-- 有限会社大橋工業 --

2017年10月12日

会津磐梯山

今朝の玉野
太陽は出ていますが、雲が掛かっていて次第に雨が降る予報が出ています。

玉野は未だ紅葉は始まっていません
今月末にはきれいな紅葉が期待できます。

2017-10-07 129

磐越道で磐梯河東インターまで進んでゴールドラインを1000mの標高まで上り詰めた・・
時間は8時40分、出発してから2時間40分も掛かってしまっていた。

2017-10-07 004

先週、栗駒山でも駐車場が満車になる危機を経験していたので
一刻も掃く駐車場に車を入れたかったが、時すでに遅し・・・・・・・
3つある駐車場は全て満車警備員が路上駐車を案内するが、数百メール行ってもスペースがないので
会津側の駐車場手前に警備員が居なかった事を確認していたので路上に駐車して9時にイザ登山へと向かった。

2017-10-07 007

今回同行するのは王君と門君

2017-10-07 010

八方台登山口からの登山コースは初心者コース
ブナ林の砂利道ょ心地よく進んだ・・・。

2017-10-07 008

ずっーと遠くに霧に隠れてそびえたつ磐梯山が見える・・

2017-10-07 012

昔温泉宿が有った場所で建物は崩れかけていて
硫黄臭が凄かった。
先を急ぐので散策はやめて先へと進んだ。

2017-10-07 014

磐梯山は日本百名山
流石遊歩道は整備されていて凄いなと思ったのもつかの間・・。

2017-10-07 017

だんだんに道幅も狭くなり急斜面で石がゴロゴロ
時折左斜面に檜原湖が見え隠れするので心にゆとりが湧く。

2017-10-07 018

起伏にとんだ登山道
折角登ったのに下り坂が数か所・・・

2017-10-07 025

登るにつれて景色は雄大になる

2017-10-07 021

お花畑は帰りに寄る事にして、弘法の清水0.3K方向に進む。

2017-10-07 033

此の地点から本格的な急斜面を登る事になり
前回も書き込んだように山の斜面の距離で無く並行直線距離なので高々300mだが
多くの登山者で賑わう登山の流れに沿って只ひたすら一歩づつ頭の中も無に成って疲れと根性の戦いなのだ。

2017-10-07 035

弘法清水
何故か鐘が・・

2017-10-07 041

小さな山小屋が2か所あり付近はなだらかなで開けた空間があり
登山者の休憩の場になっている。

2017-10-07 044

トイレは無くて携帯トイレのブースを貸しますが汚物は持ち帰って下さいって。

2017-10-07 054

汗せだくで汗を拭いたタオルを絞るとかなりの量の汗が搾れた・・
ナメコ汁(1杯400円)が出汁など効いてなかったが熱々のショッパイ味噌汁を飲んで塩分と水分の補給になったのか活力が湧いて来た。

2017-10-07 051

味噌汁をすすりながら窓越しに雄大な景色を眺めた・・・

2017-10-07 046

広場では登山者の憩いの場になっていて
腰を下ろして持参したお茶を飲んで疲れを癒していた。

2017-10-07 059

弘法清水

4合目弘法清水と刻まれた碑が・・
自分的には体力の80%は使い果たした感じていたのに未だ4合目だと。

2017-10-07 065

冷〜たい湧水がコンコンと湧いている。

2017-10-07 063

暫しの休憩で体力も回復
此処から本格的な急斜面に挑むことになる。

2017-10-07 043

登山道は前日振った雨で濡れていて泥が滑るし石が剥き出ていてしかも急斜面を登る道が続く
この時点では未だ山頂には霧が掛かっていて目標の山頂までの距離が掴めず
戻りの登山者に尋ねると後30分以上掛かるので頑張ってと励まされるが体力と気力も限界に近かったので足取りが尚更重くなった。
2017-10-07 069

磐梯山の紅葉は栗駒山と比べるとかなり物足りない

間もなく山頂
続きは明日へ・・・。
2017-10-07 038




farm_an at 07:08│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字