-- 有限会社大橋工業 --

2018年01月29日

落城・・・・

今朝の玉野
気温マイナス3.5度と寒さが緩んでいて天候も晴れです。

数日間日の出の姿が見られませんでしたが、今朝は8時50分に太陽が昇り始め
日の出も早くなったと実感した朝です。

2018-01-26 002

山奥に暮らす叔父叔母(いとこ同士の結婚)
叔父は数年前から門口で転んで足の指にヒビが入ってから日増しに運動能力が低下し
特に叔母が精神的に病んでからは特に症状が増して歩行が困難に近くなっていた。

2018-01-27 009

掛かりつけの医院長と次男(長男は病死している)が極寒の辺鄙な山奥で暮らすには限度があるとして
梁川町にアパートを見つけ
両親を移住させる決断をした。

2018-01-27 011

引っ越しを日曜日にすることに決定したので
荷物を運び出すのに車が入れるように土曜日門口を除雪しに向かった。

2018-01-27 003

3日前に沢山の雪を除雪したばかりなのに・・
吹き溜まりが出来ていて写真の様に道路の形が解らない程になっている。

2018-01-27 005

引っ越しの準備が進んでいるか確認して
除雪を終え一瞬晴れ渡った青空を眺め、これが最後の除雪だと
侘しさに後ろを振り返った・・・

写真の上の山が古霊山

2018-01-27 007

引っ越し当日
次男夫婦・子供達と私に近所に住む従兄とで簡単な荷物だけ積んで
引っ越しを・・・

2018-01-28 003

65年以上住み続けた開拓当初に建てられた小さなお城との別れ・・

2018-01-28 004

住所も伊達市に移転するが、なんせ福島県一暑い梁川町なので春から夏の間だけは体が丈夫だったら
一時帰還できるように電気だけは切らずに残してある・・・。

表面には寂しい表情を一切見せない
今年90歳を迎える叔父叔母だ。
2018-01-28 008


従兄と二人で両肩を抱えて乗用車に乗せる。
2018-01-28 009

親戚や隣にも電話で引っ越しを告げていて
そのまま数台の車で出発。

2018-01-28 007

『中々親父をおんぶする機会は無いぞ』と

2018-01-28 012

重くて持ち上がらないと踏ん張っていたが
私は一切手を貸さなかった。

2018-01-28 011

アパートの1階
入り口は裏側だ。

2018-01-28 014

3LDK
綺麗で日当たりも良く家賃も38,000円と安い
電灯や電子レンジ・細々した雑貨をプレゼントし、僅かな荷物を下ろし皆で
弁当を食べて今後の様々は会話をし、従兄と二人で帰路についた。

何故か
昨夜、脳裏に叔父叔母が浮かんで来て眠りにつく事が出来ず睡眠不足な今朝です。
2018-01-28 033




farm_an at 09:02│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by サダちゃん   2018年01月29日 10:51
また、玉野が寂しくなりますね。(T_T)

何か、活性化の良いアイデアでもあればなぁ〜
2. Posted by 庵主   2018年01月30日 07:33
サダちゃん、何時もコメント有難う御座います。
活性化が必須ですが、80代後半から90代の方が元気に過ごしていますが、老化には勝てずに日増しに人口が減少しています。

高齢者には厳冬で辺鄙な地域での生活は命懸けです。

コメントする

名前
 
  絵文字