-- 有限会社大橋工業 --

2016年07月25日

相馬野馬追 御行列

今年も相馬野馬追本祭りに日頃お世話になっている方々をお誘いして見学しました。

2016-07-24 039

中小企業家同友会相双地区主催による恒例になった『野馬追の歴史に学ぶ会』に参加しての見学です。
御行列見学は直前会長高橋さんの経営する北洋クリーニング社店舗前に4張のテントを張って
会員等が接待の場として多く利用されていて今年は総勢120名の椅子が並べられた。

2016-07-24 010

標準のテントだと背丈が低くて騎馬に乗った武者が見えないので
テントの下には牛乳箱2個の上にテントを載せるのだ。

2016-07-24 016

例年だと灼熱の太陽に照り付けられて人馬共に熱中症寸前まで追いやられる猛暑が好例だか
今年の御行列はあいにくの小雨模様ですが過ごし易い日でした。

9時半から花火の合図と共に御行列が開始した・・。

2016-07-24 013

鎧兜で出陣する騎馬武者たち
今年の出場騎馬は440騎に及び平年と変わらずです。

2016-07-24 102

国重要無形民俗文化財の指定を受けている『相馬野馬追』

2016-07-24 044

騎馬が440騎伴う歩兵や神社関係者全てを合わせると
千数百名の甲冑に身を包んだ勇壮な武士達が次々と行進する。

2016-07-24 037

威風堂々と行進する姿と独特の馬の体臭を放って目の前を通過する様相は、臨場感溢れる光景は数百年前にタイムスリップしたような錯覚にとらわれる。

2016-07-24 136

殆どの馬はサラブレットですがどっしりとした重心の低い
道産子や農耕馬も数頭出場してる。

2016-07-24 111

テント内はご覧の様にスマートフォーンで撮影するギャラリーでいっぱい

2016-07-24 224

南相馬市の市長も
同友会のテントで戦国武士風の歓迎の口上を述べてくれた。

2016-07-24 032



相馬神社の巫女様???


2016-07-24 150

今年の総大将は相馬家33代当主和胤氏次男
陽胤(キヨタネ)氏
相馬藩歴代の当主の名前には必ずの字が付くのだ。

明日も野馬追神旗争奪戦をお送りします。
2016-07-24 146




farm_an at 09:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年07月22日

山百合の花

今日は大暑
大暑とは裏腹に玉野では今朝も6時の気温は15.1度と肌寒い朝で
山の上にはヤマセの様な霧が掛かっています。

2016-07-22 013

今、玉野では山百合の花が咲き始め
大輪の白い花びらを広げ夏本番を告げているようです。

2016-07-22 006

私が幼少の頃は山々には白い山百合が群生していて
幼心にも綺麗だ〜って心の中で感銘していた私でしたが、ここ数十年前からイノシシが出没して好物な百合の球根を掘り起こして食べてしまうので、現在は山に自生している山百合は殆ど無くなってしまって残念です。

2016-07-22 019

強烈な香りを放つ山百合の香りが私は大好きなのです。
頭がクラクラする程に甘い香りと独特の強烈な香りを嗅ぐと脳裏の奥の神経を刺激してなのか
何故か心が安らぐのです・・・

事務所でも机の後ろ側に切り花にして飾って香りを楽しんでいますが、
事務所内では匂いがきついと
嫌われています・・。

2016-07-21 006

強烈な臭いが好きなのは山百合やカサブランカに限り
香水やオーデコロン等の人造的な臭いは別物なのです。

2016-07-22 028

薔薇の花・百合の花、そして野に咲く花々・・・
老いが増す程に花を観賞する詫び寂びの心が芽生えてくるのが不思議なのです。

2016-07-17 031

昨日の夜でピロリ菌の薬の服用が終わりました・・・。
服用の結果体調の異変は全く無く2か月後の吸気診断で何パーセント無くなったかが解ります。

1週間の禁酒の予定でしたが、昨夜に最後の薬を服用した後に知人が訪ねて来たのでツイツイ誘惑に負けて
缶ビールとイモ焼酎を飲んでしまいました・・・
1週間の禁酒の後は絶対にアルコールが美味しいだろうと
缶ビールの栓をプッシューっと開けて生唾を飲み込つつビールをグーッと飲み込んだ・・
不思議な事に禁酒していて絶対に美味しいはずのビールが左程美味しいとは感じられず酔いも早く来るかと覚悟していたが以前と何ら変哲は無かった。


