-- 有限会社大橋工業 --

2011年03月27日

地震に強い岩盤。

今回の東日本地震で幸い玉野地区には直接の地震被害は無かった。
昔から、霊山付近は岩盤に覆われていて地震には強いとの言い伝えがあった
なるほど、
相馬や福島では住宅の瓦が落ちたりブロック塀が倒れているが
玉野に近づくにつれて 殆ど外観からの被害は見当たらない。
因みに、私の家も会社の事務所や倉庫も茶碗一つ割れていない
相馬や福島で余震に遭遇すると、揺れるストロークが長く恐怖に感じる

玉野は今年も厳しい真冬日が幾日も続き
過酷な自然環境に耐えられず今年も2軒ほど町に移転する予定だが

逆に何も無い・・・。災害も無い・・。
大自然・清き水・を利用しながら自然との共生について真剣に考えつつ棲んでいたので
放射能が降って来ようと、私は逃げ出さない決意だ。

2009年10月21日0000






















鋳物
私共の仕事は鋳物の補修仕上げが仕事です。
1200度に溶解した複合鉱物を鋳型に流し込んで製品を作り上げる
写真のように電気炉に溶解された原材料が残ったまま電気が止まってしまうと
炉の中で冷却が進み硬化してしまい、復旧するのには手作業で硬化した鉄を取り除かなければならない。

取引各社ではこの様な被害や鋳砂装置の埋没や変圧器も災害に逢って
復旧するまで3ヶ月以上要するが、世界に輸出されていて世界の製造業にダメージを与えているので、復旧には超大手の親会社から多大な人員が送り込まれ復旧に全力で望んでいる。

2011年3月4日0060






















玉野地区は飯館村に隣接している。
毎日飯館の放射能濃度の異常が報道されたり、土壌にもヨウ素が大量に含まれているとか
の報道に飯館町長の菅野氏はマスコミに渇を・・・。
国から何の説明も無いままメディアだけが勝手にデーターを報道し村民の被害心を逆なでしていると。
実際私共も直ぐ隣村で生活しているので
風評被害が心配でしょうがないのが本音だ。

報道もおかしい・・・・。
私の記憶では
福島県野菜の放射線影響の第一報の汚染で
飯館村のブロッコリーから放射線を感知したと・・
飯館は標高が高くビニールハウスを3重に張り巡らせて加温してもブロッコリーの栽培は不可能だ。
正しい情報を提供してもらわないと。
世界各国に報道されているのだから

今後飯館村の飯館牛・飯館高原野菜・飯館の花卉などに甚大な風評被害が広がり
この村での生活を断念し集団で町に移住する事態になりかねない。

いずれにしても早く原発の放射能漏れが早く落ち着いて欲しい。

2011年3月13日0011

farm_an at 15:08│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 千葉です   2011年03月28日 08:20
庵主様土曜日はありがとうございました。
情報提供も助かりました。
沢山の物資も手に入り避難所に
届けることが出来ました。
今後ともよろしくお願いいたします。
2. Posted by 庵主   2011年03月29日 09:55

こちらこそ有難う御座いました。
非難している方々に不足している物資を届けたり
困った弱者が居たら助け合って皆でこの難局を乗り越えましょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字