-- 有限会社大橋工業 --

2020年03月06日

胃癌による胃全摘最終回

今朝の玉野
気温マイナス4度、昨夜猛烈な風が吹き荒れ久々に厳冬が現れました。

夕方降った雪が寒さで凍てついて路面はアイスバーンに
玉野の道路走行には注意が必要です。

cam01[1]

昨夜も12時に胸やけ症状と逆流により
眠れぬ夜で現在は眠気が襲ってきて辛いです。

今朝は朝ごはん抜きだと妻に伝え
おなかの様子を見ます・・・・。
2019-12-03 004

胃全摘・胆嚢全摘で様々な弊害が出てきますが
一生後遺症と向き合っていかなければなりません。

医者は腸が胃の役目は絶対果たせないが
腸が徐々に順応してきて油物や消化も時間の経過によって進化するので心配ないと・・・・???

2020-02-18 001

私が22歳の時父親が胃癌で亡くなっていたので
特に癌についての検査は怠らなかった。
PET検査も南郡山総合病院で2度受けていたし

2018-12-18 009

4年前には血液によるDNA検査を東京クリニックで受けたが
一昨年の6月には何の異常も見られなかったのだが、次の年6月の日赤病院での胃の内視鏡検査で
ポリープが発見されそのうちの2個が癌だった・・・。
その後の経過は以前のブログで紹介済み。

・・・一年前に受けたDNA検査は何だったのだろうと、入院中、中年過ぎた看護師との会話では
健康診断だってその日までの結果でそれ以降は又新たな状況に刻々と変化するので安心しては絶対にダメだと妙に説得力のある返答に思わず聴き入っていた。

2020-02-20 002

退院後
12月18日、半年前から予約していた東京でのDNA検査
今回は肝臓・肺・膵臓・腎臓の検査を依頼して結果を待った・・・。

2018-12-18 026

2月初旬に結果が出て
肺に反応が出ているので高性能のMRI検査を清州クリニックで受けに上京してまたまた結果待ち。

2018-12-18 045

結果が郵便で送られてきて
全ての機能に異常は見られなかったと・・・・

PET検査では確かな診断は無理だと医者に勧められた
大変高額なDNA検査
いい加減な検査結果なのか?
何を信じて癌に対する健康診断を受ければいいのか困惑してしまう。

2020-02-03 068


退院後
月一回の定期診断でしたが、次回からは2か月に一度の診断に変わり
血液検査に異常が現れない場合は半年に伸ばすと・・・

2020-02-18 001


現在は転移もなく抗がん剤の治療もないのだが
これから最初の山場5年生存をまずは目指して健康に留意しながら高齢者生活を謳歌したい。

OIP[2]


farm_an at 09:03│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by 千葉です   2020年03月06日 11:18
庵主様リアルな報告手に汗握る思いで
拝見いたしました。


本当に病気はいつ発症するかわかりませんので
怖いですよねぇ〜。

ただ言えることはありのままを受け入れて
対処するしかないですね。

強烈な闘病記でした
2. Posted by さだちゃん   2020年03月06日 14:08
DNA検査・・・病院の金儲けのためだけのようですね。患者の気持ちに寄り添って貰いたいものです。゚゚(゚´Д`゚)゚
3. Posted by かんちゃん   2020年03月07日 11:56
私の先輩2名も胃全摘をしました。一人目は術後15年目、76歳、二人目は術後10年で74歳になります。数年前に二人とも術後の腸閉塞を患い入院先へお見舞いに訪れました。「かんちゃん。元気で良いよなあ。羨ましいよ。でも羨ましいと言える自分が愛しいんだ。生きているからこそこのような感情が生まれるんだ。5年ごとに生き延びている自分や尽くしてくれる家族への感謝の念が生まれて、正直に口からありがとうと言えるんだ。病気をすることで自分を含めて他人にも優しくなったね。」同じ言葉を二人から聞いたことは驚きでした。一人は術後20年、二人目は術後15年目を元気に迎えたいと毎日の身体メンテナンスに勤しんでいます。庵主も最初の5年、10年、そして術後20年を迎えてください!
4. Posted by 庵主   2020年03月10日 11:02
千葉社長、サダちゃん、カンチャンさん、心温まるコメントありがとうございます。
ご心配おかけしました・・・

健康の時は何気ない健康が当たり前と思っていましたが、いざ胃を全摘して人造人間になってしまった現在、健康で普通の生活が出来る普通の人が羨ましい????。

コメントする

名前
 
  絵文字