-- 有限会社大橋工業 --

2017年05月17日

日本ミツバチの蜜

今朝の玉野
5時の気温は6.4℃とキリッと引き締まった気温ですが、晴天の心地よい朝です。

2017-05-11 011


私のペット、
日本ミツバチの越冬が5群のうち1群だけ越冬が出来ましたが
4群は巣箱に大量の蜜を残したまま群が全滅していた。

2017-05-09 013

連休を利用して巣箱から蜜のたっぷり入った蜜房を取り出して
餃子絞り器を利用して圧力を掛けて蜜を絞り出した。

下の写真の中身は全てハチミツ。
2017-05-04 044

圧搾された蜜には蜜蝋が混じっているので濾過して樽に保存してい置いて
昨日、郡山の病院に定期診察の帰りに
ハチミツを詰める瓶を沢山買って瓶に詰めた。

2017-05-16 011

瓶に詰めたハチミツは20リットル以上
重量で25K程と比重がある。

瓶詰が遅れたので大きな樽にまとめて保存していたら
殆どの蜜がブドウ糖と果糖に分離して結晶が始まっていた・・・

【結晶した純粋ハチミツは温度を加えると溶け出すので結晶しても成分や食味に影響は無いので
湯煎などして利用されたい。】

2017-05-16 015

ハチの巣
ハチの巣は蝋で出来ている。

2017-05-04 045

鍋に水を入れてハチの巣を入れて煮る

2017-05-04 055

蜜蝋は沸点温度が100℃以下なので煮ると湯の中に溶け出す・・・。

2017-05-04 057

蜜を絞った搾りカスも煮る・・。

2017-05-04 046

不純物を濾過して桶に入れ、
冷めるとロウが上に浮いて固まる・・・。

2017-05-04 056

上に浮いて固まったロウをもう一度煮て
更に濾過して冷ますとご覧の様な蜜蝋が出来上がる・・・。

蜜蝋は、ワックスやクリームに解け込ませると高級クリームが出来るそうな・・・
私は、もっぱら野生ミツバチの捕獲箱に溶かし臭い付けで分蜂群を誘い込むのに利用している。

2017-05-16 025

咲き始めたキョウリンヘン
分蜂する女王蜂が出すホルモン臭がするらしく捕獲箱の脇に置くと
分蜂群が固まりになって取り付くのだが

2017-05-15 005

今年の分蜂は遅く
一つだけ残った群からの分蜂は未だ一回も無いのだ。

2017-05-15 006

菜の花畑から蜜や花粉を集めて
頻繁に巣に運び込んでいる。

2017-05-16 019

5月4日時点ての巣の様子
未だ分蜂するには十分な増群に至っていなかったが、昨日辺りから巣の周辺を飛び回る蜂が目立ち始めたので間もなく心待ちにしていた分蜂群が待ち箱に入居してくれる筈なのだ。

2017-05-04 060



farm_an at 07:07│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 千葉です   2017年05月18日 08:22
庵主様ハチミツ凄いことになっていますね
戴きに上がります
2. Posted by 庵主   2017年05月19日 10:27
千葉社長、コメント有難う御座います。

来る時連絡ください・・。

尾花沢のスイカの苗も持って

コメントする

名前
URL
 
  絵文字