2010年11月06日

11/12・11/26 「アタシ劇場」是非、来て下さい!

こんにちわ! というかお久しぶりです。
最近は、ほとんどファンワークスのTWITTERからの書き込みがメインになってしまい、こちらのBLOGほとんど、書かなくなってしまいました。
仕事の合間に、日々の出来事をお伝えしていくのは、TWITTER、正式なニュースは、プレスリリース(ご興味あるかたはファンワークスまでメールください。)になってしまっております。今年は、劇場用映画、TVシリーズ、CM、地方発アニメ、IPADの絵本などなど、我ながらいろんなことをやっておるのですが、久々に興行といいますかイベントのプロデュースなどを受け持ってしまいそちらの告知のため、BLOG書かせていただきます。

この度、ファンワークスで、日本を代表する女子アニメクリエイターが集まり、映像やトークを繰り広げる「アタシ劇場」というイベントを開催いたします。
11月12日(金)新宿バルト9、11月26日(金)横浜ブルグ13にて、21時半よりスタート!
現在、絶賛チケット発売中なのですが、かなり大きめのメジャー系映画館での開催となりますもので、現在、絶賛、動員活動中です!!
自分の場合、基本、人と会い「何か一緒にやりましょう!」 って話していくのが仕事みたいなものなので、仕事柄、いろんな方とお会いしておるのですが、映画や上映会など、オンラインのイベントは本当に緊張しますし、一体となって楽しめたときの「しあわせ感」は何ものにもかえがたいです。

「おしりかじり虫」のでるび、「モフモフ」のちぃ、NHK「みんなのうた、えいごのあそぼ」の井上雪子、「魔法食堂チャラポンタン」の松村麻耶の4人がスィートでハッピーな映像とぶっちゃけなガールズトーク、ピンクなナースコスプレ、その他、レイトショーに相応しい「まる秘企画」満載!出演されるクリエイターの皆さんの作品やキャラクターも本当に素晴らしいし、是非是非、皆様におこしいただきたく思っております。

私も両日、会場におりますもので、この機会に是非、ご挨拶などもさせていただきたく、もし来て頂ける方がいらっしゃいましたら、是非メールなどでご一報ください。 お時間よろしければ是非是非!!

お会いできますのを、楽しみにしております。


☆イベントのプレスリリース(動画みれます。)
http://www.fanworks.co.jp/blog/?p=1118

☆アタシ劇場サイト (TWITTERもあります。)
http://www.fanworks.co.jp/atageki/


fanworks_takayama at 22:28Comment(0)Trackback(0) 

2010年01月01日

【謹賀新年】2010年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます!
昨年は、大ヒット絵本「くまのがっこう」の映画制作
(2010年12月「チェブラーシカ」と共に東宝系公開)、
富山やニセコなど観光系のキャラ&アニメのプロデュース、
お茶の間でガンガン流れるアニメCMの制作などなど、
例年以上にいろんなジャンルのプロジェクトにお声がけいただき、
今後、仕事を続けていく上で、貴重な実績と経験をさせていただいた年でありました。

様々なバブルが弾け「変革」が叫ばれる昨今。
ギョーカイでは、必ずしもいいニュースばかり溢れている訳でもないのですが、
「チェンジこそが最大のチャンスである」と肝に銘じ、
2010年も世の中を元気にするような「ニュース」を
発信し続けていきたいと思っております。

さて、今年のお年賀アニメは、
「東京オンリーピック」「ネトアニ」などでお世話になっている、
新進気鋭のパペットアニメーション作家・澤田裕太郎さんに制作していただきました。
下記のURLよりご覧いただけますと幸いです。

http://www.youtube.com/watch?v=DkUbgfOqalI

先ずは書面にて新年のご挨拶とさせていただきます。
本年も、お付き合いいただけます様、何卒、宜しくお願いいたします。                        





fanworks_takayama at 00:23Comment(0)Trackback(0) 

