-- 有限会社大橋工業 --

2018年02月05日

相馬福島道路

気温マイナス7度
太陽が出ていますが時折雪が舞って今朝も寒い朝です。


2018-02-01 047

立春が過ぎても本格的な寒さは此れからが本番
日本列島には寒波が押し寄せ夕方から雪の降る予報が出ています。

写真は伊達工場脇の阿武隈川サイクリングロードから
2018-02-01 045

雪の残る阿武隈川対岸には
福島相馬道路の橋梁工事が始まっていた。

2018-02-01 048

道路は伊達工場の直ぐ脇を通り、
岡沼インターチェンジが出来る・・

2018-02-01 043

何年もかけて田圃だった場所には盛り土の大きな山が・・
看板には相馬まで45キロを35分で結ぶと。

2018-02-01 041

阿武隈川に架ける橋も巨大な橋が予想される。

2018-02-01 040

そして東北自動車道に接続されるのですが
何と
東北新幹線の上に全国でも珍しい高架橋が掛けられる。

7320[1]

現在は橋脚の部分が出来上がっている・・・

尚、保原インターと阿武隈川の道路用地が未だ買収されていないが
相馬と東北道ジャンクションの全線開通は平成31年度の予定
9072[1]

「相馬玉野−霊山IC間」3月10日前倒し開通 相馬福島道路
                                       福島民友新聞より
 国が復興支援道路として整備を進める東北中央道「相馬福島道路」(総延長約45キロ、無料区間)の相馬玉野―霊山インターチェンジ(IC)間(17キロ)が3月10日(土曜日)に開通する。国土交通省が2日発表した。当初は同24日を軸に調整していたが、2週間前倒しとなった。開通時刻や式典の詳細は今後決める。
 開通区間に設ける2ICの正式名称は阿武隈(仮称)が「霊山飯舘」、霊山(同)が「霊山」にそれぞれ決まった。昨年3月に開通した相馬山上―相馬玉野IC間(10.5キロ)と合わせ、全区間の61%に当たる27.5キロが通行可能となり、現行の国道115号の急カーブ集中区間を回避できる。
 115号バイパスとなる相馬福島道路の早期整備により、東日本大震災の津波などで被災した浜通りと中通りの物流網の強化や新産業の創出が期待でき、救急医療施設への搬送時間の短縮などが見込まれる。

gaiyou[1]

来月には玉野インターから霊山インターまで開通するので
辺鄙な山の中にいても伊達・相馬が近くて便利になるので今から開通を期待している。

2018-02-01 044







farm_an at 08:36│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字