2016-07-21 001

1週間の禁酒でアルコール依存症も軽度だと自己判断し、今後も週に何回か禁酒日を設けて健康に留意したい。

2016-07-17 028



farm_an at 08:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年07月21日

貴方は生まれてから何日経過しましたか??

今朝の玉野
山には霧が掛かり気温15.5度と半そで姿では寒い朝です。

南天の花

2016-07-17 029

メカ子ちゃんの今朝・・・
肌寒い朝は私の机の下のベットから顔を覗かせて起きないのです。

天気の良い日は事務所内を徘徊しているメカ子ちゃんですが、体内に気圧を感じる天気情報がインプットされているように霧が掛かった曇り空を嫌ってか、ジッとして起きようとしません。

2016-07-21 002

メカ子ちゃん保護から3年が過ぎた・・・
昨日、ある方のブログに載っていた生まれてから何日が経過したか、計算してくれるページが紹介されていた。

041

1013年7月5日と入力すれば
ご覧の様に昨日時点で保護時を誕生日にすると昨日で何と
1111日の記念日だった。

2016-07-20 001

因みに私は
3月13日の金曜日に生まれて
23140日が経過したって・・。

2016-07-17 008

そして大御所私の母上は
1925年10月5日(月)に生まれて何と・・33162日だ。

100年生きたとしておおよそ36500日になる
数字で見ると100歳まで生きていて高々36500日って
還暦を超えた私にとって少ないようにも思えるのだ

ゴボウの花

2016-07-17 043


是非クリックしてお気に入りに登録下さい

http://birth.twitter-tools.net/

生まれてから何日経過したか解るサイト

2016-07-17 034






farm_an at 07:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年07月20日

中國人研修生帰国の途へ

昨日の気温は玉野でも真夏日で暑かった・・
只、私の家の周りは立ち木で覆われていて木陰の地表の冷たい風が時折吹き抜けエアコン並みの涼しさを
届けてくれてます。

2016-07-17 031

17日の日曜日、
5期生達の帰国の日、朝早くから寮の掃除を済ませ
出発予定時間より30分も早く集合して婆さんに挨拶・・
中国で綺麗な花を咲かせなさいって、ポピーの種を沢山もらって記念写真

2016-07-17 049

事務所前で・・
6期生と指導員の馬先生・一緒に送ってくれる目黒工場長と・・・

2016-07-17 051

見送る6期生も帰国する彼たちを
羨んでいるようだが、彼たちも残り1年と数か月の期限だ。

2016-07-17 054

飛行機は2バックを予約したので合計44キロの荷物が・・・
中身は資生堂の化粧品・デジカメ・スマートホーン・パソコン・腕時計・チョコレート・何故か中国製の子供達の衣類品(デザインが中国と違う)等々だ