2009年11月25日

11・28「アマチュア文化とコンテンツ」&12・8「広告とキャラビズ」トークセッション参加します。

いつの間にか、12月が目前に迫って参りました。
お陰様で、いろんな事やってますが、急にCM作るお仕事いただき、様々なプロフェッショナルな皆様に囲まれ、「面白いモノ」ができそうです。

11月28日と12月8日、東大で開催されます2つの講演のトークセッションに参加します。
2つとも、アプローチが違うのですが、ファンワークスという会社のポジションを両面から捉えていて、面白いテーマだなぁと思っております。
豪華ゲスト満載でありますし、終わった後、懇親会もありますので、よろしければ是非、お越しくださいませ。


★コンテンツ文化史学会2009年大会「アマチュア文化とコンテンツの未来」11月28日(土)12時半開場
http://www.contentshistory.org/2009/11/05/562/

★「コミュニケーション戦略におけるキャラクター利用の将来」12月8日(火)19:00〜21:00
http://blog.livedoor.jp/fw_project/archives/50560646.html

fanworks_takayama at 14:38Comment(0)Trackback(0) 

2009年11月03日

【twitter】会社のみんなでつぶやきはじめました。

先週、長年お付き合いしてる中村くん(MIXIにも招待してもらった。)と久々にご飯食べたとき、twitterを強く勧められ、「おもしろそうだなぁ。」などと思い、その日の夜、会社のみんなに「twiiterやんない!」ってメールしたら、次の日の朝、ソッコーでサイトーさんがアカウント取ってくれて、「どうせだったら、会社のHPのトップページでみんなでつぶやかない?」って話しをしたら、その日の夕方には貼ってくれて、会社でtwitterはじめました。
物凄いペースでいろんな人がつぶやいてるんですね。
iPHONE欲しくなっちゃいました!

日々の出来事とか、思ったこととか、お昼ご飯とか、リリース前のニュースとか、ゆるゆると配信していきますので、ご興味あるかたはお気軽にフォローくださいませ。

【FANWOORKS twiiter】 http://twitter.com/Fanworks_Inc
【FANWOORKS HPのトップに表示されます。】 http://www.fanworks.co.jp/

<twiiterとは?>
■Twitter(ツイッター)をはじめよう!
http://www.greenspace.info/twitter/
■ツイッター総合案内所
http://1p-info.suz45.net/twitter.htm
■TwitterまとめWiki
http://usy.jp/twitter/index.php?Twitter


fanworks_takayama at 18:32Comment(0)Trackback(0) 

2009年10月29日

【経理・総務バイトスタッフ急募!】自分の時間を大事にしている人を求めてます。

イトイ新聞で、スタッフ募集をされるとき、「乗り組み員募集」という言い方をされますが、今回の募集も正にそんな感じです。「小さな船なのですが、よかったら一緒に乗りませんか?」って感じで、【経理・総務アルバイトスタッフ1名】の募集です。
ファンワークスは、深夜労働とか徹夜とかは極力、やらない主義なのですが、自分含め、プロデューサーは、仕事好きな輩がそろっていて、仕事してるときも、映画みてるときも、飲みに行ってる時も、卓球してる時も、読書してる時も、いつもネタを探したり、考えたりしてるのですが、仕事が好きだと、そういうのはあんまり苦にならなくて、逆にそういう人じゃないと、とってもしんどいし務まらないだろうなぁと思ったりします。
というのに対して、今回の募集はフルタイムで働いてくださいというよりは、「貴方の時間の一部をファンワークスのために使ってみませんか?」という募集です。イメージしてるのは、週2〜3日、一日7時間くらい。ならすと週に20時間くらい。その20時間について、アルバイト料という形で御支払いさせていただきたい。
主婦をやってたり、子育てしていたり、介護をしていたり、絵本作家を目指していたり、ネットアニメをつくっていたり、いろんなライフスタイルを持った優秀な方っていると思うのですが、会社の条件がフルタイムの労働であるために、なかなか、仕事ができないって人って意外とたくさんいるのでは、と思ってます。
お願いしたいのは、経理とか総務。会社の根幹にあたるところではあるので、中途半端な気持ちではできないと思いますが、やる気があるのであれば、ネットと優れた会計ソフトを駆使することで未経験者でもできそうな気がする。勿論、経験者も大歓迎です!

