-- 有限会社大橋工業 --

2011年04月14日

放射能降る阿武隈山系

昨日、バッタリと福島県内放射能測定している所に出くわした。
写真は玉野出張所前での測定ですが、県内705箇所放射線モニタリング結果が今日の新聞で発表されました。
玉野い涼肋1メートル3.1 地上1センチ4.7
相馬市の中では断トツの高い数字ですが、阿武隈山系の沢山の地域は10を超えて危険な状態に進展するのだと・・・。

2011年4月1日0284






















放射線モニタリングは空気中の放射線を調べていますが
比較的安全とされていた30膳外の放射線測定が進み
10を超える観測点は土壌もセシウムに汚染され作物の耕作は元より居住すら出来ない程
深刻な数価が出ている。

写真は残雪に溶け込んでいないかと調査して頂いたが
4.5と路面の値とほぼ同じだった。
2011年4月1日0285






















20キロ圏内でも放射能は山岳地帯より低く
退避指示が出され避難所で苦痛な生活を強いられている

一方、阿武隈山系に棲む山岳民族の我々には今まで放射線量が多いにも関わらず
安全な範囲だレントゲンの何十分の一程度だと言い張ってきたが
浪江の津島・葛尾・飯館・山木屋の一部は完全に土壌まで汚染されていて
荒野の大地と化するのも時間の問題だ。

玉野はまだ危険な状態まで上がっていないが、このままの放射能が漏れ続けると・・

間もなく季節は夏、低気圧は南風に変わり原発のある大熊町から南西風が強く吹くと
又、阿武隈山系の頂付近は汚染が進み山岳民族の棲む玉野地区も非難地域指定になり
 高濃度のセシウムに汚染され地域は崩壊し田畑は荒れ果て
やがて汚染された水や植物を伝って町へも・・・・・・・。

以上は推測でしたが

広島に原爆が投下され30年間は草木も生えないと言われたが
数年で元のように放射能が消え失せた
土中の細菌や植物連鎖などによって浄化されたという
2011年4月1日0286






















日向きの場所では
桜が咲き始めている
本来心を打つほどに絢爛な桜の花も
今年は人それぞれどんな気持ちで眺めるのだろう。

2011年4月1日0287

farm_an at 10:16│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ふどうさんネット 定ちゃん   2011年04月14日 12:33
 噂によると、川俣、月舘、霊山も避難勧告が出るようです。
2. Posted by 庵主   2011年04月16日 08:35
非常に困惑しています。

私の地区も避難になったら・・・・。
会社は潰れてしまうし何時戻れるか・・・
考えると恐ろしい事だけ想像してしまうので
こんな時だからこそ、部落の絆が大事なので例年通りの花見は実行したい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字