7人乗りのワゴン車に積んだら入りきれないので10人乗りのワゴン車に変更して空港に向かった。

2016-07-17 055

途中仙台のモールにて食事を・・・
日本での最後の食事は大奮発して《天ぷらまぶしご飯》

2016-07-17 064

仙台空港に着いたら興奮気味な彼たち
ドキドキするって

何故か私もだ・・・
2016-07-17 072

チェックインするまえに円から元に両替
七十七銀行の窓口を尋ねたら自動販売機で購入することになっていると言って
使い方を丁寧に教えてくれた。

2016-07-17 077

500元の箱入りで当日のドル相場で元の値段が決まり表示された金額を
日本円の札《硬貨はダメ》を投入するのだ。

2016-07-17 074

最後の別れ

2016-07-17 085

3年間も共に過ごした彼達・・・
自分の子供たちを送り出す気分で涙こそ流さなかったが切ない一瞬なのだ

2016-07-17 087

手荷物検査を終えて姿が見えなくなるまで工場長と二人で見送った。

2016-07-17 098





farm_an at 08:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年07月19日

中國人実習生送別会・・

昨日、玉野でも30度を超す真夏日となって暑い一日でしたが
今朝も昨日に続いて朝から強い日差しが照りつけていて暑い日になりそうです。

写真はササギの花

2016-07-17 042

先週、3年間の実習の満了となった弊社5期生達
帰国前日に温泉と食事に連れて行きました。

2016-07-16 003

野地温泉
以前の実習生達には一泊で秋田の温泉に連れて行ったのでしたが、今回の実習生達は
仕事が忙しすぎて時間が取れず
日帰りの温泉入浴となりました。
2016-07-16 024

彼達は温泉には何度も入って居ますが乳白色の硫黄泉は初めて・・・
躰を沈めて入浴する習慣の無い中国人な彼達、
普段だと躰を沈めると熱い熱いと直ぐにお湯から上がってしまっていた彼たちでしたが
野地温泉の泉質が大好きだと長湯の私よりも長い時間温泉に浸かっていた。

2016-07-16 008

野地温泉には風呂が沢山あって
男風呂女風呂は時間によって変化します・・・
一番奥の熱〜い・・湯船に浸かりたかったのですが午後1時まで女性タイムとの事で入れなかった

2016-07-16 027

吾妻運動公園で全国陶器市が開かれていたので
チラッと寄ってみた。

2016-07-16 034

一山なんぼの陶器から芸術的な陶器まで数十店の店が軒を並べた大規模な陶器市でしたが
目的のご飯が付かない丼を買っただけで欲しかった薄いカップは値段が高すぎたので断念した。

2016-07-16 036


遅い昼食
バイキングの幸せな店???
寿司とすき焼きが食べ放題
2016-07-16 059

寿司をニンニク醤油で食べる彼達・・
質より量が喜ばしいのだ。

2016-07-16 048

最初は美味しいの連発

2016-07-16 041


無言状態
2016-07-16 052

確かに美味しい。

2016-07-16 054

只・・・
6枚目の皿辺りら????
『硬い』・・・??
それでもひたすら食べ続ける彼達。

最後の皿あたりになると私の歯では噛み切れない程の硬い肉だった・・。
会計でレシート見たらランチのコースメニューだったので寿司セットを付けても一人1500円だったので
納得

2016-07-16 044

夕方
5期生の質素な送別会を新しい休憩所で行った。
2016-07-16 062

私の挨拶に続いて研修終了証書と溶接試験証書を授与

2016-07-16 068

『日本での3年間の想い出』
と称して来日〜全ての写真記録を収録した写真800枚と動画等で合計7.5ギガを
USBに納めた記念品と待ちに待っていた家族へ福島名物《ママドール》を贈呈

2016-07-16 069

私が禁酒期間なので
ジュースでカンぺー

2016-07-16 073

帰国する研修生3人に一人づつ挨拶をしてもらって宴はお開きに・・・。

2016-07-16 078









farm_an at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月18日

ラベキュアパック400・・

今朝の玉野、朝からさんさんと太陽が照り付け
今日は暑くなる予報です。

2016-07-15 009

ミヤマシシウド
セリ科で野山の夏に咲く大型の植物 ミヤマシシウド
花の姿が打ち上げ花火が炸裂した形をしていて芸術的で勇壮な花の姿が大好きです。

2016-07-15 010

ラベキュアパック400

ピロリ菌除菌の薬名・・・
朝・夕食事後に必ず飲むように医者様にきつく言われている・・・
特に1週間の投薬中は飲酒しなさいと・・・



宴会などの日程が無い週に実行しなさいと・・・

禁酒宣言をして、固い決意で金曜日の朝から服用開始・・
今日は、なか日の4日目
酒を飲まないとどれだけ躰に影響があるのが、優れモノの体重計で体脂肪等のデーターを記帳して
1週間後どれだけ変化が出るか・・・??