自薦、他薦といません。
もし、我こそはって思う人がいれば、是非、高山までご連絡くださいませ!!!


fanworks_takayama at 10:53Comment(0)Trackback(0) 

2009年10月13日

「富山観光アニメプロジェクト」デジタルコンテンツグラプリにて、錦賞受賞!


こんにちわ。
本日、デジタルコンテンツ協会より、発表になりましたが「富山観光アニメプロジェクト」が、デジタルコンテンツグランプリにおきまして、錦賞を受賞いたしました。
本日、デジタルコンテンツ協会(DCAJ)より、プレスリリースが出ましたので、発表させていただきます。
デジタルコンテンツグランプリにつきましては、昨年、審査委員特別賞をいただきました、「東京オンリーピック」に引き続き、2年連続で、弊社が関わったプロジェクトが受賞いたしました。「やわらか戦車」におきましても、総務省AMDアワード、アニメーション神戸、WEB OF THE YEAR話題賞、文化庁メディア芸術100選など、受賞しておりまして、決して、大作や新しいテクノロジーを追求している会社ではないのですが、ご一緒させていただくメンバーの皆様のクリエイティビティに助けられ、以外(!?)といろいろ、受賞しております。

DCAJのプレスリリース http://www.dcaj.org/news/dcg2009/relese.pdf
ファンワークスのプレスリリース http://blog.livedoor.jp/fw_project/archives/50555839.html

「富山観光アニメプロジェクト」は、デジタルコンテンツグランプリの中で、その年の地方発のコンテンツの最も、優秀な作品を表彰する「錦賞」という賞をいただきました。
経済産業大臣賞など、同時に受賞いたしましたのが、「サマーウォーズ」、「ドラゴンクエスト? 星空の守り人」、京都アニメーション、「パコと魔法の絵本」、「機動戦士ガンダム実物大18m立像」など、錚々たる作品が並んでおります。また、DCAJのリリースによると、細田 守監督、日本テレビ 奥田プロデューサー、堀井 雄二さん、京都アニメーション、バンダイナムコホールディングス、東映のご担当者の皆様など、凄い方々が授賞式にいらっしゃるとのことで、大変、恐縮しております。

会社やってますといいことばかりでもなく、いろんなことあるのですが、こういう「ご褒美」みたいなことには、
本当癒されますし、「頑張ろう!」という活力になったりします。

富山テレビの青柳取締役、PAワークスの堀川社長、菊池専務、ビリッチの宮坂兄弟、ファンワークス白井プロデューサーなどなど、その他、いろんな方に本当に御世話になりました。

アニメとかキャラとかコンテンツの力を信じて頑張っていきたいと思います。
今日は、少し頭痛がしますので寝ますが、明日からまた、いろいろやります!

fanworks_takayama at 21:29Comment(1)Trackback(0) 

2009年09月27日

ローカルなとこにグローバルな可能性を日々感じてます。(10・16ライセンシングアジアの講演に参加。)


お久しぶりです。
このBLOGは、「FANWORKSな日々」というタイトルなのですが、なかなか告知がないと書けない状況が創業以来、続いてます。うさぎ王のうもとゆーじさんやオールグリーンさんのMIXIなんか日々、拝見しておりますと、毎日、あれだけ更新してるのに、面白くて、凄いなぁなどと思いつつ、自分は自分のペースでってことで、まぁよしとさせていただきつつ・・・。 そういえば、昨日、誕生日でした。
ファンワークス始めて、4年とちょっとで、青山にオフィス借りて3年とちょっとになります(左のリンクも大分、古いですね。近々、変更します。)。

