-- 有限会社大橋工業 --

2017年11月23日

経営者交流大会inいわき

今朝の玉野
小雨が舞って気温も7度と今までの朝の中では暖かい朝です。

今日は勤労感謝の日ですが
弊社は出勤日です・・・。
2017-11-22 007

昨日
福島県中小企業家同友会の経営者交流大会がいわき市で行われ
参加しました。

2017-11-22 008

今回のテーマーは原点回帰

因みに私の会社の理念の一つは原点復帰です・・・。

2017-11-22 011

会場に入ると前回の理事長だった千葉社長が
沢山の人達に囲まれて挨拶を交わしていた。

2017-11-22 010

開会式に続いて日本レザーの近藤宣之氏による
『会社は社員のものであり、お客様のもの』と題しての記念公演が有った・・
《日本で一番大事にしたい会社》大賞受賞
《勇気ある経営》大賞受賞
なる程と思われる基調講演でしたが、この場では割愛致して見学分科会をお送りします。

2017-11-22 012

ワンダーファーム
主にトマトの生産から6次産業を計り全国の地方創生のモデルにもなっている組織で
以前から気になっていた会社でして今回の見学会が楽しみでした。

2017-11-22 018

巨大なビニールハウスの中で代表者の説明が・・
名前を書きとめられなかった・・・

2017-11-22 029

トマトハウスの中に入ると
独特のトマトの香りが漂っていた。

2017-11-22 025

ハウスの中には凡そ9万本のトマトが栽培されていて
路地のトマトだと5段程度の実が付くが特別な栽培なので35段もの実が付くので収量も数十倍に増えるって

2017-11-22 024

収穫が終わり下の葉が枯れた茎は光合成が行われないので写真のように茎は丸めるように這わせてある。
因みに
11か月の栽培期間中に茎の長さが17mにも及ぶ

2017-11-22 028

天井から吊るしてあるので収穫や管理は高所作業車でおこなう。

トマトの交配には蜂が活躍・・・
クロバルハナ蜂と言って花粉だけを集める蜂を放す事によって受粉が行われ
形のいいトマトが出来上がるのだ・・・

2017-11-22 047

栽培方法はヤシガラの床に苗を植え
コンピューター管理された液肥を点滴チュウブの様なホースで最適な状態に栄養を送り込んだり
ハウス内は炭酸ガスが噴射されていて植物の活性化を最大限に伸ばすシステムだ。

2017-11-22 040

温度管理も日中は太陽熱利用でコンピューターが天窓の自動開閉により調整し
今頃になるとパイプに75度のお湯を流して暖を摂り
燃料代が人件費と比例する額に及ぶらしい。


2017-11-22 039

ハウスの見学が終わり
直売所に移動・・

2017-11-22 052

採れたてのトマトや加工されたジャム・ケチャップ・ジュウス等の特産品が売られていた。

2017-11-22 051

下の写真右側はレストラン

2017-11-22 055

5時過ぎ
イルミネーションが点灯して綺麗だ。

2017-11-22 057

トマトスープ
1カップ400円
熱々で美味しかったが相双地区の仲間たちと
チット高いんでないかい??

2017-11-22 053

イルミネーションの奥に加工工場があり
高額なレトルト高圧釜等もの設備が凄かった。

2017-11-22 061

オープンから2年目
トマト栽培は何とかプラスに転じているが、6次化を図る加工や販売部門は軌道に乗っていないらしい・

施設の投資額が4億とか・・
農業での6次化産業にはマダマダ課題が残っていた。

2017-11-22 037




farm_an at 08:43│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 千葉です   2017年11月24日 16:06
えっ???庵主様お会いしましたっけ??
お疲れ様でした!私は事業承継の分科会でした

皆さん本当にすごいですよね〜

同友会は凄いです!
2. Posted by 庵主   2017年11月25日 07:39
千葉社長、コメント有難う御座います。

写真撮る速さは北朝鮮のスパイより早技でした・・

沢山の人達と挨拶を交わしていたので気付かなかった様でした。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字