-- 有限会社大橋工業 --

2012年03月

2012年03月30日

瓦礫置き場

昨日、罹災した方の家財道具処分をトラックで手伝ってきた。

相馬市東工業団地の中に地震で住宅が罹災された方の為に家具・家電や廃材・プラスチック・ガラス・セトモノ等の
処分所をにもうけてある、家財道具は分別して所定の指定品置き場所に置いての移動も
広大な敷地を巡って何処に置いたらいいのか係員の一回だけの説明だけでは理解できない程広大だ。

004






















置き場は、津波の瓦礫の置き場にもなっていて、異様な異臭が周りに漂っていた・・・

瓦礫は無残な住居の残骸や漁具・等と思われる物が泥にまみれて
高く積み上げられている

008




















大手ゼネコンが持ち込んでいる、瓦礫粉砕機

011




















相馬市の全ての瓦礫が集まっている捨て場
2台の瓦礫粉砕機がフル稼働で粉砕しているが、搬入されてくる瓦礫の方が多く
全ての瓦礫処分には数年を要すると言う。

津波の爪痕は今も生々しく残っている・・・・・・。

写真後ろの煙突は操業の始まった相馬火力発電所
014

farm_an at 08:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年03月29日

相馬基地

玉野に沢山の支援物資を提供頂きました相馬基地が今日でアルプス電気相馬工場跡地の契約期間が切れて支援の最終日となり今回も飲料水などの支援物資を沢山トラックで頂いて来ました。

001





















極寒だった今年の冬
食品等の物資を何回も支援頂いて、玉野地区の住民は放射線に侵されながらも行政や東電には
見放されたように、何の手も差し伸べて貰えない不安に陥っていた

今回の暖かな御支援により
玉野に思いを寄せて御支援頂けて厳しい寒さも耐え抜く心強い支えになった筈です。
2・3週間後までに新しい倉庫を探して
一日も早く支援を続けられるようにスタッフ一同頑張りますと・・・・コメント頂きました。



011

farm_an at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月28日

春遠し?

写真は事務所前の福寿草です
日曜日の朝真っ白な雪の中で黄金色に光り輝く福寿草

暑さ寒さも彼岸までと言いますが
今年は寒冷前線の通過などで寒い日や雪が積もり除雪する有様だ

004





















松が房ダムの一面に張り巡らされた氷は
岸側から徐々に溶け始まっているが、こんなに何時までも凍り付いていたことは
ダムが堰き止められた大よそ20年の間に一度も無かった。

007




















松が房ダムの脇を通過する阿武隈東道路
トンネルが数本貫通している、

此処の道路が完成してもインター(ファーム庵の近所)まで遠くて
私達副霊山地区に住む者にとっては余り大きな恩恵は無いと思われる・・・・。


008




















常磐自動車道が4月8日に原町〜相馬間が開通する
阿武隈東道路も5年以内で相馬と福島を開通させると言うが、
東北自動車道の接続が伊達郡の桑折町周辺と・・・・県都福島市までは遠いし、何より東京方面へも遠いインターだ。

通過地点のインターについても利便せいの無い場所のように思える、地域住民の意見を考慮したとしているが如何なものか・・・・・・。

009

farm_an at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月26日

結婚式・・・

土曜日、隣の二男の結婚式へ招待されました。

残雪の残る悪路を伊達市霊山経由でマイクロバスで福島の式場へ・・
遠距離の為開始時間にはかなりの余裕があり、例によって飲んベーの私たち隣組は待ち時間の間に会場に準備されたワインを3杯もお代わりして会式前には酔っぱらっていた・・・・・。

016




















式は、式場のチャペルで行われ、招待者も全員参加で《アーメン》と唱え結婚の誓いに立ち会った

教会に新郎が入場の際には新婦側の女性たちが一斉に携帯のカメラを向けていて
『心の中はジェラシーが渦巻くなか、表情は笑顔で祝福だ』・・・・等と想像しつつシャッターを押した。
新郎の写真を撮るよりこちらの被写体の方がブログの題材としては面白い・・・・。

008





















新郎は子供の頃から心も優しく
高校を卒業してからカッコよくなりスマップのクサナギ?????・・に似ている。
ヒロと声を掛けると二人でポーズをとってくれた。

063




















此処の式場は焼きたてのパンとバーテンダーが売りで、カウンターでバーテンがシェイクを振って
カクテルを作ってくれる、カクテル等とは無縁の私
バーテンダーにお勧めのカクテルを作ってもらった、ジンと《名前は忘れた》何かのカクテルで奥深いジンの香りで旨かったが、お代わりはしていない・・・・。