その頃は、やわらか戦車の商品化がピークの時期で、流石に自宅(狛江)で仕事やるには、ミーティングとかきついよなねぇってことでオフィスを借りた。当時、お付き合いのある会社をいろいろ想定して、いろんな会社の人たちが一番、来て貰いやすい場所ってことで、「渋谷区神宮前(青山)」を選んだ。
今もいろんな人に来ていただくし、表参道、銀座、霞ヶ関、六本木、本郷三丁目、汐留、赤坂、関内、秋葉原など、企業やメディアや学校や官庁やパーティや講演など東京近郊のいろんなところに行くし、いろんな人に会う。東京で活動するには青山は便利な場所である。しかし、ここは重要なところであるが、クリエイティブの中心は、青山にも六本木にも渋谷にも、もうないのではないか?と思っている。
ファストファッションも高級ブランドのお店もスターバックスも、そこにはあるのであるが、そこにつくる意味というのは、「消費するのに最適な利便性のある場所」であるということだけで、世界の大都市の街の中心やショッピングセンターはどこでも同じ店(世界のファストファッション化=均一化)が並ぶ。しいていえば、劇場や映画館なのかもしれないが、動画サイトでも同じものがみれたりするし、今、新しい文化を発信してるのは、ネットメディアだったりするから、利便性のある場所の価値というのがなくなってきてるような気がする。モノづくりの天才は世界のあらゆる場所から生まれ、作品はつくった瞬間にネットで配信される。

ファンワークスはインディーズアニメのビジネス支援ってコンセプトで会社を始めまして、アニメ制作、キャラビズ、WEBメディアづくり、広報計画など、いろんなプロジェクトをやってますが、これらはクリエイター支援というテーマで、基本、ビジネスであることが必須である。
ビジネス化を前提にいろんなクリエイターの方々とお付き合いをしてるのですが、クリエイターやクリエイティブな会社が地方からどんどん生まれている。ラレコは筑波だし、ちぃさんは大阪だし、ビリッチは富山だし、アニメ制作会社では京都に京都アニメーションがあり、富山にPAワークスがある。ゲーム会社はレイトン教授シリーズなどで有名なレベル5が福岡にある。モーショングラフィック、CMなどで有名なKOO-KIは福岡に拠点をおき、沖縄出身のミュージシャンも活動拠点を東京から沖縄に移すようになっているし、その他、いろんなクリエイターがいろんなところで素晴らしい作品をつくっている。そして、自分に関していうと講演やイベント、地方行政や地方テレビ局などとのお付き合いが多くなり、地方にいく機会が飛躍的に増えた。
ニセコ、新潟、富山、横浜、大阪、名古屋、島根、福岡、佐賀、沖縄などなど。いろんなところに行き、美味しいお酒や食べ物をご馳走になりながら、いろんな話しをさせていただくなかで確信したのが、「モノづくりをするのは地方のほうが有利。」ということだ。いろんなとこで言ったりしてるのですが、モノづくりにおいて、重要なのは「環境」、「食べ物」、「仲間」の三要素で利便性などというものは、あまり重要ではない。むしろ利便性などないほうが、モノづくりにはプラスだったりする。パーティ三昧な日々より、自分にしかできない表現ができる人のほうが、クリエイターとしては正解だと思う。いかに消費されずにつくりつづけることが出来るのか?ファンワークスおよび自分としては、そこを支援したいと思っていて、そこが青山(=利便性&フラットな環境)にオフィスを構える理由である。