2016-07-15 006

3日目の今朝の測定で、体重は若干増えていた
酒を飲まない分
食べ物を食べ過ぎるのが原因の様で減量には精神力が伴う事を実感したのだ。

残り3日半・・・
毎日欠かさず飲酒していた私ですが
若干辛いのですが、禁酒に集中して頑張ります。

2016-07-11 062


farm_an at 07:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年07月15日

赤腹イモリ・・

今朝の玉野は気温16度で肌寒く
濃い霧が掛かって小雨が降る寂しさが募る気候です。

庭に咲いた早咲きの秋桜

2016-07-11 050

昨日までに橋のヒューム管の埋設が終わり
川の小石を上に掛け、後は砂利を買い求めて敷き詰めれば完成となる。

今年の梅雨は小雨程度の雨量で川の水量も少なく作業に支障は無かったが
東北地方では8月に入ると豪雨が度々襲撃して来るので埋設したヒューーム管の太さで大水を飲み切れるのか心配になってきます。

2016-07-11 059

雨の日、事務所前で捕獲した赤腹イモリ
ウーパールーパーの餌を貰って元気に過ごしているイモリちゃん。

2016-07-08 051

幼少の頃
水溜まりにイモリが居て素手で掴んだら苦くて渋く何とも表現できない匂いと、赤サビ色のドギツイ色彩した赤腹いもりが大嫌いだった。

ウーパールーパーを毎日見ているせいか?
最近は眼が可愛いと感じて来たのには自分でも驚いている。

2016-07-08 044

知人に赤腹イモリの愛好家が居て、昨年からモリアオガエルの水槽に棲む赤腹イモリを捕獲して差し上げていたら、それを観た人が私も欲しいって・・・

催促されたが、今年は水槽の中にはイモリが居ないのだ。
飼っていたイモリも以前の私だったら姿を見るのが嫌いだったのに
最近は何故か愛おしく想えて差し上げるのをためらってしまう

2016-07-11 012

川の中で作業をしていたら水の引いた浅瀬にバシャバシャと音を立てて魚が居た
何と幼少の頃ヤスで刺して採ったカンチカ(カジカ)
しかも大きいので私たちは『ババカンチカ』等と呼んでいたのだ。

清流に棲む魚で
最近は上流の方で家畜を飼っていて川が汚染されていて絶滅したものと思っていたので此の川でカンチカを見るのは10年振りだ。
ナマズに似て味は淡白で脂身が多くて美味しい魚ですが、しばらく水槽で飼っていたのですが、
メカ子ちゃんの水槽だったので邪魔にされてしまいイモリと一緒に飼うかとしたが、生活環境の違いが大きすぎ
死ぬと可愛そうなので元の川に放しました。

2016-07-13 001




farm_an at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月14日

ピロリ菌・・・。

今朝の玉野は霧が掛かった小雨模様な朝です。

昨日、以前血液検査したピロリ菌の結果を聞きに赤い病院に出掛けました。
2016-07-13 007

9時から9時半の予約で2時間は待ち時間が有る筈だと
売店で雑誌とお茶を買って待つ事30分・・・
『大橋さ〜ん』って
私の担当医の診察1番目での診察に面食らった。

2016-07-11 024

結果は・・・
昨年もピロリ菌が居る事は解っていたが、やはりピロリ菌が居るとキリリとしたマスクの若い医師・・・
昨年の胃カメラでも指摘されていたが、年老いた医者さまが無理して強い抗生物質を飲む必要はないので
経緯を見ようとの事の診察だったと告げた。