披露宴前から
いやしくワインを腹一杯飲んでいたので顔色も絶好調に・・・。

055




















最近は結婚式にお呼ばれするのも年に数回だけ
結婚式は観ているだけで自分をも重ね合せ今は遠き想いにふけいり
遍歴間際の私には只々・・・・はじけ出る若さが一番うらやましい

057

farm_an at 07:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年03月24日

又、雪積もった・・・・・。

           はる雪
昨日の夕方から玉野はミゾレ雪
今回の雪は標高の高い場所でだけ雪で相馬や福島は雨・・・だった〜

玉野では去年も一昨年も桜が開花してからも積雪あった
まだまだ、玉野ではスタッドレスタイヤは外せない。

002




















                  支援物資

昨日、震災ネット相馬基地さんからこの指とまれさんを通じて
沢山の食品や飲料水などの物資を支援頂き、前日に各区域毎に数量を振り分けておいて
各家庭まで区長やボランティアの方々に配布して頂きました。

支援物資も今月末で旧アルプス電気倉庫の貸借契約が切れてしまうので
一旦支援を見送るのだと・・・・・・・。

玉野地区の長くつらい冬期間、
プレマ株式会社様や相馬基地様この指とまれ様原釜朝市様等からの沢山の支援物資を頂きまして
玉野地区住民からの声が回数を重ねる度に感謝の言葉が沢山届いています。

支援物資を頂いたことで

玉野地区も忘れられて居ないのだと・・・・
一面の雪に覆われ心が暗くなったが支援物資を頂いて大変心の支えになった・・・ 
特にお年寄りには大変感謝されております。


012





















               玉野小学校卒業式

先日、玉野の子供たちをディズニーランドや東京見物などに
招待して頂いたお礼にとブラジルの方々や写真の方々など十数名が東京からわざわざ玉野まで御出で頂きました。
雪の玉野を体験頂いて
5月の初旬に玉野が一番綺麗な時期に再来を約束しミゾレ雪の降る玉野を急ぎ早に帰京しました。

022

farm_an at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月22日

我が家のアイドル・・

間もなく3歳を迎える我が家のアイドル・・・・ブーちゃんとフウちゃん
最近は積雪が多いので軽トラックで野放し長距離散歩が出来ないので、娘たちが毎日散歩をさせています

サンベンディング社長のブログで可愛いブーちゃんとフーちゃんが紹介されていて、
仕事に忠実な忠犬であると・・・・・
つまり、知らない人を見ると吠え散らすのだ
ブログにはセコムなどのセキュリティー以上の防犯効果があると・・・

社員も毎日のように犬小屋の脇を通っているが
どうしても吠えられる社員がいる、聞くと犬は大嫌いだと
犬もそいつが嫌いだから吠えるのだ

私は犬派、猫はどうしても好きになれない
昨日は、妻がフーのお家が壊れたので新しいお家を買ってきた。
此れからの季節抜け毛で綿毛が舞うのだが可愛いワンコ達だから我慢出来るのだ 

003





















古館伊知郎

先日、玉野地区を訪れテレビで原発の犠牲者について全国放送で放映された
内容はともかく
古館伊知郎が番組最後を締めた言葉
どんなに圧力を掛けられようと私は命を懸けて真実を伝え続ける・・・・と

何故か?心に響き、古館伊知郎が大きく見え又、大好きな人物に・・・・。
何時までも真実の報道を伝え続けてほしいと願う

023





















                玉野小学校卒業式


明日は玉野小学校の卒業式です
先日子供たちをディズニーランドやホームスティーでお世話になったブラジルの方々と
震災からずーと玉野地区に御支援頂いているTKさんとABさんも校長の計らいで玉野小学校の卒業式にご招待頂いており明日、早朝に東京を出発して9時の卒業式に御出で頂けます。

玉野とブラジルの振興を深め

玉野地区の子供たちがやがて世界に飛躍し
玉野地区の存続が計れればと願うばかりです・・・・。

049















farm_an at 20:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年03月21日

暑さ寒さも彼岸まで・・・・

此処の処毎日暖かな日が続いて
猛烈な勢いで雪が解けだし、暑さ寒さも彼岸までのいわれは本当だ・・・。

下の写真は、左は3月3日・・・・・・右側は昨日の弊社前の様子ですが、あれだけ積もった雪が一晩すぎると
見る見る減って今では10分の議まで溶けだして川のが増水してゴウゴウト音を立てて雪解け水が流れている。