前述のニセコ、新潟、富山、横浜、大阪、名古屋、島根、福岡、佐賀、沖縄など(来月は山形と金沢に行く予定がある)いろんな地方に言って、いつも場所だったり、物産だったり、食べ物だったり、勿論、人だったり、いつも「感動や発見」がある。そして、何故、これをアピールしないんだろうと思う。高城さんのBLOGの受け売りでいうと、今、地方において重要なのは「世界的客観性とコミュニケーション手法の向上」だと思う。「どこを売りにして、それをどんな風に押し出すか?」しかし、それが実現したときに、形勢は逆転する。
世界のどこにもないものを持っており、且つ、どこにも紹介されてないものがあるのであるから、「ローカルであることが、グローバルに展開するときの大きな武器になる」。

そんなことをダラダラ考えていろんなことにトライしている。
そして、10月15日ライセンシングアジアで、昨年に引き続き東大キャラビズプロジェクトのメンバーで講演する。富山観光アニメプロジェクトや今、進行中の地方プロジェクトなどについて、プレゼンさせていただきつつ、いろんな談義できればいいなぁと思ってます。
もしよろしければ、是非、遊びに来てください。 また、いろいろお話しできると嬉しいので、よろしければ終演後、控え室にでも遊びに来てください。また、10月2日JCNにも行ってます。こちらについては懇親会があります(下記、リンクご参照ください。)

あと、ラレコ×しょこたんの「真っ赤なアタシ」の動画もアップされました。
相変わらず凄いなぁ。ラレコさん、やわらか戦車の最新作なんかも面白いですよ!

ご興味ある方は、是非、下記のリンクよりご覧ください。


★10/15 ライセンシング・アジアで「キャラビズ×地方」講演・ラレコ×しょこたん「真っ赤なアタシ」完全版配信!
http://blog.livedoor.jp/fw_project/archives/50553626.html

★ファンワークス 渋谷区神宮前オフィス始動!(2005年5月)
http://blog.livedoor.jp/fanworks_takayama/archives/2006-05.html

PS 久しぶりに書くととりとめなく長くなっちゃいますね。 また、書きます!

fanworks_takayama at 00:48Comment(4)Trackback(0) 

2009年05月10日

自分にあった波に乗り、そして生きるために寝る。

こんばんわ! 

ゴールデンウィークの終盤に差し掛かり、決してゴールデンなことがおこってる訳ではないのですが、それなりに愉快な日々が続いております。
映画の打ち合わせでのくまのがっこうの作者 相原さんのクールな指摘におっ凄いなぁと思ったり、お手伝いしてるハドソンのキャラビズプロジェクト「デコデコタウン」のネットアニメ制作にもチャレンジされてるたまごっちのデザイナーであるJINCOさんのインタビューに立会い。そのあまりのテンションの高さに大笑いしたり、手塚治虫、大友克洋、松本大洋など、様々な巨匠に影響を与えまくったフランスコミックの巨匠メビウスのシンポジウムにおいて、メビウスの即興で書く漫画をライブでみて、その神業に驚嘆したり、その他、いろんなことが日々おこっている。 
そして、あくまで1ファンというレベルではあるがキヨシローの死に直面した。自分にとっての日本のロックの2大ヒーローであったどんととキヨシローは二人とも逝ってしまった。
かなり昔であるがRCの解散したあと、チャボとキヨシローの二人が中心となり、日比谷野音で「GLAD ALL OVER」というライブがあり、運よくチケットがとれたので見にいったことがある。
夕方くらいから始まったライブの中盤。チャボがボーカルを取り、「ハイウェイのお月様」を歌いだした時、とても綺麗な満月が野音のステージの頭上にぽっかりと現れ、キヨシローのブルースハープが会場にこだました。 自分はあの時みた月を生涯、忘れることないだろう。 合掌!
いろんなことがおこるのであるが、つくづく人生とは「生もの」だなぁと思う。 今日と同じ日々は2度とやってこない。

