-- 有限会社大橋工業 --

2011年03月21日

救援物資

相馬市市民会館と避難所には日本全国から寄せられた
沢山の救援物資が・・・・。

被災地にとって全国の善意の物資は大変ありがたく感謝に耐えません。

2011年3月13日0004






















陸の孤島
玉野地区はガソリン不足や買い物に出かけても食料品の調達は不可能に近いし
一人暮らしや老人の家庭では食料が尽きたと悲痛の声が・・・・・・・。

写真は市民会館の中に山積みされた救援物資

2011年3月13日0000























玉野地区にも議員を通じて援助物資の提供要請を受け入れて頂き
区長や有志達に頂いた救援物資の分配の手伝ってもらった。
一人暮らしや老人宅と考えたが
いまや陸の孤島と化した玉野地区160戸全員が何らかの食料不足やトイレットペーパなどが不足しているので160戸全戸に少しづつ分配することに

相馬や原町では逃げ出す人々が多く迷彩服を着た泥棒達が
被災地に集合し始めたらしく警察や自衛組織で見守りをはじめたと、

此処、玉野でも
逃げ出した家族は8戸に及ぶ
自分だけが・・・の考えの方が逃げ出した。
が、地区や困った人達に愛の手をと考えている方々も大変多く今後
皆で手を取り合って玉野地区も復興させたい。

2011年3月13日0001























放射能
川俣町では牛乳から微量の放射性物質が・・・・・。
直ぐ脇の飯館村では大気中の放射線量が他の地域と比べてすこぶる高く、飲料水は基準の3倍の量に
現在の放射線は日常生活や今すぐ身体に影響は無いと曖昧な発表をしているが
本日予定されていた官直人総理大臣の現地視察は天候が悪いので中止だと********。
雨や雪は大気中の放射能を吸収付着するので濡れると危険だから中止したのだ
飲料水から放射能が検出された以上
福島ブランドの農作物や海産物初め加工食品まで風評被害で大変なことになって来る。

2011年3月13日0003























昨日、
社員の妻(火葬済み)の供養を近所の住職にお願いし
僅かの身内と弊社役職社員とでとりおこなわれた。
災害の被災者となった社員は話す。
葬祭場は係りの社員も災害者が多く人手不足で棺おけが幾重にも並べられ
火葬の順番を待つ。
その間はお通夜や葬式などの人の集まる事は全て中止
霊柩車はお貸しするので自分達で運搬や運転して予定時間に火葬場まで運び
火葬が終わったら次の人に操作方法を伝え
骨壷を自宅に安置し昨日に至った。
尚、正式な葬儀は4月になったら質素に執り行う事となった。

写真は事務所のストーブに牛乳を沸かし
社員達の一服の時間にカフェオーレにして振舞っている。
2011年3月13日0002

farm_an at 09:27│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字