っぱすぎずほんのりと甘い。これが理想の柑橘の天然の甘味といえる逸品Y子りん、
いつもありがとうです

<最近びっくらたまげたもの
せんづつ(先日)オラ、スッチョウで(出張で)スンカンセン(新幹線)で山形さ、行ってきたべよ〜。
山形の駅さ着いたら、レゴのブロックで作られたどでかいスンカンセンが飾ってあって、たまげたなっすいや〜、まいったでよ〜
DSC_0408


そすたら(そしたら)、なんとそのよくづつ(翌日)にハンマ小僧(ハマ小僧)が、同ず(同じ)
レゴのブロックで飛行機作った画像メールすてきた(してきた)〜
BlogPaint

バイオリン王子 村木洸斗さんのティーコンサート


今年もよろしくお願い致します


今年の初ブログは、ハマ小僧の書初めの画像から
幕あけなのだスパイダーマン信者のハマ小僧、イラストのスキルもアップしてます

2015 小僧書初め


年初めの号外

このブログにの甘い香りを運んでくれるのバイオリン王子村木洸斗さんが、来月2月1日に後楽園近くの小石川にあるステキなカフェで<ティータイムコンサート>されますぅ〜

ヒロト君は、このブログに一昨年から華やかに登場されている
。ワタシの義弟の倉田寛のディナーショーにいつも共演してくださってるのだ

http://blog.livedoor.jp/fantasy10dreams/archives/51408455.html
一昨年のヒロト君
トルコ大使館文化部のファッションショーの記事も載せてあるので是非ご覧あれ

http://blog.livedoor.jp/fantasy10dreams/archives/51438133.html
こちらは、昨年末のヒロト君の麗しきお姿〜

<パラディー>というのとてもおいしいカフェでAM11:00〜、PM3:00〜の2回のコンサートで 付きで¥3,000ー 

チケットや場所などは、ヒロト君のホームページからも御覧いただけます

http://hiroto-muraki.com/

もちろん、ワタシもチケット予約したわさ
このブログの名コメンティターの<オネエ>や<ミキティー>と3人でPM3:00の部で
ゆったりと優雅なアフタヌーンティーとスィーツを頂きながらヒロト君のロマンチックなバイオリン聴きながら
ベルサイユの貴婦人になるざます

ヒロトくん〜待っててね〜2月1日は3人でヒロトくんのオッカケやりますぅ〜


横浜で音楽とともに乾杯!

師走も残すところわずかで新年がやってくる〜

今年の年末も義弟の倉田寛のディナーショーが、横浜のビアホール驛の食卓で繰り広げられました

http://www.umaya.com/

IMG_2896

IMG_2894

IMG_2893


厩の食卓は、店内にビールの醸造室があり、横浜ビールの発祥とも言われているビアホールです

横浜でのディナーショーだったのでワタシの高校時代の横須賀に住む友人4人を誘って昔の乙女5人で参上

高校時代、ブラスバンド部で一緒だったKAJIは、いまも横須賀市の某吹奏楽団でを切磋琢磨で吹いています。そんなKAJIの今宵のディナーショーにあわせてのぴったりの装い  
IMG_2899


ハマのビアホール、今年のディナーショーもおかげさまで満員でした
IMG_2903

BlogPaint

IMG_2915



バイキングスタイルの食事やたくさんの種類の

IMG_2904

IMG_2905


そして登場〜
IMG_2921

義弟の倉田寛
今宵のディナーショーも<トロンボーンの音色響かせ

IMG_2916

そして彼のもうひとつのであるテノール
カラオケやあらへんで〜)で、カンツォーネや
オペラをがっつり聴かせてます〜


そしてこのディナーショーのカルテット
ピアノの城綾乃さん演奏もヴィジュアルもクールビューティ〜
IMG_2917

IMG_2933




パーカッションの秋田孝訓氏、彼のリズム感は哲人です。安定感あるリズムとテンポに加えての遠近感ある音のプリズムまさに職人芸

IMG_2920


IMG_2937


このトリオで以前からチャレンジしたかったビート感あるジャムセッションも披露
IMG_2910


そして後半から登場

 バイオリン王子、村木洸斗サマ
IMG_2922

IMG_2923

ヒロト君、こんな風なスタイリッシュな感じにしてますが、実際はとってもおとなしくて
謙虚で優しい感じなんですぅ〜

 ヒロト君の奏でるバイオリンの音色は劇画ベルサイユのばら
ようなグレイスフルでロマンチックなイメージ
IMG_2924

ヒロト君、バイオリンのみならずギターもハイテクニック
IMG_2900

IMG_2930



テクニック、音楽性ともにのベストカルテット

素晴らしいアンサンブルは、アンコールまで観客を惹きつけ、ビールをよりおいしく飲ませてくれました〜
IMG_2938



そしてこのベストカルテットのディナーショーの大きな功労者の
Mさん
BlogPaint

まだ若くチャーミングな彼女、昨年のディナーショーに続き今年も企画、会場選び、チケット販売のマネージメントをすべて見事にきりもりしてくださいました

のアンコールは、坂本九の<があるさ 大好きな歌で嬉し〜  義弟もトロンボーンと歌の両方でアンコールステージ楽しんでました

https://www.youtube.com/watch?v=W4rpbXLGVT4


BlogPaint

ステージのあと、義弟と昭和のヨコスカガール4人の記念ショット


さらに 今年も
              
BlogPaint

ウヒャヒャ>ヒロト君はアタシのもんやで〜

ディナーショー帰り道の桜木町駅界隈
IMG_2947


今年は,日本国内でも広島の土砂崩れや、長野、新潟の地震、北海道の記録的な大雪、そして御岳山の
火山爆発など天災の多い年でした。トルコでは、ソマの炭鉱の爆発事故などで人災を通して新興国の大きな社会的歪みやアンバランスな経済成長の一部が露見されていました。
自分が今、こんな風につれづれなるままにブログが書けることがありがたいことと思いつつ、来年もこの
ブログを読んでくださる方に少しでも楽しいと思っていただけるように日常の出来事からのいくつかのパーツを
lこのブログにスクラップしていきます

このブログの名コメンティターの飯能にお住いの<オネエ>から手作りの綿の花の
ステキなリース頂いたオネエ、いつもありがとうございますお正月飾りにします
2014 リース 


皆様どうぞよいお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願い致します。


GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