この間、「生きるために寝る。」って言葉が頭をよぎった。
ブルーススプリングスティーンは「BORN TO RUN」と歌った。邦題は「明日なき暴走」というタイトルで「俺たちは走るために生まれてきたんだ!」みたいな歌だったと思う。
ローリングストーンズなどみても思うのであるが、ジムモリソンもジミヘンもブライアンジョーンズも亡くなってしまったが、ミックやキースはロックし続けている。やり続けていることだけが素晴らしいことだとは思わないのであるが、ミックのシェイプアップしまくった肉体とかスタミナとかをみると、やはり圧倒される。
ストーンズが走り続けてきたのかなぁと思うと。いやぁそんなことないんじゃないかと思ってる。ロックンロールしつづけることって、むしろちゃんと「寝る」ことなんじゃないかと。
そして、暴走することではなくて、「自分の波」に乗り続けるということではないかと思っている。

DVDが売れない。ネット配信がお金にならない。テレビの広告が売れない。コンテンツの仕事をしてる中で、いろんな話しを聞く。
超大手といわれてる業界を代表する会社が赤字を出したり、上場廃止になったりする。
ファンワークスは、いろんな人の力を借りて仕事しているが、社員は自分いれて5人でやっている。
以前は会社を拡大しないんですか?とか上場しないのですか?とか、よく聞かれたし、今でもそういう質問はよくある。しかし最近は、小さくまとまっていてフットワークよく仕事できるのは「うらやましい。」という声も聞かれたりする。大きいのがよいのか?小さいのがよいのか?大きくなるために頑張るべきか?小さいけど時代の変化に対応していく会社がよいのか?会社の今後とかビジョンとか一応、考えたりするのであるが、正直よくわからないことが本当に多い。ボブディラン風にいうと「答えは風のなかにある。」なぁとつくづく思う。
日々、いろんなことがおこる。面白い波があったら、積極的にのっていきたいし、面白い出逢いやアイデアに日々、感謝しながら生きている。

そして自分にあった波に乗り、生きるために寝る!(ストーンズのheart of stoneを聞きながら。)

★デコリョーシカ http://www.youtube.com/watch?v=fXomxSg9NT0
★メビウス http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/in-1ecf.html




fanworks_takayama at 01:48Comment(0)Trackback(0) 

2009年03月07日

近況&「東京国際アニメフェア2009」でいろいろやります!

こんにちわ!
ここに書くのも5ヶ月ぶりです。このBLOGは、「ファンワークスな日々」というテーマで書いておるのですが、最近、仕事でよくいく富山ですごい美味しいぶりしゃぶを食べたとか、2009年の「ご挨拶と今年の目標」とか、MOONBOONでお世話になった野村辰寿監督が長を務めておられるロボットのアニメチームから加藤監督が「つみきのいえ」でオスカーを受賞されたとか(かさねがさね、おめでとうございます!)書きたいことがヤマほどあったのですが、目の前のいろんなことをやってるといつも、ついつい時間が過ぎていきます。
世の中の景気とかコンテンツ業界もいろいろたいへんになるよなぁなどと、去年の後半あたりから実感し、「どうしようかねぇ。」などと考え、勿論、自分さがしなどしてる年でも場合でもないので、とにかくいろんな人と会ってました。人と会うのに何もないのもどうかなぁと思い、今、こんなことを考えてるのですが・・・。といったプレゼン資料を白井くんとつくったりして、いろんな話しをした。で、「ファンワークスとかクリエイターが今、世の中でできることってなんだろうねぇ!」などと考え、オフィスにもどり、更にいろんな資料つくったり、メール書いたりして、そうこうしてるうちに、人と人がつながっていくようになって「世の中が狭くなってきたり、ボチボチとやってきたこと」が少しづつ形になってきた。「チェンジ」って言葉は自分も好きなのですが、結局、どうやってチェンジしていくかって「対話」から生まれる発見だったりするよねぇって思う。そういう意味ではいい本読んだりするのも「対話」のひとつですね。世の中のフォーマットみたいなことが、根底から変わってきて「組織」でしかモノを考えられない人が一番、不利な状況のなかで、「個人の思い」みたいなものが、こんなに届きやすくなったことって今までなかったよなぁなどと思い、そういった意味では、いろんな「チャンス」のある面白い時代です。