2016-07-11 004

若い医師は
『還暦過ぎたばかりの人なら尚更除菌して胃癌に掛かるリスクを軽減するべだから
私は除菌を強く勧めます』って

2016-07-11 015

前回調べた胃カメラの胃の内部写真で白く濁った部分をパソコンの画面で私に見せつつ説明する若い医師
夜に胃のもたれの様な感触が度々あったので直ぐに『お願いします』と告げ、薬の説明を受けた。

2016-07-11 008

除菌は2回のチャンスだけで、1週間朝と夜の食後に薬を服用する事で
1次の除菌確率は70%で2次除菌になると薬も違って来て確率は90%近くまでになるのだと。


2016-07-11 060

7日間の服用後2か月間は休薬として
その後に吸気試験して結果が言い渡される流れだ。

2016-07-11 053

肝心な注意点・・

服用を開始したら一度たりとも飲み忘れが無いように
そして・・
飲酒との併用は避ける事
よって、開始日は飲酒の機会が無い週に開始する様にって。

2016-07-11 061

・・・・・・??
毎日飲酒している吾輩
1週間の禁酒令が出され困惑している。

結果は10月に検査して何パーセント除菌されたか言い渡されるので出来るだけ
1回で除菌が済むように、禁酒して頑張る決意です。

2016-07-11 046




farm_an at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月13日

豪雨で流された橋・・

去年の9月の豪雨で流されたヒューム管橋

写真は直径1800のヒューム管で飲み込む事が限界だった写真
007

次の日
跡形も無くプラスチックで出来た波型のヒューム管は流されていて
隣の家の杉の木に引っかかっていたのをユニックで引き上げて保管して置いた。

011

昨日から直径1500のヒューム管と流されたプラスチックの大型ヒューム管を川に埋めて
橋の設置を始めました。

2016-07-12 015

大きいので4トン車のクレーンで遠くまで伸ばして設置しようとすると
過重に耐えられず車が浮いてしまう程の重さがあった。

2016-07-12 013

何とか設置が完了し
今日はユンボーでの埋め戻し作業中で後は砂利を大型ダンプで買い求めて通行が出来るようになる。

異常気象な昨今
只々、今年は去年の様な大豪雨が起こらない事を祈るばかりです。
2016-07-12 015


farm_an at 14:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年07月12日

野の花々・・

今朝の玉野
6時の気温は15.4度で湿度も少なくヒンヤリとした空気が心地よい青天の朝です。

相馬工場に向かう際に山越えして撮った道端に咲く野の花をマクロレンズで撮影しましたので
今回もブログで紹介させて頂きます。

2016-07-08 088

山アジサイ

栽培されているアジサイと違って白一色だけの素朴な山アジサイだ。

2016-07-08 085

クマヤナギの実

間もなく実が熟し真っ黒に変色する・・

幼少の頃のおやつとして食べた
渋くてほんのり甘いが種が殆どで果肉は極僅かだが、現在ではポリフェノールを多く含む健康食品なのだって
2016-07-08 075

トラノオ


この花の咲く頃に砂の中に発生する豆団子(団子の様に丸いキノコ)の収穫時期だが、現在は土手の等の手入れがされていないので
殆ど採る事が出来なくなってしまった。

2016-07-08 072

ハナニガナ

道端に咲く見慣れた花だが・・・
マクロレンズで覗くと可憐で美しい花なのだ。

2016-07-08 060

接写
・・・・・
2016-07-08 057

ウツボグサ

道端や野原で梅雨に咲くウツボグサ
道端に群生していたがレンズがマクロだったので全様を捉える事は出来なかった。

2016-07-08 063

ニガナとウツボグサ


2016-07-08 069

キツネのボタン


見た事のある花ですが全ての野の花は雑草だと一括りして興味が無かったのでしたが
ブログに掲載するにあたって分厚い図鑑を開いて名前を調べた。

2016-07-08 079

クローバーの蜜を吸っていたハナアブ

今後も野に咲く可憐で素朴な花を撮影しますのでこうご期待を
2016-07-08 083




farm_an at 07:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)