003001












早春の使者福寿草

今年も目の覚めるような鮮やかな真っ黄色の花が
玉野の遅い春の到来を告げている。

006




















            森の門番

玉野出身で経済界は基より政界でも大活躍の
千葉政行氏が
私の留守中に弊社に侵入して我が家の可愛い愛犬を狂犬と評し・・・・・
弊社の写真をアップしブログで紹介しています。こちらクリック

          サンベンディング福島の千葉社長ブログ

003





















          水芭蕉
家の脇の水芭蕉も雪が溶けて小さな芽が芽生え始めました。
昼と夜の時間が同じになる彼岸の中日
日一日と玉野は真っ白な雪の世界から 春へ向かって大地が芽生え桃源郷と変貌を遂げる日は間もなくだ。

001

farm_an at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月19日

ISO審査

土曜日と日曜日に掛けてISO9001の審査がありました。
毎年のサーベランス(更新審査)と3年に一度の審査があってISO取得3年が過ぎようとしています。
経営者面談・管理責任者面談・に続いて相馬工場の工場内審査
・・・・・・・等々の審査がプログラムに従って審査されていく
各担当者が理解してISO活動を進めているので私は安心して経緯を見守るだけ。

012



















    紅梅

相馬は、玉野と違って春の様相だ・・・
相馬工場の工業団地には紅梅が沢山植樹されていて、赤い花が春が近いと告げています。

009




















   油菜

昨年の秋に種を蒔いたナタネ
背丈は伸びていないが良く見ると菜の花の蕾が膨らんでいた・・・・。

菜の花の御浸しや油炒めで食べるのも目的なのだか
この大きさでは収穫するのは可愛そうなので大きく育つのを待って収穫したい


001

farm_an at 06:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月17日

支援物資

先日、この指とまれ さんと相馬基地さんからお預かりした大量の飲料水を玉野地区全ての方へ
各区長やボランティアの方々により配布頂きました。

支援物資は、プレマ株式会社さんからのレトルト食品や相馬基地さんからの食料品などの未配布の物資がありますが今回は飲料水に限っての配布となりました。

昨日も、飲料水と食料品などを相馬基地さんとこの指とまれさん 
から支給を受けに伊藤区長とトラックで引き取りに行ってきました。

003





















七色の光

春の訪れと共に日差しが強くなり
事務所で飼っている淡水魚のグッピーの水槽に朝日が当たり
ご覧のような光の原色が現れ 縁起の良い虹色が消えないうちに写真に納めました。

弊社の社員募集です
      
福島工場で正社員3名の求人情報です

001




















弊社では、今日と明日、ISO9001の更新審査が行われます
大分前から書類の不備が無いか社員と検討してきましたので・・・・
今は、すんなりと審査が通る事を祈るだけです

雪の中のネコヤナギ
010












farm_an at 08:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月15日

春近し・・・

      雪原にエメラルドグリーンの空

先日、プレマの社長達を副霊山地区へ案内した時に、山頂の牧草地の所で、『止まって下さい』と・・・・
雪原に青い空を見上げ写真が撮りたいと言う、私も言われるまで気付かなかったが
なるほど綺麗だ

4月からプレマ株式会社沖縄県宮古島に家族と駐在する事が決まった、松本さん(超大手のエンジニア)
がこんなに綺麗な景観は滅多に無いとバシバシとシャッターを押していた。

彼は、将来が約束された大手企業を退社して中川社長の生き様に感銘を受けプレマ株式会社に入社し
宮古島の農業の指導やアドバイスを行うのだ。


001



















           
        おだまっこ

春彼岸が近づくと
動物の本能なのか季節の体内時計を持っているのか?
今年は何時までも寒く、夜の気温は氷点下8度と水面も凍てつくのに
ゲコゲコとカエルが産卵を始めていて春の兆しが伺える・・・・。

周りが全て雪なのでおだまっこも白く反射した写真になってしまった。
006





















相馬工場に植えた菜の花

菜の花の茎立ちを食べながら花も眺めたいと成長を楽しみに相馬工場に行くと真っ先に見に行くのだが
茎立ちが食べれるまでにはまだまだ時間が掛かりそうだ。

006




















相馬の梅も
今頃の開花〈写真は今日撮影〉と平年よりだいぶ遅れている

雪深い厳冬の辛さ・・・・・・

今年は殊更寒く厳しい寒さだ
何時も真冬に思う・・・・・・・
大量に降り積もった雪や氷点下の寒さはお盆まで残っていたためしは無いと・・・・
強がっている昨今の山野人である。

009

farm_an at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)