そんなこんななのですが、3月18日〜21日まで、東京国際アニメフェアにファンワークスがお世話になっておりますフロンティアワークスと共同出展いたします。またシンポジウムやったりもします。
やわ戦&つまみ、モフモフ、ビリッチなどお馴染みの作品に加えまして、仲良くさせていただいているあいはらさんの大ヒット絵本「くまのがっこう」の映像化プロジェクトとか、フロンティアワークスのほうで進行中のロシアが誇る世界的なキャラクター「チェブラーシカ」プロジェクトなど、いろんなキャラや映像がみれるすごーく楽しげな展示になる予定です。また、それらのキャラをコラボしたスタンプなどが出たり、去年もきてくれたツマミコスの津波さんも4日間きてくれます。
高山のほうは20日〜21日が沖縄出張などでこれないのですが、18日〜19日は会場にいます(平日ですみません!)。
また18日は午前中のファンワークスのシンポジウム、夕方は東大七丈さんが主催するロケーションマーケットのシンポジウムの2つにでてます。
ここ数ヶ月の「対話」により生まれた作品の一端をご披露できればと思っておりますのと、ラレコやぷっちぐみ編集長の松井さんや経産省の釜田さんやくまのがっこう作者の相原さんやネトアニのプロデューサーであるライブドアの中山さんやくまのがっこうやチェブラーシカのプロデューサーであるフロンティアワークスの藤原さんや長谷川さんや「レイトン教授」や「TRUE TEARS」といった作品をつくってる今、一番、注目のアニメ会社、富山のPAワークスの菊池専務やら、もう凄い面々が会した内容になっておりますので、ご興味ある方は是非、下のリンクにて内容をご覧の上、お申し込みくださいませ。

アニメフェアにブース出展&2つのシンポジウムを開催!新プロジェクト発表!

そんなわけでなかなか面白い「パーティ」になっておりますので、東京国際アニメフェア2009に是非是非遊びに来てくださいませ!!!






fanworks_takayama at 12:32Comment(0)Trackback(0) 

2008年11月08日

11・13 ライセンシングアジアでセミナーやります!

こんにちわ! 暑かったり、寒かったりで少し、風邪気味なのですが、お元気でしょうか?
11月13日ライセンシングアジアにて、東大キャラビズプロジェクトの面々と日経MJ篠原編集長とでキャラビズに関するセミナーをやります。400名も入る大きな会場らしいのですが、定員を遥かに上回る予約が入っているらしく、ライセンシングアジアの中でも一番人気になっているそうです。この前、打ち合わせしたのですが、あまり段取り決めずに、ぶっちゃけたことはなそうってことで、いろいろオモシロ話しをしました。当日も、とりとめないんだけど、重要な話しが出来ればいいなぁと思ってます。
事前申し込みは締め切ってて、立ち見になってしまうかもしれませんが、参加は可能らしいです。ネットから登録するとセミナーは勿論のこと、ライセンシングアジアの展示ゾーンにも無料で入れますので、平日参加可能でキャラ好きな方は是非!!
もし、いらしゃったら、セミナー終了後、是非一声かけてくださいませ。


ライセンシングアジア2008にてセミナー開催!

あと、少し時間がたってしまったのですが、東京オンリーピックがデジタルコンテンツグランプリの審査員特別賞を受賞しました。
真島監督を含め、関係者の皆様、ありがとうございます。
オンリーピックは、12月からレンタルも始まりますので、未だいろいろやっていきます。
「東京オンリーピック」が第23回デジタルコンテンツグランプリ審査員特別賞を受賞!

明日は、ラレコと「モフモフ」の作者ちぃのサイン会を新宿タワーレコードでおこないます。

おもしろいことが、いろいろあって、今年もまだまだ走ります。

で、また、書きます。
乱筆乱文、失礼します。


fanworks_takayama at 00:49Comment(0)Trackback(0)